ルーム紹介
創作様の設定はこちらにお願い致します
_______________________________________

設定部屋のルールを変えるべく少しの間使用禁止にさせていただきました故に報告なしに誠に申し訳御座いませんでした。これからもたくさん使用してくれると此方も感謝致します。さて本題に入りますが今まで呼吸被りはなしとさせていただきましたが「あり」にさせて頂きますので変更は可能で御座います。そして一言の「階級.呼吸」などについてですが表記は自由にさせて頂きます。次に「当部屋の滞在時間」ですが360分と云わず1時間以上の滞在はなるべく拒否致します。事前にご用意とまでは云いませんが他の人の配慮を考えこの結果に至りました。多くなってしまって申し訳ありませんが最後は「本誌キャラと創作様の関係」についてですが強制はしないでほしいです。あくまで本誌×本誌などもある故演じている方への強制はあまり好ましくないからです。14歳以下、五十歳以上、チート、柱禁止は変わりません故に把握をお願い致します。

 容姿 性格 年齢 階級 呼吸 刀の色 身長 ( sv 、 過去 、 備考 )を記入( 括弧の中以外は必ず ) 入室は一人ずつでお願い致します。
 ________________________

 それではお待ちしております。
 [×消]
おしらせ緋桜/さん(iPhone 118.83.***.227)が退室しました。  (6/14 15:30:20)

緋桜/((部屋上げね…!!!!   (6/14 15:30:18)

おしらせ緋桜/さん(iPhone 118.83.***.227)が入室しました♪  (6/14 15:30:10)

おしらせ小豆//さん(Android 220.209.***.25)が退室しました。  (1/18 22:47:59)

小豆//((長かった…。月夢希はあの後.鬼に襲われそうになったところを鬼殺隊の人に助けてもらった。ンデ.育手を教えてもらって鬼殺隊に入る。だから敵同士になるね   (1/18 22:47:55)

小豆//父を蹴飛ばし倒れさせ.その上にまたがる。刀を首もとにあてる。しかし手が震え斬ることができない。そんな時.父が母の姿と重なる。怖くてなかなか刀を振り下ろすことができない孤牟紅に母が『私の事は大丈夫よ。何も問題はないわ』と微笑む。孤牟紅は決心し.刀を強く握り.振り下ろす。父はそれで息の根を止めた。それを見ていた月夢希は孤牟紅に近寄ろうとするが.孤牟紅はそれを避け家を出て行った。夜の町。誰もいない町で一人歩く孤牟紅。そこへ童磨があらわれ.鬼になる。もう何でもよかったんだ。母を救えず.姉を一人にし.父を殺してしまった自分には.鬼になるしかなかったんだ。それから.記憶をなくし.童磨のもとに居座るようになった。自分を助けてくれた童磨は.孤牟紅にとって兄のような存在だった。そのため.童磨お兄ちゃんと呼んでいる。精神年齢が低いのは.親に教育されていないから。鬼になり.記憶がないから。   (1/18 22:45:40)

小豆//月夢希は父に孤牟紅の様子をみてくると許可を貰ったのだった。月夢希に連れられ中に入っていく。父は奥の部屋にいるらしく.父の寝室には誰もいなかった。孤牟紅は月夢希から離れ.寝室に向かった。警察官の父の部屋には.制服.や武器があった。普段は入れない。孤牟紅は隅に置いてある刀を手に取る。プツンと何かが切れ.頭がまっ白になった。孤牟紅はそのまま父の場所へと向かった。部屋に入り.父が振り返ると.持っていた刀を振り.胸元を斬った。父は膝から崩れたがまだ動ける。孤牟紅は父の顔を斬ったが.反撃しようと.胸元から銃を取り出した。殺す気は無かったのだろうか.利き手ではない左手で構え.孤牟紅に向かい発砲した。しかし.それは髪をかすっただけで孤牟を自身には当たらなかった。父を   (1/18 22:34:48)

小豆//【過去】孤牟紅の元の字は“瑚夢来”(変更するかも)。人間だった頃。父.母.双子の姉と暮らしていた。家は大きく.裕福だった。父は警察官をしていた。双子の姉は“月夢希”(ツムギ)という。孤牟紅は月夢希と父に差別されていた。賢い月夢希とは違い.勉強もできず.なにもできない孤夢紅。服装も違えば.食べるものも違った。食べるものが少なかった孤牟紅は痩せ。細くなっていった。母は優しく.孤牟紅を心配していた。父の命令に従わなければならない母だったが.父の目を盗み.孤牟紅に食べ物を与えたりしていた。しかし.それがバレてしまい。母は父に殺される。取り残された.姉と孤牟紅。姉も孤牟紅を気にかけていたが.父に逆らえば母と同じようになってしまうと思い.怖がっていた。ある日.孤牟紅は.父の云うことをきかなかった。無視したのだ。そのせいで.孤牟紅は父に殴られ.酷い状態になった。家から追い出されてしまった…。孤牟紅は一人.間違いを歩き.何時間かして家に戻った。なぜか玄関が開いていた。いつもなら鍵がかかっていて.朝まで入れないのに…。玄関の前には.月夢希がいた.心配して.待っていてくれたのだ。   (1/18 22:25:12)

