ルーム紹介

もしもし。

……もし、これを聴いているのが“超高校級狩り”でなければ……これを聴くべきではない。



おれはおまえたちを許さない。

絶対にその悪事のすべてを白日の下に晒してやる。

絶対に……絶対に!

____________

こんにちは。主催の団子と申します。こちらはダンガンロンパの世界観をお借りした創作なりきり部屋『ダンガンロンパ-パラノイア-』です。皆さんの健やかなコロシアイライフをサポートします!

【注意事項】
◆背後会話は『((』使用。切り替えて絶望しましょう!
◇物語・探索要素重視。ドラマチックに絶望しましょう!
◆背後同士の喧嘩は禁止。みんなで仲良く絶望しましょう!
◇描写・ロルは付ける。なるべく詩的に絶望しましょう!
◆本編進行の相談は専用ちゃっとぼーどにて。とりあえず絶望しましょう!
(その間、該当参加者及び団子以外の閲覧は禁止)

【本編進行専用】→
【イラスト専用】→http://chat.yunapico.com/prcxumca/

【本編進行予定】
CHAPTER4『策に溺れた傲慢スキャンダル』
動機発表イベント:10日〜11日 人数集まり次第開始
 [×消]
おしらせかるはさん(iPhone 125.15.***.195)が退室しました。  (7/23 00:37:19)

おしらせかるはさん(iPhone 125.15.***.195)が入室しました♪  (7/23 00:36:54)

おしらせかるはさん(iPhone 125.15.***.195)が退室しました。  (7/22 20:35:58)

かるは((部屋上げ!   (7/22 20:35:56)

おしらせかるはさん(iPhone au)が入室しました♪  (7/22 20:35:48)

おしらせかるはさん(iPhone 125.15.***.42)が退室しました。  (2019/11/20 22:29:27)

おしらせかるはさん(iPhone 125.15.***.42)が入室しました♪  (2019/11/20 22:29:19)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(iPhone 125.15.***.89)が退室しました。  (2019/7/23 00:14:23)

刈葉/影平都羽((部屋上げで!す!   (2019/7/23 00:14:20)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(iPhone 125.15.***.89)が入室しました♪  (2019/7/23 00:14:06)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(iPhone au)が退室しました。  (2019/5/4 23:58:21)

刈葉/影平都羽意味なんて無いのだ。   (2019/5/4 23:58:19)

刈葉/影平都羽これは狂人の、罪悪感から逃れる為の嘘なのだから。   (2019/5/4 23:58:13)

刈葉/影平都羽勝手に一人で動いたこと、約束を守らなかったこと、他にも、ほかにも、沢山色々あったはずなのだろう。思い出せないのだろう。狂ってしまったからだろう。結局このコロシアイで、影平はいとも容易く勝手に壊れてしまったのだ。影平都羽は脆かったのだ。椅子取りゲームで簡単に椅子を奪えないからと、ルールを破る愚者。ぉえ、えすく声が漏れる。慌てて個室の備え付けへと駆け込んで、生理的でなんとも汚い声が漏れ出てきた事だろう。「ごめ…………んなさい、ごめん、ぁ、い、ごめんぇ、ごめんね、ごめんなさいごめんなさい…………」譫言のように…………違う、譫言だった。譫言をつぶやく。それはまるで呪詛のようだった。ブツブツブツブツブツブツ____小さく、確かな言葉が何度も何度も、何度も繰り返される。それが誰への謝罪であるのかなんて気にすることはない。そんなことは思っているようで思えていない、なんてものオチであるからだ。   (2019/5/4 23:58:03)

刈葉/影平都羽どうしたの、どうしたの?そんな風にでも言いたげに少女のまだ柔いままの体をつんつんと小突く動物は、まだ小さな子供だった。その頭をそうっと退けて、小さな体躯を抱えて外へ逃がしてやる。影平が遺体の元へ戻れば、また別の子供の動物が哀しげに見えるような仕草を繰り返していた。また、同じ事を、また、また、また、またまた、…………準備が終わり、軽くなった車の車輪を動かす。カタンガタン、カタン、凸凹で何度も跳ねる車体は軽い。命の無いモノが乗っていた時は重たかったというのに、カバンに入れていたはずの小動物が誤って乗ってしまった後から、やけに軽くなった。まるで命はそれだけ軽いのだとでもしらしめるかのようでもあった。倉庫を経由し、個室へと戻る。ベッドにボスンと体を沈めては、瓶の錠剤を何粒も、何粒も口元に放り込み、影平は髪を掻き乱した。今更、怒りが押し寄せる。   (2019/5/4 23:57:50)

