ルーム紹介
↓必読↓

只の自室です ( 作り直し )

主旨を変えて也の練習 ( ヒプノシスマイク )と致しましょう 。

否 .、 稀に松等も入ると思いますが 。

ロル投下等々 。 御好きにどうぞッ .、。

暇なのでそろるそろるそろる ( 呪文 )
もしお相手して下さる方が居ればとてつもなく嬉しいので是非入室釦をどうぞ 。 ( ? )
気軽に入室して頂ければ幸いです .. !
中~長ろる推奨 。BLうぇるかむ (
地雷は特にありませ ン 。

帝統は固定とさせて頂きます 。 ( 土下座 )

・伽羅 . 背後同士の雑談 . そろるに繋げる . 愚痴 . 窓越し会話 . ハート ◎
・常識がない . 背後同士の会話の場合 に " (( " をつけない . 過度な短ろる . 顔文字 . 絵文字 . ×

半 . 完 . どちらでも 。


__ 各々のシナリオを . 此処で刻もう 。 それは紛れもなく . 君の物語 。__



12 . 8 . 22時 _ 度々更新 。
 [×消]
おしらせDead or Alive``さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (12/16 08:08:44)

Dead or Alive``((…………にしても今日月曜日じゃねぇのか(まだ引きずる/退室)   (12/16 08:08:41)

Dead or Alive``((んで、日曜日っつー事でいつもより早く来れるわ(多分)20時以降なら顔出せるから、もしそれより遅い時間に見掛けたら顔出す(ふす)   (12/16 08:06:55)

Dead or Alive``((聞いてくれよ、幻太郎~!下のロルとは矛盾しちまうけど今日ぜってー月曜日だと思ってたわ、周りの奴らから心配されちまったよ(けたけた、)   (12/16 08:05:03)

Dead or Alive``((……おはよ、毎度毎度わりーな(ソファの上で目をぐしぐし擦りながら身体を起こすとまた途中で寝たのか、と苦笑零して)   (12/16 08:03:00)

おしらせDead or Alive``さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (12/16 07:59:51)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、. Phantom _ /さんが自動退室しました。  (12/16 02:36:11)

. Phantom _ /(( / 、毎回タイミングぴ ッ たりですね .、( すき ッ て言 ッ た後 、くすり笑い寝息を立てる彼をよ ッ こらしょ 、な ン て掛け声でソファに上げては前髪を指先で払い 、額に口付け落としては " 良い夢見て下さいね .。" と囁き毛布掛けて .。自身は先程まで彼が寝ていた床に布団敷いてぽつりおやすみなさい 、と言 ッ て就寝 。 同じ空間で居ることの幸せを感じ乍 、な ン て自分で言 ッ て恥ずかしい .、と思うのも小説家としてどうだろうか .。うじャり考えつつ目を伏せた .。)   (12/16 02:12:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Dead or Alive``さんが自動退室しました。  (12/16 02:07:32)

. Phantom _ /(( / 、よくわかりましたね .。偉いですよ帝統 、( おちょく ッ てる 、と言われれば目細め小馬鹿にしたように緩く手を叩いては先程のお返しだ 、 と言わ ン ばかりに .。ぼう ッ と天井を眺める彼を横目に . もし彼が女性なら 、な ン て馬鹿なことを考えては自身の思考を嘲笑するように鼻を鳴らす .。くる 、と向けられた視線に気付き彼を見遣れば頬緩め言われるその一言に咳払いをする .。 突然 、言うのはずるいだろう 。否 、自身も彼にしてきたことだが .。自身を落ち着かせるように深呼吸しては目を細め 、" 僕も 、ですよ .。" な ン て 、すきとは言わず同意だけ示し )   (12/16 01:56:26)

Dead or Alive``((ああぁ、くっそ、俺の事おちょくってんな!?(貴方の物言いは、本気、言う口ぶりでなく、もどかしくてぎゃあぎゃあと騒ぎ立て。ふう、と一旦息をついては、ようやく目元から手をのけ、ぼお、っと天井を眺めた。そうしている内に、今日の一連の流れが思い出されて、やはり、何だか恥ずかしかった_だなんて思いつつも、幸せでもあった。くる、とそちらに視線向けては貴方の手をとり、手の甲に唇押し付け『すき、』と呟き頬緩め)   (12/16 01:47:12)

