ルーム紹介 ……人と人外が争いあう世界。その世界のとある王国と帝国の間で、戦争が始まった。
 大陸屈指の大国である帝国に対し、辛うじて大国と呼べる程度の規模の王国。王国は帝国に対抗するため、一つのお触れを出した。
「軍に入り帝国と戦おうとした人外に、人権を授ける」
このお触れにより、人間と人外は協力関係を結ぶ。

 変わりゆく人と人外の関係。そんな中、女神、あるいは悪魔と呼ばれる少女は言う。

「そう。じゃあ、全部壊しちゃおっか」

~ルール~
*荒らしは来たらそっと追い出しましょう。
*喧嘩厳禁。よそでやれや。
*愚痴はある程度ならいいですが、そういうのが嫌な人がいるということも留意しましょう。
*CPはお好きなように。3Lおーけい。相手の了承は取りましょう。

設定部屋
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=545603
避難orイベント部屋
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=547197
世界観設定
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=558777
R部屋
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=229686
キャラ名簿(記人さん作成)
http://seesaawiki.jp/hitojanaidesho

CP
ルア×立夏 るー×スバル トビ×リズ 環×トオル エヴェック×ヴァラドール ルーピン×ルミナリエ 刀鍛冶×ユイーシャ あずき×オリオン

5/15 帝国戦争編開始!
 [×消]
天喰さぁ むしろ俺が彼を救ったみたいになっちゃってるけど…もしかしたら救われたのかもね(なんて微笑みながら 自然豊かな風景を見る これからきっと災厄が起こる それから 彼らを 大切な人たちを守れるだろうか)   (5/21 14:15:03)

レイカ・ヴァイスリーア((うぉぁ"...やりたいです...   (5/21 14:13:47)

アヤ@円(環)((ルィさん続きやります?   (5/21 14:12:36)

アヤ@円(環)先生は…その人に救われた……んですか?(ユイーシャからすればどちらにしろ恩人だ…先生を元の先生に戻してくれた…それだけでもう言い表せない程の感謝を感じている)   (5/21 14:12:24)

天喰「私は 何も知らないの…覚えてない わからない…それが怖い(きっと機械を強制的に外したことによる記憶喪失だろうか 自分を抱くような姿で震える)」   (5/21 14:12:23)

アヤ@円(環)そうですね…それが一番安全だと思いますよ?…あまり外を出歩くといけませんし……ソニアさんは誰か別な方と住んでいるんですか?(確認のためにソニアに尋ねる)   (5/21 14:11:04)

アヤ@円(環)((おかかです!!ルィさーーーん!!   (5/21 14:09:01)

レイカ・ヴァイスリーア((あぁ"ごめんね!さっきはちょっと"...お母様が...((()   (5/21 14:08:45)

鈕@ソニア((一括。   (5/21 14:08:42)

ゼル((おかです   (5/21 14:08:33)

鈕@ソニア「俺もお前も人間からしたら普通ではねぇ。だけどここに生きてる。これは普通だけど奇跡なんだってよ。(人間からしたら人外は普通ではない。でもしゃべる事、呼吸をする事、生きることは普通なんだって教えてもらったから。アノウはティポタの恐怖で揺らいでる目を深緑色の宝石でできた目でまっすぐ見つめるだろう)」   (5/21 14:08:26)

天喰((こんちわ   (5/21 14:08:13)

おしらせレイカ・ヴァイスリーアさん(Android 60.112.***.242)が入室しました♪  (5/21 14:08:06)

ゼル((のしです   (5/21 14:05:59)

天喰((ノシ   (5/21 14:05:58)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、サーダナさんが自動退室しました。  (5/21 14:05:23)

天喰「…わたしは 普通の人?(口輪が外れ 下を向いていた顔がゆっくりとアノウを見る 恐怖で揺らぐその大きな目に アノウが写っている)」   (5/21 14:04:08)

天喰でも彼も俺も似た者同士だっただけなんだよ 自分を持たないもの同士だった(幸せそうに語る天喰 まぁ 狂気カップルとか言われているんだから仕方ないだろうが)   (5/21 14:03:02)

鈕@ソニア「お前はお前だ。奴隷でも何でもねぇ。ここに生きてる一人の少女だろうよ。(人型に戻りティポタの肩をつかんで自分の目を見させる。そして落ち着かせるように優しく言うだろう)」   (5/21 14:02:33)

アヤ@円(環)……(聞いていて少し恐ろしくなった…(彼氏のことも天喰のことも)だがそれを語る天喰の雰囲気はどことなく幸せそうな気がしてユイーシャも聞いていて笑みがこぼれた)ふふ…♪   (5/21 14:01:37)