刈葉/影平都羽木々が覆い茂る地帯を進む影平は、前回の裁判から一睡も出来ていない体に鞭を打ち、気づかない。嵯峨野少女と結託した自分の心が弱り切って、擦り切れて、もう壊れつつあることに。これが使命なのだと言い聞かせる事と今までコロシアイを二度と起こさぬ為に徹夜で見回った意義も、何もかもがただただ無意味であるのだということから目を逸らしたのだ。そして逸らしたことに気づかない。自分の行いの意味を自分で消してしまった事に気づかない。これから消してしまうことに気づかない。……既に沢山の時を過ごしてしまった妹弟を殺すことに躊躇いしか無いことに、まだ気づくことがない。愚かしい事だ。嵯峨野少女がどうであったのかなど知るはずもない。『頑張って下さい』なんて遺書に書いたことに意味はあったのだろうか、影平はそんな事を考えることすら放棄してしまったのだ。人間として、それは一種の死であっただろうか。「……………………………………疲れました」不意にそんな台詞を零した事は、意識していなかった事だろう。虚ろな蒼の瞳を、庭に横たえた死体に向ける。   (2019/5/4 23:57:33)

刈葉/影平都羽「……はぁ、はぁ」少女の肩が大きく上下する。荒々しく漏れだす吐息はやけに熱く、しかしながらその顔面は蒼白そのものであった。目の前で無様にも血を吐き出して転がる遺体を見詰め、震える手をそっとその首筋へと這わせた影平はもう一度、今度は手首へとその指先を這わせる。矢張りその手はとくんとくんと脈打つ事はない。その背中が大きく揺らいで、今更後悔したような被害者面を浮かべて影平はふらふらと立ち上がった。もう後戻りは出来ないのだと、これが選んでしまった道であるのだと言い聞かせ、倉庫の闇を裂くように灯をつける。影の出来た嵯峨野少女の真っ白な横顔が、まるで女神のように美しく、闇に映えた。____かたん、かたん、車輪の転がる音がする。一人と一体は夜道を進む、その先へ待つものが破滅なのかそれとも後悔なのか、それとも、それとも。神のみぞ知る一寸先は、濃密な死の香りが漂う闇。   (2019/5/4 23:57:06)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(iPhone au)が入室しました♪  (2019/5/4 23:56:42)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(Wii U 211.12.***.196)が退室しました。  (2018/10/3 21:35:08)

刈葉/影平都羽((ひぇお目汚し申し訳!落ちます!   (2018/10/3 21:35:06)

刈葉/影平都羽「こんなに醜くて許されざる罪人の私を、どうか赦してください」   (2018/10/3 21:34:49)

刈葉/影平都羽「せめて、最期のお願いを聞いてくれるのなら」   (2018/10/3 21:34:17)

刈葉/影平都羽「ごめんなさい。殺してごめんなさい。弟、約束を破ってごめんなさい。妹、あんなに慕ってくれていたのに裏切ってごめんなさい。皆さん、ごめんなさい。嵯峨野さん、殺して、ごめんなさい。殺される道を選ばせてしまって、ごめんなさい」   (2018/10/3 21:33:50)

刈葉/影平都羽「ごめんなさい 私が 殺しました」「ごめんなさい」「私は生きなくちゃいけなくて 私が早く行かないと」「私は」「私に、生きる価値なんてもうない。」   (2018/10/3 21:31:57)

刈葉/影平都羽「精神安定剤が切れました。・・・・・・作ろうとしましたが、失敗しました。・・・・・・嵯峨野さんにでも、手伝って貰いましょうか。彼女なら、私の動機を話しても、理解してくれるはず」   (2018/10/3 21:30:33)

刈葉/影平都羽「私は何を考えているんでしょうか。どうして、背中を向けた周を見て、今ならなんて、考えたんでしょうか。・・・・・・私は、救う為にいるんです。・・・救う処か、殺すなんて、笑えない。・・・大丈夫、私は一人じゃない。・・・・・・そうだ、明日誰かの様子でも見てみましょう。・・・いや、いっそ誰かに相談するべきでしょうか。・・・・・・十さんはダメ、周さんも、なら誰に」   (2018/10/3 21:28:55)

