ルーム紹介
早風呂で胃痛の吸血鬼とかが独り言呟いてる部屋。
ヘモグロビンと胃の強さが足りないのです。

流行病とかは気にしないスタンスで生きていきたいと思ってます。

-----------------------

メモ:さるぼぼの修理

腰痛と胃痛治って。

-----------------------


I want more of your love.__
 [×消]
おしらせPanna.,さん(iPhone 118.83.***.122)が退室しました。  (4/6 22:11:13)

Panna.,少し身内で回して確認してみるか…   (4/6 22:10:58)

Panna.,とまぁ本題はそうじゃあないんだった…烏合卓は何方に報告するべきかと迷ってたんですが一先ず此処に。現時点動画等を見て確認を後詰めしてる感じなので次回もおやすみしようかなと。典明も休むと言っていました。   (4/6 22:09:25)

Panna.,多分夕飯の前迄寝てたから何でしょうけどね(うぬ)   (4/6 22:08:13)

Panna.,ううん…頭痛い……   (4/6 22:07:31)

おしらせPanna.,さん(iPhone 118.83.***.122)が入室しました♪  (4/6 22:06:34)

おしらせDio.,さん(iPhone 118.83.***.122)が退室しました。  (4/6 07:22:59)

Dio.,変に苛つくんじゃあない行ったら済む……さて、準備を済ませておくか   (4/6 07:22:57)

Dio.,はぁ…正直言って此のディオが ッ!!!態々出向いてやるというのにものの一時間で終わるだろう!?此方は往復五十分を徒歩だぞ徒歩   (4/6 07:21:54)

Dio.,か……(そうそう切れるな)(キレるな)   (4/6 07:20:22)

Dio.,今日から新学期   (4/6 07:20:13)

おしらせDio.,さん(iPhone 118.83.***.122)が入室しました♪  (4/6 07:19:58)

おしらせ岸辺.,さん(iPhone 118.83.***.122)が退室しました。  (4/3 11:06:39)

岸辺.,何かな…ン ~ ……駄目だ、長々呟いててもどうにもなんないだろ、落とそう。   (4/3 11:06:37)

岸辺.,謎にむかっ腹が立つな……   (4/3 10:59:18)

岸辺.,ンン…?本 ッ当笑っちまうよ、何でこんなに拒絶してんのかは知らないけど。取り敢えず僕は今機嫌が悪い   (4/3 10:56:16)

岸辺.,全く何してんだろうな(困惑)   (4/3 10:54:22)

岸辺.,明らかに腹が痛いのは拒食症気味ってのもあるんだろうけどさ…否熱で寝てたからか   (4/3 10:52:12)

岸辺.,思ったけど体重減ってんだよな   (4/3 10:39:22)

岸辺.,鱈子……   (4/3 10:25:59)

岸辺.,否さァ……胃が死ぬ程弱いってのは僕自身知り尽くしてるけど白米と鱈子で凭れた?そんなんじゃあ何も食えないな   (4/3 10:20:36)

岸辺.,うぅん……   (4/3 10:18:36)

岸辺.,はぁ……食べよ   (4/3 10:04:15)

岸辺.,嗚呼でも食べなくっちゃあな…鱈子あるし   (4/3 10:03:00)

岸辺.,うわうわうわうわ飯の匂いがするキッツい   (4/3 10:00:56)

岸辺.,貧血って辛いよな…寝起きが一番気持ち悪くなる……   (4/3 10:00:02)

岸辺.,ね ッッッむ……   (4/3 09:59:08)

おしらせ岸辺.,さん(iPhone 118.83.***.122)が入室しました♪  (4/3 09:59:00)

おしらせDio.,さん(iPhone 111.90.***.231)が退室しました。  (3/17 20:53:26)

Dio.,落とすか…何しに来たってんだろうな?   (3/17 20:53:24)

Dio.,粗方時間も問題無かろう、俺が足を引っ張らなければの話だがな(不安しかない)   (3/17 20:53:13)

Dio.,取り敢えずやる事は済ませたからな…一向に進まないイラストに手を掛けられるのは課題が楽なお陰か……   (3/17 20:52:28)

Dio.,大体この時間に胃が痛むのが可笑しい。食べてから一時間は経っているんだぞッ……(しんどい)(定期)   (3/17 20:50:31)

おしらせDio.,さん(iPhone 111.90.***.231)が入室しました♪  (3/17 20:49:50)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、岸辺.,さんが自動退室しました。  (3/17 17:10:36)

岸辺.,なにこれ爪割れてんだけど   (3/17 16:44:51)

岸辺.,体重戻るかね…戻す戻す、多分ね。   (3/17 16:31:25)

岸辺.,んでもって大した話題も持ち合わせてないけど。   (3/17 16:30:53)

岸辺.,余り愚痴愚痴言うと気分が沈むじゃあないか、辞めだ。   (3/17 16:29:14)

岸辺.,僕は下手な歌は嫌いなんだよ、悪いけど。…歌えない歌を歌いたくはないなァ   (3/17 16:26:29)

