ルーム紹介
   わたし色の便箋に愛を乗せて、
   交わるはあの小さな空き教室。

   「 あ、あの、その手紙 … ! 」


とある高等学校の非公認部活、名前は文通部。
普段は生徒のよりつかない空き教室にある、
1番右、上から3番目のロッカーに手紙を置くと、
誰かが手紙を返すだけの、軽いお遊び。

部員すら未知のその部活の約束事はただ二つ。
ひとつ、手紙には自分の名前を書かないこと。
ひとつ、便箋と封筒は好きな色にすること。

   -
ある日便箋を持って空き教室に行くと、
そこでばったり“部員”と会ってしまって…。
其処から始まる恋愛友情の青春創作NL企画。

募集は男女合計6名様。
炉留は 600 文字以上推奨の、
中級者 ~ 上級者様向けの成り部屋となります。
何かあれば主催( 杞槿 )までご連絡下さい。


関連部屋は「 Tricolore 」より。
皆様のご参加、心よりお待ちしております !
 [×消]
おしらせ日野 / 雛瀬 鶫さん(Android 122.152.***.163)が退室しました。  (11/28 20:55:11)

日野 / 雛瀬 鶫(( お暇します!   (11/28 20:55:07)

日野 / 雛瀬 鶫(( 今晩和…!昨晩設定落としました、お時間があるときにご確認よろしくお願いします   (11/28 20:54:23)

おしらせ日野 / 雛瀬 鶫さん(Android 122.152.***.163)が入室しました♪  (11/28 20:52:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、杞槿 / 三柳 伶子さんが自動退室しました。  (11/26 23:37:23)

杞槿 / 三柳 伶子(( 今晩和、待機致します ~ !   (11/26 22:32:18)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/26 22:31:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、杞槿 / 三柳 伶子さんが自動退室しました。  (11/25 21:33:54)

杞槿 / 三柳 伶子(( 今晩和 - !   (11/25 21:13:40)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/25 21:13:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、尚 / 泉 春霞 .さんが自動退室しました。  (11/25 01:44:54)

尚 / 泉 春霞 .(( は - い 、御相手感謝です 、お疲れ様 !   (11/25 01:19:10)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が退室しました。  (11/25 01:18:38)

杞槿 / 三柳 伶子(( 辞書って格好いいなって思います ( ?? ) / それでは長々とお相手有難う御座いました 、とても綺麗な炉留頂けて楽しかったです。また機会があれば是非 ~ !   (11/25 01:18:32)

杞槿 / 三柳 伶子「 私も今、褒められて然るべきなくらい、とても良い子になってる思うわ本当に。 … 、 寧ろ嫌って欲しい所よ 」( 嫌いじゃないと言葉にされた途端に眉を寄せ、ため息と共に悪態をつく。先程の相手と同じ様に不服を表したものの、それも長くは続かずに黙ってそれを受け取って。それから作業を淡々とこなしていく相手を邪魔しないように見ていたが、最終的にはその背中を追いつつ愛想の無い生徒に “ お疲れ様 ” なんて呟いてみるくらいの悪戯は許されて欲しい。頑張りは報われるとか報われないとかそういうことではなくて、ただ単純に、そう言いたかったから言っただけ。いいこちゃんでも我儘にはなるのだ。 )   (11/25 01:16:48)

杞槿 / 三柳 伶子「 い - 、や - 、よ ! 名前も知らない他力本願男に色々押し付けられそうだし、何より一人が大好きなの 」( 相手がどんな意図を持ってそう口にしたのかは分からない、というより素直なままに呟いたと解釈するのが正しいのかもしれないが、その誘いにイエスを返せるほど可愛い女の子で生きてるとは言い難いので最もらしい言葉と共にノーを宣言する。つまらない女 ? いえいえ、ちょっと自我が強いだけで御座います。 - しかし初詣といえば、最近は年末年始を基本読書に費やしてしまっている為に今年でさえ行った記憶が朧気だ。多分御籤も引かないで参拝して終わり。悲しい人生だとは思わないが、矢張り一人で居る時間は自身は本当に好き勝手やるらしいなんて再確認。 )「 そ、じゃあ御愁傷様ね。せめて教師からの好感度くらいは上がっていると良いわね 、また頼まれるかもしれないけれど 、 」( 好きじゃないけど断れないとはある種本当に可哀想にとは思うものの、相手に同じ様な状況を作られた _ 否、本当は自分が逃げ遅れただけだけれど _ 身としては幸せを祈ってやる気にはなれない。ふと微笑して、そう答えを返して )   (11/25 01:16:37)