刈葉/影平都羽「・・・・・・・・・・・・・・・・・・大丈夫、私は平気です。大丈夫です。皆さんを死なせる訳には。・・・余り落ち着かないのであれば、精神安定剤でも使うしか無さそうですね。・・・・・・大丈夫、私は死なない。私は死ねない。生きなくては、生きないと、救えない。・・・・・・・・・こんな動機で動じちゃいけません」   (2018/10/3 21:26:01)

刈葉/影平都羽「暫く寝ずに見回りでもしてみようかと思います。昨日はショックで何も書けませんでしたが、確り見たものを書いておかないと・・・・・・今度こそ殺人は防がなくては。」   (2018/10/3 21:24:07)

刈葉/影平都羽「片喰さんと流実野さんが死んだ。死なせて、しまいました」   (2018/10/3 21:23:02)

刈葉/影平都羽「朝霧さんに助けて頂きました。今後ウオベエさんとの接触では事故に気をつけなくては・・・また脚立から落ちたらたまった物ではありませんね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・朝霧さんには此処から出た後に改めてお礼がしたいですね。・・・今度、怪我の様子でも見てみましょうか。・・・流石にお節介ですかね」   (2018/10/3 21:22:14)

刈葉/影平都羽「裏切り者は一体誰なんでしょうか。・・・片喰さんに相川さん、十さんに怪我をさせた相手も分かりませんし・・・これから、薬を使う機会が増え過ぎないと良いのですが。・・・・・・でも、十さんや周さんとああして話せたのは嬉しい・・・のかも、知れません。・・・もしものことでも、二人が裏切り者だとは思いたくない」   (2018/10/3 21:21:42)

刈葉/影平都羽「何があったかは色々と省略して、薬関連の事を書いていたノートに記録をつけてみることにしました。若しかすれば私は死んでいるかもしれない。これを見ている人がいれば、このノートの別頁にある薬の作成手順を、この世に広めてくれる事を願います。余り書けることは無いと思いますが、ただの日記だと思って気楽に書いてみましょう」   (2018/10/3 21:21:31)

刈葉/影平都羽((お邪魔します――――――小出しですけど影平の日記兼遺書出します――――――お目汚し申し訳!ところどころ飛ばしつつ一ページずつ小出しします   (2018/10/3 21:18:42)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(Wii U 211.12.***.196)が入室しました♪  (2018/10/3 21:17:52)

おしらせアリス/光明日斗さん(3DS 114.18.***.177)が退室しました。  (2018/10/1 22:51:54)

アリス/光明日斗((とわたやは可愛いです_今度ラブアパもしたいね!!それじゃあこっち落ちる!お相手感謝!!   (2018/10/1 22:51:48)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(Wii U 210.253.***.118)が退室しました。  (2018/10/1 22:51:17)

刈葉/影平都羽((とりあえずこっち落ちるね!光くゆホント尊かったです////   (2018/10/1 22:51:15)

刈葉/影平都羽((だね終わり!影平は可愛くないです///思春期に光影出来たのめちゃめちゃ嬉しかった~~欲を言えば今度ラブアパもしたみ(?)   (2018/10/1 22:50:56)

アリス/光明日斗((これで終わりかな!!とわたや相変わらず可愛かった   (2018/10/1 22:49:56)

アリス/光明日斗「そうだよな…影平も色々頑張ってんだよなぁ(小さく頬をふくらませたり、少し口元を緩めて笑顔を作る彼女にそんな顔するんだな、と少し嬉しく、そしてほほえましくなりながらも、しっかりと個室前で彼女を見送ろう)……おやすみ!また明日な!(と笑顔で言えば、閉まるドアを眺めて、閉まりきれば少し口元で弧を描こうか)……おやすみ、影平。(と呟けば踵を返して自室へと歩を進めた、目覚まし時計どうしようかな、なんて考えつつ。彼はただ廊下を歩いていった)」   (2018/10/1 22:49:33)

