ルーム紹介
この本丸は『政府も知らないような刀が来る』。政府は『明確でない彼らを任せる』と言った。さて、ここから注意事項だ。


1 ここでは『実装キャラ』の他、『未実装刀剣男子・女子』がいます。設定部屋にキャラの設定があります。(設定部屋:http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=272680)そこで、オリ刀に誰かいるかわかります。オリ刀は、現存または実在している刀剣でお願いします。創作刀剣は禁止しております。
2 中の人が話すときは((←これなど、目印を
3 キャラは固定制です。二週間以上来なかった場合は固定から外させてもらいます。来れなくなる場合は事前に報告を。
4 中の人同士でケンカお断りです
5 荒らしは禁止です
6 恋愛あり。NBL構いません。耐性がある方お勧めです
7 審神者はルム主がやらせてもらいます
8 創作刀剣で参加する際も、必ず初めに此処の本ルームにて挨拶をお願いします。

~今いる刀剣男士~(実装済み刀剣のみ)
博多藤四郎 一期一振 薬研藤四郎 御手杵 乱藤四郎 亀甲貞宗 加州清光 和泉守兼定 堀川国広 鶴丸国永 三日月宗近 太郎太刀 鶯丸 山姥切長義
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、五月雨江さんが自動退室しました。  (1/16 21:42:11)

五月雨江((ついでに落ちるまで待機   (1/16 21:22:02)

五月雨江((顔だし、です   (1/16 21:21:40)

おしらせ五月雨江さん(Android 60.237.***.5)が入室しました♪  (1/16 21:21:31)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、加藤国広さんが自動退室しました。  (1/1 23:53:36)

加藤国広((待機   (1/1 23:32:54)

おしらせ加藤国広さん(Android 160.86.***.19)が入室しました♪  (1/1 23:32:43)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、花咲さんが自動退室しました。  (2019/12/27 21:41:57)

花咲((無言落ちまで待機   (2019/12/27 21:21:29)

おしらせ花咲さん(Android 220.148.***.216)が入室しました♪  (2019/12/27 21:21:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、御手杵さんが自動退室しました。  (2019/12/25 23:56:06)

御手杵((待機してる   (2019/12/25 23:26:32)

御手杵((びっくりするぐらい久しぶり   (2019/12/25 23:26:23)

おしらせ御手杵さん(Android 60.47.***.197)が入室しました♪  (2019/12/25 23:26:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、花咲さんが自動退室しました。  (2019/12/25 22:19:33)

花咲((待機   (2019/12/25 21:59:20)

おしらせ花咲さん(Android 220.148.***.216)が入室しました♪  (2019/12/25 21:59:11)

おしらせ花咲さん(Android 220.148.***.216)が退室しました。  (2019/12/22 10:54:06)

花咲((一応返した…また今度ー   (2019/12/22 10:54:01)

花咲「嫌なら睨まずお茶を飲んでください(ほら!と睨む相手にお茶を押しつけて)」   (2019/12/22 10:52:58)

花咲((寝落ちすまん…   (2019/12/22 10:50:13)

おしらせ花咲さん(Android 220.148.***.216)が入室しました♪  (2019/12/22 10:48:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2019/12/22 03:02:57)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、花咲さんが自動退室しました。  (2019/12/22 02:50:41)

う、っ。【饅頭を放り込まれ口元を押さえる。甘い。甘くて、酷い。一応咀嚼して飲み込み、酷く冷酷な目で相手を見据えた。一応の抗議である。口元に付着した饅頭のあんこを舌で舐め取って】   (2019/12/22 02:34:21)

花咲「もったいないですね…まあ、そんなこと言わずに食べてみてください(おいしいですよ!とまんじゅうを口の中に放り込んで)」   (2019/12/22 02:30:08)

喰いたいとも思わぬ。【そんなものを食べている方が不思議だ。相手を一瞥し、周囲を見回す。人の中に来るのは久し振りだ。茶屋に入ったのは初めてか、と考えて】   (2019/12/22 02:26:48)

花咲「え…かわいそう…こんなに美味しい物を味わえないなんて(同情しているのか涙を浮かべ自分の文を美味しそうに食べて)」   (2019/12/22 02:23:41)

食べぬ。食べる必要性がない。【食べなくても普通に生きて行けるし、食べたところで力にはならない。人間のように食べなくてはならない、という訳ではないのだ】   (2019/12/22 02:21:06)

花咲「どうしてそんなに嫌いなんですか?後普段何を?(霞とか食べてそうですね。とクスクス笑いながら聞き、注文した物が来れば相手の前にお茶と串団子を置いて)」   (2019/12/22 02:18:15)

人の喰いもの。【問われた事に対して、そう答えた。注文した後だろうにと思うが、もう何言っても無駄だと思った】   (2019/12/22 02:12:42)

花咲「またそんなこと言って…いい加減にしないと泣いちゃいますよ?世界が敵に回りますよ?(目を潤ませながらそういえば、注文した後で思い出したようにきいて)あ、嫌いな物とかないですよね?」   (2019/12/22 02:11:18)

