ルーム紹介
ここはジャニーズJrが通う高校。
うるさい人や静かな人。沢山のイケメンが集まる学校です

ここの掟
・ジャニーズJrに所属する人のみ
・寮生活
・重度な病気や怪我はなし
・姫なし

これが守れる人のみ入学できます。
あとは浮気や行為全然構いません!ただ行為は裏部屋で。

SnowMan
3年→ 岩本(さむ) 渡辺(稚捺) 2年→康二(主)目黒(とちゃ) 1年→
SixTONES
3年→ 北斗(結愛) 2年→京本(にこ)森本(稚捺)樹(鈴音) 1年→
Travis Japan
3年→ 2年→ 1年→七五三掛(鈴音)
なにわ男子
3年→ 2年→恭平(ゆゆ)道枝() 1年→長尾(りりぃ)
美少年
3年→ 2年→ 1年→浮所(轟)佐藤(樹羅凛)
HiHi Jets
3年→ 2年→井上(美桜) 猪狩(紗奈)1年→作間(希音)
Aぇ!group
3年→ 2年→ 1年→正門(ちなつ)
ここに書いてないグループでもありです!Jrであれば。

CP♡

裏部屋
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=272457
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、翔太さんが自動退室しました。  (12/4 23:19:31)

翔太うわ!さむっ!! ( なんだか甘いものが食べたくなってコンビニに行こうと寮の玄関を出れば、あまりにも冷たい空気にぶるりと身震いをして思わず扉を閉め再度室内へ入り。もう行くのやめようかな、なんて心が折れかけていて   (12/4 22:51:25)

おしらせ翔太さん(iPhone 60.137.***.138)が入室しました♪  (12/4 22:49:24)

おしらせ樹、。さん(iPod touch 219.121.***.114)が退室しました。  (11/29 23:06:56)

樹、。((こちらこそです!!お疲れ様です!   (11/29 23:06:50)

おしらせ翔太さん(iPhone 60.137.***.138)が退室しました。  (11/29 23:05:59)

翔太((と、ごめんなさい風呂落ちです!長時間お相手ありがとうございました!   (11/29 23:05:55)

翔太樹も化粧水とか使えば?( と、乾燥を気にする相手に首を傾げ   (11/29 23:05:33)

樹、。うわぁ、いいなぁ、(自分の頬触りつつ、"うわ、ちょっと乾燥してるし、"と苦笑浮かべて。)   (11/29 23:00:02)

翔太ふは!その表現やば、( なんて楽しげに笑えば、普段力を入れている部分を褒められたのが嬉しくてご機嫌で   (11/29 22:57:23)

樹、。つるつる通り越してとぅるんとぅるんだわ、(何時もはしないコメントしつつ、楽しそうに笑い、)   (11/29 22:55:08)

翔太まあ、スキンケアとかしてるから、( ふと肌を褒められれば嬉しげに表情を緩ませ、ふふんと自慢げに   (11/29 22:52:57)

樹、。ごめんごめん、(ふふ、と笑うと、驚いたように"わ、肌つるつる、"と驚いて、   (11/29 22:51:33)

翔太お前のせいでな、( なんて冗談っぽく悪態をつけば、頬をむにむにと弄られむすりとして   (11/29 22:49:32)

樹、。翔太のほっぺあったかぁ、(ほわ、として、少しむにむにしてみて、   (11/29 22:46:19)

翔太あーーきもちーわ、( ひんやりとした温度に'' 冷たい '' と目を閉じて呟けば心地よくて   (11/29 22:43:02)

樹、。マジ、?よーし、えいっ、(両手頬に触れて、に、と笑って。)   (11/29 22:41:14)

翔太…あ、お前の手ちょうど良いわ、( 頬に手を添えられて一瞬たじろぐも、冷たい手のひらが心地よくてこてりと頬を預け   (11/29 22:39:04)

樹、。ほんとだ、暑いね、(とちゃっかりほっぺに手当てて、←   (11/29 22:37:08)

翔太いや、言い方もっと他にあるだろ、( と眉根を寄せれば、'' 暑っつい……'' と熱を帯びた頬に手を当てて   (11/29 22:32:43)

樹、。あ……ごめん、堪能してた、(ふは、と笑って、最後に数回撫でると手放して、   (11/29 22:29:10)

