ルーム紹介
小説家の初心者からベテランさん、書いたことがある人からオリキャラを持っている人、更にはイラストレーターから作詞家まで!集まって互いのオリジナル小説やオリキャラを見せ合いしませんか!私の小説を読んでいただくと同時に、他の皆さんの小説を読んで、知識を得たいです!そして、自分の小説をより良くし、もっと他の皆さん方に広めたい目的でチャットを開きました!
 僕の夢は自分が書いた小説をデビューさせることです!そのために努力する所存であります。小説書いている間に僕は入っています。それでもぜひお話しかけてください!待ってます!


私の小説は小説家になろうにて投稿させています。
https://ncode.syosetu.com/n1334fi/ ソロモン校長の七十二柱学校
https://ncode.syosetu.com/n9728fk/ 電卓の武士
が私が書いた小説です!どうか読んでいただき、良ければ具体的な感想をお願いします。

ちゅるぎさん
https://ncode.syosetu.com/n8978ej/ 正し屋舗へおいでなさい
https://ncode.syosetu.com/n7259z/ 双色の錬金術師
大作なのでたくさんお読みくださいませっ!


ヴェノジスの自己紹介
●名前:ヴェノジス・デ×3
●職業:専門学生(病気で休学)小説家
●趣味:小説創作
●好ゲーム:ファイアーエムブレム、ポケモン、スマブラ、キングダムハーツ
 [×消]
おしらせまふまふさん(Android 126.209.***.153)が退室しました。  (4/24 17:06:23)

まふまふではではー!   (4/24 17:06:18)

まふまふ前回はヴェノさん並だったから文字数控えみにしました。七千くらいかな…多分   (4/24 17:06:06)

まふまふおい、文字数でだめか。   (4/24 17:05:42)

まふまふシステムメッセージ: 発言にNGワードが含まれています(電話番号の疑い)  (4/24 17:05:30)

まふまふま、いいか。とりあえず更新報告でしたー。気が向いたら読んでくれると嬉しいですー。   (4/24 17:04:26)

まふまふやれやれ。双色は早いこと旅終わらせて調合させたいなー。奴隷くんの名前も未定だし。   (4/24 17:03:52)

まふまふストック出来たらしたいけど、なかなかストックが出来ない……更新ペース遅いから書き上がったらすぐ上げちゃうんだよね…   (4/24 17:03:09)

まふまふGWは完全仕事まみれ。マジ勘弁……かけるかなぁ…(遠い目)   (4/24 17:02:28)

まふまふ次は正し屋書きたいなー…書こうかなー。   (4/24 17:01:44)

まふまふ双色の錬金術師書き上がった…やっと、本編(笑)   (4/24 17:01:14)

おしらせまふまふさん(Android 126.209.***.153)が入室しました♪  (4/24 17:00:51)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、斑鳩さんが自動退室しました。  (4/22 17:55:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ヴェノジス・デ×3さんが自動退室しました。  (4/22 17:38:16)

斑鳩お疲れ様でした   (4/22 17:34:56)

おしらせまふまふさん(126.209.***.62)が退室しました。  (4/22 17:34:32)

まふまふでは、すいません、お疲れ様でしたー   (4/22 17:34:30)

まふまふ対談愉しい……。   (4/22 17:34:18)

まふまふあ、すいませんそろそろ落ちます。晩御飯作らなきゃ。  カツ丼です(`・ω・´)キリっ   (4/22 17:34:00)

まふまふライム「適材適所…!ここでも…!残念です…そっかー、威圧使えないのか…使えたら強そうなのになぁ…」   (4/22 17:33:36)

斑鳩ファイ「単純な駄洒落なのですが/あなたと僕では種族以前に力の性質が違いますから、僕の威圧の方法を使っても使えるかは不明瞭ですね。適材適所ですから。僕の場合は魔力を放出して恐怖を植え付けているだけですが、破滅や死後の安息を司る神ですのでそうなるだけでしょうね」   (4/22 17:32:28)

まふまふライム「神様の冗談レベル高い…!っていうか、神様ってやっぱり神様なんですねー。つよーい…!私も訓練すれば威圧?っていうのつかえるかな…筋肉ムキムキじゃなきゃダメとかないですよね?」   (4/22 17:28:02)

斑鳩ファイ「冗談です。大抵の方には通じませんので悪神悲しいです。しくしく/悪魔を抑える程度なら可能ですよ。神と悪魔では格が違います。破滅させる必要がなければ威圧で潰しておけば楽でしょうから」   (4/22 17:26:38)