気味が悪い。【造形など知らない、美的センスはわからない。昔は引く手数多だったのを思い出して厭な気分になった。そして自分の分まで注文している相手に心底うんざりする】   (2019/12/22 02:05:25)

花咲「お兄さん私と釣り合う程綺麗ですね(耳に手を当ててる姿に見惚れてしまいそうですぅ。と赤面しながら言った後メニュー表を見て勝手に相手の文まで注文して)」   (2019/12/22 02:01:33)

【断る暇もなかった。何だコレの行動力は。されるがままに座らされ、流された。とんでもない男だ。心中で息を吐いては左の髪を耳にかける】   (2019/12/22 01:58:19)

花咲「好き嫌いは駄目ですよ?ほらーかわいい私が案内してあげるから行きましょうよー(相手の手を引っ張って近くの茶屋によれば相手を向かいに座らせて頬杖を突いてにっこりとかわいく笑い)」   (2019/12/22 01:54:28)

人の食い物は好かぬ。【そう告げては断る。そもそも相手に付き合えば長そうだ。近くに花街があるのだからそちらへ行けばいいものを。そう思うが口には出さなかった。出したら面倒そうだからだ】   (2019/12/22 01:51:51)

花咲「まだ死んでないですっそんな酷いこという子はメッ、ですよ?(相手の脇腹を軽く小突けばそういって)それより行くところがないのならお茶しません?私もう喉が渇いちゃってー」   (2019/12/22 01:49:22)

……死んでも直らぬか。【心中で息を吐いた。馬鹿は死んでも直らないとは正にこの事。きっと彼は一生馬鹿のままだと思う。相手の言葉に返答はしなかった。するだけ無駄だ】   (2019/12/22 01:45:41)

花咲((多分花咲君仲良くなったら多少ウザくなくなると思う~   (2019/12/22 01:43:38)

花咲((だってウザくしないとなりすぐ終わりそうだからww   (2019/12/22 01:42:47)

花咲「えー?皆よくしてくれるんですよ?特に男の子は私に尽くしちゃうくらい好かれてます(暗殺対象が男の場合割と簡単に引っかかってくれる。まあ、いつもの性格ではなく、演技しているからだが。)こんなにかわいくて綺麗で性格もいい私が嫌われるわけ無いでしょう?おかしな人ですねー」   (2019/12/22 01:41:50)

((これは確かにうぜえwww   (2019/12/22 01:36:42)

貴様、嫌われるだろう。【だって、己の母のようなうざい性格をしている。何故引っ付かれないといけないのだ。いっそ空に飛んでしまおうか。そう考える。まあいい、いつか去るだろう。それまで黙っていよう。そう考えた】   (2019/12/22 01:36:31)

花咲((花咲君もめっちゃうざめでやってるw((文句言った時点で瞬殺だろうなとry   (2019/12/22 01:35:37)

((だって原作通りにやるとあれだぜ?一瞬で刀振るって惨殺っすね……   (2019/12/22 01:34:37)

花咲((あまあまですね…し っ て た (白目)   (2019/12/22 01:33:38)

花咲「いやですー怒るなら謝らなかった自分に怒ってくださいね。怒られちゃうと泣いちゃいますから!(多少かまってくれれば離れるのにこいつ童貞か、と思いつつも表では顔に手を当てながら追いかけていて相手の問にはにっこり笑い)あはっ、なんとなく!」   (2019/12/22 01:32:43)

((砂糖80%でお送りしております。原作なら多分既に殺されてますね……   (2019/12/22 01:28:51)

くどい。去れ。【何故着いてくるのだ。意味がわからない。特に行く宛てもなく、一人散歩するつもりだったのだが、相手が着いてきては散歩どころではない。ああ、本当に殺してしまいたい】   (2019/12/22 01:28:24)

花咲「答えたくないということは図星と捉えてもいいですよね?(判断材料が少なすぎる、それに政府に命令を出されていないことをするのはよくない。と考え、何処に行くか気になり、相手の後をついて行き)お兄さんひょっとしてコミュ症?綺麗なお顔がもったいないですねぇ」   (2019/12/22 01:23:32)

答える義理はない。【相手を引き剥がし、服を正す。気持ちが悪い、気味が悪い。関わると面倒だ。背を向けて再び歩き出す】   (2019/12/22 01:18:33)

花咲「やーんこわーい…お兄さん検非違使?(少なからず霊力があるため、検非違使に近い雰囲気を感じてはそうきいて、政府としては倒した方がいいかと色々考え始めて)」   (2019/12/22 01:16:20)

そうか。【刃を抜いたという事は死にたいという事、殺される覚悟があるという事。ならば殺しても構わぬか。そう思い、相手のナイフを掴みへし折った】   (2019/12/22 01:12:59)

花咲「ひどーい!(罵倒して抱きつけば札付きのナイフを取り出して首筋に当て)次なんて甘い。殺すと思ったときはちゃんと殺さなくちゃ駄目ですよ?」   (2019/12/22 01:06:25)

死にたくなければ去れ。【次は殺す。そう告げて腕を振り払った。どうせ、人間一匹だ。さほど問題にもならない。殺す事は造作も無い】   (2019/12/22 01:01:27)