翔太ちょ、樹、これ俺照れんだけど、( なかなか撫でるのを辞めてくれない彼をそっと目線だけで見上げれば   (11/29 22:27:14)

樹、。可愛、(ふふ、と笑って、優しくぽんぽんと一定のリズムで撫で、   (11/29 22:23:14)

翔太…、!( 頭を優しく撫でられてつい驚き、頬を染めればそれを隠すように俯いて   (11/29 22:20:30)

樹、。……これ、(頭優しく撫でて、に、と笑って。   (11/29 22:18:34)

翔太え、なに ( やりたいこと、と言われれば再度そちらに顔を向けて   (11/29 22:16:24)

樹、。秘密か、いいね、(ふふ、と笑って、"……やりたいことあるんだけどいい、?"と聞いて。   (11/29 22:15:13)

翔太あー……じゃー言わない、( 微笑まれれば不覚にもドキリとしてしまって慌てて目を逸らせば、どうも周りに言うのは恥ずかしいから   (11/29 22:13:38)

樹、。翔太の好きなようにしていいよ、?(微笑んでそう伝え、   (11/29 22:12:10)

翔太それ若干気まずくね?( と笑えば、あ、と思いついたように呟いて '' 付き合ってること、周りに言う?言わない?''と首をかしげ   (11/29 22:08:19)

樹、。誰か帰ってきたりして、(ふふ、と笑って、   (11/29 22:05:22)

翔太あー…確かにな、( 暇だという相手の言葉に頷けば、ソファにもたれかかったまま天井を見上げて   (11/29 22:00:52)

翔太((途中送信すみません…   (11/29 21:59:54)

翔太あー…確かにな、(   (11/29 21:59:43)

樹、。んま、ぁそうだね、(ふは、と笑い、"どうしよ……暇だね、"と微笑んで。しかしまだドキドキは止まっておらず、)   (11/29 21:59:02)

翔太え、いやわかんねー ( どっちでもいーんじゃね?と眉を寄せて首を傾げれば   (11/29 21:55:31)

樹、。当たり前じゃん、あ、もしかして俺彼女ポジ、?(楽しそうに笑いながらそう言い、)   (11/29 21:54:16)

翔太え、お前、今俺の彼氏なの? ( と恋人なんだからそうなのだろうが、実感が湧かず当たり前のことを聞けば   (11/29 21:51:25)

樹、。恋人、か、(隣に座り、相手の真似して座って、)   (11/29 21:48:54)

翔太ふは!( 自分の頬を抓ったかと思えば痛いと漏らす相手に思わず笑って、ぼぶりとソファの背もたれに身を預け   (11/29 21:45:38)

樹、。多分……(自分の頬つねると"痛てぇ、"と呟いて。夢じゃなく現実で安心して。)   (11/29 21:41:24)

翔太夢じゃねーだろ、流石に……、( と呟けば、'' え、ほんとに違うよな?'' と何だか怖くなってきてしまって   (11/29 21:40:09)

樹、。だろ、?(微笑むと、"俺も……これ、夢じゃねぇよな、?"と微笑んで。)   (11/29 21:37:52)

翔太うわ、やば!( 手のひらに伝わる拍動を感じれば、しだいに自分のドクドクという心臓の音と重なって、'' 俺今めっちゃドキドキしてるわ……''と呟き   (11/29 21:33:09)

樹、。おちついてねーよ、(笑いつつ、相手の手掴んで自分の胸に当てさせると、心臓バクバクいっていて。)   (11/29 21:30:56)

翔太……やっっば…、え?なんでお前そんなに落ち着いてるわけ?( 相手の言葉を噛み締め頭を上げれば、パチパチと瞬きをして   (11/29 21:26:03)

樹、。喜んで、(こちらも頭下げ、に、と笑って。)   (11/29 21:23:56)

翔太え…、じゃあ、俺と付き合ってくだ…さい、( と頭の理解が追いついていないのか、戸惑いながらもそう頭を下げれば   (11/29 21:22:25)

樹、。マジで、(微笑んで、"こんな俺でよければ、"と言い、)   (11/29 21:20:39)

翔太いや、そんな、嘘だろ流石に、( 彼の言葉を受け止めきれずに '' え、マジで……?'' と首を傾げ   (11/29 21:17:46)

樹、。俺もっ、しょっぴー先輩、いや、翔太が大好きだよっ!!(こちらも頬染めながら言葉放ち、)   (11/29 21:16:25)