尚 / 泉 春霞 .(( は - い了解です!   (11/25 01:16:01)

杞槿 / 三柳 伶子(( ひえすみません ! と、眠気が大分あれなので一応これ返したら落ちさせて頂きますね … ! もう暫しお時間頂きます 、   (11/25 01:14:38)

尚 / 泉 春霞 .(( うおあ 、一括様です 、   (11/25 01:14:06)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/25 01:13:45)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、杞槿 / 三柳 伶子さんが自動退室しました。  (11/25 01:10:51)

尚 / 泉 春霞 .(( なんか今日打つの早い ( 雑とも言う ) 自分図書資料室ってとこから運んでましたね 、辞書が並ぶ圧巻の部屋 …… ( )   (11/25 00:33:45)

尚 / 泉 春霞 .やった 、俺お前みたいな良い奴嫌いじゃないよ 、はいコレ持って 。( 女子の会話の延長のような 、あっさりとした好意の話 。己だったらまぁ相手にもよるが 、もし俺みたいな奴が相手ならガン無視からの帰るのコンボ決めるだろうから 、好印象を抱くのは仕方ないだろう 。嬉しげに笑ってみせれば 、流れるようにその分厚い五冊を彼女に渡す 。そうしてカウンターの近くまで行けば 、「 ××先生のダンボール 、泉 が持ってったって司書さんに言っといて - 、」なんて素っ気なく 。笑いかけてもしょうがないので 、小さく愛想笑いを浮かべては 、一切此方を見ないカウンターの少女に告げる 。よ 、っとダンボールがほぼ満杯くらい 、薄いとはいえ何冊も資料の入ったダンボールを持ち上げてしまえば 、地味に重 、なんて呟く 。非力な男子高校生である 。ちらりと彼女をみれば 、着いてきて 、と言わんばかりに職員室に向けて歩き出した 。 )   (11/25 00:33:00)

尚 / 泉 春霞 .自分で掴める気がしないから頼んでんじゃ - ん 、今ならお正月空いてんだよね 、一緒に初詣でも行く - ?( 自分で掴む気など更々ない 、そうでも言うかのように笑ってみせれば 、どういう風の吹き回しか 。彼の友人が聞けば 、怒るでもなく 、" お前 、行きたいトコあったのな " なんて言われるだろう 。何せ 、その日その日に暇潰しにと一緒に帰ろうやら何やらは言うものの 、どこそこへ行きたい 、なんてのは滅多に口にしないのだ 。理由といえば 、口にする時に限ってバイトがあるというだけだが 。そんなこと彼女は知る由もないだろう 、本人も無自覚である故に 。) 御愁傷様 、で当たり - 。全ッ然好きじゃない 、カラオケ行きそびれたし 。( まだまだ 、不服そうな表情は健在である 。とはいえ 、特にカラオケ自体に行きたいのではなく 、只只管叫んで喉を嗄らすかの勢いで騒ぎ 、ストレスを発散したいだけである 。主には早く顔を見せに来いという母親が五月蝿いのが原因の八割である 、思春期ではない 、只暫く母親の言い付けを破ったので髪を切るまでは会いに行かないつもりだ 。)   (11/25 00:32:49)

杞槿 / 三柳 伶子(( 了解です … ! 図書室から資料運ぶの時々やったなって懐かしい気分になりました 、( 謎報告 )   (11/25 00:19:10)

