ルーム紹介
ルム名通りです(

注意
オリキャラあり
荒らし、喧嘩、暴言絶対ダメッ!!
来たらすぐ非表示、右から左に受け流してください(無視してください)
無固定っ!!ROMってないで、気軽にきてね?
背後とかも普通にあり!
カップルどうしようかな…悩んでる、
コスプレとかもあり!
とにかく楽しんでくれたら何でもありです!

主はだいたい松になると思います(



…あ、ここまで読んだら、入るのは常識だよ?
 
 [×消]
おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が退室しました。  (12/9 18:00:21)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「さて、ちょっと課題でもするか。確か途中だったし。」(一旦部屋へと戻る)   (12/9 18:00:19)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「よし、これでいいだろ。」(湿布を貼り、包帯でカバーする)橙ぜつリカ「…凄い…これなら安心やわ…。」ミラリカ「しばらくは安静にしておかなきゃね。」橙ぜつリカ「ブロリー、ホンマありがとうやで。」ブロリー「いいって。」ミラリカ「じゃあ、橙ぜつリカを部屋に運んでくるからね。」ブロリー「気をつけろよ。」   (12/9 17:51:44)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「大丈夫…?」橙ぜつリカ「このくらいどうってこと無いで。」ブロリー「ん?どうした?」ミラリカ「あっ、ブロリー…実は橙ぜつリカが体育のバレーで足をひねってしまったみたいで…。」ブロリー「うわ…それは痛いな…少し待ってろ。湿布とか持ってくるから。」橙ぜつリカ「…ブロリー…そこまでしなくてもええのに…。」ミラリカ「ブロリーは優しいのよ。」   (12/9 17:44:22)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー(そういえばしばらく修業とかしてないから動きが鈍くなった気がするな…体育でギリギリカバーしてるって感じだ…卒業したら修業も毎日やらねぇとな…。)   (12/9 17:37:07)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつブロリー「…さて、修業もこれくらいにしとくか…。」ブロリー「久しぶりに修業したから楽しかったぞ。また暇だったら修業しようぜ。」ぜつブロリー「あぁ、考えておく。とりあえずじゃあな。」(部屋へと戻る)   (12/9 17:34:55)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「まぁ、なんとか勝てたけどな。」ぜつブロリー「勝ったのか。」ブロリー「ギリギリ。」ぜつブロリー「良かったじゃねぇか。」ブロリー「そうか?」(片手で戦いながら修業中)   (12/9 17:22:01)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつブロリー「そっちのテニスはどうだったんだ?」ブロリー「確か今日はぜつブロリー(ミラー)と試合したな。」ぜつブロリー「ミラーワールドの俺か。」ブロリー「ぜつブロリーみたいにめちゃくちゃパワーが強かったな…最初はラケットが折れるかと思ってたぞ。」ぜつブロリー「へぇー…。」ブロリー「それとロブとかフラットとか色んなショットをしてきた。」ぜつブロリー「なかなか手強いな。」   (12/9 17:14:29)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「で、今日の結果は?」ぜつブロリー「…7対8で負けた。」ブロリー「そっか…それは残念だな…。」ぜつブロリー「…次は絶対負けねぇ。」ブロリー「頑張れよ。」   (12/9 17:09:15)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつブロリー「でもこっちのチームだって負けてねぇぞ?」ブロリー「ぜつブロリーはポジションってどこだったんだ?」ぜつブロリー「…そういう本格的じゃなかったが…まぁ、シュート役だったな。パワーあるし。」ブロリー「やっぱりそうか。」   (12/9 17:07:05)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつブロリー「…じゃあ、今日の体育の授業のことにするか。クラス違うし。」ブロリー「なるほど。確かそっちはサッカーで、俺はテニスだったな。」ぜつブロリー「こっちのサッカーなんか、相手チームのRyuranがめちゃくちゃ強かったんだよな…2対1なのにドリブルで突破しやがった…しかもそのままゴールだ。」ブロリー「へぇー、あのRyuranが?」ぜつブロリー「…なんかサッカーにハマってた感じだったな。」ブロリー「きっとしばらくスポーツとかしてなかったからじゃないか?」ぜつブロリー「…かもな。」   (12/9 17:04:47)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「はぁ…今日の授業も疲れた…。」ぜつブロリー「ブロリー、ちょっと修業に付き合ってくれよ。」ブロリー「いいよ?」(片手で戦いながら修業する)ぜつブロリー「せっかくだし、なんか話でもするか。」ブロリー「どんな話をするんだ?」ぜつブロリー「…。」(考えている)   (12/9 17:01:01)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が入室しました♪  (12/9 16:59:19)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が退室しました。  (12/8 21:39:54)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…さて…明日も授業があるし…少し復習しとくか。」(部屋へと戻る)【学生寮 ブロリーの部屋】ブロリー「えっと…確か今日は…。」(教科書を開いてページを確認する)「あった、ここだ。」(ノートやシャーペンを準備する)「最後のテストも近づいてるし、わかりやすいようにまとめておこう。」((【数分後】ブロリー「すぅー…。」(座ったまま机で寝ていた)   (12/8 21:39:50)