小豆//((孤牟紅の過去書きにきました   (1/18 22:05:31)

おしらせ小豆//さん(Android 220.209.***.25)が入室しました♪  (1/18 22:05:00)

おしらせ緋桜/さん(iPhone 111.90.***.231)が退室しました。  (1/18 15:39:26)

緋桜/+【五月雨の呼吸剣技】壱:紫陽花<アジサイ/紫の花弁を散らしながら八つ裂きと同じように断ずる。> 弐:五月<ゴガツ/青の閃を伴う真っ向切り。> 参:金平糖の雨<コンペイトウノアメ/甘く甘く幼げな軌道での突き技。> 肆:雨波紋<アメハモン/回転の胴切り。> 伍:不止ず<トドマラズ/難解な足運びから繰り出される連撃。> 陸:皐月<サツキ/基礎五手の五連撃。> 漆:ちゃんちゃんこ<チャンチャンコ/身を庇うようにして丸めてからの走り込み薙ぎ払い。) 玖:水太鼓<ミズダイコ/踏み込みと共に三連撃を叩き込む。踏み込みの音が鼓に類似している。> 拾:神隠れ<カミガクレ/自らの五感のどれかひとつと引替えに鬼の命を剥ぎ取る技。使ったことは無い。>   (1/18 15:39:20)

緋桜/【容姿参考】https://cdn.picrew.me/app/share/202001/99148_QUaEOczG.png   (1/18 15:38:33)

緋桜/ごめんね。彼女は母親を刺殺し、笑っていた。そう言って鬼の彼女は、両親の心臓を_握り潰したのだった。謝ることじゃなかった。寧ろ有難うと言いたかった。だから、その死体は上げるよと。不味くてもいいならになるけれど。両親の死体を前に呟く。彼女は驚いたように目を見開き、有難うとだけ言って、その死体達を持って桜と共に消えた。それから幾年経ち、滅する立場になるなんて。前に会った白髪の刀鍛冶は、何処か昔の彼女の香りがした気がした。経緯は覚えていないが、確か助けられたから、自身を初めて肯定されて居場所があると思ったから入ったのだろう。嗚呼何時か彼女に会うことがあるなら、もう十二程になった彼女の細い体を、抱きしめたい。【SV】「私は白築命。」「私は…あの時について行くことも出来なかったから」「嗚呼…煙草は嫌いですか、御免なさい」「注射の跡って、見てると安心しますよね…」「私はこの薬が無いと駄目なんです、死んでしまう」「……こんな私でも、生きていていいと?」「あの桜の鬼の子は元気でしょうか…嗚呼でも、死んでしまっているかな…」   (1/18 15:37:41)

緋桜/【過去】稀血だった。暴力による支配に及んだ父親は飲んだくれで、家の近くにあった海に命を連れ出せば良く水に顔を押し付けたまま離さなかった。意識が飛びそうな苦しみの中、「嗚呼自分は必要ないんだ」と思った。十三歳の頃、にこにこと笑い続ける少女の鬼が訪れた。『私は_、仲良くしてくれない?』。鬼なのに彼女は傷だらけで、人間らしくて、友達のように接していた。過去に暴力を受けたのだと離す鬼の彼女は、齢が五つ程に見える小さな子だ。一回死んだんだよと彼女は言う。時折桜を舞わせて、二人で花弁を見た思い出すらある。そんな日、父が死んだ。やっと死んでくれたと安心したが、父は母に殺されるという最悪の結果だった。精神を病んだ母親は、亦命に暴力を振るう、父親と同じように。そんな様子を鬼の彼女は見ていた。恐ろしくて可哀想というように。泣き疲れ眠った夜、ふと目が覚める。貪る音と、血が吹き出す気味の悪い音だった。   (1/18 15:37:23)

緋桜/【呼吸の型】我流_細血の呼吸<ササメチノコキュウ/命の使用する呼吸・剣技の総称。>壱:細<ササメ/軽やかな跳躍からの袈裟斬り。>弐:飲み込む<ノミコム/高い跳躍からの脳天への突き技。>参:泣針<ナキバリ/鬼の目を狙う突き技。>肆:虚無<キョム/刀を差し入れ喉元から掻き切る技。>伍:血の練紅<チノネリベニ/血振り連動の切り技。名前の由来は刀の血を舐めた事から。>陸:毒蝶<ドクアゲハ/首への差し込み技。>漆:牡丹<ボタン/首を斬るのに特化した横薙ぎ。>捌:御巫<カンナギ/空中で回転からの袈裟斬り。>玖:舌先<シタサキ/舌先同士が擦れ合うほどの距離迄詰めてからの切り上げ。>拾:売女<バイタ/身を売るように稀血を使用し近くまで引き付けてからの突き技。>   (1/18 15:36:37)

緋桜/【性格】物静かで無言。静かに敵や仲間でさえ圧倒する。彼女自身は怖がらせるつもりは無いものの、自覚が薄々芽生え始めている。低血圧と貧血がその一因である事には気がついていない。自分の意見を持つ事が苦手乍、導き出されるその結果は非常に冷酷で冷たい。不器用な性格だが誠実で、己の信念を遂げる為日々鍛錬を積んでいる。唇に甘さを残す煙草を吸う。自殺願望を抱いていたことから薬物中毒の可能性が有り、彼女の持ち物が入った小さな鞄には大量の睡眠薬と精神安定剤が入れられている。何時も腕には鉄剤注射の絆創膏が貼られていて、痛々しい印象すら与える。   (1/18 15:36:21)

