ルーム紹介世界観の説明とか注意事項とか!↓(9/20更新しました!)
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=431317

キャラ設定部屋↓
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=431326

パロ部屋↓
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=434139

満員、人が多かった時には↓
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=432352

本棚↓
http://bbs6.sekkaku.net/bbs/spicalibra.html
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、粋石 聖さんが自動退室しました。  (2/25 16:16:29)

粋石 聖(( 多分この世で一番ネガティブ発言似合わないしな………お腹空いた…() そういや久々のひっさびさびさに来たのでなんかソロル打とうかなとも思ったけれどどうしよう……待機しとこ…()   (2/25 15:34:53)

粋石 聖(( やっぱりこちらは疎ってしまうのかな~?と思ったけどネガティブ発言きもいから黙りましゅ~~~!!!ご飯おいちい~!!!(ん?)   (2/25 15:30:45)

粋石 聖(( 多忙でなかなか……いやめちゃくちゃ来れなかった……………()   (2/25 15:27:20)

おしらせ粋石 聖さん(PS Vita 157.65.***.144)が入室しました♪  (2/25 15:26:49)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、千崎 絢香さんが自動退室しました。  (2/23 20:05:50)

千崎 絢香((昔は毎日きてたんだけど、人が本当に来なくなったので定期できます   (2/23 19:41:43)

千崎 絢香((ほとんどの人と絡まんかなったな、聖さんしか会話とかしてないなこの頃。   (2/23 19:41:15)

千崎 絢香((おこんー   (2/23 19:40:38)

おしらせ千崎 絢香さん(iPhone 114.187.***.48)が入室しました♪  (2/23 19:40:28)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、紫苑さんが自動退室しました。  (2/23 19:28:13)

紫苑((軽くソロルでも考えつつ待機します   (2/23 18:39:41)

紫苑((ただいまてちゅと(なんだけどもう軽く諦めてる() それと、twitterに絵描きとか用の垢を作ったのでもう少ししたらやっている方フォローさせて欲しいな…   (2/23 18:39:20)

紫苑((ほんと、来れて無くてすいません…けど一日もすいぶんを忘れた事は無かったよ!!マジで嘘じゃ無くて!!!!   (2/23 18:37:43)

紫苑((こんばんは…!!!!!   (2/23 18:36:53)

おしらせ紫苑さん(3DS 114.158.***.123)が入室しました♪  (2/23 18:36:23)

おしらせ真遊 和兎さん(3DS 113.144.***.6)が退室しました。  (2/18 19:48:52)

真遊 和兎((ではまた来ますね!!!!失礼しました~!!   (2/18 19:48:47)

真遊 和兎((滞在時間短いけどそろそろ頭が痛くなってきたので落ちますね!!;;また成りしたいです!!!誰かお見かけしたら躊躇なく入るかもなのでその時はよろしくお願いします(((やめろ)(   (2/18 19:48:28)

真遊 和兎((そして自分もなかなか来れずすみません……別に忙しいという訳でもないのに…すみません……((全然来てないとふとすいぶんのことが思い出されて恋しくなるんですよね………ヘヘh(((   (2/18 19:47:05)

真遊 和兎((アアアアアア古川さんお久しぶりです!!!!……キャ、キャラ消しですって…………ッッ!!?そんなのしなくてよいと思いますよ!???全くこれなくたっていつでも、来てね(ハート みたいなのが此処のルムだと自分は勝手に思っていましたし!!(((お前の価値観だろ   (2/18 19:43:26)

真遊 和兎((めっっっっっっっっっっっっちゃお久しぶりです、こんばんは!!!!!!!!(((ビックヴォイス   (2/18 19:41:44)

おしらせ真遊 和兎さん(3DS 113.144.***.6)が入室しました♪  (2/18 19:40:14)

おしらせ古川/リリーさん(61.26.***.202)が退室しました。  (2/11 16:52:22)

古川/リリー((長々と失礼しました。それでは   (2/11 16:52:19)