鈕@ソニア泊まる?いや、住んでも構わんよ。お前さん、追われてるんなら街に出るのは危険だろうしな(なんてたんたんと文字を並べていく。最近ここに一人でいると寂しさを覚えるようになったからである)   (5/21 13:59:36)

天喰そうだよ その後槍を投げた彼が俺の体を解体しようとしてねぇ(他者から聞いたら恐ろしいだろう なんで自分を殺そうとした相手と付き合うんだ なんて まぁ 天喰は狂っているから仕方ないか)   (5/21 13:57:42)

ゼル…別荘としては最高だな。良い趣味してるよ、皮肉なしで(片づけられたその一室にツタが生えている。この少し自然が残る所が良い味を出している。キャンプにきたかのような気分だ)本当にこんな所に泊まらせてくれるん?(思わず二度聞いてしまった)   (5/21 13:56:59)

アヤ@円(環)え…それが……出会い…?(ユイーシャも流石に驚いた…と言うよりも関心…に近い感情だった…)まさかそんな出会いだとは思ってませんでした……   (5/21 13:56:01)

天喰「[私は…私は…!](混乱しているようだ 当たり前か 数百年もずっと一人 意思のないまま生きてきた 人の命令を聞いて生きてきた そんな彼女が 生まれて久しぶりに意思を持ったのだ 気持ちが悪いだろう)」   (5/21 13:54:49)

鈕@ソニア「怖い・・・か?(うずくまるティポタのそばに行き優しい声でしゃべりかける。ある意味だがアノウがここまで関わろうとする人はもう居ないと思われる)」((なんか文章おかしいです。はい。   (5/21 13:53:08)

アヤ@円(環)綺麗な建物ですね……(石造りの家はこのご時世…だいぶ珍しいものになってきている…外観はまさに古い屋敷…という感じでツタが壁をはっているが丁度いいくらいで見ていて言葉が出るほどだった)中も綺麗ですね…(装飾品や家具も古いが中々にいいものが揃っていて骨董屋に行けば高く売れそうに見える)   (5/21 13:51:26)

天喰「(バキンッと大きな音とともに 頭にあったはずの機械が落っこちた それと当時に死んだ目をしていたティポタに光が宿る)[私は…](なぜだろう 数百年も前に失った意思を取り戻そうとするのが怖い 頭を抱えてその場にうずくまった)」   (5/21 13:50:25)

アヤ@円(環)綺麗な建物ですね……(石造りの家はこのご時世…だいぶ珍しいものになってきている…外観はまさに古い屋敷…という感じでツタが壁をはっているが丁度いいくらいで見ていて言葉が出るほどだった)中も綺麗ですね…(装飾品や家具も古いが中々にいいものが揃っていて骨董屋に行けば高く売れそうに見える)   (5/21 13:49:47)

鈕@ソニア「・・・・(人型の時の手で何をやっても外れない)・・・・少し痛いと思うけど我慢しろよ。(と、言えばカーバンクルの本体の姿になり、固い宝石でできた爪でその機械をこわそうとするだろう)」   (5/21 13:48:24)

天喰怪我は治したから平気だ(第一心臓を突き抜けていたのに死んでいない天喰なのだから 多分平気だろう)まぁそれが彼との出会いだったなぁ(なんて思い出すような目で)   (5/21 13:46:12)

天喰「[そうですか どうぞご自由に(なんて少し屈みながら言ってはフードを外す そこにはあからさまな機械が取り付けられていた)]」   (5/21 13:45:19)

アヤ@円(環)槍?!(誰が何の目的でそんな危ないことを…民間人に被害が出なくて良かったと考えながら)刺さったって……またどうして……(怪我をした所は癒したのだろうと思いながら)怪我は大丈夫なんですよね?   (5/21 13:44:35)

鈕@ソニア「お前が触るなって言われてるだけで僕は触っても問題ねぇ。見せろ。(そういってティポタの頭に手をかけるだろう)」   (5/21 13:44:04)

天喰((ノシ   (5/21 13:41:32)

ゼル((のし   (5/21 13:40:50)

天喰「[頭は気にしないでいいと言われました 触ってはいけないとも言われました だから ダメだと思います](こんな時でも命令を守るのか 頭がおかしいと思うのだけど 仕方ないか 頭には機械がついていてそれを外されればティポタという珍しいものがなくなるということだから)」   (5/21 13:40:37)

鈕@ソニア((のし~   (5/21 13:39:11)

鈕@ソニア「・・・頭。違和感ねぇか?(普通の人にはないと思われる不思議な形。アノウはそれが気になった)・・・それ、外したらどうなんだ?(小さな声で提案するだろう)」   (5/21 13:39:00)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、鳴滝@ラフリンさんが自動退室しました。  (5/21 13:38:55)