杞槿 / 三柳 伶子( 抜き取られた本に少し興味があった故に、相手の手元を見て一冊は記憶し、じゃあ私はこれで、なんて簡易的な挨拶を紡ぐ前に “ 暇 ” という単語に足を縫い止められる。否、縫い止められたら最期だった、という方が近しいか。その後に繋がれる言葉たちが何かを理解出来ぬほど、或いは理解してもいいよと言えるほど良い子ちゃんはしていない彼女は「 悪運背負わせるおつもりかしらね 」と一言呟いた上で、煮るなり焼くなりお好きにどうぞと頷いた。 )   (11/25 00:17:41)

杞槿 / 三柳 伶子「 まあ構わないけれど、そうしたら多分大吉来るわよ、残念ながら。そういうのは自分で掴んでこそ、価値があるってものね 」 ( “ 何処から来るの分からない自信 ” は三柳伶子の基本性能として備わっているものなので仕方がない。だが本当に何となく、その通り運を引き当てて微妙な顔をする相手の顔が思い浮かんだのだ。神様は結局のところ悪戯で意地悪なものである、なんて考える自身が一番捻くれ者な自覚はあるけれど、だからこそ人々は自分で運を選び取るのが好きなのではないだろうか。後側でずるずる思考を回しながらも、表面では呆れと可笑しさを表すように肩を竦め、図書室の雰囲気を邪魔しない程度に落ち着きのある笑い声を落とした。 )「 それは御愁傷様。… いえ、必ずその言葉が合うとは限らないわね。頼られるのが好きとかなら、寧ろ喜ばしいことかしら。おめでとう ? 」 ( 意外にも先程の推察とは異なり、素直に表情が動くらしい相手のことをほんの少しだけ理解すると、まさかその飛び火が来るなんて想像していなかったのか揶揄する様に呟いて )   (11/25 00:17:27)

尚 / 泉 春霞 .(( わかりにくいんですけど 、( 担任に図書室に司書さんにお願いしてダンボールに入れて貰った本あるから資料室にいれといてちょ → あ 、じゃあこの辺のもついでに持ってきてよ ) の流れでパシられたやつです 。先生のパシリ 委員長 …… 。無理があるのは重々承知です ( )   (11/24 23:47:00)

尚 / 泉 春霞 .( ぶすっとした如何にも不服ですと言わんばかりの表情と声音 。その言葉だけ聞けば素行不良にも見えるだろうか 、嗚呼言葉選びを間違えたと思うものの 、今日の呼び出しはコレもである 、いや 、図書室に行くならついでにと言われたのだが 。ちなみに俺に別の先生からお声がかかったあたりで女子の方は逃げ出していた 、流石は部員であるの一言に尽きる 。有難 、と何度目かの礼を告げれば 、存外真面目にざっと見回し 、あまり迷いはなく手に取っていく 。何やら持ち出す許可とやらは取ってるらしいので 、そういうことにしておこう 。先生が手続きやらはしてくれるらしい 、それまでやれというのは怒るが 、まぁ良しとするラインな訳でして 。五冊程抜き出してしまえば 、さて 、と改めて立ち上がり 、彼女の方を改めてみれば 、小さく笑う 。『 暇? 』なんて問いは 、あまり女子にはしていない気もするが 、まぁカウンターの横にあるダンボールと分厚め5冊は少々キツイものがある 、何せ帰宅部ですから 。)   (11/24 23:45:34)

尚 / 泉 春霞 .お前の分も願ってくれたりしない 、?? 俺に大吉来ますように - 、ってさ 。( けらりと冗談げに笑うその口からは無駄話が絶えそうにない 。切ってしまえば楽なのだが 、恐らくこの様子では無理だろう 、_ 思い出話の中に出てきた彼女によく似た目の前の同級生のことは苦手じゃないのだから 。not がイコール yes だなんて巫山戯た話ではないが 、それでも 、not 嫌い は yes 好き 、への ニアリーイコールあたりにはなり得る 、気はする 。迷いない足取りに 、もしかして全部知ってんの?なんて質問が飛び出しそうになるが 、此処まで迷いもない 、検討もない 、考える隙すらなさそうなそれには感服 、決まりきった事実なのかもしれないと口を閉ざす 。) ん - ? 嗚呼そうそう 、先生に呼び出されたから何かと思えば 、別の先生にお使い頼まれたんだよね - 。ったく 、俺は何でも屋じゃないっつーのに .. 。   (11/24 23:45:23)

