ルーム紹介
非現実が蔓延る国、カタルロイエ王国。
此処の住人の中には異能を宿す者__所謂能力者と呼ばれる者達がいる。
しかし彼らは二つの組織に分かれ、争い合っている。
王国の闇を取り仕切る巨大犯罪組織、ヴァルプルギス。
政府によって設立された秘密異能組織、アストライヤ。

この国で、彼らは今日も正義を探し続ける。

ホームページ作りました。詳しい世界観が載ってるので読んでみてください→https://asutoraiya.jimdofree.com
ーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは!主です。世界観説明でちょっと殺伐しすぎました。この成りチャは戦闘OK、ほのぼのOK、恋愛OKの成りチャです!!
気軽に参加してみてください!初心者さんも歓迎です。

【室内でのマナー】
・荒らしは無言で即非表示対応。
・背後同士で話す時は((をつけること。
・チート、相手が不快になる確定ロルは禁止です。
・許可なく相手のキャラクターを殺害することは禁止です。
・一言プロフにキャラの所属、性別を書くこと。
・お互いを思いやって成りましょう。
・お初さんを大切に。仲良くしましょう。

質問があったら主(紺色でキャラ名がカタカナ二文字の人)や分かりそうな人に聞いてみてください。

設定部屋http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=577150
控え室(第2部屋)http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=585237
イラスト投稿掲示板https://6928.teacup.com/tennin/bbs
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、しぃずまさんが自動退室しました。  (2/22 14:45:44)

kou((どうも...クラスにDQNみたいなのがいて暴走しては帰ってった...w   (2/22 14:32:38)

おしらせkouさん(iPhone 14.13.***.1)が入室しました♪  (2/22 14:32:14)

しぃずま((ア"ッ"(降臨)(骨折)   (2/22 14:24:18)

おしらせしぃずまさん(Android 182.165.***.20)が入室しました♪  (2/22 14:23:51)

おしらせさん(3DS 124.18.***.252)が退室しました。  (2/22 12:48:19)

((最近来てなくてすいません!顔出しです!   (2/22 12:48:15)

おしらせさん(3DS 124.18.***.252)が入室しました♪  (2/22 12:47:46)

おしらせ阿笠さん(Android 223.217.***.215)が退室しました。  (2/22 03:13:38)

阿笠((こっちこそあんがとです。俺も寝ます親です。))   (2/22 03:13:33)

おしらせさん(Android 59.166.***.128)が退室しました。  (2/22 03:13:15)

((すみなせん、おねむなので今日はこの辺で。長々とお付き合いありがとうございました!おやすみなさい ノン   (2/22 03:13:01)

ルカ「危険な能力かもしれませんが、コントロールさえうまくで来ればすごい能力ですね……。」(ふむ…、と小さく頷いて)   (2/22 03:12:00)

阿笠バンジョー「マグマにはなれねぇけど、出せるぜ!けど、すんげぇコントロールが必要なんだよ。下手したら死ぬからよ。」   (2/22 03:10:14)

ルカ「マグマ、…マグマになれるとか、マグマが出せるとかですか?」(興味深そうに相手をみて)   (2/22 03:07:27)

阿笠バンジョー「俺か?………マグマだ!!」(ダンベルを持ち上げて、そう叫び)   (2/22 03:04:56)

ルカ「ええ、頭の良さなら誰にも負ける気はしませんね。…そういえば、貴方はどんな能力を?」(ふふんと得意気に答えて)   (2/22 03:03:52)

阿笠バンジョー「でも、おめぇの頭が、いいって訳だろ?俺は頭が、よくねぇから、わかんねぇけど。」(ダンベルで筋トレしながらそう言って)   (2/22 03:00:15)

ルカ「天才…、どうでしょう。…人より知能に優れてはいるんですがね。天才とは少し違うと思います。」(目を軽く伏せながらそう言い、)   (2/22 02:57:43)

阿笠バンジョー「つぅーことは、おめぇは、ガチの天才って訳か?」(ダンベルで筋トレ中)   (2/22 02:55:39)