刈葉/影平都羽「む・・・・・・私だって別に、気が緩む事ぐらいありますよ・・・」笑う青年の言葉を聞いては少しばかり遺憾だと言う様に頬を小さく膨らませて。「それはあくまで・・・・・・十や周が居るから、ただの建前ですし・・・」しっかり者と言われると悪い気はしないのか、照れ臭そうに少し目線を反らしつつそう返して。触れる程度でも確り手を手を取って貰えた事が嬉しくて、無意識に仏頂面だった口元を緩ませて笑顔を作ろうか。「・・・はい、明日寝坊しちゃったらいけませんしね」そのまま個室へと歩いていこうか、流石に少し照れが残るのか少し赤らんだままの頬を隠す様に左手で髪を弄って。個室前に着けば少しゆっくりと指先を離して顔を貴方に向けて。「それじゃあ・・・・・・えっと、光さん。・・・おやすみなさい。また明日」そう照れ臭そうにはにかんでは自室の扉を開けて入っていこうか。   (2018/10/1 22:42:47)

アリス/光明日斗「(彼女の微笑みを見て、少し安堵しつつその後彼女が小さく屈伸した姿を見れば、良かったといわんばかりに小さく笑いだそうか)ごめ…別にからかって笑ってるんじゃなくてよ、影平が恥ずかしくなって隠しているのちょっと新鮮でよ。ほら影平ってしっかりものって感じだからさ。(と言えば、自分も立ち上がって。そして一緒に、という言葉に明らかに顔を赤くさせて、断る勇気はない。差し出された右手に今は甘えるとしようか、控えめに、その右手に握る…というかは触れるという方が妥当なくらい控えめすぎる接触なのではあるが)……おう一緒に、戻るか(恥ずかしいのか視線は彼女の顔を見ることが出来ずにそう言って)」   (2018/10/1 22:34:48)

刈葉/影平都羽満面の笑みを見せてくれた彼に此方も良かったと微笑んで。不意に聞こえたノーマルという単語に若干疑問を覚えるも、青年からの声でそれを振り払ってしまうだろうか。「そう・・・・・・ですね。そろそろ眠たいかも・・・」そう言った途端に小さく欠伸をしてしまって。はしたないなと思っては少し頬を赤らめて口元を左手で隠そうか。「・・・それじゃあ、そろそろ個室に戻りますか・・・?・・・えっと・・・一緒に。」欠伸をした瞬間からじわじわと大きくなる眠気のまま、ゆっくり立ち上がってはそう言って貴方に右手を差し出そうか。断られるだろうかと少しばかり不安そうに   (2018/10/1 22:27:10)

アリス/光明日斗「(目の前の少女の反応を見て、どうすればいいのか何て彼に分かるはすをがなく、気まずさと彼女から出る申し訳なさに感化されたのかこちらも申し訳なくなり)俺は全然大丈夫だけどよ!!えっとこっちこそ何かごめんな…。おう、全然いいぜ!(教えてくれるなら嬉しいという彼女の話に向けて満面の笑みを見せながら答えよう。こうなれば最後まで教える覚悟である。)まだ俺の持ってる本はいたってノーマルだと思うしな。(なんて呟けば)…そういや結構時間経ったけど、どうだ寝れそうか?(と寝れないと彼女が答えるなら更に話に付き合ってもいいなと思いつつ)」   (2018/10/1 22:22:15)

刈葉/影平都羽一通り聞いてしまっては流石に情報を処理するのに時間が掛かってしまっているのかパチパチと瞬きをして。えっと、と小さく声を漏らしたっきり俯いて視線をさ迷わせる。口元に手を当てて暫しまた黙りこくっては少し眉尻を下げて口を開こうか。「・・・その・・・すみません、困らせてしまったみたいで」申し訳無さそうにそう言っては俯いたまま顔を背けてしまって、数秒の間を置いてもう一度声を発そうか。「えっと・・・今度教えて頂けるなら・・・嬉しいです」相手の気分を知らず知らずに害してしまったのだろうか。青年の方に目を向けては少々縮こまってもう一度すみません、と溢して。   (2018/10/1 22:15:00)