. Phantom _ /(( / 、あぁすみませ ン 。帝統がかわいか ッ たのでつい .。( ずるい 、 な ン て言われてしまえば棒読み 。謝る気など更々なくて . 事実 、である 。嘘だと言 ッ て逃げはせず 、 寧ろ彼をいじるのが楽しくて 。言い終えればくす 、と笑み浮かべて目を細める 。自分より下の位置にいて 、彼が顔を真 ッ 赤に染めている理由が自身だと思うと擽られるものがあ ッ て 、立場逆転 . と彼の上に誇 ッ てやりたいものだが .。 流石にそれはやめておこう .、そう . また今度 、な ン てこ ッ そり企み乍 .、柔らかい声色で彼が此方を見るように 、名前を呼ぶ )   (12/16 01:40:00)

Dead or Alive``((んにゃ、_っ、そういうの恥ずかしげもなく言うなよぉ、…幻太郎、ずりぃわ(貴方が女声で告げた内容を真に受けては、目を覆い隠したま、わかりやすく照れて。"まじか、よっしゃあ!"と喜ぶのも何か浅ましくて、かといって、願い下げーなんて気持ちは無いし、貴方とならもっとを求めたっていい。_脳内が貴方に侵されておかしくなってしまいそう。ぷしゅ、と耳から湯けむり噴き出させれば、決して貴方の発言に引いたりだとか嫌悪感抱いていないことは一目瞭然だろう)   (12/16 01:32:22)

. Phantom _ /(( / 、ッふ 、ぁ ..、( 唇が離れると少しの名残惜しさを感じて 、自分で思 ッ て恥ずかしい 、と思考をリセットする様に瞬きをする .。ソファから転げ落ちる彼を見てはまだ火照る顔を手で仰ぎつつのそ 、と起き上がりソファから彼の腹を指先でつついて .。" 妾はあのままい ッ ても良か ッ たのですが .、" な ン て彼が羞恥に負けているのを見てはくすり笑い乍女声で .。その真意が伝わるか否か 、まァ実際こ ン な嘘を吐いてしまう程に彼に心を許しているのは事実で .、目に薄く張る水を拭えば お決まりの台詞は口にせず 、彼の反応を伺 ッ て .。ぁ 、拒否、されたらどうしよう .。ふとそ ン な恐怖が込み上げ 、 言 ッ て後悔 . である .。 )   (12/16 01:24:54)

Dead or Alive``((っ、はぁ!あ~っ、緊張した!!!(_濃厚な口付けは貴方を感じるには十分過ぎて、途中、貴方との口付けが、気持ちよくて_安息を与えられるようで、窒息してしまいそうな程、少し息苦しい程に貴方を求めた。それからたっぷりと堪能した後、唇を離し、まだ熱で濡れた瞳を晒していたものの、貴方の顔を見てしまえば今更になって羞恥が遅い来て、ころんころんとソファから頃がり落ちて、床に大の字になって寝転がり。『チョーシ乗りました…』なんて自分の両目覆い隠し、)   (12/16 01:16:24)

. Phantom _ /(( / 、ふ .. ン .、( 強引に舌を入れられては受け入れる様に口を開く .。胸の鼓動が より一層高鳴るのを感じた 。体制が違うだけだと言うのに 、こ ン なにを違うものだろうか 。どく 、と脈打つものはこれほどく ッ 付いている彼のものか 、己のものか .。恐らく己のものなのだろうが .、聞こえてしまうぐらいに . その内死 ン でしまうのではないか 、大袈裟だが . 本当に 、嗚呼 __ 彼が 、愛しいのだ 。自身からも舌を絡めては吐息混じりの声を吐き出し 、目を瞑る .。 )   (12/16 01:04:23)

Dead or Alive``((っ!…………(貴方のうっとりとした表情に、キュウ、と胸が締め付けられた。なんて愛らしいのだろう、これを全て独占してしまいたい_なんて、わがままを考えていると、不意に引き寄せられて目を見開く。そして、触れ合う唇の感触。それが離れるのを繋ぎ止めるように、前回よりも、強引に舌を割り込ませ)   (12/16 00:58:59)