翔太っだから!俺は、樹が好きなんだよ!このばか!( かあっと顔を赤くすれば勢いで彼へ言葉を告げて   (11/29 21:11:42)

樹、。……へ、今なんて……、(瞳真ん丸くして、思わず聞き返し、)   (11/29 21:08:34)

翔太あ、ちが……、( ごめんと謝られればバッと顔を上げて口篭り。意を決したように彼の瞳を見れば、'' ……俺の好きな人、お前、だから '' と告げ   (11/29 21:05:51)

樹、。だろーな、ごめん、混乱させて、(ふふ、と微笑んで、"……まぁ、しょっぴー先輩は好きな人いるみたいだから、さ、"と言い、)   (11/29 21:04:00)

翔太やば…聞き間違いじゃない……、( サラリと自分の聞き取った内容を言いのけた彼に '' え、パニックなんだけど '' と頭を抱えれば   (11/29 20:59:23)

樹、。え……好きな人に世話焼かれると特に落ち込むって言ったの、(サラリといってみせ、)   (11/29 20:57:00)

翔太…………、ごめん、今、なんて言った? ( 小さく何かを呟いた彼の顔をそっと見れば、恐る恐る聞き返して。自分の聞き違いだろうか。そうだとしたら何て都合のいい耳なんだろうと思って   (11/29 20:54:10)

樹、。なるよそりゃ、(笑いつつ、"……好きな人に世話焼かれると特にな、"と聞こえるか否かのボリュームで言って。)   (11/29 20:49:21)

翔太お前でも暗い気分とかなるもんなの?( 気分が沈むと言った彼にこてりと首を傾げれば   (11/29 20:46:53)

樹、。水飲んで。"いやー、怪我って気分沈むな、"と苦笑いして。)   (11/29 20:45:58)

樹、。ちょっと考え事、(ふふ、と笑って   (11/29 20:45:28)

翔太何ぼーっとしてんだよ、( ハッとしたような彼を見てはふは、と笑って隣に座り   (11/29 20:43:48)

樹、。……はっ、ありがと、(ぼーっとしていたが、すぐ意識もどし、受け取りお礼言って。)   (11/29 20:41:34)

翔太はい、( キッチンから水を入れて戻ってくれば、座って待っている彼へコップを渡し   (11/29 20:39:03)

樹、。ごめん、、ありがと、(骨折、という二文字が頭をよぎり、足目見てみると、腫れてはいないが痛くて。こりゃ絶対安静だな、と呟き、)   (11/29 20:36:36)

翔太いーから、お前座ってろ ( と腰を上げてキッチンへ向かえば   (11/29 20:33:07)

樹、。あ……水飲みたいなって、でも、大丈夫だから、、!(申し訳なさそうな表情浮かべ、そう言い、)   (11/29 20:32:13)

翔太…あ、おい、( 立ち上がった彼を目で追えば顔を歪めたのを目敏く捉えて、彼の腕を引き。'' 俺が行くから、何?'' と相手へ用件を問い   (11/29 20:30:03)

樹、。((おかえりなさいませー!!   (11/29 20:26:49)

樹、。……はーい、(唇尖らせつつ、返事して。"水取りに行こうと立ち上がると、また痛そうに顔歪めて。)   (11/29 20:26:39)

翔太((ただいま戻りました…!   (11/29 20:23:56)

翔太だから、俺の話はいーってば、( 真剣に自分の想い人について考える彼を見ては眉を寄せて   (11/29 20:23:50)

樹、。((お疲れ様、!   (11/29 20:05:49)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、康二さんが自動退室しました。  (11/29 20:02:31)

樹、。((行ってらっしゃいませ!!   (11/29 20:02:08)

樹、。んー、違うのか……えー、誰だろ、(と真剣に考えて。)   (11/29 20:02:01)

翔太((すみません、夕飯放置です〜…!   (11/29 20:01:09)

翔太は、!?涼太はそーいうのじゃないから、!( 突然幼馴染の名前を出されれば不意打ちで驚き   (11/29 20:00:56)

樹、。気になるから教えてよ〜、!(見つめ、"あ、舘様、?舘様でしょ、?"と聞いて、)   (11/29 19:57:53)


更新時刻 17:39:55 | 過去ログ | ルーム管理