ルーム紹介
「貴方が…僕を××してくれるの……?」
此所は…愛しい人に殺されたい者と愛しい人を殺したい者が集う街【アノルマーレ】…。
互いに愛しい者(バディ)を選び、そして殺し殺される。
でも、………
殺すのは殺したい者次第。
殺されるのは殺されたい者次第。
歪みきった異常な愛情の末……どうなるかは_バディ次第。 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐   
‐ルール‐   
・中の人会話には「((」をつける    
・基本NLのみで  
・最低限のマナーは守ろう!    
・ロルは中推薦/CPとバディは同じ 
・確定ロルはやめましょう     
・名前はキャラ名のみ   
・キス以上や度の越えたグロは裏部屋で   
・R系(エログロ)は裏部屋のみおけです! 
・街並みは中世ヨーロッパ風で後はご想像に…
・固定前の方は新規希望で入室お願い致します!
・先に設定投下してから入室お願い致しますm(__)m 

設定部屋_http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=616773
裏部屋_http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=257646


【バディ】 
なし 
【イベント】   
6人以上集まりましたら始めます
 [×消]
おしらせシルク=クルシスさん(Android 114.191.***.61)が退室しました。  (2/16 15:27:58)

シルク=クルシス((急用ができたので、落ちるね、バイバイ   (2/16 15:27:52)

おしらせLidieさん(iPhone 126.124.***.124)が退室しました。  (2/16 15:23:40)

Lidie((またね!!   (2/16 15:23:38)

Lidie((そろそろ落ちるね……!お相手ありがとう   (2/16 15:23:30)

シルク=クルシス「神……(その言葉を聞くとどうも虫唾が走るが、それを態度には出さず)神なんていないわ、貴女がそれで幸せなら何かの許しなんて必要ないと、私は思うけど(いい人、と聞けば、なんとなくピンときて)私は酔いざましに、殺してくれそうな人なら…あの叔父様かしら、さっき行っていまったわ」   (2/16 15:21:57)

Lidie「ねーぇ、あのね、あたしずっと遊んで暮らしてたの。ねぇ、神様はそれを許してくれると思う?(ここが協会だからか、ふと思いついたようにそんなことを聞いて。)お姉さんは、ここで何してるの?お祈り?(キョロキョロあたりを見回して。)ふふ、あたしはねぇ……いい人を探してるの。(思わせぶりな態度で、ニヤリと笑って。)」   (2/16 15:15:24)

シルク=クルシス「あら、そうなのね、字は……(なんて言えばいいか、分からず)私はあまり字を見たことがないから、わからないわ(今まで見たのは聖書のつめたい文字ばかりで、綺麗という基準もわからず、自分で何かを書いたこともほとんどない)」   (2/16 15:12:09)

Lidie「んー?(声がした方をくるりと振り返る。表情はにんまりと笑っていて。)イカれてるってよく言われる。あのねあたしね、結構字が綺麗じゃない?ほらっ(ほった字を見せるためにその場から2歩ほど離れる。そこにあるのはあまり綺麗とは言えない字。)」   (2/16 15:06:35)

シルク=クルシスなかなか情熱的でクレイジーなのね(驚きこそしたものの引かず少し困ったように微笑む」   (2/16 15:02:40)

シルク=クルシス「あ……(先程の紳士に名前を聞き忘れたことを思い出し、まだいないかと探しに外へでる、そうすると、ガリガリという音が聞こえ、)貴女、……killme……   (2/16 15:01:19)

Lidie「(がり、がりと音がする。何かを削るような音。その音の隙間から、子供が歌うような鼻歌まで。実に楽しそうに歌っている。その音の原因である人物であるリディは、包丁で協会の壁を削っていた。少し汚いが、「kill me♡」と彫られている。)……こんなもんかなあ、割と上手にかけたかも!(書いたのではないが、満足そうな顔をしている。)」   (2/16 14:54:56)

シルク=クルシス((そそ、   (2/16 14:53:55)

