ルーム紹介
此処は明聖学園 .。
此処の生徒 . 先生はとても個性的で楽しい学園だヨ 。
さァ ! 青春を謳歌しようじャないか !!!
『 男同士で恋しても良いじャ無いか !! 』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
はいッ ! 変な前置き さ - せんッしたァァァァァァァァ ( スライディング土下座 ←
まァ BL成りちャを楽しみましョう !! ←

『 あてんしョん 』
・ 荒らしは回れ - 右ッ !
・ 背後同士の喧嘩は駄目ですヨ ~ . 成りでの喧嘩は大歓迎 !
・ BLが苦手な方は戻るボタンをポチッとなッ☆
・ 女子キャラ . 女々し過ぎるキャラ . 人外 . 能力 キャラはお控え下さい 。
・ 背後が喋る時は (( を御願いします !

『 設定部屋 』
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=510148

『 cp 』
ドンドン作ッて下せェ

『 主 』
主 @ 五月雨 冬季 / 2 / リバ
主 @ 橘 涙斗 / 理科 / リバ

『 雑談部屋 』 ち ー たんサンが作ッてくれました ! まじ感謝ァ
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=512491

皆様の入室 ! ワクワクしながら待たせて頂きます !!
 [×消]
おしらせ七桷 啓也さん(PS Vita 14.101.***.215)が退室しました。  (4/16 01:06:01)

七桷 啓也((顔出しだからあんまり流したらちょっと申し訳ない...おやすみ!   (4/16 01:05:59)

七桷 啓也((休みとか時間空いたらまた覗いてみるね~   (4/16 01:05:38)

七桷 啓也((意外に疲れて来れない...(うぐ.)   (4/16 01:05:13)

七桷 啓也((中学、美術部入ることにしたわー、啓也と同じ...!(ふふん.)   (4/16 01:03:00)

七桷 啓也((こんばんはー   (4/16 01:02:39)

おしらせ七桷 啓也さん(PS Vita 14.101.***.215)が入室しました♪  (4/16 01:02:32)

おしらせ七桷 啓也さん(PS Vita 14.101.***.215)が退室しました。  (4/6 17:46:57)

七桷 啓也((またねっ.、!   (4/6 17:46:55)

七桷 啓也((顔出しだけだからおちようかなー.、   (4/6 17:46:49)

七桷 啓也((俺宗啓が足りなくて死にそうなんだけど.、((   (4/6 17:45:27)

七桷 啓也((ちーたん何か部活とか入るんかな.。こんこー   (4/6 17:44:46)

おしらせ七桷 啓也さん(PS Vita 14.101.***.215)が入室しました♪  (4/6 17:44:04)

おしらせ三河宗吾 ◆xvhMQoQx52さん(Android 14.3.***.218)が退室しました。  (4/3 07:31:51)

三河宗吾((そんじゃ、顔出しなんで流すだけ流して落ちます〜。また来る!   (4/3 07:31:50)

三河宗吾((いちゃこらしたい(欲望)   (4/3 07:31:05)

三河宗吾((最近BLに飢えている腐女子、ちーたんでございます((   (4/3 07:30:32)

三河宗吾((正式に中学生だねぇ…。   (4/3 07:29:54)

三河宗吾((おはようです〜。   (4/3 07:29:06)

おしらせ三河宗吾 ◆xvhMQoQx52さん(Android 14.3.***.218)が入室しました♪  (4/3 07:28:54)

おしらせ和弥 哉汰さん(PS Vita 14.101.***.215)が退室しました。  (3/23 23:43:21)

和弥 哉汰((..俺も落ちようかなぁ、のししー   (3/23 23:43:20)

和弥 哉汰((ん、了解~お相手ありがと!お疲れ様~   (3/23 23:42:57)

おしらせ一ノ瀬 奏斗さん(Android 221.40.***.122)が退室しました。  (3/23 23:42:16)

一ノ瀬 奏斗((ごめん!親ふら!また今度続きしようね!お相手感謝!じゃねばい!   (3/23 23:42:12)

和弥 哉汰..ふふ....ごめんね、?(微笑んで、こて、と首を傾げて謝る。"可愛いなぁ...."そう思いながら見ていて。もうすぐで、授業が終わる時間になる。休むと言ったのは一時間だけなので、次の授業は行かないと...なんて真面目になって。)...そっか、良かった。(だいぶ良くなったと聞いて、ホッとする。このまま死んでしまったら....病気だったりしたら...そんなことを考えていたが、良くなったならよかった。安心して、口元が緩んで。)...早退とか、する?このままここいても、今日は無理そうじゃない...?(だいぶ良くなったとは言うが、今日は無理だろう。そう思い、早退はどうかと聞いて。)   (3/23 23:37:45)