アリス/光明日斗「………へっ…(此処では駄目なのですか、それはつまり時の流れすらも許さぬと…。いやいや、俺に女子高生に卑猥な言葉を今ここで教えるなどということがやってのける訳がない。俺にそんな勇気はない。かといって正面きって「それは卑猥だから聞かないでくれ」なんということも言えない。頭がぐるぐると回り、それらしい言い訳を探して__)えっと、あまり言葉で説明するのが難しいし…誰かに聞かれたら困るのは影平の方だし…いや、俺もちょっと困るか…変な誤解も受けそうだしえーとんーとここじゃ話しにくい内容なんだよ!(もはやヤケクソである、こうなったらとことん言うしかないか)今影平が俺に聞いた単語は普通女子高生が言わないような意味だし、他の人が聞いたら影平がそういう子なんだって誤解される訳だからここじゃ言えない!少し…いやかなり卑猥だから!でも知りたいんならこういう他の人も使う場所じゃなくて個人の部屋とかでいつか教えるから!!今は本当にこの返答で勘弁して下さい!!(わーっと言ったあとにしまった、と彼女はショックを受けてないだろうか気分を害してないだろうか。心配になって今更びびりはじめて)」   (2018/10/1 22:07:37)

刈葉/影平都羽言葉を詰まらせ、余り声を発さなくなってしまった青年に若干困った様な微笑みを浮かべて首を傾げる。何か聞いてはいけない事を聞いてしまったのだろうか、いやそれならハッキリ聞いてはいけないと言えば良いのでは?ぐるぐると回る自分の思考では全く答えは叩き出せずに。「・・・ええっと」提案をしてくれる彼の言葉を聞いては少々考えるけ仕草、暫し黙りこくった後に考え付いた答えを口にしてみて。「・・・此処だとダメなんですか?」此処だと聞かれる可能性を考慮しているのか、それほどに何かしら彼にとって不利益な事を聞いてしまったのか。それで合っているのかなと疑問に思いつつ更に返答を待って。   (2018/10/1 21:58:24)

アリス/光明日斗「……(残念そうにする目の前の少女にうっ、と良心が痛んだ気がしたがこれも仕方ないと心を鬼にした瞬間_また発せられし単語。しかも二連続。そして例に違わず卑猥である。)………………えーと(明らかに返答に言葉を詰まらせ、教えていいものか。いやダメだろ、しかし彼女の性分だ。気になるものはとことん聞くだろう、それが自分以外の人であっても_それは不味い。)【ピー】と【ピー】………(理由を話してくれればおい兄なんて分かりやすいところに隠しているんだそういうのは本棚の漫画の単行本を並べているところの裏に隠すかベッドの下のカーペットの下に…違うそういう話じゃない。とりあえず彼女が他の人に同等の質問をする前に自分が何らかの防衛線を張るべきだと画策して)あ、なら今度俺の本見せてやるよ!実際に見た方が口で説明するより分かりやすいだろ!(苦肉の策ではあるがきっと時の流れがこの約束を彼女から忘却の彼方にさせるだろうという淡い期待の上、何なら賭けである)」   (2018/10/1 21:48:23)

刈葉/影平都羽「そう、ですか・・・残念です」青年の返答を聞いてはしゅん、という効果音がつくかのように目線を下げようか。とても残念そうにしていてはそうだともう一度向き直って。「その・・・後、えっと・・・確か【ピー】と、【ピー】っていうのも分からなくて・・・光さんは知ってますか?」またもや似通った質問をしてはじっと貴方を見つめて。そういえば理由を言ってなかったななんて思い返しては弁解するように付け足そうか。「その、決して悪ふざけとかではなくて・・・大掃除でお兄ち・・・兄の部屋を掃除した時にそんな単語が載った雑誌があったんです。・・・直ぐ取り上げられてしまったのでそれしか覚えていなくて」もっと詳しく覚えられてたら良かったんですけど、としょんぼりした様子を見せつつそう話していて。   (2018/10/1 21:37:07)

アリス/光明日斗「…………へ?(何とも間の抜けた声が呆けた口から不意に漏れる。確かに自分が想像していた問いでは無かったがこれはあまりにも__一言で言うなれば何処で覚えてきたのそんな言葉!と母のような気持ちでツッコミたい、ツッコミたかった。しかし彼女の表情はいたって真剣そのものであり、自分をからかおうという気持ちは一切感じられない。そしてそれがまた怖かった、純粋で天然というものは時に恐ろしい凶器となる_そう実感した瞬間だった)えーと【ピー】……?それは機械関係じゃないな…。(健全な男子高校生ともなればさも当然のように知っている言葉ではあるが、卑猥すぎる。それを彼女に教えるのは良心が邪魔をした。良かれと思って黙っていようと、上手く濁そうと決心した。)」   (2018/10/1 21:29:51)