Lidie((えっと、教会にいるんだよね   (2/16 14:52:00)

Lidie((じゃあそうするねー、   (2/16 14:51:17)

シルク=クルシス((あ、助かるー   (2/16 14:50:57)

Lidie((やったー出だしどうしたらいいかな、さっきのに繋げて入ればいいかな?   (2/16 14:50:29)

シルク=クルシス((いるよー、成ろ成ろ!   (2/16 14:49:36)

Lidie((私もよかったら成りたいなあ、シルクちゃんはまだ居る?   (2/16 14:48:48)

シルク=クルシス((バイバイ   (2/16 14:48:37)

Lidie((ごめんねありがとうまたね!   (2/16 14:48:27)

おしらせFeliu Gilさん(118.243.***.97)が退室しました。  (2/16 14:48:23)

Feliu Gil((お相手ありがとうございましたなの、楽しかったです!ではまたいつか~   (2/16 14:48:20)

Feliu Gil((私今抜けるので…気にしないでほしいなの、   (2/16 14:47:47)

シルク=クルシス((いいよー   (2/16 14:47:37)

Feliu Gil「(彼女が綺麗な景色だ、と言ったのを聞けば、彼女の笑顔に釣られるようにして笑い、また来ようと思っているんだ、なんて言って。それから、優しいんですね、と言われれば気恥ずかしそうに俯いて、なんと答えるか少し迷った末に”それはどうも”と返した。壁により掛かるのをやめ、帽子を被ると、教会の出入り口に向かって歩き始めた。シルクの横を通り過ぎた後、不意に立ち止まって振り返ると、)いい人が見つかるといいな。…じゃあ、俺はこれで。楽しいお話をありがとう、良い夜を(と感謝の言葉を告げ、その後は振り返ることなく、教会を去った。)」   (2/16 14:47:27)

Lidie((って2人成ってる途中だったよね?、ごめんなさいタイミング悪かった……( ˊᵕˋ ;)   (2/16 14:47:11)

Lidie((敬語の方が落ち着く時あるよねわかる…了解しました、   (2/16 14:45:02)

Lidie((リィで全然いいよ   (2/16 14:44:42)

Feliu Gil((ん、呼びタメ私も大丈夫ですー、敬語がデフォルトなんであんまり気にしないで下さいね~   (2/16 14:44:09)

シルク=クルシス((リィさんって呼んでいいー?   (2/16 14:43:18)

Lidie((呼びタメ私も大丈夫です!たくさん絡んでくれると好きが爆発しますよろしくねー!   (2/16 14:42:46)

シルク=クルシス((よろしくです、呼びタメオケですー   (2/16 14:41:33)

Feliu Gil((フェリウです、宜しくおねがいしますね~!   (2/16 14:41:14)

Lidie((リディですー、よろしくお願いします!   (2/16 14:40:03)

Feliu Gil((こんにちは、はじめまして~   (2/16 14:39:13)

Lidie((はじめまして…!   (2/16 14:37:53)

おしらせLidieさん(iPhone 126.124.***.124)が入室しました♪  (2/16 14:37:29)

シルク=クルシス((おっけい   (2/16 14:33:10)

Feliu Gil((そろそろ時間なので…次のロルで落ちますね~   (2/16 14:30:14)

シルク=クルシス「そうでしたか、確かに綺麗な景色ですね(さっきまで、何も見ず歩いていたのでここに来てよかった,なんて言い、上を見上げては満足そうに微笑む)(酒を飲むのは控えた方がいあといわれれは、少し首をかしげて笑う)叔父様は優しいんですね…一人にはまだなれていなくて、寂しくなると飲みすぎてしまうみたいです(初対面なのにこんなこと言ってすみませんと慌てて付け加える)」   (2/16 14:26:54)