スマドラヴィランズ((【学生寮】Bowser「合体戦士かぁ…誰とフュージョンしようかな…なんて。」ブロリー「やっぱり相性が良い奴とか…。」Bowser「ちょっと考えてみるよ。じゃあ、ワガハイは先に部屋に戻るね。噂の事教えてくれてありがとうなのだ!!」(部屋へと向かう)ブロリー「またなー。」   (12/8 21:34:36)

スマドラヴィランズ((【学生寮】Bowser「でも、噂は本当だったんだね…いつか合体戦士の姿を見てみたいなぁ…。」ブロリー「もしかしたら、卒業後に見せれるかもな。」Bowser「卒業後すぐじゃなくてもいいよ。」ブロリー「まぁ、仲間が許可を取るかどうかの問題だからな…。」   (12/8 21:29:51)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「いいか?まずは俺の動きを見てくれよ。」Bowser「うん。」ブロリー「…では…フュー…ジョン!!はあぁ!!」(フュージョンの動きをする)Bowser「えっ…えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!?」ブロリー「これを2人同時でするんだ。最後はちゃんと指を合わせなきゃ駄目だし、姿勢とかも揃えないといけないんだよ。」Bowser「結構細かいね…。」ブロリー「じゃあ、やってみるか。」Bowser「うーん…でもやってみようかな。」ブロリー「これは試しだから細かいことは気にしなくていいぞ。」Bowser「わかった。」ブロリー「よし…じゃあいくぞ。」Bowser「うん。」(少し離れる)ブロリー&Bowser「フュー……ジョン!!はあぁ!!」(フュージョンの動きを試した)Bowser「これ…結構恥ずかしいね…。」ブロリー「だろ…?だからあまり使わねぇんだ。」Bowser「納得…。」   (12/8 21:19:21)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…はっ…。」(後ろを振り向く)Bowser「あっ…。」ブロリー「…久しぶりに振り向いたな…。」Bowser「まだ気配を感じるの?」ブロリー「あぁ…でも…すぐに消えるんだよな…。」Bowser「そっか…。」ブロリー「…おっと、話の続きをしないとな。」Bowser「とにかく…合体方法は…?」ブロリー「…やってみるか?」Bowser「えっ、合体とかしないよね…?」ブロリー「あぁ、それは大丈夫だ。」   (12/8 21:13:47)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「それで…フュージョンが出来ればきっと戦力も上がるかなって思ってついやってみたのがきっかけだ。」Bowser「どうやって合体するの?」ブロリー「あぁ…えっと……なんていうか…。」Bowser「?」ブロリー「…ちょっと…な。」Bowser「…何かの儀式をするとか?」ブロリー「うーん…。」   (12/8 21:09:00)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「まぁ、フュージョンっていう合体方法だな。」Bowser「フュー…ジョン…?」ブロリー「確かカカロットがベジータとそのフュージョンをして合体戦士になった…とは聞いたけど…。」Bowser「あれ?ブロリー達が考えたんじゃないの?」ブロリー「ううん、違う。」   (12/8 21:07:00)

おしらせタケテケ./他さん(126.91.***.92)が退室しました。  (12/8 21:06:02)

タケテケ./他(( .. 顔出しだ   (12/8 21:05:58)