まふまふライム「え!お金入らないんですか!あ、でもそうか…首取られたら大変だからやめときますー。縊って取れてもくっつかないんですよね…腕とかなら頑張ればくっつくけど…調合すっごく難しいし。 私の場合、おばーちゃんの使ってた家が持ち家ってことになるのかな…?すっごい辺鄙なところにあるけど」   (4/22 17:18:45)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「使用人はいないがな。ただ森の奥に誰も使っていない城があって、借りているだけだ。」   (4/22 17:18:08)

斑鳩ファイ「最上位神が金銭で動くと思いますか。首を縊り落とす程度の事は頂きたいですね(ブラックジョーク)/人間は広い場所が好きですね。衣食住が必要なのですから当然ですが、有効活用しないのならば無駄遣いのように見えます。其の愚かな点も見ていて面白いのですが」   (4/22 17:17:13)

まふまふ優とライムの違いが錬金術か幽霊かしかないという事に気づいた。……あ、でも分ライムの方が優より賢い…?   (4/22 17:16:58)

まふまふライム「ふつーに気づかなかったけど、まさかの城持ち…!?え、なにそれこわい…」   (4/22 17:16:00)

ヴェノジス・デ×3罠にどぶあああああああああああぁぁぁ   (4/22 17:15:23)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「飯は俺が作ってやる。だから安心はしろ。寝床も俺の城にたくさんある。」   (4/22 17:14:53)

まふまふ……こうやってキャラ同士で会話わせると、自分のキャラのポンコツ具合が凄くよくわかる罠。   (4/22 17:12:38)

まふまふライム「頼れるなら頼りたいですけど……神様に観光案内してもらうとか、その、料金払えそうにないんでいいかなぁって。借金怖い。だめ、ぜったい。奴隷落ちとか絶対いやですもん…調合できなくなるだろうし、ごはんも美味しいの貰えないってききました!」   (4/22 17:11:29)

斑鳩ファイ「足りない身で世界を書き換える力を持って、其れが暴発すれば楽な死に方でも内から弾けますよ。だからわざわざ神の領域まで決めているのですが、踏み込んで来たがる愛すべきお馬鹿さんが人間ですので/おや、宜しいのですか。頼っても良いのですよ。悪神嬉しいです。わーい」   (4/22 17:09:33)

まふまふライム「神様の力は…私はちょっと怖いからいいかなぁ。失敗したらすっごい規模で爆発して色々無駄になりそうだし。…あ、ファイさんが観光案内できるように悪魔の人を大人しくさせちゃうとか…?いや、神様に頼りすぎても駄目か。なんかそういう薬作る方がよさそうだなぁ…」   (4/22 17:03:25)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「叶うならぜひそうしてやってくれ。悪魔は死んでいい。」   (4/22 17:03:23)

斑鳩ファイ「いっそ調子に乗った悪魔を調教して争い合わせるのも愉悦の逸品ですが(無表情)」   (4/22 17:02:25)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「物騒な世界だ。しかも一度魔界に迷い込むと、高校で卒業資格を得られない限り他の異世界へ渡ることは出来ない。観光ならまずは鎧を着ることを勧める。」   (4/22 17:01:58)

斑鳩ファイ「神の力を人間が扱えては本来困るので習いたいとはいえ簡単ではありませんよ。そもそも神の力を使うなら素質と加護が必要ですから/錬金術で争う蜜は見飽きましたが、あなたのような錬金術の使い方も愉悦と言えばそうかも知れませんね。興味はありますよ」   (4/22 17:01:13)

まふまふライム「なにそれこわい。えええー…魔界ってそんなところなの?だいじょうぶ?ゴハンおいしい?でも、うーん……あ、そうだ!レハさん観光案内とかしてくれたり…」   (4/22 17:00:30)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「魔界に来れば必ず事故に遭うぞ。その辺の悪魔は人間を見かけると調子に乗り出して、殺しにかかるからな。素材のためだけに魔界へ訪れるのは危険だ。」   (4/22 16:59:01)

まふまふライム「錬金術面白いよー。私もそっちの世界にはちょっと行ってみたいかなぁ……調合用の素材沢山ありそうだし。神様の世界もいろんなのありそうだし、楽しそう…」   (4/22 16:56:22)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「しかし神の力に錬金術。異世界の知識は興味深い。是非とも習ってみたいものだ。」   (4/22 16:54:07)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「どちらかといえば苛立つ事の方が多いがな。いわゆる俺はいじめられっ子だ。まあ大変だな。」   (4/22 16:52:48)