. Phantom _ /(( / 、ン . 、だいす ..、( 彼から自身の名前が発せられればそれだけで嬉しくて 、彼の名を呼ぶ 。首筋に顔を埋められ吸いあげられる感覚に背筋に走る甘い痺れ .。彼に口付けされた箇所に指先で触れると何処か恍惚とした表情を見せて 、背中に回していた手を彼の首元に移せばくいッと引寄せて至近距離 、もう一度名前を呼 ン では自ら口付けた 。)   (12/16 00:55:46)

Dead or Alive``((幻太郎、好き。幻太郎…(己の背に腕が回れば、貴方なりに受け入れた、との表明なのだろう、途端にじんわりと胸元温まり、幸せそうに目元蕩けさせ。今度は貴方の首筋に顔を埋め、まず、ちゅる、と軽く吸ってから、一気に吸い上げる。_やっていること自体はいつもとは変わらないのだが、いつもより貴方が近く感じられ、残した痕を見てみると、普段より色濃く感じられる。)   (12/16 00:45:38)

. Phantom _ /(( / 、 ッ、ン .、..。( 嫌なら押し退けてくれ . ? そ ン な事 、言われて . 押し退けられる訳ない . だろう .。唇を重ねられれば拒むことなく .、そ ッ と目を伏せた .。彼は , 今 、ど ン な気持ちでいるのだろうか .。な ン て 。そう 、拒否出来る筈がないのだ 、彼が 、好き . 過ぎてしま ッ たから .。こ ン な状況にも嬉しいと思う自身は異常だろうか .、それでも良い 、彼との会話 、声 、匂い 、騙され易い所だ ッ て .、どうしようもなく 、愛してしま ッ たのだから 。ゆるり 、と彼の背中に手を回して 、自身の方へ引寄せる様にして 。彼を求めた )   (12/16 00:39:04)

Dead or Alive``((大丈夫だよ、なーんも変なことはしねぇ。ちょっといつもとはキスする角度が違うだけだけど…(『嫌なら押し退けてくれ』と、告げては、腰を折り、貴方の唇にそっと己の唇を重ねた。_もしかしたら、貴方は本気で嫌がっていたのかもしれない、と今更ながらに思い至り、逃げ道を用意した。無論、口付以上は本当にする気は無い。ただ、己の下で貴方がどんな顔をするのか見たかった。)   (12/16 00:31:32)

. Phantom _ /(( / 、いえ .、( 何時も通りの愛らしい笑みにただ言 ッ て欲しか ッ たのかと安堵も含め頬を緩ませた 、のだが 。何かを企む笑みとな ッ たのを確認すれば そく 、と背筋に這う寒気 、とまではいかないが . とりあえずこの侭では危険だと言うのは分かる .。後退りしようと手をついたところで再び抱き締められる様な手付きに ぁ 、と思 ッ た時には押し倒されている状態で .。 ) しッ 、ないです 、から .. 退けて下さい .、( 彼の言葉に焦りが滲む声色で否定する .。然し .、彼の指先にはどうにも抵抗し難い何かがあり .、ふ 、と息を漏らしては眉潜め 、目を逸らした .。 )   (12/16 00:23:50)

Dead or Alive``((っへへ、サンキュっ(頬に口付け受ければにへ、と愛嬌のある笑みを浮かばせ。そして、細めていた目をゆっくりと、開いてはくつりと先程とは違う種の笑みを浮かべた。背中に手を添えて膝に手を入れては抵抗される前に貴方をソファに横たえ、貴方の腹の上に乗っては、見下ろす形をとって)_なァ、さっきまで可愛いっつってた歳下の男に組み敷かれるって、どーよ。…ちょっと興奮しねぇ?(くつ、と喉鳴らせば貴方の唇を親指でつー、となぞりつつも空いている方の手では鎖骨から顎にかけてを指先でつつ、となぞりあげていき)   (12/16 00:13:37)