タケテケ./他(( 久しぶりに顔を出したなwwウェッヘッヘッヘッヘッwwww   (12/8 21:05:47)

おしらせタケテケ./他さん(126.91.***.92)が入室しました♪  (12/8 21:05:20)

おしらせまみさん(iPhone au)が退室しました。  (12/8 21:05:12)

まみえぇ   (12/8 21:04:51)

まみなんだこれ   (12/8 21:04:18)

まみ  (12/8 21:04:13)

おしらせまみさん(iPhone au)が入室しました♪  (12/8 21:04:00)

スマドラヴィランズ((【学生寮】Bowser「あっ、いた…ブロリー。」ブロリー「ん?俺に何か用か?」Bowser「ちょっと聞きたいことがあって…話してもいいかな?」ブロリー「もちろんだ。」Bowser「隣、失礼するのだ。」(ブロリーの隣に座る)ブロリー「で、聞きたいことって?」Bowser「噂で聞いたんだけど…スマドラヴィランズの皆って…合体戦士になれるって…。」ブロリー「あぁー、合体戦士とか懐かしいな。」Bowser「じ、じゃあ噂は本当!?」ブロリー「あぁ、ちょっと興味で試したことがあるぞ。」Bowser「そうなんだ…びっくり…ねぇねぇ、合体戦士って何なのだ?やっぱり合体の…?」   (12/8 21:01:49)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が入室しました♪  (12/8 20:58:41)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が退室しました。  (12/8 18:53:54)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「さて、そろそろ7時過ぎるな。」ぜつクッパ(ミラー)「食堂も開いてるかな。」ブロリー「10分前には開いてた気がする…行ってみるか。」ぜつクッパ(ミラー)「うん。」(食堂へと向かう)   (12/8 18:53:52)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「まぁ、人それぞれっていうだろ。」ぜつクッパ(ミラー)「人それぞれ…。」ブロリー「まぁ、たまに俺や仲間もそんなこと思ってた時があったけど………俺頭悪いから全然気にしてねぇけどな。」ぜつクッパ(ミラー)「………ブロリー…。」   (12/8 18:49:41)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつクッパ(ミラー)「………まだ、正義の方なのかな…。」ブロリー「無理に俺達に合わせなくていいんだぞ?」ぜつクッパ(ミラー)「でも…。」ブロリー「それに、スマドラドリーマーズも、夢の世界で悪夢と戦ってる夢戦士なんだろ?つまり正義の方だから…その…。」ぜつクッパ(ミラー)「…そうだね。確かに正義かも。」   (12/8 18:46:24)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ぜつクッパ(ミラー)「自分達は…どっち何だろうって思って…。」ブロリー「…悪いことはしてないから…正義じゃねぇか?」ぜつクッパ(ミラー)「……でも………ブロリー達って悪役なんだよね?それで…今こうして話していたら…………何というか…。」ブロリー「うーん…難しい話だな…。」   (12/8 18:42:33)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「なぁ、いきなりこんなこと聞くけどよ…ミラーワールドってどんなところなんだ?」ぜつクッパ(ミラー)「あっ、自分達の世界の事?」ブロリー「あぁ。」ぜつクッパ(ミラー)「えっと…難しい言い方するけど…【正義の人は悪役になって、悪役の人は正義になる】…かな。」ブロリー「つまり…悪い奴が良い奴になって、良い奴が悪い奴になるってことか?」ぜつクッパ(ミラー)「………まぁそうだね…でも……。」ブロリー「…?」ぜつクッパ(ミラー)「…。」ブロリー「…何か悩んでいるのか?」ぜつクッパ(ミラー)「…あまり言わない方が良いかなって…。」ブロリー「…大丈夫だ、話していいぞ。」ぜつクッパ(ミラー)「………本当?」ブロリー「あぁ。」ぜつクッパ(ミラー)「…じゃあ……。」   (12/8 18:39:37)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「さて、今回は誰かなー。」ぜつクッパ(ミラー)「…何してるの?」ブロリー「ん?話相手を探しているんだ。あっ、もしかして今暇?」ぜつクッパ(ミラー)「一応…。」ブロリー「よし、決まりだ。」   (12/8 18:35:22)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が入室しました♪  (12/8 18:33:42)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が退室しました。  (12/7 21:38:07)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「一応、無料だからな。」黄リカ「へぇー……。」ブロリー「っていうか…前に旅館に来なかったか?」黄リカ「…あれはちょっとの間だけで長くはいませんでしたわ。」ブロリー「そっか…確か緑ブロリー達は現実世界では透明扱いだったな…。」黄リカ「そうですわ。あくまで私と仲間たちは夢戦士。【現実世界には行ける代わりに、舞空術以外の能力は使えない】というデメリットがありますの。」ブロリー「…なんとか出来ねぇかな…それ…。」黄リカ「…気持ちだけはもらっておきますわ。でも大丈夫ですわ。あなた達の体に乗り移れば能力とかは使えますの。」ブロリー「うーん…。」黄リカ「…本当に…あんなデメリットが消えたら…仲間の橙ぜつリカもめちゃくちゃ喜ぶに違いありませんわね。」ブロリー「…そう…だな。」黄リカ「では、私はそろそろ失礼いたしますわ。長く話せて少しは楽しめましたわ。」(部屋へと戻る)ブロリー「…。」(あんなデメリット…か…。)   (12/7 21:38:03)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「うーん…あれは旅館に興味を持ったからかなぁ…。」黄リカ「興味?」ブロリー「…でも、あの旅館は俺達だけ使う予定だったけど…。」黄リカ「けど…?」ブロリー「あれからいろんな知り合いに会ってきて…旅館にも客が入るようになって…。」黄リカ「…。」ブロリー「いつの間にか…【異世界の人のための休憩所】って思い始めたんだ。」黄リカ「…なるほど…。」   (12/7 21:26:59)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「ふわぁ…。」(座っている)黄リカ「眠たそうですわね。」ブロリー「もう夜だからな…それに晩御飯も食べたし…。」黄リカ「…そういえば、他の人から聞いたのですが…あなたと仲間達が建てた旅館という施設があるのは本当ですの?」ブロリー「あぁ、本当だ。」黄リカ「…どうして建てましたの?」   (12/7 21:18:58)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が入室しました♪  (12/7 21:15:56)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が退室しました。  (12/7 18:58:42)

