ルーム紹介
身内刀剣クトゥルフ部屋だ、関係者以外は入室禁止。


ハウスルール
1~5クリ、96~100ファン

クリファンSANチェック適応

特徴表使用可能


伽羅の固定無し、シナリオ毎に変えるも良し。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、燭台切光忠さんが自動退室しました。  (5/5 09:48:33)

燭台切光忠((.......なんだったんだろう、本当に....   (5/5 09:26:20)

燭台切光忠((んんっ、またかい!?(ぎょ、)   (5/5 09:21:35)

おしらせ燭台切光忠さん(PS Vita 153.223.***.116)が入室しました♪  (5/5 09:20:22)

おしらせへし切長谷部 。さんが部屋から追い出されました。  (5/5 09:20:22)

へし切長谷部 。((さーて彼奴は来るだろうか。(どっこいせ、)   (5/5 09:17:42)

おしらせへし切長谷部 。さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (5/5 09:17:11)

おしらせ燭台切光忠さん(PS Vita 153.223.***.116)が退室しました。  (5/4 21:14:43)

燭台切光忠お疲れ様、了解。   (5/4 21:14:38)

おしらせへし切長谷部 。さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (5/4 21:14:20)

へし切長谷部 。……とと、すまない、呼び出された。続きは明日にしよう、お疲れ様。   (5/4 21:14:13)

燭台切光忠「......大丈夫?」よたよたと彼を支えつつ次の部屋に。   (5/4 21:13:16)

へし切長谷部 。「第二の部屋『指示』クリア。おやおやこれは素敵な二人だ。第三の部屋は甘い夢、第四の部屋は虚ろな夢。さあどうぞ」   (5/4 21:11:28)

へし切長谷部 。ぴぽん!という音がして、目の前の扉がガチャリ、という音共に薄く開く。   (5/4 21:10:55)

へし切長谷部 。「…………あ"ーもういいよ、オツカレサマ。」   (5/4 21:10:40)

燭台切光忠「あ"、っふ....(うぐ、)」まだ...   (5/4 21:09:50)

へし切長谷部 。【シークレットダイス】   (5/4 21:08:37)

へし切長谷部 。御前を傷付ける事への恐怖、御前が痛そうにする様子を見た故か、続けて降ってきた打撃は小さなものだった。HP-2   (5/4 21:08:05)

へし切長谷部 。【シークレットダイス】   (5/4 21:05:52)

へし切長谷部 。「ぅ、」猿轡をされた彼の口から、苦し気な声が漏れる。   (5/4 21:05:42)

燭台切光忠「.....ぐ、ぅ...」まだ、かな...?   (5/4 21:04:30)

へし切長谷部 。【シークレットダイス】   (5/4 21:03:06)

へし切長谷部 。御前の頭に直撃するが、戸惑いがあった為だろう。さほど痛くはなかった。HP-3。   (5/4 21:02:21)

へし切長谷部 。【シークレットダイス】   (5/4 20:59:55)

へし切長谷部 。「………っ、」強張った身体、彼は恐る恐る鉄パイプを振り上げた。   (5/4 20:59:33)

燭台切光忠「御免、だけど君を傷付けるのは嫌だから。ね...?」お願いします、(うう、)   (5/4 20:58:13)

へし切長谷部 。「…………!!」ぶんぶんと首を横に振って織藤は拒絶する。   (5/4 20:57:00)

燭台切光忠「は、....??そんなの彼には出来ない、けど...うん、御免、やってくれる...?」10の箱から取ってきて、彼に渡して。当てやすい所に座る。   (5/4 20:55:36)

へし切長谷部 。「鉄パイプは10の箱にありますよー。」   (5/4 20:54:01)

へし切長谷部 。「では第十の指示。相手を鉄パイプで殴りつけて下さい。私が良いと言うまで。」   (5/4 20:53:30)

へし切長谷部 。「…………!!」驚いたように彼は反応する。真っ赤だ。   (5/4 20:53:08)

燭台切光忠「ええっと...僕だね。.......御免、君が寝てる時にその...何時も見詰めてて。」   (5/4 20:52:04)

へし切長谷部 。「第九の指示。相手に、自分の罪を告白して下さい。何でも良いですよ、冷蔵庫のプリンでも、ね」   (5/4 20:49:55)

へし切長谷部 。「…んむ、」片足だけにつける鉄球があった、それを受け取り御前につける。   (5/4 20:48:56)

燭台切光忠「.....これは...僕で良いか。」適当に見繕って片足だけのとかあったらそれつけて貰う。   (5/4 20:47:14)

へし切長谷部 。「ひゃーえっち?第八の指示。相手に足かせをつけて下さい。おやおやこれは困りますねえ」   (5/4 20:45:03)

へし切長谷部 。「ふぐ、…………んん、」ふるりと身動ぎするが、織藤は大人しくしている。   (5/4 20:44:37)

燭台切光忠「.......もう後から土下座する。」7の箱にあるのかな、目隠しをする。   (5/4 20:43:35)

へし切長谷部 。「良いですねぇ。第七の指示。相手に目隠しをつけて下さい。んー趣味が悪い」   (5/4 20:42:09)

へし切長谷部 。「……んぐ、ぅむ、」気にするなとばかりに織藤は首を横に振る。   (5/4 20:41:27)

