ルーム紹介
『胸を焦がす様な、儚い夏の記憶。』

【松篭家】
次男:永久松(とももも宅)
三男:尤松(牡丹餅宅)
四男:楓花松(若汰宅)
五男:優松(琉空宅)
六男:宰松(春雨宅)
【松鬮目家】
長男:泉松(希宅)
次男:呉松(ポムチャ宅)
三男:侑杜松(くす理乃宅)
四男:栞松(柳田宅)
五男:砂菓松(のんのん宅)
New
【相棒】 【CP】
楓花松*宰松 泉松*永久松
泉松*呉松 砂菓松*宰松
永久松*尤松 呉松*優松
優松*侑杜松 栞松*尤松
栞松*砂菓松 侑杜松*楓花松


___影法師に哂う君は、もう居ない。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
主催 柳田.とももも結成8/18.総メンバー10人お顔http://chat.yunapico.com/prxmivht/落書きhttp://chat.yunapico.com/prbey0o1/

Daylight and crisp days do not end.
 [×消]
おしらせやなぎーさん(Android 126.108.***.5)が退室しました。  (8/23 10:56:34)

やなぎーこの企画は消させねーぜ?   (8/23 10:56:33)

やなぎー消さない   (8/23 10:56:24)

おしらせやなぎーさん(Android 126.108.***.5)が入室しました♪  (8/23 10:56:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、えこんさんが自動退室しました。  (6/29 10:00:25)

おしらせんのんの/さがさん(iPhone 60.137.***.194)が退室しました。  (6/29 09:31:23)

んのんの/さがやにーやににー   (6/29 09:31:20)

んのんの/さがモブ幽霊の参加は受け付けていないはずやに   (6/29 09:31:13)

んのんの/さがこのIDどうせ荒らしやろ(偏見)   (6/29 09:30:40)

んのんの/さがええのうええのう(下にスクロールする秋刀魚感)   (6/29 09:30:27)

おしらせえこんさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (6/29 09:30:21)

んのんの/さがロボット認証嫌いめぅ   (6/29 09:29:37)

おしらせんのんの/さがさん(iPhone 60.137.***.194)が入室しました♪  (6/29 09:29:27)

おしらせやな/栞さん(Android 126.27.***.82)が退室しました。  (6/23 22:13:22)

やな/栞ついりょくまた成りしたひ   (6/23 22:13:20)

やな/栞コンタクトとってこよ   (6/23 22:13:12)

やな/栞呉くゅと宰くゅの成りをぺろっと舐めつつ眺めていたら時間経つのが早い   (6/23 22:13:05)

やな/栞ペロッ   (6/23 22:12:33)

おしらせやな/栞さん(Android 126.27.***.82)が入室しました♪  (6/23 22:12:25)

おしらせ柳田/栞さんが部屋から追い出されました。  (6/23 22:12:25)

柳田/栞なっっっっっつ!   (6/23 22:03:57)

柳田/栞栞松さんの設定過去ログに発見   (6/23 22:02:08)

柳田/栞びっくりするほど栞松さん懐かしい   (6/23 21:56:15)

おしらせ柳田/栞さん(Android 126.27.***.82)が入室しました♪  (6/23 21:56:06)

おしらせわかた楓花さん(Android 27.121.***.128)が退室しました。  (6/22 08:42:55)

わかた楓花顔出しあたしも今度成田したいな   (6/22 08:42:53)

わかた楓花ヒィン懐かしい   (6/22 08:42:21)

おしらせわかた楓花さん(Android 27.121.***.128)が入室しました♪  (6/22 08:42:07)

おしらせ春雨/宰さん(Android 14.9.***.96)が退室しました。  (6/22 00:36:38)

春雨/宰俺も勉強するので落ちる!成田たのしかった!   (6/22 00:36:36)

春雨/宰(`・ω・)ゞおつかれさまー!   (6/22 00:36:21)

おしらせ茶菓子/呉さん(Android 123.255.***.153)が退室しました。  (6/22 00:34:51)

茶菓子/呉じゅ充電がピンティ!!御免ねそろそろ落ちるね御相手感謝   (6/22 00:34:48)