スマドラヴィランズ((【学生寮】Ganon「だが、次の最後のテストは相当難しくなっているだろう。」ブロリー「もしかしたら欠点とか取りそうだな…俺。」赤クッパ【自分も…。】Ganon「…自信無いようだな。」ブロリー「…まぁ、頑張ってみるさ。」赤クッパ【お腹空いた。】ブロリー「そろそろ晩御飯にするか!!食堂に行こうぜ。」Ganon「あぁ。」(食堂へと向かう)   (12/7 18:58:40)

スマドラヴィランズ((【学生寮】Ganon「2人で仲良しそうに話しているな。」ブロリー「あっ、Ganonじゃねぇか。」赤クッパ(やぁ、と言うように手を振る)Ganon「今回のテストの話か?」ブロリー「あぁ、Ganonはどうだったんだ?」Ganon「…74点ってところだな。」赤クッパ【やっぱりガノン系はみんな頭良い…。】ブロリー「あれを70点以上…すげぇな…。」   (12/7 18:54:59)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「あっ、赤クッパは今回のテストはどうだったんだ?」赤クッパ【実は前回と同じ点数で58点だった。】ブロリー「一緒だったのか!?いいなぁ…俺なんかめちゃくちゃ下がってたぞ…。」赤クッパ【でも、前回より難しかったのは確か。】ブロリー「だよなぁー。」   (12/7 18:52:34)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー&赤クッパ「…。」(水の音を聞いている)ブロリー「…。」(確かに…ちょっとだけ落ち着くな。)赤クッパ「…。」(ブロリーをつつく)ブロリー「ん?」赤クッパ【どう?聞いてみて。】ブロリー「まぁ、水の音って何だか爽やかだもんな。リラックスは出来た。」赤クッパ【それなら良かった。自分なら、水中で沈みながらゆっくり眠ってることを想像する。】ブロリー「それは…どういうことだ?」赤クッパ【なんとなく。】ブロリー「…。」   (12/7 18:49:59)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…。」(学生寮内を歩いていた)「ん?」赤クッパ「…。」(水の流れるオブジェを見つめていた)ブロリー「赤クッパ、何してんだ?」赤クッパ【水の音を聞きにきた。】ブロリー「水の音?」赤クッパ【水の流れる音って、落ち着く。】ブロリー「へぇー。」赤クッパ【ブロリーも聞く?】ブロリー「おう。」(少しだけ聞いてみるか。)   (12/7 18:46:10)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が入室しました♪  (12/7 18:43:43)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が退室しました。  (12/6 22:43:19)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「さて、そろそろ寝るか。」灰ぜつブロリー「…長い間無言だった気がするが…まぁいいっか。また明日な。」ブロリー「あぁ、おやすみー。」   (12/6 22:43:15)