緋桜/【名前】白築 命(シラツキ ミコト)【年齢】二十歳【身長】百六十糎【性別】女【階級】甲【呼吸】我流_細血の呼吸(ササメチノコキュウ)【日輪刀】僅かに温かみを帯びた白濁。金属なのか分からないほど半透明と言え、仄かに光を放つようである。似たものを挙げるなら鉱石と言うのだろう。鍔は非常にシンプルな物で黒。金の縁取が彩る。大きさは太刀程。【容姿】白髪に色の違った双眼を持つ。左は赤、右は青。耳には飾り物が揺れる。短髪とは言えないが長髪ではなく、肩に付かないほどの長さの髪で、髪質は柔らかく指がよく通る。色白な肌は常時冷たく、指先は仄かに紅に染まる。隊服自体を身に纏う事はあまり多くない。下は隊服だが、上はアイロンが丁寧に掛けられたぱりっとしたシャツで、隊服は肩に掛けている事が多い。甘露寺には及ばぬ程では有るが大きい方。何がとは言わないが。体の線は細く、僅か骨張った手には指輪が一つ。赤い鉱石が埋め込まれた小さな物だが、彼女は決して其れを外そうとはしない。   (1/18 15:35:52)

おしらせ緋桜/さん(iPhone 111.90.***.231)が入室しました♪  (1/18 15:35:35)

おしらせ斎 、さん(iPhone 126.3.***.245)が退室しました。  (1/5 22:39:56)

斎 、[ sv ] 「 我が白虎蓮だ!よーッく覚えな貴様ら! 」「 は… 柱 ?? と、取り敢えずすげェンだろ !? 我もぜッてー柱になるぜ !! だからちいと柱の成り方を教えてくれ !! 」「 あ"? テメェの助けなンざなくても斬れる !! 百獣の王舐めんな !! … は?百獣はらいおん…?し、知らねえし !!!! 」「 … !! 肉 !! くれるのか ? 我に !? ふ、ふん…! 仕方ねえな 、しかたねえから貰ってやるよ !! 」「 苦しみたくなきゃさっさと死にな、てめェがそれでも生きるというなら覚悟しろ。」「 …!! やい○○! 我の話し相手になれ!! 」   (1/5 22:39:53)

斎 、[ 呼吸 ] 虎の呼吸 [ 技(内容はあいまいなので参まで) ] 壱:猛虎ノ牙-勢いよく壁や障害物を蹴り鬼に走って行く故に.虎の鋭い牙の様に上から刃を突き刺す技。弐:竜虎-一瞬のみ龍のように刀が長くなり虎が攻撃する様に硬くなる。負けず尖らずの技、手や足、どこかの箇所は必ず切れるが再生が普通よりも早くなってしまう。参:騎虎之勢-虎に乗った者は途中で降りると虎に食われてしまうので降りられないように。故に斬るのならばすべて斬ってしまえ、複数いた時に全体的にダメージを与える技。肆: 白虎舞 伍:遠吠え 等。[ 備考 ] 肉が大好物で遇に鎹鴉を食おうとしたり、特にこれという備考はなし [ 備考(過去?) ] 己は奴隷として売られた子供故に生まれたてに売られたため知能も少なく十分な生活のしようが無かった。しかしある日隊士に拾われ鬼殺隊に入隊   (1/5 22:39:27)

斎 、しかしかなりの饒舌で人と話すのは大好きである。対応の落差が激しく 嫌いな奴には塩 気に入った奴には悪戯など軽いスキンシップが多く、虎よりは猫の様な気紛れの性格でもある。一人称はあまり見ない「 我 」虎のように顏は怖いが餌付けをすれば簡単に食いついたりと何かと扱いが簡単だが人の努力を馬鹿にしたりするヤツは鬼殺だろうが容赦はしない。柱の認識はあるが敬意も敬語もクソもない。   (1/5 22:39:00)

斎 、[ 名前 ] 白虎蓮( シロトラ ハス ) [ 性別 ] 牡 [ 年齢 ] 21歳 [ 階級 ] 丙 [ 容姿 ] 全体的にぼさぼさとした茶色に近い金色の髪の毛、毛先が黒く少し虎の様になっている。前髪は七三分けになっているが面倒臭いとそのまま参つに分かれている。瞳は吊り目で金色に光っており本物の虎のような瞳、無論八重歯も虎の様に尖っている。服装は男性用の隊服にヒョウ柄の特徴的な羽織で遠目で見ても居る事がわかる。首元には赤いチョーカーを巻きつけており「SIROTORA」と掘られており、お守りの代わりになっているらしい。血色が良い色白細身故に筋肉もあまりないが虎の様に力は強く威勢も強い.爪は長く普段何かを傷つけぬように白い手袋を装着している(鬼と戦闘時は脱ぐ) [ 日輪刀 ] 茶黄と黒色が重なり合う。通常の刀よりは短いが短刀を少し長くした程。[ 性格 ] 何事も己一番。己が一番強い!誰かの助けなどいらん! なんて身勝手。しかしその通りであまり他人には迷惑はかけたくないらしく「 大丈夫? 」「 手伝おうか? 」と問われても塩対応。   (1/5 22:38:42)