杞槿 / 三柳 伶子「 でも、あなたは古典云々よりも現代小説のほうが好きそうよね。頼まれたりしたの ? … ああ、御免なさい。考え事の延長でそう思ったから 」( 一呼吸の後、「 お探しのものは其処ら辺の棚にあると思うわよ 」と。人差し指で近くの棚を指しては役割は果たしつつ、考え事の延長 _ 海とか森とか呼べる図書室に、何故相手は現れたのかということについての勝手な見解を述べる。先程から何度も、そう何度も言うように本の好みは千差万別だが、好きならば聞かなくとも自分で泳いで、もしくは迷わず目的地まで歩いていけるだろう。ならばあまり興味はなかった筈だなんて、口にしたのはそんな安易な考えの結果。 )   (11/24 23:30:42)

杞槿 / 三柳 伶子「 あらあら 、それは失礼。次は引き当てられるといいわね 」( 運の良し悪しを語る時に御神籤の話を持ち出すとは、とても日本人らしいといえばらしい。ふと肩の力を抜き組み解いた右手をひらりと振って、予想外の返しに喜ぶでも違うわと否定するでも、勿論悲しむでもなく平常通りに反応を見せた。皮肉というのは所詮届かなければ回りくどい只の言葉である。 - 序でに、気まぐれに呟いた優しさ _ 否、相手からすればこれが主軸であるのだが _ に対しての返事を聞き届けると軽く頷き此に了承し、たすたすと小さな足音を響かせる。図書館とは海のようだと何年か前の記事で誰かが発言していた記憶が未だ頭の隅に転がっているが、正しくこの場所は本の海だと思う。潜って未知を探して我を忘れのめり込んで、ふと感じる息苦しさ、は、気が付けばお腹が空いていることの比喩表現のような。或いはそれか、本の虫という単語もあるのだから、此処を本の森と表したっていい。兎に角全てが未知数で、手探りで目当ての何かを探す、幾年だってのめり込める場所。そういう意味で海とか森とか、自然のようだと感じるのだ。 )   (11/24 23:30:27)

杞槿 / 三柳 伶子(( 間に合わなかったです失礼 、ただいまです ~   (11/24 23:28:31)

尚 / 泉 春霞 .(( 、おかえりなさい 、   (11/24 23:28:08)

尚 / 泉 春霞 .(( あれま 、お疲れ様 ~ 、?   (11/24 23:27:59)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/24 23:27:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、杞槿 / 三柳 伶子さんが自動退室しました。  (11/24 23:27:35)

尚 / 泉 春霞 .わ 、いいの - 、? あんがと 、御願いしま - す 、 ( ぱっと笑った表情は素直なもので 、人に好かれる表情 。とはいえ意図的でないので 、賢く算段高い人では無いのはご留意を 。カリカリとシャーペンがノートを擦る音の響く図書室に 、少しばかりいつもより声量を抑えた声は 、それでも静かな此処では聞こえてしまう 。勉強熱心な同級生を見習いつつも 、そこにいない友人に少し苦笑を零す 。塾の憂さ晴らしだぁああい 、なんて五月蝿い友人のストレスが発散したかは明日の機嫌でわかることだが 、まァ適度になればいいと思う 。今日は良き出会いがありました 、なんて便箋に綴る内容を彼女のことにでもしようかと思案しつつ 、素直に彼女について行くことにした 。)   (11/24 22:49:11)

尚 / 泉 春霞 . … ざぁんねん 、今年の御籤は凶だったんだよねぇ 。( よくわからないと言ったように少し目を開いて考えるも 、結局分からなかったので惚けておくことにした 。来年は是非とも大吉を引きたい 。… この回答が正答かは知らないが 、人付き合いに正解はないというし 。何処か芝居がかったように肩を竦めて自嘲するように笑ってみせる 。とはいえ 、出会いが悪いとは思えないのだが 。今時 、こんな女子高生いるんだなぁ 、なんて 、本や漫画でしか見ないような ... や 、ばあちゃんとこの近所の人の親戚の娘さんとやらはこんなだったか 、遊びに来てた所を度々混ぜてもらった記憶がある 。あのおね - さん 、今も元気なのかな 。姉と同い年らしいが __ なんて逸れかけた思考を正すように唇を嬉しげな笑みが象る 。 )   (11/24 22:49:01)