. Phantom _ /(( / 、ン .. ふ .、( 何時も自身がこうい ッ た行動をすると声を我慢する彼だが 、 今日は恐らく故意ではないだろうが出た声が可愛くて 、ふ 、と笑う .。彼からの頼みを聞けば怪訝な表情で彼と目が合う様に身体を離し 、首を傾ける .。頬は紅く染ま ッ ていて可愛いと思うのは事実 .、が 、彼がただ単にこ ン な頼みをするとは思えず 、疑念の目を向けるものの案外普通に言 ッ て欲しいのでは . ? と葛藤 .。ごちャごちャ悩 ン でいても仕方ないかと彼に言われた通り " だいす .、可愛い .。" と同じ様に告げては頬に唇を触れさせて 。これで彼が喜ぶのか . 何かあるのか 。未だその迷いは拭いきれず 、彼を見て )   (12/16 00:04:46)

Dead or Alive``((うぁ、…ひ、(首筋に一連の流れとして貴方の唇での刺激が与えられては、先程とは違うように小刻みに肩揺らして思わず声漏らして。_これは、随分と恥ずかしい。先程染まった頬の色は赤みを濃くし、いつもよりも積極的な貴方に翻弄される。何だか悔しい、と思っていたところで、ぴこん、と閃きニヤニヤと笑い。顔上げ_未だ頬の色が落ち切っていないのは気にしない。『なー、幻太郎。"だいす、かわいい"っつってからほっぺにキスしてくんね?』と頼み。無論ぶりっ子ではない、考えがあっての事だ。)   (12/15 23:56:22)

. Phantom _ /(( / 、帝統に馬鹿な ン て言われる筋合い無いですからね .、( 可愛いかよ 、 との言葉の後にこれとは自分でも可愛げがないと思う .。 身体を跳ねさせた彼を見てくすりと笑い 、チャラけた口調で言う彼が照れ隠しな ン てことは分かりやすくて . 肩揺らし笑 ッ ては かぷ 、と彼の首筋を柔く噛 ン で . 舌先で舐めあげては ちゅ 、と口付けして 。 昨日 、や ッ と伝えられたこともあるだろうか .、何処か調子に乗 ッ て 、 彼を攻めて見て .。 )   (12/15 23:45:19)

Dead or Alive``((?……!!!は~~っ、可愛いかよ、ばあかっ(一瞬名前を呼ばれたのかと思って、何だ?とでもいうように首を傾げたが、その後に言葉が続けば、びくぅっ、とわかりやすく身体跳ねさせじんわりと頬に熱を宿していき。貴方からの言葉は、珍しくて一々破壊力が有り、_可愛い。大きく溜息をついては『だいすも幻太郎のことだいすきだわよ~ん』なんて照れ隠しでチャラけた様子で告げれば、顔見えないようにひしひしと抱きしめ)   (12/15 23:39:17)

. Phantom _ /(( / 、( 少しの罪悪感を抱き乍一定のリズムで背中を撫でられては頬を緩めて .。彼の後ろ髪に指を通せばくしャり、と崩して 肩口に額を乗せた 。) だいす 、 き .。 ( 何故このタイミングなのかは分からないがふと思い付いたのは だいす 、と だいすき 、がかけられることで . 自身の思考に思わずくすりと笑いを溢して .。何時も自身が甘やかされてばかりで 、否 . 決して嫌ではないのだが .。言 ッ てみような ン て考えては口にしてみて . 彼の反応を伺う 。 )   (12/15 23:33:15)

Dead or Alive``((ふー!マジで焦ったぜ…(貴方から許しが出れば、ふー、と息を吐き。良かった良かった、と安堵の溜息を吐く。ということで、改めて貴方を抱きしめては、いつものように甘やかそうか、なんて思い直して、背中に手を添え、とん、とん、と撫でて。この温もりを離すまい、と腰をしっかり抱き寄せ密着しては、その体温に浸るように目を伏せ)   (12/15 23:21:16)

. Phantom _ /(( / 、ン .. 仕方 、ないですね 、( 首筋に唇を這わせられてはぴく 、と肩を揺らす .。嘘だ 、というのは些か癪 .、というか . 何とも言えない言い出しずらく 、許してあげますな ン て上から目線に .。何でもする ッ て言 ッ たな . ? 等と言うS精神は恐らく持ち合わせていないのでスルーしておいた .。 )   (12/15 23:16:02)