刈葉/影平都羽促した通りに座ってくれた事に少々の安堵を覚えつつ、「いえ、大した事では無いと・・・思うんですが」と曖昧な言葉を溢して。どうしてぎこちない動きなのかは分からないが、分からない単語を聞くのに問題は無いだろうと口ごもっていた唇を動かして。「・・・その、【ピー】ってなんのことなんでしょうか?」明らかに女子高生から平然と口にされるべきではない単語。そうだとも知らずに真剣な表情と眼差しを貴方に向けては返答を心待ちにしている様で。「いえ、私もそれなりに医療の専門用語は分かるのですが・・・幾ら辞書で調べても出てこないし、家の使用人に聞いても答えて頂けなくて。」そう理由を述べてみては心底気になっているとでも言うかの様に付け足して「光さんは機械関連の事に強いと思うので、もしかしたら知っているかなと・・・」   (2018/10/1 21:22:21)

アリス/光明日斗「なんであんな誤作動…(部品一つ別の機械作ったときに抜いたのがいけなかったか、とぼやきつつ。彼女の言葉に頷き再び座り込もうか。)………どうした?(男女二人っきりの空間…質問と言えばいやいや、俺には千代ちゃんという心に決めた子が…と現役男子高校生らしい考えを脳内で渦巻かせつつ、首をかしげてみせた彼女に少しぎこちなく聞き返そうか。夜中に男女二人きりという事実が更に変な期待を膨らませていて。それでいて彼女のことだからそんな自分の想像する質問ではないだろうと思いつつ)」   (2018/10/1 21:16:12)

刈葉/影平都羽「それは・・・御愁傷様でしたね」青年の話を聞けば苦笑いをしつつそう返して。悩む様子をじっと見守っていれば、その返答を聞いて良いですよと微笑もうか。では何を話しましょうかと再度そこでお互い座ろうと促してみて。「・・・・・・・・・あ。」不意に何かを思い出した様に貴方の方を向いては口を開き、口元に人差し指を当てつつ首を傾げてみようか。「・・・・・・折角ですから、一つ聞いても良いですか?」確認する様に顔を覗きこんで。   (2018/10/1 21:08:46)

アリス/光明日斗「そうか…俺は目覚ましが綺麗に誤作動してこの時間にアラーム鳴って寝ようにも寝れなくなっちまってさ。(と言えば彼女の隣に座り込んで)ストレッチなぁ…他のことって言っても特にやることもないし…(立ち上がった彼女に合わせて慌てて立ち上がりつつ、悩む様子だけを見せて、これからすることを決めかねていて。何とも優柔不断に見えるだろうか。)うーん。あ!えーと、俺は何処でもいいから影平と話したいな。(と、ようやく出た何とも曖昧な考えを伝えて)」   (2018/10/1 21:00:13)

刈葉/影平都羽ガチャリと扉が開く音が聞こえ、くるりと顔だけをそちらへ向けてはあぁ、と声も漏らそうか。「光さん・・・こんな時間にどうしたんですか?私は眠れなかったので・・・特にする事も無かったですから、ストレッチをしてたんですよ」光さんもしますか?なんて首を傾げてみて。一度その場から立ち上がっては他の事でも良いですよ、なんて更に付け足して返答を待とうか。   (2018/10/1 20:44:40)

アリス/光明日斗「…………(特にすることもなく、自身の作った目覚まし時計の試作品の誤作動(アラームがこの時間になり響いた)のせいで目が覚めた青年は廊下を歩き、そう言えばトレーニングルームの器材の点検したかな、などと思い立ち。真っ直ぐトレーニングルームへ向かおうか。)……あれ、影平じゃねぇか。(扉を開ければ、この時間にあるはずのない人影にまさかのホラーかと思って多少いやかなりビビったが、よく見れば見知った少女で。こんな時間に何してんだ?と軽く尋ねてみよう)」   (2018/10/1 20:34:03)