岸辺.,さて……とまぁ今日も亦粗々恒例になり始めた見舞いな訳だけど。   (3/17 16:25:50)

岸辺.,僕にもわからん(自己解決)   (3/17 16:23:49)

岸辺.,正直言っちまえば、なんだフランス語って。なんだイタリア語って。詩集やらを探るのは僕も嫌いじゃあ無いが歌うとなるとどれだけ難しいか分かるか。   (3/17 16:23:40)

岸辺.,余裕は出来た。出来たよな?ウン出来た……出来た。   (3/17 16:22:46)

おしらせ岸辺.,さん(iPhone 111.90.***.231)が入室しました♪  (3/17 16:22:00)

おしらせDio.,さん(iPhone 111.90.***.231)が退室しました。  (3/16 21:43:25)

Dio.,作業があるから此処は落とす、明日亦。   (3/16 21:43:22)

Dio.,漸く終わった…知識が浅い癖してあまり参加するもんじゃあ無いのかもな。随分変えたが良いのか悪いのか。   (3/16 21:31:50)

Dio.,STA+SIZで決まるのか…   (3/16 21:27:45)

Dio.,   (3/16 21:23:11)

Dio.,初参加シナリオでロストしたのは俺だけだろうな(多分)   (3/16 21:17:08)

Dio.,あまり前のものと変えすぎても…駄目だろうな   (3/16 21:15:31)

Dio.,   (3/16 21:09:14)

Dio.,SAN値やらを弄るつもりは無いが少し使ってるキャラシート書き直すか…流石に今となれば酷い   (3/16 20:59:59)

Dio.,之でいいだろ。   (3/16 20:59:15)

Dio.,1d3 → (2) = 2  (3/16 20:55:27)

Dio.,【ED2.到達 生還報酬 生還:1d3 後遺症:記憶喪失 大切な人に関する記憶の一切を失う。 記憶の中の、大切な人に関する部分だけ黒い靄がかかったように思い出すことができない。 記憶は封印されてしまったわけではなく、取り出されたうえで生贄として邪神に捕食されてしまったため取り戻すことは基本的に不可。】   (3/16 20:55:14)

Dio.,【間に合わなかった。 貴方は落胆して、目の前の"自分"を見る。 そこには糸に雁字搦めにされ、見たこともない化け物に引きずられていく自分自身の姿がある。 隣にも同じように雁字搦めににされ引きずられていく人影があるが、"そちらには見覚えはない"。 化け物は獲物を手に入れられたことを喜んでいるのか、「キシキシ」とおぞましい牙を鳴らしている。 今夜の収穫は十分だとでも言いたげに、貴方を見逃がし、どこかへと去っていくだろう。 自分の一部であったはずの"もう一人の自分"が喰われたにもかかわらず、自分自身には何の支障もないように見える。 これはきっと、不幸中の幸いといって良いことだろう。 理不尽を受け容れ、貴方はいつも通りの日常へと還っていく。 失われたものがあることは、今の貴方には気づく術もない。】   (3/16 20:54:20)

Dio.,【---あぁ、やっと追いついた。 貴方は、"大切な人"に駆け寄ると、その体を強く抱きしめる。 "大切な人"もまた、強く貴方のことを抱き締め返してくれるだろう。 それは"大切な人"らしい振る舞いだろうか。あるいは、らしくない振る舞いであるように感じるだろうか。 いずれにせよ、この感動的な場面にふさわしいことは間違いないように思える。 貴方は深い安堵と多幸感に包まれながら、目を閉じる。 その耳に聞こえるのは、"大切な人"の声ではなく。 「キシキシ」と金属を擦り合わせるような音だけだったが。 それでもやはり、貴方は幸福だった。】   (3/16 20:53:37)

Dio.,行くか、足を止めるか……ねぇ。いっそ死んでもどうせ使い回しだから気にならんな、行く。   (3/16 20:53:15)

Dio.,何だこの選択肢。(迷う)   (3/16 20:52:38)

Dio.,【やがて"大切な人"は、ひときわ薄暗い木陰で足を止める。 そして貴方の方へと振り返ると、にっこりとほほ笑んで見せる。 ようやく追いつけるのだ、と貴方は確信することだろう。 "大切な人"の傍まで駆けよったなら、貴方はどんな言葉をかけるだろうか。 待たせてしまったことを詫びるだろうか、先に行ってしまったことを怒るだろうか、会いたかった気持ちを素直に伝えるだろうか。 いずれにせよ、これほどまでに恋焦がれた瞬間はない。 貴方もまた笑顔を浮かべながら駆け寄ろうとしたその時。 「そちらに行くな」 と後ろから声が響いた。】   (3/16 20:52:06)

Dio.,だろうな。   (3/16 20:51:29)

Dio.,1d100 → (56) = 56  (3/16 20:51:26)

Dio.,聞き耳…(初期値)   (3/16 20:51:20)