Dead or Alive``((許してくれよォ、なんでもするからさぁ(などと言って己に出来ることなど限りに限られているのだが、貴方の機嫌をとろうと必死であり。そのまま抱き締めては、媚びるようにちう、と首筋に唇を寄せて。)   (12/15 23:12:30)

. Phantom _ /(( / 、ン .. ( 抱き締められれば鼻先を擽る彼の匂いと共に与えられる温もり .。目を細めては彼の背中に手を回し 、こうしていられるならまだ怒 ッ ているということで良いか 、な ン て甘えた思考を巡らせつつ頭を寄せて 、)   (12/15 23:10:04)

Dead or Alive``((ひえぇ、怒るなってぇ、幻太郎様ぁ(少しからかってやるつもりだったが、本当に怒らせてしまったか、と本格的に慌て始めては、咄嗟に貴方の身体抱き締め力強く自分の方に引き寄せて、)   (12/15 23:06:40)

. Phantom _ /(( / 、.. 怒りますよ .、( 無論それぐらいで怒りはしないが多少はムカついた .、と言うことで柔く睨 ン で .。下唇を摘ままれては眉潜めるものの拒否することはなく 、喉奥で唸り )   (12/15 22:56:44)

Dead or Alive``((おっ、へっぽこエスパー幻太郎くんハッケーン!(視界が開けて貴方の手が添えられれば嬉しそうに頬を緩め、されど揶揄うように上記述べ。折角貴方の顔が見えたので己も貴方に触れたくて、一番に目に入った下唇をふに、と摘んでみて)   (12/15 22:54:10)

. Phantom _ /(( / 、小生エスパーですけど目線合わせてたら心の声聞こえなくなる ン ですよ .。( な ン てまた嘘を吐いてはくす 〃 と笑い声漏らしつつ .。手を動かして自身を探す仕草にきゅンとし乍 ぱ 、と手を話して目を細めては彼の頬を両手で包み 、)   (12/15 22:47:36)

Dead or Alive``((なーんだ、嘘かぁ!さすがに今日これからずっと視線で会話すんのは無理があると思ってたから助かったわ(嘘だということに喜んでいると、途端に視界塞がれる。『幻太郎~、』と名前呼べば手を暗闇の中でわたわた動かし貴方を探して)   (12/15 22:39:23)

. Phantom _ /(( / 、.. ぅ 、嘘 、ですから ..、伝えたいことがあるなら口で言 ッ て下さい 、( 流石にそンなに見詰めらるては羞恥が勝ち 、参 ッ たと言わ ン ばかりに目を逸らしゆ ッ くり息を吐いて自分から彼の目が見えなくなるように手をかざして )   (12/15 22:35:22)

Dead or Alive``((……………(『幻太郎、カネ貸してくれ』なんてどうせ聞こえないなら、と口に出してしまえば呆れそうな言葉を視線に乗せて貴方に訴えかける。伝わったところで決して貸してはくれないだろうが。だが、ほかに咄嗟に思いつく内容が無かったので、心の中で何度も先程の言葉繰り返し)   (12/15 22:30:35)

. Phantom _ /(( / 、え 、や .、( 目で会話 、と聞けば すぐにネタバラシしようと顔を彼に向け言おうとするのだが 、目を見詰められては困 ッ た様に汗一つ 。背を多少反らし乍も逸らすことが出来ず 、ドギマギと彼が何を伝えようとしているのか考え始め .、)   (12/15 22:27:40)

Dead or Alive``((ええーッ!しゃあねぇなぁ、じゃあ目で会話することにするわ。(どうやら口を聞いてくれないようだが己にも非があるというか己にしか非が無いのでガッカリしながらも素直に受け入れて、何か伝えようと貴方の目をじーっと見つめ)   (12/15 22:24:33)

. Phantom _ /(( / 、えぇ怒りました .。もう喋 ッ てあげませ ン .、( 両手合わせ謝れればわざとらしく頬膨らませて .。勿論嘘なのだが 、ちらり横目で見て反応伺い )   (12/15 22:18:26)

Dead or Alive``((んにゃ、幻太郎、怒っちまったか…?(ほんの戯れのつもりだったのだが、こちらに目線合わせようとしない様を見ては表情引き攣らせ、『ごめんって~』と、両手合わせ謝り)   (12/15 22:15:26)