刈葉/影平都羽「ん、んっ・・・っと・・・・・・んんー・・・!」夜中のトレーニングルーム、その中でそんな声を出しながらぐぐっと体を伸ばす。伸ばした足の先に届いた指先を更に伸ばして足先を掴んだものの、その先へ伸ばせないのか少々指先をばたつかせて。「・・・・・・ふぅ、流石に痛いですね」長い時間やっていた事で少々痛むのだろうか、手を上に伸ばしては床に手を着いて体を支える。眠れないからと夜中にこんな事をしてみたは良いものの、一向にやっては来ない眠気にどうしようかと息を吐いて。   (2018/10/1 20:27:08)

アリス/光明日斗((ありがとう!!   (2018/10/1 20:18:20)

刈葉/影平都羽((こんこん!スクモになるよね出だし適当にやります!!   (2018/10/1 20:17:55)

アリス/光明日斗((こんばんはお邪魔します!!   (2018/10/1 20:16:53)

おしらせアリス/光明日斗さん(3DS 114.18.***.177)が入室しました♪  (2018/10/1 20:16:28)

刈葉/影平都羽((今更過ぎるけど死んだのに使いまくってるの申し訳――――こんばんはお邪魔します!   (2018/10/1 20:16:06)

おしらせ刈葉/影平都羽さん(Wii U 210.253.***.118)が入室しました♪  (2018/10/1 20:15:39)

おしらせアリス/光明日斗さん(3DS 114.18.***.177)が退室しました。  (2018/9/30 15:02:22)

アリス/光明日斗((のし!!私も落ちます!   (2018/9/30 15:02:17)

おしらせ団子/モノクマさん(iPhone 175.131.***.155)が退室しました。  (2018/9/30 15:01:42)

団子/モノクマ((ありがとねー!!じゃあ団子一旦落ちます!またやりたいことあったらいつでも言ってねー   (2018/9/30 15:01:40)

アリス/光明日斗((こちらこそ探索に付き合ってくれてありがとう!!もちろん覚えているよ!!把握です!!   (2018/9/30 15:00:32)

団子/モノクマ((前お頼みしたこと覚えてるかな?基本的には4章ではそれに専念する感じのロルをお願いね   (2018/9/30 14:59:30)

団子/モノクマ((了解!探索してくれてありがとねー!近いうちにやる予定のイベントもよかったら探索してね、あ、それと   (2018/9/30 14:59:09)

団子/モノクマ((すごい!大丈夫だよー   (2018/9/30 14:58:45)

アリス/光明日斗((監視カメラこれくらいの機能なら大丈夫かな…?あと探索はこれで終わりかな!   (2018/9/30 14:58:30)

アリス/光明日斗「………(何だって意味深で危険な機械ばかりなのか…悪用されるかもしれない。扱えるのは自分だけかもしれなうが、工具を凶器にされる可能性もある。ならば監視しとくのが妥当だと簡易な造り…録画と再生、録画は一日ごとに消去され、新しく録画されるくらいの容量のものを二個作り、1つは扉の上にもう1つは作業台の上に置いて工具を見張ろうか。)んーと(監視カメラと連動して誰か入ったときに反応する小振りのリモコン状の機械をポケットに入れて)頭いてぇ…(記憶を一部分ではあるが取り戻したことによる影響か、単なるサバイバルで負担がかかっただけか…)…………とりあえずここにはこれからも世話になるかな…。(冊子とリモコン状のセンサーを手に自分の研究教室から出よう)」   (2018/9/30 14:57:28)

団子/モノクマ((サバイバル3日目っていうのもあるしだんだんと負荷がかかってきてるのかもしれないね   (2018/9/30 14:50:55)

団子/モノクマ((それ以外には特に何もないね!   (2018/9/30 14:49:38)

団子/モノクマ((光クンは一片の記憶を取り戻すと、それからずっと頭がガンガン痛むのを感じる。ただ耐え切れないほどじゃないから大丈夫だよ。感覚としては、頭の中に声が反響してる感じかな   (2018/9/30 14:49:20)

アリス/光明日斗((やった!!ありがとう!!   (2018/9/30 14:48:59)

団子/モノクマ((研究教室はご自由に使っていいよ!   (2018/9/30 14:47:33)

アリス/光明日斗((研究教室に設置する監視カメラとか作ってもいいのかな?   (2018/9/30 14:47:13)


更新時刻 11:04:38 | 過去ログ | ルーム管理