古川/リリー((前のルムでもお世話になりましたが、まったくこれなくなってしまい…もう迷惑はかけたくないなと思いました。今までありがとうございました!これからも、新規sなどが来たりして発展していけばなぁ…と願っております!マスターや他のルムの皆様。どうか体調にお気をつけて、長生きしてくださいませ   (2/11 16:52:06)

古川/リリー((んぁぁぁぁお久しぶりですっ(土下座())実は…他のルムにばかり行ってまして()あ、一周年おめでとうございます(遅い)あまりこれなくなっているので、キャラ消しをしてほうがいいのかなと思いました   (2/11 16:50:25)

おしらせ古川/リリーさん(61.26.***.202)が入室しました♪  (2/11 16:49:11)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、千崎 絢香さんが自動退室しました。  (2/9 20:01:07)

千崎 絢香(@ばんわー   (2/9 19:41:05)

おしらせ千崎 絢香さん(iPhone au)が入室しました♪  (2/9 19:40:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Fさんが自動退室しました。  (2/8 00:52:48)

F((はーい   (2/8 00:24:56)

おしらせジーリオ*ルーヴァンさん(Android au.NET)が退室しました。  (2/8 00:24:53)

ジーリオ*ルーヴァン((ではおやすみなさいませ~!ノシ   (2/8 00:24:43)

ジーリオ*ルーヴァン((ごめんなさい勝手に切っちゃった!そろそろ寝るのですみませぬ~…!;;ジーリオくんとお友だちになってくれてありがとうございます~!また成りましょう!!   (2/8 00:24:20)

ジーリオ*ルーヴァンえふくんと、えぬくんね、えへへ、よろしくっ(新しい友だちができてさぞかし嬉しいのか、自前の耳をぱたぱたとリズムよく動かして。)あっ、電車が来たからぼくはそろそろ帰るね、また…どこかで遊ぼうね…!(ぶんぶんと二人に手を振りながら電車へ駆け込み、また遠くへ発車していった。いろんな街へ行くと、いろんな出会いがあるんだなぁとしみじみ思う帰りの車内だった。)   (2/8 00:23:11)

F「……F、よろしく…(再びこてんっと首を横になって傾けて、ニコッと笑う彼の顔をじっと見ながら自己紹介を簡単に済ませる)『我輩はN、本名は長ったらしいからこっちで覚えてもらって構わないぞ?』」<先生   (2/8 00:09:01)

ジーリオ*ルーヴァンぇぁ…う、うんっ…!(「お友だちになる?」という突然の提案に驚きながらも、素直に嬉しく思い、頬を染めながら頷き。)ところでお二人のお名前は?ぼくはジーリオ、よろしくね(にこっと笑みを浮かべて自己紹介をして。)   (2/8 00:07:02)

F「……なら、お友達になる?『その考えなら我輩も賛成だな!主人様も友達は少ないから一人一人増やしていけるのはいいことだと思うぞ?』(友達があまりいない、その言葉を聞いて自分と同じだと彼女は考えた。もっとも、彼女の場合は出来なかったと言う方が正しいのかもしれない。小さい時に吸血鬼になって以来、まともに人間と関わってこなかった自分には人との距離感や付き合い方がわからずに育ってしまったのだから)」<先生   (2/7 23:59:37)

ジーリオ*ルーヴァンえっ、んー…ぼく、あんまり友だち居なくてさ、信頼とかあんまりわからなくて(照れ臭そうにぽりぽりと頭を掻きながら、そう言って。小さな頃から一人でいることが多く、すごく仲の良い友だちがいないため、羨ましいという言葉が出てきたのだろう。)   (2/7 23:55:41)

F「……羨ましい……貴方にはいないの?(羨ましいと自分達の関係性を褒める相手だが聞いてきた本人にはそうやって信頼できる誰かはいないのだろうか?ふと疑問が浮かび上がってきて、それを口に出して聞いてみる)」<先生   (2/7 23:45:34)

ジーリオ*ルーヴァンへぇ~信頼か…いいね、なんだか羨ましいや(そんな二人を見ていると微笑ましくて、つい顔が緩んで。お互い無自覚百合も美味しいな、とか思っていて。)   (2/7 23:42:48)