おしらせ斎 、さん(iPhone 126.3.***.245)が入室しました♪  (1/5 22:38:30)

おしらせ斎 .さん(126.3.***.245)が退室しました。  (1/1 22:23:48)

斎 ._______しかし、ふとあたりを見れば血まみれで倒れなにかを呟いてる死亡寸前の親が経っていた。「 貴方を好いてくれる人なんていない、忌子の癖に。私が丁寧に育ててあげたのに、化物…化物よ、早く殺せばよかった、私が死ぬならあなたも死ねばいい、貴方が生きていたって邪魔なだけなのに。」そうか、自分は誰にも好かれていなかった。息途絶えた親を呆然と見ながら少年は一人泣いていた。しかし少年の顔は笑っていた   (1/1 22:23:44)

斎 .「過去」居たって平凡な青年なら愛されていただろうか。生まれつきの化物のような瞳は誰も好くことはなかった、部屋から出して貰える事も出来ず人と接することも、接し方もわからない。しかし暴力や衣食住に不満がある訳もなく。ただ外に出して貰えないだけ_____如いて言うなら本当の愛をもらえなかったことだろうか、少年は今そう語るだろう。両親は己の眼球を大きく育ち良い頃になってから抉り取り売ろうとしていた。ある日運悪く寝つけなかった日話を聞いてしまった、訊いて居なかったら今頃どうなっていただろう?考えたくもない。寝静まった夜、扉を壊して無我夢中に走り出した。勿論行く宛も無かっやのだが。ふいにふらふらと見慣れていない町中をうろついていた時。己が逃げ出したことを知った親は己を追っていた。血の気が引けば逃げろと思うが脚が恐怖で動かない、斧を持ってゆらりと近づいた親自身が化物の様だった。   (1/1 22:23:41)

斎 .「容姿」普通の人には見なれない瞳の中には十字のマーク。瞳は綺麗な金色に光っている、茶色のサラサラとした髪の毛は右側のみばさりと散髪しており真ん中や左は前髪が降ろされている。ちょくちょくと髪の毛はボサボサだがあまり気にしていない、人と関わることは少ないから。いつもぎこちない笑顔の口角の横には小さな口ピアス、先程の様におしゃれ好きなのか鎖骨や耳元に多くの飾り。首元には黒い石の飾りがついたチョーカーをつけている。男性隊服の上には赤色の十字線、全体的な色は真っ白でシンプル(?)自分の好みで鎹鴉までにチョーカーをつけており友達とのお揃いと喜んでいたり。「sv」…「 僕に話しかけましたか!?あっ!…すみません、嬉しくて…。えと、水瓶って、云います。へへ、」「…… あ、あの、その…えっと、…き、きれ…いです、ね!(咾裏返り)」「黒糖…、今日も可愛いなあ…一番の友達だよ」「… はひッッ!?!?お、おど、脅かさないでくださ…ッッ……い……」「あ、…あ、ごめんなさい、死ねばよかった、死ねば…」/ 「 備考 」鎹鴉の名前は「黒糖」。いつも元気に振る舞っているつもりだがかなりのコミュ障故に喋れていない。「呼吸」技は後に   (1/1 22:23:13)

斎 .「名前」水瓶 閥(すいがめ ばつ) / 「備考」黒の呼吸の使い手故に階級は丙 刀色はなんとも言えないシンプルな黒色(コソコソ:みんなすごい色で戦ってる最中一人恥ずかしくなる時があるそうで) / 「性格」洒落た物や流行りのものが好みでおしゃれ好き ──しかし極度の恥ずかしがり屋、コミュ障、陰キャっぷり。人が苦手故に微妙な対人.恐怖.症(女性恐怖症も少し混じり)ちなみに鬼とは深く話す必要が無くこれなら接客業でもなかれと入隊。隊士が楽しそうにしてたり好みの人を見つけたら嬉しがるが躊躇し諦めることも少なくはない。悪ノリやはしたない言葉は終始無言で赤面.味が濃い人との接触は大の苦手、そんなこんなで友好関係はたった鎹鴉のみ。 ──昔もいなかったから慣れているけどね。鬼を斬るのは快楽でもないし如いて楽でもないことを理解、いつもぼろぼろとした姿で帰宅するが勿論人と接するのが苦手故自分で治療。怖いのや驚かせられると反応は薄いが実はとても怖がっており苦手、普通に話しかけられるととても嬉しそうな顔をするがしどろもどろと。   (1/1 22:22:42)

おしらせ斎 .さん(126.3.***.245)が入室しました♪  (1/1 22:21:56)

おしらせへやぬしさん(126.3.***.245)が退室しました。  (1/1 21:35:11)

へやぬし((ウーーーン!!!!!!やっぱりタグじゃなくてこっちのが良かった??可愛い創作を上げてくれるのは嬉しいけどさきほど”使用禁止"とかきました!!!!!!はい!!!!!!!それでは!!!!!   (1/1 21:35:06)

おしらせへやぬしさん(126.3.***.245)が入室しました♪  (1/1 21:34:21)