スマドラヴィランズ((【学生寮】灰ぜつブロリー「まぁ…その他の問題は普通だったけどな。」ブロリー「マジで?俺なんか全然解けなかったぞ?」灰ぜつブロリー「…そうかよ。」   (12/6 21:04:35)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「まずはやっぱり今回のテストの話からだな。どうだった?」灰ぜつブロリー「…下がるに決まってるだろ!!あの問題は!!」ブロリー「あっ!!もしかして6番のところだろ?」灰ぜつブロリー「あぁ…あれは意味が分からなかった…。」ブロリー「あそこの問題はガノンに教えてもらったけど…忘れちまって…。」灰ぜつブロリー「もったいないことをしたな。あの問題って一応解けたら高得点だったぞ。」ブロリー「そうなんだよー…。」   (12/6 21:03:28)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「今日は誰と話そうかな…。」灰ぜつブロリー「話し相手探しか?」ブロリー「おっ、よくわかったな。」灰ぜつブロリー「俺も暇していたところだ。ゆっくり何か話そうぜ。」ブロリー「あぁ。」   (12/6 21:00:30)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が入室しました♪  (12/6 20:59:10)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が退室しました。  (12/5 21:58:20)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「そうだな…さて、明日も授業があるし…そろそろ寝るか。」ミラリカ「あれ、もう10時過ぎてるのね。私もそろそろ寝るわね。」ブロリー「あぁ、また明日な。」ミラリカ「おやすみー。」   (12/5 21:58:17)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…まぁ、そういうのは卒業の後だな。とにかくまずは…最後のテストを頑張らねぇとな…。」ミラリカ「内容も難しくなってきてるわ…ガノン達でも苦戦する程のレベルだもの…。」ブロリー「だよなぁ…みんなそう言ってる…俺もまたテストの点数とか下がるだろうか…。」ミラリカ「…気合で頑張りましょ。」   (12/5 21:56:22)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「うーん…卒業後は知り合いに会って…それから皆を紹介して…その後何しよう…。」ミラリカ「久しぶりに会うのだから何かしたいわね。」ブロリー「そうだなぁー…何か大きいイベントとか…。」   (12/5 20:53:13)

おしらせスマドラヴィランズさん(118.5.***.122)が入室しました♪  (12/5 20:51:02)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が退室しました。  (12/5 20:48:37)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー(一旦機種変更だ。)   (12/5 20:48:35)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…早く卒業してぇな…知り合いにも会って、ブロリー(ミラー)達とか紹介しておきたいな。」ミラリカ「今頃皆は何をしているのかしらね。」ブロリー「さぁなー…。」   (12/5 20:46:25)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「まぁ、本当にいるかどうかはわからないわ。」ブロリー「…今は4組で46人だったな。」ミラリカ「46人もいれば充分じゃない?」ブロリー「…でも、また増えていくってのも楽しみだな。」ミラリカ「へぇー。」   (12/5 20:40:30)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「…眠ってばかりの奴ら…かな。」ミラリカ「眠ってばかり?」ブロリー「1日中ずっとパジャマで、食事とかお風呂以外は全部寝てる。」ミラリカ「…それ引きこもりじゃない…。」ブロリー「まぁ、ずっとパジャマパーティしてるって表現すれば大丈夫だろ。」ミラリカ「なかなか面白いことを思い付くわね。」   (12/5 20:32:52)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「ちょっとブロリーにも聞いてみようかしら。」藍ミラリカ「いってらっしゃいざます。」((ミラリカ「ブロリー、いる?」ブロリー「ん?ミラリカか。どうした?」ミラリカ「ちょっとね、ブロリーに聞きたいことがあって。」ブロリー「俺に?」ミラリカ「もしも…もしもよ?もし、まだ【他の世界の私達】がいたらブロリーはどんな感じだと思う?」ブロリー「つまり…新しいスマドラシリーズってことか?」ミラリカ「そうそう。」ブロリー「そうだなぁー…何だろう。」   (12/5 20:28:24)