一ノ瀬 奏斗......哉汰のせいだよ(彼にそう聞かれれば、真っ赤な顔でそう言って。おでこに冷えピタを貼られれば、ひんやりとした感じが広がって。”気持ちい?”と聞かれればこくん、と頷き、頭を撫でられれば気持ち良さそうに目を細めて。).......大分良くなってきた、(彼にそう聞かれれば、そう答えて。)   (3/23 23:23:03)

和弥 哉汰...大丈夫?熱上がってきた..?(彼の顔が赤くなると、自分のせいだと自覚しつつもそう声をかけて。先生から貰った冷えぴたを彼のおでこに貼ると、"気持ちい?"と聞き頭を撫でて。)調子どう?少しは良くなってきてたりする、?(当然だが、倒れた時よりかなり時間は経っている。もしかしたら熱が上がっているかもしれないので、無理させないようにしないと...と思ってそう問いかけて。)   (3/23 22:53:27)

一ノ瀬 奏斗((ただw   (3/23 22:42:11)

一ノ瀬 奏斗((ただw   (3/23 22:42:11)

一ノ瀬 奏斗(彼に名前を呼ばれるとそちらを見て。不意討ちでキスをされれば最初は驚いて固まっていたが、少し経つと彼に委ねていて。キスマークを首につけられれば、”ん、”と声が漏れそうになったのを押さえていて。その顔は、耳まで真っ赤に染まっていて。)........うぅ”........(先生の声がして、彼が離れると赤い顔を両手で隠して。)   (3/23 22:40:00)

和弥 哉汰((あー...あるよねそ-ゆ-の()   (3/23 22:35:07)

和弥 哉汰((おかえりー   (3/23 22:34:56)

一ノ瀬 奏斗((打ってたのに()   (3/23 22:34:53)

おしらせ一ノ瀬 奏斗さん(Android 221.40.***.122)が入室しました♪  (3/23 22:34:29)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一ノ瀬 奏斗さんが自動退室しました。  (3/23 22:34:07)

和弥 哉汰(保健室の先生もいるし、彼は熱を出している。流石に、そんな状態で襲うなんてできないと思い。けれど、○○くらいなら...と考えてしまい。)....奏斗(名前を呼ぶと、キスをする。そのまま首もとまで顔を持っていけば、キスマークを数個付けて。)『哉汰くーん、奏斗くん大丈夫そうー?』(先生の声ではっとする。彼から離れて"あ...大丈夫そう...です.."なんて戸惑いながら答え。心臓は高鳴り。)   (3/23 22:23:56)

一ノ瀬 奏斗(かぁあっと顔を赤くする彼を見ては、してやったり、というような顔をして笑って。そして、彼に押し倒されると驚いて目を見開いて。でもすぐに、”のぞむところだ”と言うような顔をして微笑んで。)..........全然大丈夫だよ、(急に彼の顔がとても近くなったことでだろうか、元々熱で赤くなっていた顔をもっと赤く染めて。彼が離れれば、そう言って赤い顔を隠すように俯いて。頭を撫でられれば、気持ち良さそうに目を細め。)   (3/23 22:14:00)

和弥 哉汰っ....!(キスをされ"大好き"なんて言われると、かぁあっと顔を赤くする。"可愛いことする..."なんて思えば、体を起こしていた彼を押し倒して。)...そんな可愛いことしたら、俺....我慢できなくなるけど、...大丈夫...?(目を細めて、ふっと笑う。顔が近く、息をする音もわかる程だ。)....あはは.、!御免ね、痛かった?(彼から離れると、頭を撫でる。無理矢理後ろに倒してしまったので、痛いところはないかと聞いて。)   (3/23 22:03:02)

一ノ瀬 奏斗(ゆっくりと起き上がると、彼の方に近づいてチュッと彼の唇に軽くキスをすると”本当に今日はありがとう.....大好きだよ、哉汰”と言って微笑んで。小さい頃は、風邪を引いても誰も看病なんかしてくれなくて部屋で一人寝ているだけだった。こんな風に、誰が来てくれることなんて無かった。彼が来てくれたことが本当に嬉しくて。)   (3/23 21:54:59)

和弥 哉汰んーん、大丈夫。熱が出るのは仕方ないから("ごめんね、哉汰"そう言われると、頭を撫でて、そう返す。熱のせいか、頬は赤くなって、少し汗ばんでいた。それを自分のハンカチで拭ってあげると、彼に名前を呼ばれて。)...ん、?奏斗、どうしたの?(名前を呼ばれると、ふっと微笑み。)   (3/23 21:42:12)

一ノ瀬 奏斗........うん。ごめんね哉汰、(ぎゅ、っと抱き締められれば、そう言って抱き締め返し。彼が離れれば、少し寂しいななんて思ってしまい。彼に頭を撫でられれば、気持ち良さそうに目を細め、キスをされれば”んぅ”なんて声を漏らして。)........うん、(彼の言葉に、微笑んで頷き。)哉汰、哉汰...(彼の名前を呼んで、彼の服の袖をちょんちょん、と引っ張って。)   (3/23 21:34:44)