杞槿 / 三柳 伶子「 あなた、意外と運が良い人ね。… 知ってるわよ、よければ案内しましょうか 」 ( 仕組まれたものか自然に生まれるものか、相手の表情には随分と感情が宿る。そしてそれをぶったぎれるのが三柳という女。邪魔してごめんねという言葉には通常ならば大丈夫だ何だと言葉を返すのが形式上の礼儀というやつであるのは知っていて、けれど彼女は、その決まりきった挨拶を捨てて答えを返した。司書に聞けない相手を“運が良い”と称するのはある種の皮肉でもあるし、声を掛けた相手がその答えを知っていたことを素直に良かったねと祝福する意味合いもまた込めて、さあ、受け取りかたはお任せ致します、なんて。要するに鳥渡した仕返しである。 - しかし優しさが無い訳でもないらしく、最後には案内が必要かどうかを問いかけるように付け加えた。 )   (11/24 22:33:31)

杞槿 / 三柳 伶子( 腕を組んだ後、右手人差し指でとんとんと左の二の腕を軽く叩きリズムを刻みながら、棚に沿って足を進める。中学の頃より変わらない本を探す時の其の癖は、ある意味本探しに没頭していることを表す、のだが。不意に肩に触れた、何かの感覚によってぷつりと集中が途切れる。最初は同じく本探しをする生徒とぶつかったのかと思い、謝罪の言葉を頭に浮かべ振り返ってみたものの、視界に映ったのは爽やかとも軽いとも表せるからりとした少年。整った容姿ではあるのは直ぐに理解したが、溢される口調の雰囲気から軽い印象が強くなり、思わず肩を竦める。普段全然接しない、というよりも接点の無いタイプの人間だ。ごめんなさいね きゃー って出来なくて、なんて何処か棘のある思考回路を遠くの方で回したが、相手は意図せずであろうが本のことを自身に聞くのは間違った判断じゃないとは思う。それくらい、司書教諭ほどでは無いが図書室に詳しい自負はあった。なんてったって、ジャンル制限なく読み歩く派閥の読書好きですから )   (11/24 22:33:13)

尚 / 泉 春霞 .(( い!( 切れた )   (11/24 21:59:39)

尚 / 泉 春霞 .(( わーい褒められた ( 単純その2 ) 、ご丁寧にどうも 、は -   (11/24 21:59:32)

杞槿 / 三柳 伶子(( とと 、了解です - ! 寧ろ書き始めてるの凄いなって思いました 、( 単純 ) またもやお時間頂戴します !   (11/24 21:58:42)

尚 / 泉 春霞 .… あ 、ねぇ 。ごめんね - 邪魔してさ 。古典芸能 ? みたいな 、何処にあるか知ってる - ?( ねぇ 、なんて言いながら 、こつんと肩を指でつついてみせる 。選んだのは 、同学年らしい女の子 。軽く眉を下げつつ 、けろりと謝ってしまえば 、軽薄な表情を浮かべてはその目立つ容姿で 、大抵は言うことを聞いてくれるような人好きのする笑みを浮かべる 。しかしその中にも 、邪魔して申し訳ないという表情は詰め込まれており __ やはり 、母親譲りか 、表情が何かと様になっているような 、そうでもないのか 。)   (11/24 21:53:16)