. Phantom _ /(( / 、そこまで驚いてないです .。( にやりと笑い乍頬をつつかれては意地張り 、つンとして目線合わせず )   (12/15 22:09:09)

Dead or Alive``((へへっ、驚いたか~?(貴方がこちら振り返ればにやにやと笑い、貴方の頬をつん、とつつき)   (12/15 22:06:54)

. Phantom _ /(( / 、 ッと .. 、!? .. 帝統 .、( ぼう ッ としていれば後ろからの声に多少驚き . 不服そうにそろり後ろ振り向いて )   (12/15 22:04:10)

Dead or Alive``((…………………わっ!!(そろそろと入室しては、不意打ちで後ろからおどかし)   (12/15 22:02:30)

おしらせDead or Alive``さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (12/15 22:01:13)

. Phantom _ /(( / 、さて .. 何して待ちましょうかね .。( ふむ )   (12/15 21:54:57)

. Phantom _ /(( / 、明日 .. 憂鬱ですねェ .。( ンぐ 、)   (12/15 21:47:24)

. Phantom _ /(( / 、只今戻りました .、( はふ 、)   (12/15 21:46:35)

おしらせ. Phantom _ /さん(3DS 106.181.***.217)が入室しました♪  (12/15 21:46:04)

おしらせ. Phantom _ /さん(3DS 106.181.***.217)が退室しました。  (12/15 19:29:01)

. Phantom _ /(( / 、お ッ とすみませ ン .。 来たば ッ かりですがご飯食べて来ますね .。( すすす 、)   (12/15 19:28:58)

. Phantom _ /(( / 、仮眠は と ッ た ン ですけどね .。( ふむ )   (12/15 19:26:37)

. Phantom _ /(( / 、 ン .. 眠いですね .。( 目擦 )   (12/15 19:26:16)

おしらせ. Phantom _ /さん(3DS 106.181.***.217)が入室しました♪  (12/15 19:25:25)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、. Phantom _ /さんが自動退室しました。  (12/15 02:10:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Dead or Alive``さんが自動退室しました。  (12/15 01:58:33)

. Phantom _ /(( / 、聞こえていてもなくても良いですけどね 、( くす 〃 ) おやすみなさい .、( ちゅ 、)   (12/15 01:49:04)

. Phantom _ /(( / 、ン .. ( ぼ ン やりした彼を微笑ましく子供をあやす様に撫でて 、噛みつかれては小さく声漏らすも撫でたまま 、 ) __. 僕も 、大好きですよ 。( ぽつり 、一言 。 )   (12/15 01:40:30)

Dead or Alive``((幻太郎……(眠気でぽんやりしながらも、撫でられつつ唇で貴方の首筋をあむあむ、と挟んで。だが、突如としてがぶ、と強めに噛み付き)   (12/15 01:38:21)

. Phantom _ /(( / 、はいはい .、( くす 〃 と子供みたいだな 、 な ン て 。) ン .. 帝統 、( 片目細め名前口にして 、頭撫で乍 )   (12/15 01:35:05)

Dead or Alive``((寝る寝る、一緒の布団な。(手首掴み布団に引きずり込んでは、頬にちゅむ、と口付け)   (12/15 01:33:36)

. Phantom _ /(( / 、無理はしないで下さいね . ?? ( よしよし 、 ) 小生も眠いですし .. 一緒に寝ます . ? ( はふ 、/ 髪口付 、)   (12/15 01:32:23)

Dead or Alive``((げんたろー…やべぇ、落ちかけた(ねむねむ)   (12/15 01:31:05)

Dead or Alive``→『大好き、』だなんて言葉の頭に飾りの言葉付けて   (12/15 01:30:30)

Dead or Alive``((…お揃いでこんな嬉しいことってあんだなぁ。(_頬の色も、無論気持ちの丈も。軽く唇が触れただけで、それは真新しいものに感じられて、味わうようにして、口付けを返した。貴方の頬から首筋に掛けてをするり、と撫でて言っては『』)   (12/15 01:29:25)