和弥 哉汰....すごい心配した...(ベッドの上で微笑む彼を、ぎゅっと抱き締める。哉汰の鼓動は速く、本当に心配していたという事が伝わるだろう。抱き締める力を強めれば、風邪だから辛いかな...と離れて。)...何も無くて良かった。..階段で倒れたって聞いたから...(辛い状態でも笑いかけてくれる彼を見ると、"奏斗ってやっぱり、優しいな..."なんて思って。彼の頭を撫でると、口付けをして。)...早く楽になればいいね、("そしたらいっぱい遊べる。"そう、彼に言って微笑んで。)   (3/23 21:23:23)

一ノ瀬 奏斗(彼に自分で飲めるか聞かれれば、こくん、と頷き。ペットボトルを持たせてもらえば、ゴクゴクッと飲み。手を添えてくれている彼を見て”やっぱ、哉汰は優しいなぁ”なんて思い。少し溢れてしまえば、彼がハンカチで拭いてくれて。飲み終わると寝かされて、彼に”ありがと”とお礼を言えば飲み物を飲んだお陰で喉の痛みが軽くなったのか先程より楽になって。彼に欲しいものあるか、と聞かれれば首を横に降って”大丈夫、ありがと”と柔らかい笑みを浮かべてそう言って。).......ふふっ......来てくれてありがと、(心配だったから、と言う彼に苦笑すればそう言って。彼が来てくれなかったらどんなに心細かったことだろう。彼の方を見ては、微笑み。)   (3/23 21:11:04)

和弥 哉汰....自分で飲める..?(ペットボトルを持たせると、心配なので一応手を添えて。少しこぼれてしまったが、それは自分のハンカチで拭き、飲み終わると再び寝かせて。)何か欲しい物とかある、?売店で買ってくるけど....("..あっ、気持ち悪かったりしたらいつでも言ってね?"そんな心配をしていると、彼が一言。"哉汰、....授業は...?"彼のその言葉に一瞬固まる。休んだって言ったら怒られるかな...そこまでしなくてもいいのにとか言うかな...。そうぐるぐると考え、小さな声で、)....休んできた...心配だったから...(と、目を逸らしながら言い。)   (3/23 21:00:29)

一ノ瀬 奏斗((それな()   (3/23 20:49:26)

一ノ瀬 奏斗(ボーッとしていると、カーテンが開かれて哉汰が入って来て”奏斗”と呼ばれればそちらを見て。彼だと分かれば、ふわ、っと微笑み。彼が椅子に座るのを視界の端で見ていると、頭を撫でられて。少しひんやりとした彼の手が心地よくて、目を細めて。).......大丈夫、(彼にそう聞かれれば、少し咳を交えてそう言って。授業はどうしたのだろうか、なんて彼の方を見てはそう思い。).......飲む。(彼の言葉にこくん、と頷くとゆっくりと起き上がり。)   (3/23 20:49:12)

和弥 哉汰((言い方にも気を付けつつ説明するのってむずかし()   (3/23 20:42:45)

和弥 哉汰((名字とかって無いのかな...。えっと...容姿をもう少し詳しく書いてくれると嬉しいな...?   (3/23 20:42:21)

和弥 哉汰....奏斗(ベッドのカーテンを開ける。彼は起きている様だった。開いたカーテンを閉め、ベッドの横の丸い椅子に座る。咄嗟に持ってきたお茶を、ベッドの横の小さな机に置けば、彼の頭を撫でて。)...大丈夫、?まだちょっと熱いね...(ほわほわとしているような顔を見れば、まだ体調は良くないだろう。手から伝わってくる熱を感じても、そう思える。)...無理しなくてよかったのに..(心配そうな顔で、彼に言う。"喉渇いたでしょ。お茶飲む?...起き上がれる?"ペットボトルのお茶を手にとって、彼に問いかける。色々知りたい。体は辛くないかとか、何が欲しいかとか。だが焦らずに、落ち着いて行動していて。)   (3/23 20:40:28)

おしらせキルアさん(122.212.***.215)が退室しました。  (3/23 20:38:22)

キルア((不安   (3/23 20:37:14)

キルア((あってるかな?   (3/23 20:33:46)

おしらせキルアさん(122.212.***.215)が入室しました♪  (3/23 20:32:13)

一ノ瀬 奏斗((まじかw(   (3/23 20:30:12)

一ノ瀬 奏斗((まじかえ   (3/23 20:29:59)