Feliu Gil「(見た目とのギャップがすごいな、と半ば感心にも近い感情を抱きつつ、酒は程々に、と言おうとしたが、それより先に何故ここに、と尋ねられ。その人懐こい笑みに、少し驚いたような表情を浮かべるも、すぐにまたさっきまでの柔らかな笑みを取り戻して、)…散歩していたらたまたま見つけたものでね…ここからなら、普通に見るよりも美しい景色が見られると思って(散歩の目的は隠したが、それ以外は率直に伝えた。”殺されたい人”を探しています__なんて、初対面の人、しかも女性に言えるわけがなかった。それから、言おうと思っていた事をやっと口に出して)…俺は貴方にとって他人であるし、あまり関係はないが……あまり杯を重ねるのも良くないぞ。人酒を飲む、酒酒を飲む、酒人を飲む…とも言うし」   (2/16 14:15:13)

シルク=クルシス((あ、」付け忘れたー   (2/16 13:53:49)

シルク=クルシス(よかったら聞かせてくださいと酔っているからか人懐っこい笑みを浮かべる   (2/16 13:53:21)

シルク=クルシス「(勧められれば素直にしたがい、会釈して座る)ここには、酔いざましに…あ、でももう少し飲もうかな,とも考えていましたが…(カバンからお酒を取り出しちみちみと飲む)叔父様は何故ここへきたのですか?   (2/16 13:52:43)

Feliu Gil「(近づいてきた彼女を見ると、失礼だとは思いながらも長年の癖で少し身構えてしまう。”シスターではない””神を憎む者”と聞くと、そうか、と返答をした。逆ロザリオにはそういう意味があるのか、と少し知識を得ると、そのあとに訪れた沈黙に少し気まずくなった。人と話すのは得意…なわけではないので、どう話をつなげればいいかよく分からなかった。それでもなんとか会話の糸口を見つけ出して)その、それで…ここに何か用が?そうであるなら、俺は立ち去るが…(と尋ねた。彼女が何か用事があって、他人がいるのが嫌ならまた明日来よう、と思った。そこで、自分一人であったときにはなかった酒の匂いがかすかに漂っていることに気づいた。そういうこと、と推測すると、席をたった。そして、長椅子から少し離れた壁に寄りかかって柔らかな笑みを浮かべ)どうぞ、女性を立たせたままというのも悪い。俺には構わないで(と座るよう勧めた。)」   (2/16 13:46:15)

シルク=クルシス((そうなのかー、寒いねぇー   (2/16 13:29:21)

Feliu Gil((こっちはまだまだ冬ですねー…雪積もってます   (2/16 13:27:01)

シルク=クルシス((おはよー、暖かくなってきたから眠くてねー   (2/16 13:26:11)

シルク=クルシス今の自分の格好はロザリオが逆なこと位でシスターそのものだ、誤解されてる可能性がある、それはかなりの屈辱であるがため、近づき誤解を解こうとする)シスターではありませんよ?こんな格好をしていますが、神を憎む者です(このロザリオ、上下逆さまでしょ?なんて親しげに話しかける   (2/16 13:25:37)

Feliu Gil((おはよーなのです   (2/16 13:22:13)

シルク=クルシス「(人がいて一瞬身がまえるものの、あちらも警戒を解いたのを見てほっと一息つく、   (2/16 13:20:58)

シルク=クルシス((寝てたわ   (2/16 13:19:54)

おしらせシルク=クルシスさん(Android 114.191.***.61)が入室しました♪  (2/16 13:19:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、シルク=クルシスさんが自動退室しました。  (2/16 13:19:31)