鈕@ソニア((おかか~   (5/21 13:36:37)

天喰((おかえりなさい   (5/21 13:36:23)

天喰うんうん ます彼と出会ったのは月が綺麗な夜でね 俺が空を飛んでいたら突然槍が刺さってきたんだ(ごめん それ結構狂気じみてると思うけど っていってもこの先の展開を知らないユイーシャからすれば そんな窮地を彼氏が助けて結ばれるという展開も考えるかもしれない)   (5/21 13:36:19)

鈕@ソニアちょっと待ってな・・・(と言えば幻術を解く。解かれればそこにはふるびた石作りの屋敷があるだろう)掃除はしてるから安心せい・・・(そう言いつつ鍵をあげる。ふるびてはいるがしっかりとしている照明器具などがあるだろう)   (5/21 13:36:13)

ゼル((お帰りなさい   (5/21 13:35:49)

サーダナ((ふいい   (5/21 13:35:41)

おしらせサーダナさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/21 13:35:32)

アヤ@円(環)はい♪聞きたいです♪(誰の恋バナであろうとユイーシャも年頃だ…気になることには変わらない)先生の好きな人がどんな人かも気になりますしね♪   (5/21 13:33:28)

天喰「…[わかりません なぜか逃げようと考えは浮かばないんです 確かに今までひどいことをされて来たこともありましたけど…逃げるという考えは浮かんできませんでした](それは当たり前だろう 希少価値の高い翼つきのケルベロスは従順でなければ使えはしない そのせいで頭に機械をつけられ 意思というもを消されたのだ)」   (5/21 13:33:15)

ゼル…おおう。森の奥とはまた乙ですな…夜じゃなきゃウキウキしてただろうに(着いたと聞いて目を輝かせながら見ると、そこは森の奥だった。夜の森が嫌いな訳でも嫌な訳でもないが襲ってきた相手が黒ずくめだった事を思い出して少し心配になる。いいや、好意で連れてきてくれたんだ。ここは安全に決まってるじゃないか。そう心の中で復唱した。)   (5/21 13:32:08)

鈕@ソニア「逃げようとは思わないのか?(重くないのならそれでいいのだが、もう一つだけ聞いてみる)奴隷なんてつまらないだろ。人間どもにこき使われて捨てられる。または売り払われるってよ。(言葉遣いはともかくアノウは“ある意味”純粋な人なのだ)」   (5/21 13:31:31)

天喰んー?あいつかぁ あいつと出会った経緯でも話そうか?(なんて笑顔で言っているが かなりヤバい出会い方をしたからな君 それを弟子に話そうなんて頭おかしいと思うけど)   (5/21 13:27:45)

天喰「[そうですか](それ以上詮索する気は無いのか はたまた それを考えていないだけなのか どっちにせよ 今のティポタに意思など 無いと考えていいだろう)[重い…とは感じたことはないです いつもこの格好なので](簡単にそういうが 結構恐ろしいことを言っているぞ)」   (5/21 13:26:36)

アヤ@円(環)はい……(だがしかし…ユイーシャは悩んでいた…契約の内容が本当なら…どうしよう……と)ありがとうございます…先生…(と言えばまた1口シュークリームを食べる)甘くて美味しい♪…そう言えば!!先生って彼氏出来たんですよね?先生の話も聞かせてください♪   (5/21 13:26:24)

鈕@ソニア「あ?(目の前に居たのは鎖だらけの少女だった。『どうしました?』と聞かれれば)別に。逃げてきただけ。見たまんまだろ?(と、返すだろう)んで?お前はなにしてんだ?重くないのか?(そうすれば今度はアノウが質問をするだろう。珍しく心配そうな声で)」   (5/21 13:24:51)

アヤ@円(環)難しいですねー…(ゼルと話していればソニアが「着くぞ」と言われて前を見れば)まさか…ここまで森が深いところに家があるとは思ってませんでした…(少し驚いてはいるが森に入ることが少し楽しみらしく目は輝いているようにも見て取れる)   (5/21 13:23:42)

天喰やっぱりか…あいつ(少し悔しそうな顔をしたのに また柔らかい笑顔に戻っては)ユイーシャ そいつのことは気にしなくていいの どうせ悪魔なんだから ほら よく聞くでしょ?悪魔の囁きに耳を貸しちゃいけないって だから 刀鍛冶のそばに これからもちゃんといてあげて(どうせ 刀鍛冶とユイーシャを突き放すための作戦だろう いずれ全てを奪うと言ったヲリンが 刀鍛冶の幸せを全て奪うつもりなのだろう そんなことは絶対にさせない 愛しい愛弟子と目を授けた子のためだもの)   (5/21 13:23:40)