ルカ「ええ。知識、知恵、見識。どれも武器になると僕は思います。」(こくりとうなずいては筋トレする相手を見て)   (2/22 02:53:51)

阿笠バンジョー「頭も武器になるってことか?」(料理を食い終えるとまたダンベルを持って、筋トレを始める。)   (2/22 02:49:14)

ルカ「一気に父さん…?(相手の言葉に軽く混乱するが、少し理解をした様子で)お言葉ですが、力は勿論武器になる。ですが時には、知恵も武器になるんです。」(自分の頭をトントンと指で軽く叩いて)   (2/22 02:47:14)

阿笠バンジョー「なんだよそれ、もったいねぇ。努力、熱意、根性さえあればなぁ!“一気に父さん”になるんだろぉ!?」(と力説を堂々と語るが、最後のとこだけは間違えている。ただしは一騎当千だ)   (2/22 02:41:10)

ルカ「…僕は暇な時間は読書がしてたい方なので。…まあ、体を動かすことは好きですけれどね、それなりに身体能力はいい方ですし。」(自分の前にデザートが運ばれて来ると小さく「いただきます」といい、食べ始め)   (2/22 02:37:47)

阿笠バンジョー「あ”あ”?そんなもん、やってみなきゃわかんねぇだろ!」(そう言ってダンベルをテーブルに置き、運ばれた料理を食べ始める。)   (2/22 02:34:20)

ルカ「…残念ながら、多少筋肉をつけることができても貴方のようにはなれないみたいだ…。熱心な人なんですね、」(筋トレする相手をみれば小さく首を振り、そうしてる間に料理が運ばれてきて)   (2/22 02:32:45)

阿笠バンジョー「あたり、めえだろ?他に、すること、ねぇ、からよ」(ダンベルで筋トレ中)   (2/22 02:28:39)

ルカ「そうなんですか、プロテインをてに入れるのは難しそうだ。…、暇な時間はそうやって筋トレを?」(顎に手を添えて考えてみては)   (2/22 02:27:28)

阿笠バンジョー「何でって、ユナイテッドがプロテインを作ったんだからだよ。だから、輸入すんのが少し時間かかるからよ。」(そう言いながら袋からなぜかダンベルを取り出し、筋トレを始める。)   (2/22 02:24:17)

ルカ「…、何でも…。ステーキ、ふふ、バンジョーさんらしいですね。」(自分の予想していたものと当たったのか、軽く笑ってしまい「僕はプリンを。」と注文して)「へえ、それはどうしてです?」(軽く眉をしかめては首をかしげて)   (2/22 02:20:24)

阿笠バンジョー「もちろんだ!プロテインさえあればな!何でもできる!(←それはない)おっじゃあ俺、ステーキで!」(意気揚々と注文し)バンジョー「あーでも、プロテインはユナイテッドしか手には入れねぇからなぁー。」(頭を掻きながら、そんなことをいう)   (2/22 02:16:27)

ルカ「なんでも好きなものをどうぞ、僕の奢りです。」(そう言うと相手にメニューを渡して)「プロテイン、…それがあれば貴方のようになれるんです?」(じい、)   (2/22 02:13:58)

阿笠バンジョー「よいしょっと!」(自分も奥の席に座り)バンジョー「………正直な話。俺さっき卵一つで十分って言ったじゃん?本当は卵じゃ足りねぇと思ってんだ。プロテインがねぇとなぁ…………」(と考え込み)   (2/22 02:11:24)

ルカ「そうですね、同期としてこれからよろしくお願いしますね。」(嬉しそうに笑顔を相手に向けて。お店の人に「奥の席で。」と言うと奥へ行き)ユナイテッド、もちろん知ってます。」(席へ座るとこくりとうなずいて)   (2/22 02:07:58)

阿笠バンジョー「同期でいいだろ!俺も最近入ったばっかだし!」(そう言って遠慮なく店に入り)バンジョー「生まれはユナイテッド(その世界でいうアメリカ)だ。知ってんだろ?」   (2/22 02:00:22)