春雨/宰 「……うん。気が向いたら来るね、……刀はちょっと怖いんだけど」最後の方はぼそ、と言う。「……胸糞悪いなんて思わないよ。お前達の事は嫌いじゃないし。偽善、とか、よくわかんないけど。取り敢えず此処は僕が落ち着ける場所だから、ね」と相手の顔を見つめて言う。ぽふ、と頭を撫でられるのも何時しか心地の良いものになって。「ンむ……そ、か。お前、背は高いしね」なんて少し的外れな事を言って。   (6/22 00:33:12)

茶菓子/呉生きるんじゃー   (6/22 00:32:51)

春雨/宰しんでた   (6/22 00:27:36)

茶菓子/呉どうしたんだいロム太郎   (6/22 00:16:20)

茶菓子/呉「あぁ、いつか見つかることを信じているさ。確かに涼しいのは此所くらいだからな……。何時でも来てくれて構わなんさ…また暇な時に顔を出しに来てくれ。」そっと笑いかければ相手の答えにほぉ、と興味を抱く「そこそこで十分だ。こんな偽善者相手にまだいるだけで胸くそ悪いと思われないのならましだ……。」と目線を下に下ろせば相手の言葉に寄り添うように頭をまた撫でる「そんな事はないぞ。俺はまだ講して誰かを撫でることが出来ていて幸せだからな。」なんて深い溜め息をつくなと言わんばかりに相手の口に自分の人差し指を添える。   (6/22 00:15:52)

春雨/宰ろむたろう   (6/22 00:15:24)

茶菓子/呉可愛い   (6/22 00:07:27)

春雨/宰なんだむ!って   (6/22 00:06:43)

春雨/宰なんだ   (6/22 00:06:37)

春雨/宰む!   (6/22 00:06:29)

春雨/宰…が多すぎてびっくりした   (6/22 00:06:17)

茶菓子/呉あっごめめよ   (6/22 00:06:12)

春雨/宰 「…へぇ……難しい事はよくわかんないけど。……見つかるといいね。心を動かされる?ような本。」ふっ、と軽く微笑んで言う。「……まぁ……外は暑いし、ね。この部屋は何か涼しいから、嫌い………………では………ない」楽しいのか?と聞かれると少々考え込み「……楽しい…?…うーん、まぁ、そこそこ。……ただ、独りでいるのが……………嫌い。女々しいよね?」ふぅ、と溜息をつく。兄弟達が、みんなが大好きだから独りにされると不安になる。だから誰か傍に居てくれればいい。自分からは言えないけどつまりそういう事だ。   (6/22 00:05:56)

茶菓子/呉あら、寝ちゃった?   (6/22 00:05:53)

茶菓子/呉多分呉はんはヤバイ子(((   (6/21 23:55:06)

茶菓子/呉「俺か?そうだな……。最近になって新しく入ってきた本で文豪達が書いた小説を読んでいるな。もう何千冊も読んでいるがまだ自分が心を動かされるような本が見つからなくてな……」なんて軽々しく笑いかけながら話していくとふと言われた飽きないのかと言われるとふふっと笑う「いや、外はあまり日差しに当たるような所は好まなくてな…。それにこれ程本に囲まれている方が落ち着くのでな。」と茶を啜りながら言い逆に問いかける「逆に聞くが、お前さんはこんな俺といて楽しいのか?。もしかしたら切り刻んでいるかも知れんぞ。」   (6/21 23:54:39)

春雨/宰おぼえてない(ごめんなさい)   (6/21 23:49:13)

茶菓子/呉呉はんってこんな感じだっけ   (6/21 23:46:05)

春雨/宰 「……ん……ま、それならいいけど」頭を撫でられるとぷいと視線を逸らす。「……じゃあお言葉に甘えて。…ありがと」椅子に深く腰掛け差し出されたお茶をずず、と飲む。「……おまえ…は、どういう本読んでるの?……いつも図書室にいるらしいけど。そんなにずっと居て飽きない?」僕はずっとは飽きるかな、とぽつりと言って。   (6/21 23:44:06)

春雨/宰呉くんイケメソすぎむり   (6/21 23:37:50)

茶菓子/呉可愛いのになぁ、   (6/21 23:37:41)