. Phantom _ /(( / 、それもそうですね .。( 今更過ぎる .。そうだ 、お互い . 気付いていたのにも関わらず . と 、言うより 。彼が言 ッ てくれたことはあ ッ たのに 、自身が逃げていただけ 、かもしれない .。だとしたら申し訳なくて . 苦笑漏らした 。彼の顔が紅湖していくのが分かれば可笑しくて . 可愛くて 肩揺らし笑う 。" お揃いですね " な ン て一言 、自身の頬を抑える彼の両手を退ける様に . 頬と腕の間に手を通しては代わりに自身が彼の頬に手を添えて 。 先程と同じ様に引き寄せては触れるだけの口付けをして 。少し離せば至近距離の侭 、先程よりもず ッ と甘い 。深く口付ければ壊れるくらいかな .、な ン て )   (12/15 01:20:42)

Dead or Alive``((う、マジかぁ…急に照れる。いや、今更すぎるとは思うけどな!?(貴方から再び言葉が発せられれば途端に恥ずかしくなって、己の頬を両手で押さえる。少し前からとっくに気持ちは同じであろうことは、わかっていた、けれどもお互いどういう訳か核心をつくのは避けていた。だが、しょうめん向いてきちんと伝え合えたのは、大きな進歩に感じられて、途端にもじもじした様子を見せ。真っ赤に染まる貴方の頬。多分己の頬もお揃いの色をしているのが囁かな幸せに思えて、ほあ、と幸せのため息を一つ吐いた)   (12/15 01:13:58)

. Phantom _ /(( / 、ン .. まァもし溶ける様なことがあ ッ たら冷凍庫に入れて置いて下さい .。( 話せなくなるのは寂しい , と可愛らしいことを吐いた彼に突 ッ 込まれそうだなと思い乍冗談 、。 そもそも溶けてやるつもりな ン て更々ないのだが .。寧ろ溶かしてやる 、と自分で思えば苦笑 、子供みたいだ 。けれどそれが幸せであるのだから仕方ない .。そう .、溺れてしま ッ たのだから 。だから . 今 、彼と目線を交えて言われたことも 、聞こえていたのかと思うのと同時に嬉しくて堪らないのだ .。 ぁ 、と声を漏らす 。 それは何かは分からないが 、顔に熱が集まるのを感じて . 逸そ気付かない振りをしてくれればよか ッ たのに .。  一言口にすれば返るまた一言 。これには堪らず . 止まらなくなりそうで 、すき 、ともう一度口を動かしては彼の名前付きでもう一度 .。 )   (12/15 01:08:32)

Dead or Alive``((そりゃ世話はするけど、やっぱ溶けて話せなくなんのは寂しいなぁ(貴方が己の腕の中で蕩けてしまう、だなんて可愛らしい表現だが、実際に蕩けて口をきけなくなってしまったら、と思うと一概に溶け切ってもいいとは言えず程々がいいな、だなんて。実際人間が溶けるわけは無いので、非現実に思いを馳せていたところだが、突如として聞こえた言葉に一寸、間を奥も、次第に花開くように表情を幸せな笑みへと変えては、やんわりと貴方の肩を押し、目を合わせ。_『俺も、幻太郎が好き。』と今まで逃げるようにして言わなかった言葉を、しっかりと貴方の目を見据えて伝えて)   (12/15 00:58:22)

. Phantom _ /(( / 、どうでしょうね .、( 甘え ン 坊か 、な ン て言われて仕舞えば自身の真意を仄めかす様に答えた .。 此処まで崩されてしま ッ ては . もう今更撤回しようだな ン て思わない 、というより思えない .。彼との一つ一つの会話が嬉しくて 、思い出して頬を緩ませていることなど . とてもではないが言えたものではない 。後頭部を撫でられれば目細め 、すン . と鼻を鳴らすと彼の匂いを嗅いだ 。 変態臭い , とは自分でも何度も思 ッ たことだが . 仕方ない 、仕方ない 。 彼の発言には怪訝な表情でいて 、" でろでろにな ッ たら帝統 . お世話してくれます . ? " な ン て 笑い乍 。 抱き締められれば彼を感じる様に心地良さそうな表情見せて 、すきですよ . 聞こえたか否か 。くぐも ッ た小さな声で告げた 、というより呟いたに等しい .。聞こえていてもいなくても . 良い訳ではないが . ただひたすら彼の服に頭を寄せて 。 )   (12/15 00:52:06)