尚 / 泉 春霞 .( 別段なんでもない 、只の日 。放課後カラオケ行こ - ぜ !! なんて誘いに断りを入れてから 、先生の呼び出しに応じたのが運の尽き 。やたらめったら機嫌の良い担任をからかい倒してみた所 、妹さんがご懐妊したらしいとかなんとか 。そりゃ目出度い 、なんて笑ってたら真逆手伝いを急遽頼まれるとは思わなかった 。しかも担任じゃない奴に 。ほんと彼奴人使いが荒い 、彼奴の部活の生徒とかエグそうだもんな - 、可哀想に 。にしても 、真逆態々図書室の本運んで来いとか何考えてんだ彼奴 。なんとか … 、古典芸能 、みたいな 。スマホで調べろよーって思って言ったらタメ口とはなんだ!なんて叱られてしまったので 、ちゃんと敬語にしてみたものの 、なんだかんだとダメ出しされて聞き出した結果は真逆のガラケー 。 兎にも角にもそんな本を集めて来なければならないらしい 。とはいえ日頃来ない図書室に何が何処にあるかなんてわからないし 、司書の女の子は明らか 『 話しかけないでください 』オーラを発してるし 。 )   (11/24 21:52:44)

尚 / 泉 春霞 .(( 大丈夫です ~ !! やること決まってましたので 、前半だけ書き始めてまして 、少々無理矢理感が ( ) 、横着はするもんじゃないよなぁって ( )   (11/24 21:52:40)

杞槿 / 三柳 伶子(( お待たせしました申し訳ない、繋げ難ければ修正します … !   (11/24 21:49:40)

杞槿 / 三柳 伶子( ゆらりと何処か緩慢な辺りを見渡すと、司書教諭の姿も無いことが直ぐに分かる。代わりに貸し出しを承る場所に居るのは委員会の生徒だろうか。あまり教諭と仲が良い訳ではない癖に、つまらないの 、なんて内心で思う。実は時々、仕事を観察させて貰っているのだ。今日はそれも出来ないけれど。さっさと借りて帰った方が良さそうね、なんて軽く考えて、先ずは哲学書が置かれた棚のほうへと潜り込む。先述した通り本の好みとは千差万別で、その中でも彼女は好みと呼べるものが随分多いタイプなのだ。 )   (11/24 21:48:49)

杞槿 / 三柳 伶子( 読書好きと一概に云えど、細かくすると好みは千差万別だ。不可思議な物語を嬉々として読む老人もいれば、難しげな哲学書に手をつける女性も、誰かの人生を綴ったものを読む少年も居る。彼等は日々を全く違う価値観の中に生きていて、それでも文章を辿ることを楽しんでいる。勿論その本好きのうちの一人としてもあるが、好みは違えども同じ文字読み仲間である彼等のそんな様子を見るのもまた好きで、図書館、延いては、学校内で一番書物が集う図書室に足を運ぶのは三柳にとってとても楽しく、そして穏やかになれる時間であった。 - しかし秋も終わりかけになると、夜の帳が落ちるのが随分早くなる。朝晩の冷え込みはより一層強くなり、故か放課後の図書室の利用客も冬に近付くにつれ少なくなることを彼女もよく知っていた。推理通り、という程に頭を働かせていないが、何時もの通り図書室の少し重たい扉を開けば視界に入ってくる人影は、数日前より確実に減っている。学生の中でもかなりの本好きと、勉強の為に居る生徒がすこし。秋冬は夏場より好みではあるものの、矢張り _ 勝手にそう思い込んでいるだけだが _ 仲間がいない寂しさはあった。 )   (11/24 21:48:40)

尚 / 泉 春霞 .(( やった!有難う - ! はいは - い 、   (11/24 21:24:04)

杞槿 / 三柳 伶子(( あッ手伝います手伝わせて下さいませ ( 、 ) それでは暫しお時間頂きます … !   (11/24 21:21:41)

尚 / 泉 春霞 .(( あ 、いいですね!そしましょ 〜 、そのまま手伝っていきます?( )   (11/24 21:17:54)

杞槿 / 三柳 伶子(( んん - 、三柳が図書室で本立ち読みとかしてる所に何らかの資料なりを頼まれたりなんなりした感じで探しにきた泉さんに声掛けて頂く、とか … ? そういう感じで宜しければ出だしは頂きますよ 、!( しちゅ提供下手 、 )   (11/24 21:16:57)

尚 / 泉 春霞 .(( ん 〜 … ペアが決まってないですし 、日常ですよね?ん ~ …… 、( )   (11/24 21:11:42)