燭台切光忠「......ホントに御免、後で殴ってくれて良いから。」タオルあったらそれで。ごめんね背後が興奮するんだ...(す、)   (5/4 20:40:12)

へし切長谷部 。「6の箱にありますよー。」様々な種類がある。何でもどうぞ。   (5/4 20:38:52)

へし切長谷部 。ある。「背徳的ですねー。第六の指示。相手に猿ぐつわをつけて下さい。喋れなくなっちゃいますね」   (5/4 20:37:51)

燭台切光忠「.......うーん。御免ね、」って言って孝長くんに手錠を。ある?   (5/4 20:36:45)

へし切長谷部 。「第五の指示。相手に手かせをつけて下さい。ちょっとアブノーマルな感じしてきました?ちなみに5の箱に色々入ってますよー。」   (5/4 20:35:27)

へし切長谷部 。「…………馬鹿野郎。」俯いて顔が見えないが、耳は真っ赤だ。   (5/4 20:34:12)

燭台切光忠「.....大好き、好きだよ。ふふ、照れる?」くすっと笑って彼に。   (5/4 20:33:27)

へし切長谷部 。「もう少し恥じらってくれたら嬉しいんですけどね。第四の指示。相手に愛の告白をして下さい。実に情熱的ですね」   (5/4 20:32:09)

燭台切光忠「......んー、」孝長くんの上着を脱がせる。   (5/4 20:31:09)

へし切長谷部 。「第三の指示。相手の上の服を一枚脱がせて下さい。流石に下に何か着てますよね?」   (5/4 20:29:59)

へし切長谷部 。織藤は照れている。   (5/4 20:29:54)

燭台切光忠直ぐさまむぎゅむぎゅ。   (5/4 20:29:27)

へし切長谷部 。「はやいはやい。第二の指示。相手をハグして下さい。少し照れます?」   (5/4 20:28:42)

燭台切光忠「此れで良い?」間髪つけずに手を握って。   (5/4 20:27:59)

へし切長谷部 。「もー、第一の指示。相手の手を握って下さい。青春ですねえ」   (5/4 20:27:17)

燭台切光忠「...どういたしまして。.........分かったよ、早くしてくれるかな。」   (5/4 20:26:50)

へし切長谷部 。半ばあきれたような声が聞こえてくる。   (5/4 20:25:42)

へし切長谷部 。「あーはいはい、もう良いかい?始めるよ」   (5/4 20:25:24)

へし切長谷部 。「……ありがとう、光琉。」   (5/4 20:24:47)

へし切長谷部 。振らんで良い、ダメージ入っていないしな。止血は出来た。   (5/4 20:24:20)

燭台切光忠うう...応急手当、振れるかい...?普通に手当だけでもしたいんだけど。   (5/4 20:23:15)

へし切長谷部 。無い。切断された右足からは出血している。   (5/4 20:21:29)

燭台切光忠67→65。孝長くんに近付くけど、もしかして右足、ない...?   (5/4 20:20:23)

燭台切光忠1d2+1 → (1) + 1 = 2  (5/4 20:19:43)

燭台切光忠成功。   (5/4 20:19:33)

燭台切光忠1d100 → (41) = 41  (5/4 20:19:26)

へし切長谷部 。それは、御前の顔の前をかすめるようにして落ちる。SANC1d2+1/1d5+1   (5/4 20:18:58)

燭台切光忠成功。   (5/4 20:18:13)

燭台切光忠1d100 → (50) = 50  (5/4 20:17:55)

燭台切光忠「......は、?」   (5/4 20:17:47)

へし切長谷部 。御前がそう問いかけ、彼に駆け寄ろうとしたその時。織藤が返答するより早く、御前の目の前に切断された右足が落下してきた。<幸運>どうぞ。   (5/4 20:16:55)

燭台切光忠「孝長くん、何ともない?大丈夫?」   (5/4 20:14:18)

へし切長谷部 。アナウンスが終わると、長机の上にずらりと箱が並んだ。どれも人の顔ほどの大きさで、真っ黒。 箱は、5.6.7.8.10と白で書かれている。全部で5つ。   (5/4 20:13:05)

へし切長谷部 。「プレイヤーの入室を確認しました。第二の部屋『指示』。この部屋では、私の指示をプレイヤーと対象のどちらかに行って貰います。全てを一人が行っても構いません。 また、指示を出してから、指示をクリアするまで、部屋の中を自由に探索する事を許可します」   (5/4 20:12:29)

へし切長谷部 。御前が動こうとしたその時、アナウンスが響く。   (5/4 20:12:23)

へし切長谷部 。扉を開くと、華奢な作りで赤いビロードの貼られた椅子の上で、織藤が膝を抱えていた。 彼の後ろには会議などで使われていそうな長机があり、そのさらに奥には扉がある。   (5/4 20:11:36)

燭台切光忠「.....はあ。」次の部屋に行く。   (5/4 20:10:18)

へし切長谷部 。そう言って、スピーカーは沈黙した。   (5/4 20:09:04)

へし切長谷部 。「第一の部屋、『質問』クリア。貴方の事が少し好きになりそうです。さあ、第二の部屋へどうぞ」   (5/4 20:08:43)

へし切長谷部 。ぴこん!という音がして、目の前の扉が、ガチャリ、という音と共に薄く開く。   (5/4 20:08:29)


更新時刻 21:26:22 | 過去ログ | ルーム管理