Dead or Alive``((お、幻太郎、甘えん坊か~?(己の胸元に額押し付ける貴方の様はやはり愛らしい、の一言に尽きる。まさかまさか、出会った当初はこんなふうにして、甘えられるとは思っていなかったが、自主的に己に触れてくれる、ということは少なからず心を許してくれているのだろうか、と微笑ましく思い、後頭部を抱えるように撫でて。『そのままでろでろになっちまってもいいからなぁ』なんて、普段は飄々としているような貴方の己にしか見せない一面が見たくて、いっその事溶けてしまえ、とでというようにぎゅうぎゅう抱きしめ)   (12/15 00:42:20)

. Phantom _ /(( / 、帝統もやるじャないですか .。( 恥ずかしい奴 、な ン て照れ乍言う彼が微笑ましく 、 柔く笑みを浮かべては くすり 笑 ッ て 。引き寄せられれば力むことなく 、 素直に彼に体重を掛けては先程より鮮明に伝わる彼の体温に安心した様な . 心地良く目を細めてはふわりと鼻を擽る匂いの元 、彼の胸元に頭を押し付けて見て 。耳に舌を這わせられれば息を詰めて 、自身に耳好きなのかと聞いた彼だが 、彼も彼で大概だ 、な ン て思いつつ空いている手で相手抱き締めて .。 )   (12/15 00:34:48)

Dead or Alive``((!!は、恥ずかしい奴だなぁっ(手の甲に口付けられては些かキザなその仕草に、思わず照れてしまい。やはり、自分からしている時よりも照れが勝って、ふとした時に己の羞恥を擽ってくる貴方は狡い、と困ったように笑みを浮かべ。握ったままの手を引き寄せては己の身体に貴方の身体をもたれかからせる_温かい。先程まで塞いでいた耳に口元寄せてはれろ、と縁をなぞるように舌を這わせ)   (12/15 00:28:29)

. Phantom _ /(( / 、それ . は .. 帝統の方ですよ .。( 蕩けた表情に声 、先に思 ッ たのは自身だな ン て謎の対抗心を抱いては視線を合わせたまま 。何とも言えない 、綺麗な彼の瞳を見てう ッ そりと目を細めて 。 己の手に指を絡められては特に吃驚することもなく 、寧ろ嬉しそうに握り返しては自身の口元に持 ッ ていき 、彼の手の甲に口付けて反応伺い )   (12/15 00:22:19)

Dead or Alive``((っ、は、幻太郎、可愛い(己も口付け受けてから貴方の耳から手を退けては、額に重なった状態で微笑み浮かべながら口を開き。至近で目を合わせては_やはり、僅かに水の膜張らせたそこは綺麗で、思わず見蕩れてしまう。額に合わせたまま、貴方の手を探しては、指を絡ませ握り込んで。)   (12/15 00:14:50)

. Phantom _ /(( / 、ふ .. ン 、( 舌を抜かれれば自由にな ッ た呼吸は浅く 、肩で息をして .。彼の口は動いたのを確認したが 、 何と言 ッ たのかは分からず 、彼の耳を塞ぐ手を緩めては彼の両頬に添えて 、目尻に薄く浮かぶものを拭うより彼に触れたくて 、崩した笑みを見せては彼の名を呼 ン だ .。 彼の 、表情が 、どうしようもなく自身の理性を擽 ッ て 。添えた手で彼の顔を自身の方に寄せては触れるだけの口付けをして額をく ッ 付けた .。 )   (12/15 00:08:38)

Dead or Alive``((………げんたろぉ、(__なんて目をしているんだ、視線交わった瞬間に思ったことはそれだった。甘く、薄く濡れた瞳。それに惹き込まれて、貴方からも己求めるような口付けに没頭した挙句、名残惜しげにゆっくりと舌を引き抜いていけば、蕩けた声で貴方の名を呼び、目元蕩けさせ愛しげな視線を向ける。愛しくて、愛しくて仕方がない、と言わんばかりに柔らかく笑み浮かばせ)   (12/15 00:00:54)


更新時刻 08:39:34 | 過去ログ | ルーム管理