ルカ「へえ、生まれはどの国で? その場合は…、先輩…?同期…、どちらでしょう…。と、つきましたよ。ここの料理はなんでも美味しいんです、」(うーん、と少し考えてみて。お店につけばドアを開けて入ってどうぞ、と)   (2/22 01:57:44)

阿笠バンジョー「マジか!!?俺もアストライヤの新人なんだよ!生まれた国はちげぇけどな。」   (2/22 01:54:27)

ルカ「ええ、最近アストライヤにはいった新人です。貴方は?」(軽く振り向きつつコクりと頷いて)   (2/22 01:51:49)

阿笠バンジョー「おう!所でよー。ルカはこの国の連中か?」(相手について行きながら質問し)   (2/22 01:48:39)

僕はルカ・リヴェルタ、よろしくお願いしますバンジョー。(名を名乗ると相手と握手を交わし、)それでは行きましょうか。(手を離せば近くの飲食店へ向かい)>阿笠   (2/22 01:46:12)

阿笠((おつおつ   (2/22 01:41:36)

阿笠ご飯か………確かに腹減ったし、食うか!帰ってたらまた筋トレすりゃあいいしな!あ。俺はバンジョー、よろしく!(そう言いながら握手をしようと)   (2/22 01:41:32)

((お疲れ様、   (2/22 01:41:11)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マーダー・クラウンさんが自動退室しました。  (2/22 01:40:43)

((お疲れ様です、   (2/22 01:39:22)

わ、…なめてはいないですけど…。嗚呼、そうだ。財布を拾ってくださったお礼です、ご飯でもどうですか?僕はさっき食べたばかりなのでデザートくらいしか食べませんけど、(相手の筋肉に少し驚きつつ、首を小さく傾げて軽く微笑んで)>阿笠   (2/22 01:38:56)

阿笠((いっかつです。   (2/22 01:37:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、しぃずま@イワンコフさんが自動退室しました。  (2/22 01:37:15)

阿笠当たりめぇだろ!筋肉なめんじゃねぇ!!(上腕二頭筋を見せつけて〉蓮   (2/22 01:34:39)

卵とトレーニングだけで、そんなになるんですか…?(じい、と目を細めて相手の体をみつめて)>阿笠   (2/22 01:33:35)

阿笠なんだよ、そのことかよ………だったら卵飲め!卵!そしてトレーニングしろ!トレーニング!(バンバンと腕をたたき〉蓮   (2/22 01:28:14)

ち、違いますよッ!…ただ単に強そうじゃあないですか。細身の僕からしたら羨ましいんですよ、(言われた言葉に一瞬取り乱すが、少し落ち着いて)>阿笠   (2/22 01:25:45)

阿笠ああ………え!!?(驚き)お前もしかして………ホモ?〉蓮   (2/22 01:22:06)

マーダー・クラウン((ちょっととある一言入れようと思ったけどやめた(())   (2/22 01:20:35)

マーダー・クラウン「......そんなの君達だったら直ぐに引っこ抜けるでしょ。(知るか。と言わんばかりのなげやりな態度)......寿命短いんだし、さっさとお相手見つけなよ。(中々に独身男性には辛いであろう一言。)......言っておくけど、最初に守りたいと思ったのはもう一人の僕だからね?(このままだとなにか誤解されそうなので念押し。)」   (2/22 01:20:07)

((お疲れ様です、   (2/22 01:19:57)

あ、…いえ、すみません。…羨ましいほどの筋肉だなあ、と…。(すぐ目を離すと自分の頬をポリポリとかきながら「僕、男の癖に細身なので…、」とぽそり)>阿笠   (2/22 01:19:39)

しぃずま@イワンコフ((のしですー   (2/22 01:17:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、魔術師さんさんが自動退室しました。  (2/22 01:16:56)

阿笠………なんだよ?何ジロジロ見てんだよ?〉蓮   (2/22 01:14:18)