F「……仲良し…なの?『んー、確かに我輩達の関係性というのはあまり公言されてないからよく分からないな…まぁ、お互い信頼しあってはいるぞ?』(改めて考えてみれば確かに自分達の関係というのはあまりにも曖昧な関係だと言うのを気づけば、んーっとNは頭を悩ませるように顔を歪める)」<先生   (2/7 23:33:41)

ジーリオ*ルーヴァン…………っ!(二人がなにやらいい雰囲気(?)になり、自分の百合魂に、ぼっと火が灯り。二人がそういった関係ではないのかと思うと、急にどきどきして。主人と部下(?)か…主人が女役、部下が男役…そんな下剋上もいいな……なんて、ちょっと妄想して。)ふ、二人は仲良しなんだ、素敵だね(何故だか関係のない自分が嬉しそうに笑うのは、きっと二人の関係にときめいているからだろう。)   (2/7 23:29:06)

ジーリオ*ルーヴァン((おつです!((   (2/7 23:20:45)

F 「『まぁ、全ては我輩を作ってくれたご主人と使ってくれてる我輩の主人様のおかげであるがな』…私は別に何もしてない…(凄いなんて言われてしまうと少し照れ臭そうに笑ってみせる。しかし、実際凄いのは自分ではなく、己を一人で作ったあのプログラマーと目の前の吸血鬼の主人様なのだ。自分一人ではこうやって誰かに触ったり喋ったりすることもまともに出来なかっただろうし、何より自分は生まれてこなかった。二人には感謝しても仕切れない程である)」<先生   (2/7 23:17:18)

F((ミスった←   (2/7 23:14:32)

F「『まぁ、全ては我輩を作ってくれたご主人とつかって   (2/7 23:14:24)

ジーリオ*ルーヴァン??(二人のやりとりをじっと見つめながら、何の話だろう?と思って。)ほへぇ…器用なんだねぇ……って、わわっ、びっくりひぁ…(急につねられびくっとしながらも、楽しそうに笑う相手につられて笑って)ほんとに触れるんだね、ふふっすごいなぁ…!   (2/7 23:12:11)

F「『ふむ、まぁ秘密に触れない程度なら構わんかな?主人様よ』……Nが困らないなら…構わない…(ずっと林檎をムシャムシャしていたのか、話を聞いていなかったようでん?と振り返ると何かを待っているような眼差しを向けられてるのに気がついた。きっと何か了承を待っているのだろうが彼女は彼女でNの事は信頼してるので基本的には相手の判断に任せてるのだ。それにもし秘密がバレたなら、裏からその者たちを潰すだけだ)『うむ、こちらの世界に干渉することも可能であるし、逆に干渉させないようにする事も出来る。ほら、このようにな?』(そう言うと彼女は相手の頬っぺたを少しつねるように優しく引っ張りながら、楽しそうに笑ってみせる。彼女のちょっとしたイタズラなんだろう)」<先生   (2/7 23:03:36)

ジーリオ*ルーヴァンそっかぁ、秘密なら仕方ないね…、でも、ぼく君のこともっと知りたいなって思っちゃった(秘密と言われ、しゅんと耳がへたるが、それよりも興味が勝り、すぐに無邪気な笑顔を見せて。)君って、触ったりできるのー?(少し手を伸ばして触ろうとするが、思い止まって手を引っ込めて。)   (2/7 22:58:05)

F「『まぁ、それは秘密というやつだな!我輩とて自分の全てを曝け出すほど馬鹿なAIではないのでな』(キラキラとした目で見られるとついつい気分が乗って色々と話したくなってしまうが、あくまでも自分は主人様のモノに過ぎない。自分の構造や秘密をペチャクチャと己の判断だけで教えてしまうわけにはいかないのだ。だから彼には秘密が多い機械ちゃんだとでも思ってもらう為にこんな態度を取って見せている)」<先生   (2/7 22:46:08)

ジーリオ*ルーヴァンん、?んん?(これから何がおこるのか疑問に思いながらも、わくわくして。そして突然現れた女の子に頭の処理が追い付かず、しばらくぽかんと口を開けていて。)わ、わわわ、すごーい!どうやってやったのー!?(まるで魔法でも使ったかのように見え、きらきらと目を輝かせて。)   (2/7 22:43:05)