斑鳩ファイ「伊達に生きていませんので。褒められました、わーい。……其の傲慢が面白いのですよ。人間の欲が牙を剥く時に最大の愉悦が溢れますので/悪魔の中に一人だけ人間ですか。面白そうですね(無表情)」   (4/22 16:50:00)

まふまふライム「種族によって色々なんだねー。私はあんまり苦労とかないかなぁ……お金も今の所何とかなってるし、調合も出来るし、ご飯も食べられるし、寝る所もあるし…」   (4/22 16:47:54)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「悪魔とかは人間の苦しみを餌にして生きているから、こっちも苦労している。異世界も神界も大変だな。」   (4/22 16:45:31)

まふまふライム「?神様ってリアンみたいに難しいこと言うんですねー…頭いいんだなぁ、やっぱり。ええと、傲慢な人とかもいますよ、勿論。というか、その方が多いです。錬金術師とか召喚士とかって、大体貴族なので……私はそういうの面倒だし嫌いなんですよねー…」   (4/22 16:43:28)

斑鳩ファイ「知恵が回りますね。錬金術の発展した世界を覗いて鑑賞していれば決まって力を振り翳し、面白可笑しく踊る人間がいるものですが。/年齢通りに見目を合わせると先ず肉体が死にますので。此の姿になった時点で時間を固定して進まないようにしてあります。好んで老人の姿を取る神も少ないですね、僕の周りではの話ですが」   (4/22 16:40:30)

まふまふライム「ふふふー。いいでしょー、おばーちゃんのレシピなんだけどね。あ、私も16位だからおんなじだねー。 ファイさんは凄い年上なのに若いのがすごい。神様ってすごい」   (4/22 16:39:10)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「しかしお湯を注ぐだけでスープが作れるなんて、異世界の技術恐るべしだな」   (4/22 16:37:48)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「俺今十六歳.......改めてすごい神だと認識させられた。そんだけ長生きして生き甲斐があるだなんて。おお簡易スープか。何だか頂いてばっかりでわるいな。」   (4/22 16:35:46)

まふまふライム「……うん、神様長生き。 あ、じゃあこれもあげますね、寒い時に便利な”簡易スープ”です。お湯を同量注いでグルグル混ぜるとスープができるんです。レハさんもどうぞー 今度売り出す予定なんですよね」   (4/22 16:34:06)

斑鳩ファイ「最も古い世界が誕生したのは七千九百六十五兆年以上前ですが、僕達は其れよりも前に存在していました。正確な年齢は覚えていませんね」   (4/22 16:31:43)

まふまふライム「神様に試験はない……あとでベル達にも教えてあげよう。あと、悪魔も料理するんだってことも一緒に」   (4/22 16:28:54)

ヴェノジス・デ×3レハベアム「聞くがファイは今何歳なんだ.......?」   (4/22 16:28:35)

斑鳩ファイ「神の格は生まれ持った力でも決定しますが、古い神の方が比較的階位は上がり易いですね。試験は存在しません。僕達がある程度の力を付けたと判断して、ある程度歳を重ねていれば昇格します」   (4/22 16:27:04)

斑鳩ファイ「一時力を持って思い上がった上位神の成り損ないを滅するのも役目ですね。神だからと威張り続ければ背水の陣に追い込まれます。愚考です/面白いです。普通は戦争を眺め愉しむ趣味は糾弾されますが、あなたは良い意味で楽観的ですので見ていて飽きません。聞いていても飽きません」   (4/22 16:25:31)

まふまふライム「へぇえー。私は工房生だから授業あんまり受けたことないけど、試験だけはあるんだよ。そういえば、神様も試験ってありますか?こう、ええと……上手にお水を出す方法的な?」   (4/22 16:25:17)

ヴェノジス・デ×3レハさん「主に闇で創り出した剣で戦うがな。どちらかと言えば剣術派だな」   (4/22 16:25:10)

ヴェノジス・デ×3レハさん「ただしクソ不味いがな。俺が強いかは俺自身分からないが、体育(暴力の使い方)では成績五だ。まあ体術にも覚えはある」   (4/22 16:23:28)

まふまふライム「悪魔ってよくわからないけど、料理するんだ……」   (4/22 16:21:25)

まふまふライム「神様は神様の趣味とかあるだろうし役割もあるんでしょうから、仕方ないですよねー。理不尽すぎるとちょっと嫌だけど…偉い人ってあんまりいいイメージないし…。え、私面白いんですか?レハさんは面白いかもですけど…悪魔に詳しいし、なんか強そうだし」   (4/22 16:20:53)

斑鳩ファイ「あなた方もなかなか面白い人種ですね。愉悦です。丁度退屈していましたので喜ばしいですね。ぱちぱちー」   (4/22 16:19:55)