一ノ瀬 奏斗(気がつくと、そこは真っ白な空間だった。一瞬で”此処は夢か”と悟ると辺りを見渡す。真っ白な空間のなかに自分ともう一人___恋人の哉汰が居た。不思議に思いながらも彼に近づこうとすると、彼は無言で歩き出してしまう。”待って”と声を出して言っても彼には届いていないのか、彼は自分に気がつかないまま遠くに行ってしまう。____そこで目が覚めた。).......ん.......(ふわふわとする意識の中、目を薄く開けると真っ白な天井が見えて。渇いた喉からは声ではなく、咳しか出てこない。ぐる、と目だけ動かして周りを見ると此処が保健室だということに気がつく。)   (3/23 20:29:48)

和弥 哉汰((俺ね、入ってきた事はいいんだよ別に。だって教えればいいもん。俺そこじゃなくて、キルアって名前でネットやってるリア友いるから"えッッッ"ってびっくりした(そこ.)   (3/23 20:21:04)

一ノ瀬 奏斗((俺もびっくりした()   (3/23 20:19:52)

和弥 哉汰((それならよかった...。何を求めてるかわからないから、説明しにくかった...(はふ.)   (3/23 20:19:18)

和弥 哉汰えッ?!("奏斗が倒れたらしい"そんな話を聞いたのは、授業が終わってからだった。なんでも、階段で倒れたとか。側にいた先生が助けてあげたらしいが、その時意識は無く、更に高熱。)奏斗....(自分の恋人が、大切な人が倒れたなんて聞いたら、いてもたってもいられなくなる。"御免、次の授業休むって、先生に言っておいて"そう友達に告げ、保健室まで走る。"廊下は走ったらだめだぞ~"そんな先生の声が聞こえるが、今はそれどころではなかった。)....!!!(ガラッと大きな音をたて、保健室のドアをあける。そこには、一つだけカーテンがかかったベッドと、白衣姿の先生。)『...奏斗君かな?今はあのこしかいないし。...一番奥のベッドで寝てるよ』(そう言われ、奥のベッドへと向かい。)   (3/23 20:18:05)

一ノ瀬 奏斗((説明上手、羨ましい()   (3/23 20:13:37)

一ノ瀬 奏斗((大丈夫だ、説明できてた!(   (3/23 20:12:46)

和弥 哉汰((....俺ちゃんと説明できてた..?俺語彙力と説明力に自信ないんだけど..((   (3/23 20:11:07)

おしらせキルアさん(122.212.***.215)が退室しました。  (3/23 20:10:08)

キルア((とりあえず見てきます   (3/23 20:10:04)

キルア((はあ、なるほど   (3/23 20:09:17)

和弥 哉汰((んーと...ここは成り部屋で、普通の雑談部屋とは違います。此処のような成り部屋に来るには、まず"自分のキャラクター"を、ルム説に書いてある"設定部屋"に行きそのキャラクターの設定を書きます。書き方は、他の人のを見てもらえればわかると思いますが.。   (3/23 20:08:10)

キルア((なるほど←あってる?   (3/23 20:07:35)

一ノ瀬 奏斗((まず、会話をするときは((をつけた方が良いと思います   (3/23 20:06:24)

キルア説明呼んだ気はするのだが・・   (3/23 20:06:21)

キルアもうちょい説明を   (3/23 20:05:50)

和弥 哉汰((あ、言い方がちょっと駄目だな...、(うぐ.)   (3/23 20:05:35)

キルアむむむ?   (3/23 20:05:32)

和弥 哉汰((すみません、キルアさん。ルム説を見たかどうかわかりませんが、とりあえず、参加希望でしたら設定部屋に設定を置いてきた方がいいと思います...。   (3/23 20:04:59)

キルアえーと放置?   (3/23 20:03:53)

キルアこんばんはー   (3/23 20:03:01)

おしらせキルアさん(122.212.***.215)が入室しました♪  (3/23 20:02:44)

一ノ瀬 奏斗((おかー   (3/23 20:01:54)

一ノ瀬 奏斗(今日は朝から体調が悪く、一応熱を計ってみると表示された数字はなんと38.9だった。それでも、”安静にしていれば熱なんか下がるだろ”と考えて学校に何時も通り登校した。人に会わないように教室まですぐに行くとHRが始まるまで机の上でぐったりとしていて。勿論、授業が始まっても集中できるわけもなく熱が上がってきて、頭痛もするわで最悪な状況。)...........先生、具合悪いんで保健室行ってきます(とうとう耐えきれなくなったので、早口で先生にそう言うとガタッと席を立ってふらふらと教室を出た。目眩が酷くて、景色が歪んで見えて。此処から保健室まで大分距離があるため無事にたどり着けるだろうか、と思いながらも階段を下りようとした_そのときだった。ぐらっ、と視界が回って暗転し、意識を飛ばした。)   (3/23 20:01:48)


更新時刻 21:41:30 | 過去ログ | ルーム管理