スマドラヴィランズ((【学生寮】藍ミラリカ「あら、つい考えすぎて熱中してたざます…。」ミラリカ「ふふっ、卒業後も…何か起こりそうな予感。」   (12/5 20:24:33)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「いるかどうかは…わからないけどね。」藍ミラリカ「うーん……【水系】もいいざますね…あっ!!意外に【アイドル系】とかもあり得そうざます!!」ミラリカ「ちょっとー?聞いてるー?」   (12/5 20:23:34)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「まぁ   (12/5 20:22:03)

スマドラヴィランズ((【学生寮】藍ミラリカ「スマドラヴィランズは【主(現実世界)】…スマドラドリーマーズは【夢世界】……スマドラヴィクターズは【ミラーワールド】………そしてSmadra killers(スマドラキラーズ)は【無の世界】……うーん…。」ミラリカ「……意外に【宇宙系】とか?」藍ミラリカ「…自分は…【貴族(王族)系】とか予想してるざます。」ミラリカ「貴族?」藍ミラリカ「お城内での関係みたいな感じざます。」ミラリカ「なるほど…。」   (12/5 20:13:39)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ミラリカ「うーん…。」藍ミラリカ「何か悩み事ざますか?」ミラリカ「ん?ちょっとね…。」藍ミラリカ「悩みがあるなら私に言うざます!!」ミラリカ「…何だか、卒業した後って…どうなるかなって。」藍ミラリカ「そりゃあ、元の世界に帰れるざます。」ミラリカ「…ねぇ、もしも…もしもだけど…。」藍ミラリカ「?」ミラリカ「まだ…【他の世界の自分達】がいたら…どんな感じだと思う?」藍ミラリカ「…他の自分達ざますか…そうざますねー……。」(考える   (12/5 20:09:51)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「さて…明日の授業の準備でもしようかな…。」ぜつガノン(ミラー)「………まだやってなかったのか?」ブロリー「あぁ。」ぜつガノン(ミラー)「…間違えたりするなよ。」(部屋へと戻る)ブロリー「わかってるって。」   (12/5 19:54:49)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「あっ、夢中になるところだった…返すよ。」(ハンカチを渡す)ぜつガノン(ミラー)「…なぁ、ブロリー。」ブロリー「ん?」ぜつガノン(ミラー)「あのZetsurikaから聞いたのだが…お前と話すとこっちまで楽しくなると聞いた。」ブロリー「そうか?」ぜつガノン(ミラー)「…それは前からなのか?」ブロリー「そうだな。」ぜつガノン(ミラー)「…そうか。」   (12/5 19:50:21)

スマドラヴィランズ((【学生寮】ブロリー「今日もいっぱい食べたなぁ。」ぜつガノン(ミラー)「…。」(ブロリーのそばを通り過ぎるが、何かを落としてしまう)ブロリー「ん?」(それを拾う)「おーい、これ落としたぞ。」ぜつガノン(ミラー)「ん?いつの間に…。」ブロリー「…これ…本か?」ぜつガノン(ミラー)「いや…本のデザインのハンカチだが…。」ブロリー「ややこしいなこのハンカチ…でもなかなか面白いな。」ぜつガノン(ミラー)「…実はとある本の付録についていた。」ブロリー「へぇー。」(ハンカチを見つめる)   (12/5 19:45:25)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が入室しました♪  (12/5 19:40:13)

おしらせスマドラヴィランズさん(Android 118.5.***.122)が退室しました。  (12/5 19:17:01)

スマドラヴィランズ((【学生寮】緑ブロリー「…さて、そろそろ晩御飯でも食べようぜ。」ぜつリカ「そうねー。」ブロリー「そういえば腹減ったな…。」(食堂へと向かう)   (12/5 19:16:59)


更新時刻 18:51:15 | 過去ログ | ルーム管理