おしらせ緋桜/さん(iPhone 118.83.***.160)が退室しました。  (1/1 21:29:15)

緋桜/【容姿参考】https://cdn.picrew.me/app/share/202001/7926_TjRiThKe.png   (1/1 21:29:11)

緋桜/ぞくりと背筋を駆ける微弱な快楽と虞に苛まれつつ、肩を押したその時だった。首筋に当たる温い感触と、焼けるような痛みが走る。生温い液体を垂らし乍、其の傷口は彼女によって拡げられていた。「嗚呼…ッ、美味しそう……ずっと欲しかったの」。月明かりに照らされて居る彼女の影は、鬼と成り果てている。「でも未だ肉が足りないわ…ふふ、そうね…生かしてあげる。大きくなって成長したら、私が食べてあげる…」。そう言って彼女は"印"をつけた。甘く吸い付き、残った花弁のように赤い刻印は決して消えない。彼女は気を失った穹を館前に連れ帰り消えた。穹は其れから白髪の女性を見ることが出来なくなった。一時期は女性すら駄目だった。今穹が人垂らしたる所以は"鬼であった彼女に幸せを見せつける"為なのだ。【SV】「俺は神宮寺穹。どう?オネーサン、俺と遊ばない?」「嗚呼…御免悪いけど俺好みじゃないや」「鬼について?んー…別に恨みがあるわけじゃないけどな」「えー、母上俺に婚姻しろって?やだよ、やに決まってんでしょ ~ 、俺は"未だ"大切な人を作れないから」「御免……御免。本当に、俺は……俺は君が、好きだったんだ」   (1/1 21:28:47)

緋桜/【過去】富豪の元に産まれた。裕福な暮らしに、美しい女中やメイドに召使い。何不自由無く暮らしていた穹が目を奪われたのが白髪の彼女だった。夜にしか見られないのだが彼女の指は透き通っていて美しく、髪は風に靡くと艶やかに煌めいていた。淡い恋心を幼いまま抱いた。穹は軈て彼女が同い歳と言うことを知り、遊ぶようになった。場所は何時も穹の部屋。月明かりの差し込む部屋で彼女は「家が遠いから夜にしか来れないの」と言った。触れる彼女の手は何時も冷たかったのを良く覚えている。其れが拾歳の頃だった。時が経ち、拾陸となった二人は館を抜け出した。彼女が楽しい場所があると言ったからだ。言われるがまま夜の舘を抜け出し、山の中に入る。「ねぇ、…貴方が欲しいわ、良い…?」。彼女は冷たい指先で穹の首筋をなぞる。這う感覚。その内組み敷かれ、彼女は穹の鎖骨を舐った。   (1/1 21:28:30)

緋桜/【性格】誰にでも気丈に明るく振る舞う好青年。細かいことは気にしませんがモットーで、非常に大雑把である。謙遜も遠慮も持ち合わせていないため思った意見はずばりと単刀直入に言うのだが、他人が手を込めて作ってくれたものに対しては文句が言えない。女性が好きというより人誑しで、"白髪の女性"のみを苦手とする。彼なりの理由が有るらしいが詳しくを聞いた仲間はいないとの事。【呼吸/血鬼術の型】未だ考え中なので書き終えたら投下致します   (1/1 21:27:52)

緋桜/【名前】神宮寺 穹(シングウジ ソラ)【年齢】廿陸歳【身長】百漆拾陸糎/陸拾参瓩【性別】男【階級】丁(ヒノト)【呼吸/血鬼術】我流_五月雨の呼吸(サミダレノコキュウ)【日輪刀】深く美しい色合いの藍色を帯びる刀であり、尺は通常の打刀と同様。鍔は至ってシンプルであり、波紋が広がる様子を描いた円形のものとなっている。【容姿】少し薄目の紺桔梗色の髪に、紅碧色の瞳を持つ。少々跳ね気味の髪は短髪である。容姿参考は後程。灰色のシャツを胸元をはだけ乍来ており、肩に隊服を掛けている。下もぴっちりと躰の線が見える黒のスキニー。普段隊服を纏うことはあまり無いのだが、任務前になると肩に掛けている隊服を丁寧に纏う。何とも寸法が間違っていたようで大きく扱いにくいから普段は着ないらしい、其れを言い出せない曖昧な性格でもある。耳には白い飾りを付けており、迚大事にしている模様だ。体格は平均男性よりかは足が長く、すらりと線が細い。   (1/1 21:27:36)

おしらせ緋桜/さん(iPhone 118.83.***.160)が入室しました♪  (1/1 21:27:19)

おしらせ創作希望の者ですさん(3DS 110.132.***.109)が退室しました。  (1/1 20:48:05)

創作希望の者です((訂正などがありましたらまた来ます。   (1/1 20:48:01)

創作希望の者です身長175cm ((すみません書き忘れてて   (1/1 20:47:23)