Dio.,【"大切な人"を追いかけ、森の奥へと進んでいく。 "大切な人"は時折貴方の方を振り返るが、手が届きそうな距離になると再び身を翻して先へ先へと進んで行ってしまう。 その表情は変わらず憂いを帯びていて、それが貴方にとっても辛くてならない。 追いかけていくうちに周囲の木々の密度が上がり始め、辺りは薄暗くなっていく。 足元も次第におぼつかなくなり、貴方は何度か地面の石に蹴躓くようになる。 不安に襲われた貴方は、先を行く"大切な人"に声をかけるかもしれない。 しかし、"大切な人"がそれに答えることはない。 "大切な人"はまるで声を忘れてしまったかのように、口を噤んだままだ。】   (3/16 20:51:06)

Dio.,追い掛けるか。   (3/16 20:50:43)

Dio.,【声をかけると、"大切な人"はこちらへと振り返る。 その目も、鼻も、口元も。 貴方がずっと会いたいと焦がれ続けた大切な人に他ならない。 "大切な人"はなぜか憂いを帯びた表情で、じっとこちらを見つめている。 それを見ているだけで貴方は、何とかしてあげなければ、という想いに囚われるだろう。 当然だ。"大切な人"こそ、貴方が何を差し置いても優先しなければならない人なのだから。 "大切な人"は、何も言葉を発しない。 その沈黙が哀しくて、息苦しくて、貴方はあれこれと話しかけながら近くへと歩いていくだろう。 "大切な人"はじっとこちらを見ていたが、あと1歩で手が届きそうというところで、身を翻し森の奥へと駆けて行ってしまう。 どうしてそんなことをするのかわからず、貴方は途方にくれてしまうだろうか。】   (3/16 20:49:23)

Dio.,(そして親の夕飯の匂いに気持ち悪くなり始める人間辞める前の図)   (3/16 20:49:00)

Dio.,("おい__。そんな所で何してるってんだい?"。   (3/16 20:48:26)

Dio.,……声でも掛けてやるか(?)   (3/16 20:47:55)

Dio.,【 足を進めていくと次第に霧が晴れていく。 それと同時に周囲が明るくなっていき、ここがどこか見知らぬ森の中であることに気づくだろう。 木々の間隔がまばらなせいか、あちこちから光が差し込んでいる。 歩くたびに、さらさらと落ち葉が音を立てている。 自分の足音以外には、鳥の声ひとつ聞こえてはこない。 しばらく進んでいくと、開けた場所に出た。 その中央には、静かにたたずむ人影がひとつ。 後ろ姿ではあるが、見間違えるはずはない。 それは、あなたの"大切な人"だ。 どうしてここに、とか、どうして生きていたのか、とか。 生きていてくれて嬉しい、とか、何から話そう、とか。 様々な想いが溢れて、どうすればいいのか分からなくなる。 気持ちを落ち着けるようにひとつ深呼吸をしてから、貴方は次の行動を決めるだろう。】   (3/16 20:47:32)

Dio.,【貴方は、自分が何をしていたのだろうかと、考える。 深く、深く自分の記憶を掘り起こそうとしてみるが、 まるで幻のように掴みどころがなく、どうしても思い出せそうにない。 "逃げろ" 不意に頭の中に声が響いた。 それは、聞き覚えがあるような、あるいはまったく聞いたことのないような。 すぐに、自分自身の声であることに思い至る。 意識した途端、貴方の心はその想いで満たされてしまう。 "走れ、走れ、走れ" "逃げろ、逃げろ、逃げろ" "アレに捕まったら---" 理由も分からず、焦燥感に追い立てられ、正常な判断力を奪われる。 貴方は居ても立ってもいられず、その足を動かし始めるだろう。】   (3/16 20:47:13)

Dio.,八十五で失敗するってのかい(するわ)   (3/16 20:46:47)

Dio.,(無)   (3/16 20:46:22)

Dio.,1d100 → (89) = 89  (3/16 20:46:14)

Dio.,アイデア:85…。   (3/16 20:46:10)

Dio.,【えも言われぬ焦燥感に、貴方はは、と我に返る。 全力疾走でもしたかのように、心臓が早鐘を打っている。 いつの間にこんな所へ来たのか、貴方は見覚えのない場所で1人突っ立っている。 見覚えはない、という表現は適切ではなかったかもしれない。 そこは乳白色の霧が一面を覆う場所で、自分の足元すらもおぼつかないような場所だったからだ。 ここはどこで、自分はどこから来たのか、どこへ向かっていたのか。 まるで辺りを覆う霧が自分の記憶まで覆ってしまったかのようで、どうにも思い出すことができない。 貴方はまず何をしようとするだろうか。 自分が何をしようとしていたのか思い出そうとする 《アイデア》判定】   (3/16 20:45:54)

Dio.,【走れ、走れ、走れ。 ---------あの温かさを、取り戻すために。 逃げろ、逃げろ、逃げろ。 ---------あの冷たさに、捕まってしまう前に。 脳が、警鐘を鳴らしている。 心が、足を止めるなと叫んでいる。 一体、何の為に?】   (3/16 20:45:32)

Dio.,なら……KPレス『零への道程』。   (3/16 20:44:58)


更新時刻 22:38:13 | 過去ログ | ルーム管理