アヤ@円(環)っ…はい…先生(大好きな先生だ…と改めて実感する…がその直後に''ヲリン''の名前が出てきたことに驚いた)…先生…その人のこと知ってるんですか?(目を少し見開き明らかに驚いているのが分かった)   (5/21 13:20:14)

天喰「ふ…?(肩で息をする少年を見てはその近くによる おそらく同じ奴隷だろう 逃げ出したと聞く限りは きっと逃げて来たんだ なんのためにだろうか いい子にしていれば餌だってもらえるし 頭を撫でてもらえるのに)…[どうしました](身動きができないほどの鎖を引きずり ジャラジャラと音を立てながらアノウに近付く 命令されていないのに なぜか話しかけたくなって話しかけてしまった)」   (5/21 13:19:27)

鈕@ソニアほら・・・もうすぐ着くぞ・・・(二人の会話をスルーして指を指した方向は森林のさらに奥を向いていた)   (5/21 13:18:25)

鈕@ソニア「ったくあのクソ野郎・・・僕を道具にしやがって・・・逃げ出すの大変だったじゃねーかよ・・・(そんなティポタの前で大きく肩で息をする少年がいた。発言で逃げたと言っている通り鎖の跡はあるものの鎖自体は切れて走ってきた道の所々に落ちているだろう)」   (5/21 13:16:42)

ゼル((のしです   (5/21 13:15:45)

ゼル生まれついてから腕についてたもんでしてね。親がつけたもの…だとは思うんですがどうも適当に生きてたせいか何でつけられたかもこいつがどういうものなのかも全然覚えてないんですよねェ…(機械を見ながら悩むように)…わかる範囲でしたらお話できますけど正確な説明はちょっと…   (5/21 13:15:39)

天喰((ノシ   (5/21 13:15:22)

天喰…そんなこと言わないで これでも一応あなたの先生だったんだから 頼ってもらっていいのよ(前とは変わった大人のお姉さんのような顔で ユイーシャに微笑む 柔らかく温かい言葉は 今までの彼女からでは絶対言わないような言葉だった)浮気じゃないなら…まさかヲリンか?(知り合いの名前を出すような軽い気持ちで 天喰はいった)   (5/21 13:15:18)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ガン・フォッシル・リンボさんが自動退室しました。  (5/21 13:13:43)

天喰((わかりました   (5/21 13:13:03)

鈕@ソニア((アノウのも「」で判別よろしくお願いします~   (5/21 13:12:10)

アヤ@円(環)う…(うまくいっていないと見抜かれた瞬間図星だったため声が出る)いや…あの…うまくいってないわけでなくて……私が…ちょっと…もちろん浮気をしたわけでもされたわけでもないんですけど……(顔色が一瞬暗くなるが)ごめんなさい…今のなしで…(とは言うものの目には涙が浮かんでいる)   (5/21 13:11:58)

天喰「…ふーふぅ(口が閉ざされ 声が出せないとわかっているのに ティポタは喋ろうとしているのは 少し荒い呼吸が口元から溢れている また新しい主人の元に来た その時 主人はここで待っていろと言ったから 待っている間 何かしようとしているのだ)」   (5/21 13:10:49)

鈕@ソニア((わかりました~   (5/21 13:10:17)

アヤ@円(環)((さーせん…リッカルドさんのやつのスルーの仕方に頭悩ませてましたごめんなさい   (5/21 13:09:06)

天喰((はい じゃあティポタの発言には「」をつけますのでそれで判別よろしくお願いします   (5/21 13:08:51)

アヤ@円(環)へぇー…こんなものあるんですね…(ゼルの腕を見て答える)私もこの警棒は特注ですが…こんなのもあるんですね…(自分の警棒を取り出して見せてみながら)   (5/21 13:07:53)

鈕@ソニア((アヤ~?((・・・出だしお願いします・・・   (5/21 13:07:37)

天喰((あ 了解です 出だしどうしますかー?   (5/21 13:06:46)

天喰…あまりうまくいってはなさそうだな(弟子の悩みを一発で見抜ける師匠 天喰 さすが今まで教え子として育ててきただけはある)浮気かなんかでもされたのか(さすがに刀鍛冶に限ってそれはないだろう ヤバいくらい一途なんだから)   (5/21 13:06:34)

ゼル((あっロルはおわった感じで…?   (5/21 13:06:24)

鈕@ソニア((アノウ君ですよ。(奴隷でカーバンクル)   (5/21 13:05:14)

アヤ@円(環)((了解です(・ω・)ゞ>>鳴滝さん   (5/21 13:04:45)


更新時刻 14:15:24 | 過去ログ | ルーム管理