創作希望の者です【容姿】 黒髪ロングなのでひとつの三編みにしてしばってる。そして水色の花の髪飾りをしているよ。隊服は炭治郎と変わらない。羽織りは羽織ってない。靴は下駄。目は綺麗な位真っ赤。 【過去】 真っ赤な目なので気味悪がられて石を投げられるようになる。その頃の傷は残った訳ではなくただ「あー真っ赤目って不思議だもんな仕方ねぇわ」位で済ませてた。ちなみに親は幼い頃に他界。一人暮らしをしていたら師匠(自称)と名乗る者が真をつれ出して育てた。あるとき山菜取りにいった帰りに家に帰ると師匠は幼い頃いじめてきたやつに殺されていた。いじめてきたやつは鬼になっていた。もちろん首は切ったがなんともいえない複雑な感情にさいなまれながら鬼殺隊に入隊。 そして今に至るという感じです   (1/1 20:45:31)

創作希望の者です【金剛 真】(コンゴウ シン) 性別 男  年齢 26歳 階級 癸  呼吸 石の呼吸 刀 刃は藍色 鞘は黒 性格  怒らせたら一番ヤバァイ奴。 いつもはヘラヘラしてる。 でも意志は強い。 そして剣術も強いのに階級が上がらないのは本人いわく、「柱って凄いヤバそう」だから、らしい。(そんなことはない)   でも一瞬感情がなくなるときがある(らしい) 備考  サイコロステーキ先輩と動機   (1/1 20:36:37)

おしらせ創作希望の者ですさん(3DS 110.132.***.109)が入室しました♪  (1/1 20:24:38)

おしらせ創作希望さん(Android au.NET)が退室しました。  (2019/12/31 23:47:15)

創作希望((失礼しました...、何かあればお手数お掛けしますが申し付けくださると助かります...では、   (2019/12/31 23:47:12)

創作希望 【身長】156cm 【性格】自分を含む周りへの関心が低く無気力気味。面倒後とが苦手。普段から考え事などあまりせず過ごしてきた為に自分から行動することさえも疲労を感じ基本的に誰かの指示の下動いている。様子こそ素っ気なく上記の通り周りへの関心は低いものの頼み事は基本断らない。考えるのは面倒だから言われたらやる、そんな感じ。良くも悪くも素直で思ったことを言動に表してしまうことも。人に対しては形だけに近くとも敬う精神は見せるものの鬼が相手だとそれもなくなる。 【年齢】16 【階級】丙 【使用呼吸】睡の呼吸 【刀の色】白縹色(鞘と鍔は紺色) 【備考】14歳以前に起きた出来事は殆ど覚えておらず、また、自分が鬼殺隊に入った動機もよく分かっていないとのこと。記憶力が低下しており人の名前も全然覚えれない。それと声が男にしては高い方だったりする。   (2019/12/31 23:43:29)

創作希望【名前】誄咲 蓮 (ルイザキ レン)  【性別】男 【容姿】毛先が胆礬色に変色している黒髪を顔の横に垂らした揉み上げを除いて首の真ん中辺りで切り揃えている。後ろ髪や揉み上げの毛先は変色してるが前髪に変色はなし。揉み上げは鎖骨辺りまで垂らしている。前髪は少々長くM形っぽい。目は二重で目尻がやや下がっているタレ目。瞳の色は花緑青色。細い眉は大体上にゆるく弧を描いている。鼻筋がしゅっと通っており口は小さめ。顔の輪郭も全体的に丸い。童顔に加えやや女々しい顔作りをしている。隊服は上は配布されたものを着ており、下は脚絆を巻いていないため袴の裾が開いている。履き物は脛の中辺りまでの長さの黒い靴下と同じ長さの焦げ茶色の編み上げブーツ。ブーツには爪先に当たる部分に現代の作業靴のように鉄の塊が仕込まれている。 裏地が薄い黄色で表地が白鼠色に裾辺りが薄い水色に変色している長羽織を隊服の上から着ている。色白。肩幅も広くはなく全体的に細身であるが年相応に筋肉がついている。 普段は能面(小面)を被って顔を隠している。前髪は面の外に出している。赤い紐で固定しており後ろで固く蝶結にしている。   (2019/12/31 23:42:46)

おしらせ創作希望さん(Android au.NET)が入室しました♪  (2019/12/31 23:42:10)

おしらせ夏月/容姿貼りさん(Android 119.173.***.176)が退室しました。  (2019/12/30 14:40:31)

夏月/容姿貼り((失礼しました、!   (2019/12/30 14:40:30)

夏月/容姿貼りhttps://picrew.me/share?cd=IV6SgUSr4w ⇠衣月   (2019/12/30 14:40:17)

夏月/容姿貼りhttps://picrew.me/share?cd=whDsOF9TFW ⇠真冬   (2019/12/30 14:35:39)

夏月/容姿貼り((ついでに2人の容姿も…、   (2019/12/30 14:35:10)

おしらせ夏月/容姿貼りさん(Android 119.173.***.176)が入室しました♪  (2019/12/30 14:34:51)

おしらせ夏月/参加希望さん(Android 119.173.***.176)が退室しました。  (2019/12/30 14:10:14)

夏月/参加希望((訂正等がありましたら、また来ます、!   (2019/12/30 14:10:12)