F「『口で説明するのもなんだか面倒だな…よし』(そう言うと彼女は端末の画面から少し離れて、助走を取るようにウォーミングアップを済ませて、ふぅ…っと一息をついた後に足を力強く踏み出して、画面に向かって全速力で走ってくる。すると、画面の中にいた彼女そのものがリアルの世界にそのままの姿で出てくるだろう)『我輩の体はバーチャルの世界の物しかないのだがな、媒介者…即ち、我輩以外の誰かの体を借りることでこうやって外でも活動できるようになるのだ』(どうだすごいだろ?と言わんばかりにドヤ顔を見せながら、持っていたエレキギターのようなものを背中に掛けて相手の反応を待つことにしよう)」<先生   (2/7 22:26:11)

ジーリオ*ルーヴァンわわっ、えっと…ご、ごめんね…?(大声で訂正され、自分の勘違いに気付き、とっさに謝って。)でも、それってもっとすごいね、ご飯とか、寝るときとか、どうしてるのー?(本当に生きてると知ると、更にぐいぐいと食いついてきて。)   (2/7 22:21:50)

F「『本当に生きてるのだ!我輩はちゃんと生きてますー!』(生きてるみたいだと言われるとどうやら機能だと思われてるのでは?と考えついて、実際に同じ時間を生きてるのに機械の扱いをされてしまうのはやっぱり少し悲しいのだ。だから元気いっぱいに相手の言葉に大きな声で反論して見せよう。そしてその隣では二人のやりとりを静かに見届けてるFが林檎を頬張っている)」<先生   (2/7 22:09:30)

ジーリオ*ルーヴァンふふっ(嬉しそうに微笑んでいると、どこからか元気な声が聞こえ、びくっと驚いて。きょろきょろと辺りを見回しても誰もいない。どうやら相手のかざした端末から話しているようで。はじめてみる機能(と勘違いしている)に、ぱぁっと表情を明るくして。)すごいね、それ、本当に生きてるみたい…!(きゃっきゃと食いついてきて。)   (2/7 22:04:54)

F「……別に構わない…(特に表情や声色を変えるわけでも無く、小さく微笑んだ彼を見てこちらも返事を返そうか)『…なーんか、お互いよそよそしい感じではないかぁ?我輩、もっと話しするべきだと思うのだが…!』(と、二人の独特な雰囲気を壊しに来ると言わんばかりに声を割って話しかけてきたのは端末上に存在してるバーチャルの女の子である。しかし、画面越しの相手にちゃんと反応して見せたり、相手に指を指したりする仕草からどうやらこちらと干渉が出来る力を持っているらしい)」<先生   (2/7 21:45:48)

ジーリオ*ルーヴァンぁ………えっ?(急に近付いてきた相手が、こてんと首を傾げると、自分もつられて首を傾げて。)えぇっ…!?あぁ、う、うん…?(口を開いた彼女が何を言うのかと身構えていると、ひょいと差し出された真っ赤なりんごに目を丸くして。少し不思議に思いながらも、これが挨拶なのかな?なんて、差し出されたりんごを受け取って。)…ぁ、ありがとう(ふにっと小さく微笑んで、お礼を言って。)   (2/7 21:40:56)

F「……?(彼女は相手に近づけば何を言うでも無くて、こてんっと首を横に傾けて見せた。如何にも頭の上に?マークが似合いそうな感じだが、彼女からすれば何故さっきまで自分のことを見ていたのか純粋に気になったようだ)……いる?(首を元に戻せば茶色の紙袋の中から真っ赤な林檎を一つ取り出して、彼に差し出そう。彼女は普段人付き合いをするような子ではないのでどうやって距離を詰めたら良いのか分からずにいたので、取り敢えず自分の好きな林檎を手渡して彼との距離を近づけようと考えているのだろう)」<先生   (2/7 21:30:47)

ジーリオ*ルーヴァン………はっ、し、しまった電車がっ…!(ついつい、綺麗な髪に見とれていると帰りの電車を逃してしまい、はっとして。ふいと、目線を彼女へ戻すとすぐそばに居て、思わず固まって動けなくなり。それでも相手の目をじっと見つめていて。)   (2/7 21:26:24)