…!嗚呼。すみません、ありがとうございま──ッ!?(財布、と言う言葉を聞くとまさか自分が、と思いポケットをさわると財布を落としたことに気づきお礼を言いながら振り向くと、相手の格好や肉体に驚いた様子で居て。)>阿笠   (2/22 01:12:36)

しぃずま@イワンコフ「種、ねぇ。結局国家の邪魔になってしまうのであんまり蒔いてほしくはないのですが…(はぁ、と小さくため息をついて)それよりももっと大切な…恋人とかかい?いいですね。私はもう29歳独身だというのに…(勝手に話を進めていく。)でもまぁ、私はそれも嫌いではありませんよ。」   (2/22 01:10:38)

阿笠んあ”ぁ”ー!ん?(落ちている財布を見つけて、拾い)これ誰のだ?(そう言って前を見ると相手の背中を見て、その相手を追いかけて)おい!財布落としてるぞ!!〉蓮   (2/22 01:06:48)

マーダー・クラウン「......。(銃弾以上のもの...となると最早大砲の弾とかになるのでは...?とか思いつつも口には出さず)...三百年の間に種は撒いたし、それよりももっと大切なものができた。(退屈そうに髪を指でくるくるとさせながら。)」   (2/22 01:04:01)

((お疲れ様、ノン   (2/22 01:03:23)

……、それじゃ。また明日、(友人であろう人物と飲食店を出た彼は楽しげに友人と話した後、別れを告げる。友人と別れた後財布をポケットへ入れようとするが、財布を落としてしまう。彼はそれに気付かずに歩き続ける)>阿笠   (2/22 01:03:12)

しぃずま@イワンコフ((のしですー   (2/22 01:00:27)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、のえりあさんが自動退室しました。  (2/22 00:59:06)

阿笠((りょっす〉蓮   (2/22 00:58:28)

しぃずま@イワンコフ「ははは…昔はもっと色々弾けたんだけどね。(微笑みを続け、シルクハットの頭を人差し指でちょいちょいと掻く。)ふむ、なるほどね。(以外とすんなり信じる。今戦えば勝てる確証はない訳では(がんばれば手刀で切れるから)ないが、なぜか。)…輪廻の論はもう捨てたのかい?(引き続き話を聞こうとする。。)」   (2/22 00:57:58)

魔術師さん((いえーいうえーいぴーすぴょーん   (2/22 00:56:52)

((了解です、では時間帯は夜で、ほのぼの系でいきますね~>阿笠   (2/22 00:56:21)

マーダー・クラウン「......銃弾弾く化け物。(自分が覚えているイワンコフさんの印象を一言で。意外と根にもっている...?)......。(「場合によっては誘拐犯に間違われそうだなコイツ...」と思いつつも無表情は崩さず。)......正確に言うと、僕を捕まえられるのは正規の騎士団だけ。何せ、僕はもうヴァルプルギスでもないし、異能犯罪者でもないから。(スッと地面におりると淡々と。しかし手には買い物袋...←)」   (2/22 00:52:43)

阿笠((ええと。希望シチュはそちらで任せます。〉蓮   (2/22 00:51:43)

((希望シチュとかお任せしてもよいですか??>阿笠   (2/22 00:50:11)

しぃずま@イワンコフ((あ、やった気づかれたではなくやっと気づかれたです()   (2/22 00:49:03)

阿笠((わかりました。〉蓮   (2/22 00:45:39)

しぃずま@イワンコフ「そんなに私印象薄かったですかねぇ。(やった気づかれたのでそう言う。)それくらいわかってますよ。人気のない場所に行くための言い訳ですし。(ははは、と少し声を出して笑う。)裁けない…?どういうことです?(腕からクラウン…いや、マーダーを離し、話をしっかり聞く準備を整える。拳を収め、戦闘の意がないことを相手に示す。)」   (2/22 00:45:06)

魔術師さん((えっと………150後半……?   (2/22 00:44:04)


更新時刻 14:45:44 | 過去ログ | ルーム管理