夏月/参加希望【名前】夜風 衣月(よかぜ いづき) 【年齢】20 【階級】甲(きのえ) 【呼吸】雷の呼吸 【容姿】胸まである、焦茶色の髪をポニテしていて、黄色の目をしている。隊服は膝下まであるスカートで、黄色い桜が入った白色の羽織を着ている。 【性格】いつも元気で、運動とかは得意。ノリも良くて、真冬とふざけ合ったりする。 【日輪刀】黄色の刀で、黄色の桜のストラップを柄に付けてる。   (2019/12/30 14:09:15)

夏月/参加希望【名前】風月 真冬(かざつき まふゆ) 【年齢】20【階級】甲 【呼吸】水の呼吸 【容姿】髪は紺色で腰まである。目は少し暗い青色。隊服はスカートが膝上の長さ。羽織は紺色と白のグラデーション。黒いタイツの上に鼻緒が青色の黒い下駄を履いている。 【性格】少し気弱だけどとても一途で、誰かを好きになったらずっと守る。犬みたいな所もあり、構ってもらいたがり。 【日輪刀】青色の刀で、柄に青色に染めた桜のストラップがある。 【備考】義勇の事が好き。衣月と親友。   (2019/12/30 14:07:28)

夏月/参加希望((2人の設定貼ります!   (2019/12/30 14:06:15)

おしらせ夏月/参加希望さん(Android 119.173.***.176)が入室しました♪  (2019/12/30 14:05:55)

おしらせ陽泉/.さん(Android 111.168.***.144)が退室しました。  (2019/12/24 03:16:58)

陽泉/.地雷さえ踏まなければ基本的に無気力でいい加減な子。元は努力家だったが今はどうなのか不明である。時々憂いた目で月を見上げる辺り巫山戯た人間であるも過去に囚われているのだろう【台詞】「はーいはい、薬飲んでくださいね。あはは、美味いでしょー」「はぁ、凄いんですね素敵ですねー」「あぁぁもう面倒臭いなあ…」「ぐだぐだ言わずに飲んでくださーい。飲まなきゃ薬苦いの頼んじゃいますけど?面倒だなあ」「はいはい、素敵ステキ、」「音が聞こえないんですよね、会話は聞こえるのに音楽だけは拒絶したみたいに聞こえない。なんでですかね理解不可能だなあ」「ぐだぐだうるせぇんですよ君。」「眠い眠い、今日はサボり日和だー。あ、すみませんねえ冗談ですから怒らないでくださいよ。怖い人だなあ全く。」   (2019/12/24 03:16:37)

陽泉/.でも16の時に強い鬼と遭遇してしまい、肩から背中に掛けて深く斬られてしまった。ぎりぎり生きては居たが、刀を持つ事がその日以降出来なくなったらしい。傷の事もあり蝶屋敷でお世話になる事になったが、何かの拍子だろう。当時より無気力で何処か不安定さのある、人形のような人間になった。然し数年経ち今は大分精神の方も回復しており大分マシなんだとか?然し何年経ってもやはり刀は使えない。リハビリも兼ねて蝶屋敷のお手伝いをしながら今では何故か蝶屋敷の子のように身寄りもない為居座って、一員の様になっている。今の現時点では傷は完全に治っているはずなのに隊士として戦えないのは__?【備考】村田さんや炭治郎くん達とはまた別の場所で水の呼吸を教わった。音楽は聞けない。聞けないというより楽器の音が精神が拒絶して聞こえないのだ。時折昔住んでいた家に訪れて触れるけど、矢張り音はしない。音がしなくて引いた感覚すらしないらしい。何より矢張り音自体煩わしい物とも認識しているから構わないのかもしれない。   (2019/12/24 03:16:26)

陽泉/.誰にでも愛想の良い家族を見習い恥じない人間としての振る舞いをして、両親にも自慢と言われ育った幸せな過去。然し幸せとは長く続く物ではなくて崩れてしまう。何時だっただろうか、何年前だっただろうか。綺麗な満月の登る日、家の中で真っ赤な鮮血を流す両親を見た。楽器には血が飛び散り記憶にこびり付いて消えてはくれない真っ赤な色。其れを嘲笑うかの様に化け物が両親を食らって食らって……、そこに鬼殺の隊士が現れたが遅かったのだ。もう優しいキョウダイが何処に居るのかも分からない、食べられてしまったのだろうか?両親も居ない、己にはもう生きる為の宛すら無かった。希望も身寄りもない今の状況で生かされるのは苦痛だったけど、それでも鬼という存在への憎しみは強く。水の呼吸の使い手だった当時助けてくれた隊士に鬼を倒す方法を問い質して、自分も隊士になる事を決意。あの悪夢の夜から音が煩わしくて仕方ない、そんな心境を隠して行くうちに性格が少しずつ歪んでいきそんなこんなで15で隊士になったらしい。   (2019/12/24 03:16:13)

陽泉/.じと目(半目)がちの目は何処か気怠げで、光の差さない真っ黒な瞳の下には黒子が一つある。普通の男性が着る隊服に白のアオイちゃんの着ている物と同じエプロンを着用。隊士として出向いていた頃は、紺色の水の波紋が端の方に金色の糸で縫われた羽織を羽織っていた。耳には紫の石の嵌め込まれた目飾りを両耳に付けている模様。肩から腰辺りに掛けて酷い傷の後が残っているんだとか 【呼吸】水の呼吸【日輪刀】暗めの青の刀身。若干刃の方に向かって色が青から水色白と色が薄くなっている。鍔は普通の鍔に水色の波の模様【過去】両親は海外に留学して演奏家になった素晴らしい人達だった。ハープ演奏家の母とピアノ演奏家の父。2人の音楽の才能を受け継ぐ事は出来なかったが演奏する事が好きだった。そんな自分にも大好きなキョウダイ才能にも恵まれた優しい尊敬する存在があり、自分も皆みたいに綺麗に弾ける様にと父と母に教わりながら努力を重ねて人前で演奏した事もある。   (2019/12/24 03:16:00)