ヴェノジス・デ×3レハさん「これでも調理星五なのだ。家庭の授業で俺に勝てる悪魔はいない」   (4/22 16:19:28)

ヴェノジス・デ×3レハさん「俺は悪魔は嫌いし憎しみしかないが、行いそのものはまさに悪しき神に恥じない。が、それはそれで面白いやつだ。」   (4/22 16:18:32)

まふまふライム「戦争かー…あんまりぴんと来ないけど、薬とか売れるから稼ぎ時でもあるってリアンがほくそ笑んでたっけ。私の所が戦争になったら大変だし、調合釜だけでも持って歩けるサイズのを作ってみるべきかな…? それに、レハさんも面倒見良さそうですよねー。料理作れるとか便利!」   (4/22 16:18:00)

斑鳩ファイ「悪者服装でもないと思うのですが。悪神悲しいです。しくしく(無表情)。/よく勘違いをされますが、僕は退屈になると意図的に国同士を煽って大戦を勃発させて眺めるのが好きですので。相方には紛れもなく悪ですと断言されました」   (4/22 16:15:41)

ヴェノジス・デ×3レハさん「ああ。案外と良い奴なのだな。悪しき神に良い奴と言っていいのか分からないが。」   (4/22 16:14:39)

まふまふライム「あ!それ思いました!悪神さま?ってよくわからないんですけど、強そうなのに色々調合用の素材もくれるし、気前がいいお兄ちゃんって感じ!」   (4/22 16:13:45)

まふまふライム「……なんか、流石不思議な表れかたした人たちって感じですねー。でも、借金しなくて済んだり、お仕事退屈じゃないならいいですね!うんうん」   (4/22 16:12:14)

ヴェノジス・デ×3レハさん「ファイは悪神にしては丁寧口調なのだな。見た目は如何にも悪者そのものだが。魔界に住む悪魔のほとんどがヤンキーだからうっさいんだ」   (4/22 16:11:57)

斑鳩ファイ「ジャムですか。イプシロンが喜びそうですね、有り難うございます。……いえ、そう退屈でもありませんよ。人の曝け出す欲や憎悪が踊る様は至高の愉悦ですから。そこにわざと手を加えて面白さをなくす真似は愚行としか言いようがありません」   (4/22 16:10:08)

ヴェノジス・デ×3レハさん「入学費用は城の奥底に大金があったからそれでし払ったな」   (4/22 16:10:02)

まふまふライム「悪魔は角をむしる、と。私は戦うの苦手だからベルとかリアンとかに頼もうかな。二人とも悪魔の角とか興味ありそうだし。爆弾とか薬とか…うん、悪魔いいかも!教えてくれてありがとう!あ、お茶お替りどうぞ―」   (4/22 16:09:30)

まふまふライム「見てる仕事かぁ…なんか、退屈そうだし神様も大変なんですね。そっかー……悪魔の世界にも学校?へー、不思議。やっぱり、入学費用って高かった?私、借金背負って入学したんだよー。お金なくって」   (4/22 16:08:04)

まふまふライム「ええ!いいんですか?やったー!じゃあ、ちょっとずつ貰います!新しいアイテム作れるかも……貰ってばかりだとなんか悪いので…あ、これどうぞ!ジャムです!何種類かあるのであげますねー」   (4/22 16:05:47)

ヴェノジス・デ×3レハさん「俺は魔界という悪魔が住む世界の学生だ。俺は錬金術詳しくないが、調合の素材なら頭に生えている角を使うといいぞ。悪魔にとって角とは心臓そのものだから、角をへし折ってくれると死ぬ。だからぜひ悪魔を狩ってくれ」   (4/22 16:05:34)

斑鳩ファイ「悪神ではありますが僕の階位は最上位に値しますので、世界の管理は上位神の皆さんに任せて、僕達は見ています。どうにもならない事案にだけ手は入れますが」   (4/22 16:04:48)

斑鳩ファイ「特に人に見られる傾向ですよ。色や形が違うものをやたらと分類したがるんです。見ていて飽きませんから好ましいですね。……神界の水ですか、幾らでもありますのでどうぞ。万能薬やヒヒイロカネ辺りもありますが必要ですか(神界の水どばどば)」   (4/22 16:03:46)

まふまふライム「そういえば、お二人は何してるひとなんですか?神様ってどんな仕事?あと、悪魔ってどんなかんじですかね?調合の素材とか落とすかなぁ…悪魔…」   (4/22 16:01:47)


更新時刻 17:48:01 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理