茶菓子/呉「いや、他の奴等なら等に食っていたがお前達客人なら大歓迎さ。」相手の頭を撫でると微笑みながら先程読んでいた本を手に取る。「一人は嫌いか……。孤独は誰しも嫌になる、俺もそうだからな……。あまり気に悩まなくて大丈夫だ…安心してゆっくりしていってくれ。まぁ茶くらいしか出せんがな。まぁ其所に座っていてくれ。」と本を読むスペースの椅子と机がある所へ行かせて茶を入れ相手に差し出す   (6/21 23:37:08)

春雨/宰可 愛 く な い で す   (6/21 23:30:52)

茶菓子/呉あら可愛い(知ってる)   (6/21 23:29:26)

春雨/宰(目ノノ"パチパチ   (6/21 23:29:10)

春雨/宰 「…!ッ、びっくりした」突然パッと電気がついたかと思えば目の前に刀の先端が向けられていた。一瞬見えた相手の姿にびく、と体を震わせる。立ち尽くしていると相手が宰であることをわかったようで何時もの彼に戻るとほっ、と胸を撫で下ろし。「……べつに…。用ってわけじゃないんだけど。………独りは嫌だった、から……誰かいないかなって。……そういえばごめん、読書の邪魔した。」   (6/21 23:28:57)

茶菓子/呉ちゃんと目パチパチさせな(((   (6/21 23:22:35)

春雨/宰ちょっとめぐすりさしてた   (6/21 23:21:24)

茶菓子/呉なんだこりゃ   (6/21 23:16:45)

茶菓子/呉一人黙々と読み進めていくと引き戸から光が見える。持っていた本を一度本棚に直せば、腰に掛けている刀を持ち構え、素早い速さで相手の背後に周り引き戸を閉め暗がりの中電気をつけ相手に刃を向ける。「俺が毎日のように此所にいるのを解って入ったんなら食っちまうぞ…」と血の気がないような正しく化け物のような威圧感を向けるが刀を下ろし相手の顔をじっと見て少し離れる。「なんだ、君だったか…。刀を向けて悪かったな。で、何か用でもあるのか?」と鞘に刀を直すと相手に問いかける。   (6/21 23:16:07)

茶菓子/呉それな(*・・)σ   (6/21 23:07:07)

春雨/宰成田の仕方わすれた!!!!   (6/21 23:05:57)

春雨/宰 毎日毎日…というか日が経っているのかもわからないこの校舎の中、少しずつ何かを忘れていくような、薄れていくような感覚がずっと付き纏う。相変わらず退屈ですることが無く、このだだっ広い校舎を散策していたがもう飽きてきた。話し相手が欲しい、なんて思って教室の中を1つ1つ見て回る。…と、昼なのに何故か薄暗い図書室に灯りが見えた。誰かいるのだろうか、と戸を開けて「……誰かいるの?」と小さく呟いてみる。   (6/21 23:05:38)

茶菓子/呉短い   (6/21 22:58:58)

茶菓子/呉暗い図書館の中明かりを灯し静かに書斎をあさり読んでいっている。「最近の若僧の話を聞いても解らん言葉秤だ……まっこと俺も少しくらいは知っておかんとな。。」と言いながら読み進めていく。   (6/21 22:58:50)

春雨/宰( *'ω')ファッ!   (6/21 22:57:26)

茶菓子/呉よし、お姫様抱っこしよう((((   (6/21 22:55:12)

春雨/宰おねがい(๑ơ ₃ ơ)(くそ)   (6/21 22:55:07)

茶菓子/呉わしからでもいいよ   (6/21 22:54:48)

春雨/宰出だしどしよ   (6/21 22:54:29)

春雨/宰昔のキャラシ身長体重書いてなくて笑う 身長は170くらい体重は平均よりかるいとおもう   (6/21 22:54:17)

茶菓子/呉成田しようぜ何十年かぶりのな……。。出だしどする   (6/21 22:53:42)

春雨/宰成田しますか!!   (6/21 22:53:09)

茶菓子/呉ウッホウッホ(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)   (6/21 22:52:53)

茶菓子/呉あっでもうちの子は布切れで隠れているから滅多に見えないか   (6/21 22:52:29)

春雨/宰(っ'ヮ'c)<ワロタクロリッシュww   (6/21 22:52:17)

茶菓子/呉みーんな目が死んでるね️(((   (6/21 22:51:41)


更新時刻 05:33:02 | 過去ログ | ルーム管理