陽泉/.【名前】遠野 飛鳥(とおの あすか)【年齢】18歳【性別】男【階級】庚【身長】169cm【性格】無関心という訳ではないけど、結構な無気力さを持っている。別に冷たい性格ではないがやる事なす事に本気になれず、返答も何もかも適当に思い付いた言葉を述べるのみ、話す声や笑う声は棒読みな言い方が特徴的だ。普通に喜怒哀楽はある為、嫌な事や面倒事に巻き込まれるとイライラした声で「ああぁもう面倒臭いなあ」と不満の音を上げる事もある面倒くさがり屋。でも元の性格は心優しい普通の子だったらしい【容姿】 https://picrew.me/image_maker/99148/complete?cd=iraJvXQSaG (キャラメーカー拝借)/背中までの長さの藍鼠色の髪を左側で団子にして1つに纏めている。三つ編みで纏めている為、解くと癖が着き巻いた様になっているらしい。しかし本来は真っ直ぐな髪質。青と紫をモチーフにした蝶の髪飾りを付け、蝶屋敷の人間である証を着用。瞳は長い睫毛の黒い瞳をした目で目元は産まれ付きほんのり赤っぽさがあり、頬も色を乗せた様なほんのりと淡い色   (2019/12/24 03:15:44)

おしらせ陽泉/.さん(Android 111.168.***.144)が入室しました♪  (2019/12/24 03:15:10)

おしらせ澄.。/さん(Android 219.126.***.39)が退室しました。  (2019/11/23 12:13:18)

澄.。/【名前】逢凛 璆香 (あぐり ゆか ) 【性別】女 【年齢】16【性格】無関心で無愛想、愛と聴くと何かと聞き詰めると言う怖い所がある、無関心な為友達は居ない所謂ぼっち 、【容姿】灰色の髪色、長い髪の毛をひとつの三つ編みにして結っていて綺麗な青色の花飾りを付けている目は勝色でハイライト無し(黒に見える藍色)【所属】鬼殺隊【階級】丙【使用呼吸】霞の呼吸 【刀の色】現在の霞柱と同じ 【身長】162【備考】昔の事は何も覚えていない、だからか愛情も友情も何もわからない(1~12の記憶なし)。ある日突然無痛症になってしまったので怪我しても全く痛みを感じないので分からない。喜怒哀楽は璆香の中にはあるがそれが表に出る事はほぼない 。愛とは何か、それが知りたいので【SV】「名前…名前は逢凛、逢凛璆香…」「…さようなら、人を喰らった分だけ苦しみなさい」「さっさと死ねばいいのに、楽だと思うよ極楽浄土なんて存在しないけど」「痛い?何が?知らないそんなの」「愛…?愛って何?私知りたい」「霞の呼吸__弐ノ型 八重霞」   (2019/11/23 12:12:53)

おしらせ澄.。/さん(Android 219.126.***.39)が入室しました♪  (2019/11/23 12:12:36)

おしらせかみなり!さん(iPhone 118.86.***.173)が退室しました。  (2019/11/5 19:37:04)

かみなり!(( 創作「 ちゃん 」です!   (2019/11/5 19:37:02)

かみなり!【 名前 】和樂 ( カラク )【 年齢 】17歳 【 性別 】女?【 階級 】癸 【 身長 】162 【 刀の色 】桜色 【 呼吸 】虎の呼吸【 容姿 】緩く結いた三つ編みを垂らし、頭には花飾り。指抜き手袋を填め 、手にはお札を持っている。桜色のパッチリとした目が特徴的。https://picrew.me/share?cd=xPCqQXUCeb/https://picrew.me/image_maker/26311/complete?cd=Jx85mPgmgg(髪を解く時の方が多いので)【 備考 】中国からやってきた。語尾は似非に「 ~ ヨ!」「 ~ ネ!」「 ~ あるよ」等訛る。/ 港( 狐狼火 )とは兄妹だった。【 一人称/二人称 】我( ワタシ )/お前【 SV 】「 我、和樂ていうある! 」「 いいネ 、我そういうの好きヨ 」「 港 … ?そんなんいたあるか? 」「 ふぃ ~ 、我料理得意あるよ 。沢山食べるよろし 」「 さァて!大舞台の幕開けヨ !」   (2019/11/5 19:36:36)

おしらせかみなり!さん(iPhone 118.86.***.173)が入室しました♪  (2019/11/5 19:36:31)

おしらせ紅葉*さん(iPhone au)が退室しました。  (2019/11/5 01:50:24)

紅葉*【追記イメ画】http://imepic.jp/20191105/065620   (2019/11/5 01:50:12)


更新時刻 19:03:58 | 過去ログ | ルーム管理