Feliu Gil「(にしても、教会なんて久しぶりだな__なんて考えながら、今度は室内を見回した。ここは自分が以前通っていた、通わされていた教会よりも小規模なようだ。しかし、無駄にキラキラと飾り付けられたあの聖堂よりも、こんな風に質素で、建材や建築様式の美しさに目が行くようなこちらの教会のほうが好きだ。ここが人で賑わっていた頃に訪れてみたかったな、とふと思った。温かい人のやりとりだったり、司祭の教えだったり、自分にはとっくの昔に失われてしまったものがたくさんあったろうから。古い、遠い記憶の中から、幼い頃比較的好きだった賛美歌を引っ張り出し、それを歌いだそうとした時、扉の開く音と足音が静まりかえった教会に響いた。動きやすいように少し身を起こし、慣れ親しんだ剣の柄に手をそっと伸ばすも、扉を開けた人物がシスターらしき女性だと分かると、体の緊張を解いて、また木の背もたれに背を預けた。)」   (2/16 13:17:07)

シルク=クルシス)ああ、なんて忌々しいのかしら……壊れていて、いい気味…(毒をはきつつも少し冷静さを取り戻し落ち着く)誰もいなさそうだし、休憩しようかな……(そういいつつ,扉を開けた)」   (2/16 12:59:19)

シルク=クルシス「(夜空も見ずにただ歩いている、誰かに声をかけられても無視をし、歩き続ける。さっき飲んだお酒の酩酊が抜けず、時折ふらつく…酔いを覚ませる場所を探すと、教会が見える   (2/16 12:56:57)

Feliu Gil「(町外れ、日課である”殺されたい人”探しを兼ねた散歩中。街灯の少ないそこは、月と星の明かりだけが降り注いでいる。時折小さな家を見つけ、遠目から明かりの灯る中を見ては、カーテン越しの温かい家族の物語に思いを馳せた。彼らは死を救いとしないのだろうか__いや、いつかは必要になるだろう。そうして、信仰にも近い信念に立ち返る機会をもくれるのであった。そんなことをしながら歩いていると、あきらかに手入れがされていないと分かる、人気のない教会を見つけた。白い壁のその建物は、ところどころ崩壊しているものの、まだ建物としての意を保っていた。こういう建物は好きだ。口元に笑みを浮かべると、その教会へ小気味良い足音を響かせながら正面入口から入った。予想通り、ところどころ崩落した天井からは淡い月光が差し込み、割れた硝子の欠片たちを煌めかせていた。そして、放置された木の長椅子を見つけるとそれに腰掛け、帽子をとって、真上に広がる金色の星を散りばめた濃い青の夜空を見上げた。)」   (2/16 12:49:43)

シルク=クルシス((そうなんだ、りょうかいー   (2/16 12:44:59)

Feliu Gil((いえ、もう少しですー   (2/16 12:44:25)

シルク=クルシス((代わった方がいい?   (2/16 12:44:02)

シルク=クルシス((そっかー   (2/16 12:43:36)

Feliu Gil((なんでもないです~   (2/16 12:43:15)

シルク=クルシス((どうかしたー?   (2/16 12:42:57)

Feliu Gil((みゃ   (2/16 12:42:42)

シルク=クルシス((んー?   (2/16 12:41:58)

おしらせシルク=クルシスさん(Android 114.191.***.61)が入室しました♪  (2/16 12:26:45)

おしらせシルクさん(Android 114.191.***.61)が退室しました。  (2/16 12:26:31)

シルク((ちょっと名前かえてくるねー   (2/16 12:26:30)

シルク((りょかです   (2/16 12:24:59)

Feliu Gil((りょーかいなのです、私ロル書くの遅いんでしばしお待ちを~   (2/16 12:23:38)

シルク((夜がいいなー、場所は特に気にせず   (2/16 12:23:01)

Feliu Gil((あいあいさー、場所とか時間帯とか指定は何か?   (2/16 12:22:30)

シルク((任せていいー?   (2/16 12:20:17)

Feliu Gil((出だしどうしますー?   (2/16 12:18:58)

シルク((なろー   (2/16 12:18:45)

Feliu Gil((ん、なんもなのです、(成りますかー?   (2/16 12:17:44)

シルク((不可解だったらいってねー?   (2/16 12:17:09)

シルク((こっちはすぐ抜けちゃうよー   (2/16 12:16:50)


更新時刻 10:29:40 | 過去ログ | ルーム管理