花咲「ほら、またその言い方!くどいと思うなら謝ってください!(私すごく傷ついてるんですよ?と鳴き真似をしつつそういえば、謝るまで腕は離そうとはせず)」   (2019/12/22 00:51:19)

【気持ち悪いと思った。心底気持ち悪い。己の母も大概だったが、こいつは異常だ。本来ならこんな奴斬り捨ててしまいたいがそういう気が起きない】くどい。   (2019/12/22 00:47:26)

花咲「おすのにおっ…へ、変態っ!確かにか弱くて超絶美人な私の匂いを嗅ぎたくなるのはわかるけど~そういう言い方は無いんじゃないですか(振り払われた手をがっちり捕まえて鳴き真似をしながらわめき)」   (2019/12/22 00:45:08)

貴様、男だろう。【それくらい何とかしろ。そう告げては腕を振り払い歩き出す】そのような姿をしていても、雄のにおいは誤魔化せぬ。   (2019/12/22 00:39:19)

花咲「ぶつかっておいて謝りもしないなんて酷いじゃない(見て、肘すりむいちゃったじゃない。と赤くなっている肘を見せて涙目で訴えれば腕を掴んで引き留めて)」   (2019/12/22 00:37:52)

花咲((ふええ…ミスった   (2019/12/22 00:36:12)

花咲((みsj   (2019/12/22 00:36:00)

花咲「ぶつかっておいて謝りもしないなんてひっどーい」   (2019/12/22 00:35:53)

【ぶつかってきた人物に一瞥し、興味なさげに無視して進む。相手が男だとわかったからだ。まあ女性であっても気にはかけないが】   (2019/12/22 00:34:59)

花咲「(入り組んだ路地裏を歩いて行けば空から降ってきた何者かとぶつかってしまい、瞬時にわざとらしくならないように尻餅をついて)いったぁーい!」   (2019/12/22 00:33:03)

【ゆらりゆらりと町を歩く。興味もない客引きに目もくれず。人の町に降りるのは久し振りだった。元々森の中や、人里離れた場所で暮らしてはいるが。裏路地に入っては空を飛び交い目的の場所へと進む】   (2019/12/22 00:28:21)

花咲「今回は結構手間がかかったなぁ…まあ、私超優秀だから完璧に処理したけどね!(暗殺対象を処分し、一息つけば血を拭いて薄めの化粧を施せば帰還しようと花街の裏路地を歩いていて)」   (2019/12/22 00:24:41)

花咲((問答無用で殺されたりしないよね??((あいーやるー   (2019/12/22 00:20:39)

((つまり、こいつは検非違使なので悪の方ですね! /おまかせ~   (2019/12/22 00:17:09)

花咲((ひええ…((どっちからする?   (2019/12/22 00:16:52)

((元の文はめっちゃ長い   (2019/12/22 00:16:34)

花咲((これで削った方なのか…すごい…   (2019/12/22 00:15:05)

花咲((検非違使がめっちゃ悪事働いてますねぇ!   (2019/12/22 00:14:53)

((試運転なので確定ではないし、めっちゃ削った…   (2019/12/22 00:13:27)

【備考】元々とある土地神であったが、検非違使に唆され力を貸してしまう。検非違使によって仲間が殺され、刀剣によっても仲間が滅ぼされているのを見て豹変。そんな時、検非違使に唆され、検非違使の力を与えられて覚醒する。元神であったためが、現在は単独行動する事が多い。傍には手乗りサイズの小狐がいつも頭に乗っている。二〇〇年前、刀剣達によって封じられた(とある少女によって封印は解かれた)。   (2019/12/22 00:13:11)

花咲((わあ、殺されそうw((あるならほしいー   (2019/12/22 00:12:53)

((とりあえずこんなかんじ 備考いる?   (2019/12/22 00:11:07)

【容姿】芸術品の如く美しい。白銀の髪(下の方に桃色と水色のグラデーション)。白を基調とした着物に袴。片袖だけ白い羽織を纏う。胴を纏っている。頬や身体には狗の爪に引っかかれたような模様がある。額には何処かの神仏の証のような模様がある。身長172。右腕は二の腕からない。腰には二本の刀。   (2019/12/22 00:11:00)

【名前】江【性別】?【所属】検非違使【年齢】不明【容姿】残忍無比。人間を死すべき定めとして見下しているが、逆に同情している。根は優しいが、素直ではない。基本あまり喋らないが、必要な事があれば普通に喋る。人間、刀は嫌いだが、恩を仇で返したりするような事はせず、礼儀などはしっかりある。嫌っているというよりは、過去の経験などからイコール人間嫌いとなっている。あまり喋らないので誤解されやすい。そのせいで、関係がこじれたりする。母親譲りの鉄仮面。口癖は「忌々しい」。脳内でごちゃごちゃ考える癖があり、よく言葉を端折る。強さだけを求めたためか、恋愛関係には疎い。言い寄られる事はあっても恋をしたことがないため、恋愛がわからない。   (2019/12/22 00:10:40)


更新時刻 06:32:32 | 過去ログ | ルーム管理