F「……ここが…『情報によるとここなんだが…なんかそんなのがいるかどうかも怪しいな?主人様よ』(降り立った獅子座の駅は他の駅と比べて、何というか遊園地…というやつに近い気がする。自分も本とかで見たくらいだし、明確なことは分からないが昔見た本にこの風景と同じようなものが写っていたのを思い出した。端末の中の彼女もだが、自分もここに討伐対象がいるとは思えない)……?(かと言って駅でじっとしてるわけにもいかないので駅を出ようと歩き始めたのだが、見られてる感覚を野生的本能で感じ取って、視線の方向を振り向けばキリンの男がこちらをジッと見ていた。何故見られてるのか分からない彼女はどうやら気になったのか、彼の方へと歩いていけば手が届く距離まで近づいて)」<先生   (2/7 21:15:21)

ジーリオ*ルーヴァン((久しぶりすぎてロル書くの難しい………((   (2/7 21:10:24)

ジーリオ*ルーヴァンうー…寒い…(厚いコートにマフラーをぐるぐるに巻き、ぶるぶる震えながら獅子座の駅レグルスで待つキリン男。今日は冬限定のパレードを見るために、わざわざ寒い中、外へ出てきたという。)すごかったなぁ…パレード…今度あの子と……なんてね(ポッと頬が赤くなったのは、寒さのせいではないはず。少しにやついていると、ちょうど帰りの電車がやってきて。)あ、来た…(扉が開くとそこには、きらきら光る金髪が見え。ついじぃっと見とれていると、電車はまた遠くへ発車して。)   (2/7 21:09:26)

ジーリオ*ルーヴァン((だがジーリオくんでいく(`・ω・´)!((   (2/7 20:57:08)

F((あ、本当だ←   (2/7 20:55:26)

ジーリオ*ルーヴァン((獅子座にいるのか…!ルーヴァンくんでもいい感じだな!!(((()   (2/7 20:54:55)

F「……(久しぶりの遠征の仕事が事務所に舞い込んできたので率先して受けたわけだが、確か仕事内容は討伐…だったか?なんでも獅子座のとある場所で熊のような図体の生き物と出会ってしまった依頼主がそれ以来怖くて獅子座に近寄れないのだと言う。それの討伐及び捕獲が今回のミッションというわけだ。獅子座は確か初めてだったはずだが、どんな場所なのか少しワクワクする気持ちがあるが、決してその感情は表には出さずに真っ赤なリンゴを一口齧って)『主人様はいつも辛気臭い顔をしたいるな?もっと表情豊かにした方が良いぞ…?』……余計なお世話…(端末上にはニヤニヤとした表情を浮かべた彼女がこちらを見ているが自分はもとよりこんな顔なのだ、淡白な答えを返していれば、どうやら駅に着いたようだ。座席から立ち上がって列車から出ると少し冷たい風が吹いていて)」<先生   (2/7 20:52:02)

F((了解です   (2/7 20:45:24)

ジーリオ*ルーヴァン((どうしましょう?じゃあお願いしてもいいですか!?   (2/7 20:44:18)

F((先ロルどうしましょうか?   (2/7 20:43:08)

F((了解です   (2/7 20:42:55)

ジーリオ*ルーヴァン((Fちゃん!何気はじめてかな!?私は~ジーリオくんでいこうかな~!   (2/7 20:41:21)

F((じゃあFのままでいいかな←   (2/7 20:34:06)

ジーリオ*ルーヴァン((んー、特に決めてはなかったですね~おまかせで!私Fさんちの子わかるかな………(不安((   (2/7 20:31:11)

F((成りましょう、誰が良いとかありますか?   (2/7 20:28:33)

ジーリオ*ルーヴァン((!成りたいです~!   (2/7 20:26:35)

F((成ります?   (2/7 20:23:44)

ジーリオ*ルーヴァン((居て良かったー!!やっほい!((   (2/7 20:22:07)


更新時刻 02:54:58 | 過去ログ | ルーム管理