杞槿 / 三柳 伶子(( そうしましょうか ! といっても しちゅ … 何かご希望の感じとかありますか 、( )   (11/24 21:09:12)

尚 / 泉 春霞 .(( うへやったぁ 、( ) / どっちでも!シチュによりけりで決めます?   (11/24 21:05:44)

杞槿 / 三柳 伶子(( 好きなとこ集める辺りもまた素敵やわ …… 、 ( ) うわい嬉しい … ! / 有難う御座います - ! 出だしとかどしましょ … ?   (11/24 21:04:09)

尚 / 泉 春霞 .(( 自分の好きなとこを集めたつもり …!気に入って貰えたなら有り難し … !! / かわいらし … 素敵 …… !! 、いいんですか ! 良ければ是非!   (11/24 20:56:29)

杞槿 / 三柳 伶子(( なんか文章が詩的になる辺りとかとても素敵です 、( ?? ) / 不器用ですとても ( 、 ) とと、もしお時間あればですが、少し成りませんか 、 ?   (11/24 20:54:32)

尚 / 泉 春霞 .(( ひえほんとですか ( ) 三柳さん私大好きだよ 、不器用そうですごいかわいい …… 、!!   (11/24 20:48:02)

杞槿 / 三柳 伶子(( 了解、お気になさらず 、 ! / それにしても泉さん素敵伽羅でひえってなりますね …… 、( 突然 )   (11/24 20:43:38)

尚 / 泉 春霞 .(( 誤爆 / 、有難う - !   (11/24 20:39:33)

尚 / 泉 春霞 .((   (11/24 20:39:12)

尚 / 泉 春霞 .(( おっと昨日タメって言ったの忘れてた 、たまに敬語入るかもしんないけど 、宜しく御願いね 、!   (11/24 20:38:35)

杞槿 / 三柳 伶子(( と、今晩和 ~ ! 伽羅投下お疲れ様でした 、改めて此方こそお願い致します ~ !   (11/24 20:36:59)

尚 / 泉 春霞 .(( 固定有難う御座います ! 宜しく御願い致しますね !!   (11/24 20:36:07)

尚 / 泉 春霞 .(( 今晩和 - !   (11/24 20:35:32)

おしらせ尚 / 泉 春霞 .さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/24 20:34:51)

杞槿 / 三柳 伶子(( その他は問題ありませんので、お二人様共に固定させて頂きました ! どうぞこれから宜しくお願い致します ~ / 暫し待機致しますね 、   (11/24 20:24:11)

杞槿 / 三柳 伶子(( 今晩和 ~ ! 設定確認させて頂きました 、あくまで普通の学校なので黒狼様の創作さんのマスクは校則的に微妙だったりすることだけはご留意頂けると助かります … ! ( 設定的には問題ないのですが、校則的に若干引っ掛かる感じではあるとだけお伝え致しておきます 、! )   (11/24 20:22:44)

おしらせ杞槿 / 三柳 伶子さん(Android au.NET)が入室しました♪  (11/24 20:16:33)

おしらせ黒狼さん(3DS 180.24.***.122)が退室しました。  (11/23 22:42:26)

黒狼((./ また 来ます .. !!   (11/23 22:42:22)

黒狼((./ では 今日中に .. 投下すると 思います .. !   (11/23 22:42:11)

黒狼((./ 主様 有難う御座います .. !! 一週間以内ですね 。かしこまりました ... ! もう少し待 ッ て頂ければ 投下致しますので .. 。すみません .. !   (11/23 22:41:13)

おしらせ黒狼さん(3DS 180.24.***.122)が入室しました♪  (11/23 22:39:51)

おしらせ柳 / 若草希望さん(Android 126.29.***.239)が退室しました。  (11/23 21:43:59)

柳 / 若草希望(( 失礼いたします、名前の通り若草色の子を予約したいなと…。宜しければお願い致します。背後はヤナギともうします!、では失礼します、   (11/23 21:43:56)

おしらせ柳 / 若草希望さん(Android 126.29.***.239)が入室しました♪  (11/23 21:43:01)


更新時刻 02:03:06 | 過去ログ | ルーム管理