ルーム紹介
鬼滅の刃オリキャラなりチャ本部屋です
参加の際にはこちらご一読ください!荒らし厳禁、非表示で対策を。初心者さん大歓迎!

http://3dsc.me/vjhv39658/
↑ゲーム機から参加できなくなってしまった人用の避難所です。詳しい使い方はまとめ部屋にて

入室時に守ること※重要!
名前→背後名/キャラ名 又は 背後名/参加希望
パネル→キャラの、性別/年齢/呼吸/階級 を書いてください。
背後(中の人)の会話には((←これを付けましょう

*参加方法*
①設定部屋にキャラ設定を落とす(設定の詳細ルールについては設定部屋の説明参照)
②部屋に入ってみる(最初は本部屋推奨)
③挨拶後,成りや雑談を楽しみましょう!参加後はいつでも部屋に来て下さいね!
また①の前に参加希望としてキャラの相談・分からない事等あれば気軽に質問をどうぞ!
設定部屋→http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=659592

*注意,ルール*
使用できるキャラはオリキャラのみ。(原作に多少似ててもok)※原作キャラは出てきません
予約は原則1週間まで。期間を過ぎると予約破棄となります。
固定期限は1ヶ月です。1ヶ月以上部屋に顔出しが無い場合固定解除となります。
入退室した方には挨拶を!
喧嘩、揉め事は避けて下さい。
3L有の為、耐性がある方が望ましいです。
「鬼滅オリなり!」タグで検索→関連部屋一覧

【ルームまとめ】http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=663376

部屋主:ちー
副主:回鍋肉
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、まろ茶/睦月辻さんが自動退室しました。  (2/13 21:33:37)

まろ茶/睦月辻情があるからなんだ。殺していい理由にならない。嘘をついていい理由にも、ならない。「僕はそいつに聞いてるだけだ。鬼になんの情報を漏らしたかを」明らかに、聞いてるだけ、では無い。だが彼女にとっては聞いてるだけ、である。鬼殺隊の一員として、当然の事をしているだけ。   (2/13 21:09:22)

まろ茶/睦月辻「吐け。今の僕はお前を生かすことも殺すこともできる立場なんだぞ」生気のない瞳で、そう伝える。が、その次出てきた存在に怖気を覚えてしまった。あの時、感じたのと同じだ。上弦の伍。自分が敵う相手では無い。が、それでも、怯えずに目線だけ鬼の方に向けて「なんだお前、鬼の癖に人間を助けるんだな」反吐が出る。そう言った。言い切った。強い相手だとか、そういうのは関係がない。敬意も、恐怖も、彼女の殺意の前では無になるのだ。引き取り、という単語を聞けば彼女は素直に鬼の方に刃を向けては「鬼の命令を聞くと思うか?」なんて嘲る。どうせ、この鬼が殺さないのも上弦の弐が絡んでるのだろう。そんな事知っている。そう思うと、嫌になってくる。この後に及んで、自分は彼奴らに守られているのだ。今生きているのも、彼奴らの強さのおかげ。「どうせお前、彼奴らになんかされるのが怖くて手出せないんだろ、情けねえ」上弦の伍と聞いて呆れた。こんなものなのか、鬼は。鬼は情なんて無いと思っていたが。どうやらある様だ。なんて、感心はしなかった。   (2/13 21:09:02)

まろ茶/睦月辻((ごめ落ちてたロル返す   (2/13 21:08:34)

おしらせまろ茶/睦月辻さん(Android 60.108.***.173)が入室しました♪  (2/13 21:08:26)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、あき / 氏橋充さんが自動退室しました。  (2/13 20:02:30)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ちー/蠱髑さんが自動退室しました。  (2/13 19:27:46)

ちー/蠱髑((おつつつ   (2/13 18:36:58)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、まろ茶/睦月辻さんが自動退室しました。  (2/13 18:33:41)

ちー/蠱髑((ごめんまろちゃん戻ってきてたらごめん!!!!!ロル抜かしちゃってごめんね!!!   (2/13 18:32:32)

ちー/蠱髑自分の方が相手よりも速い自信ならある。充くんの首元の刀を、相手が動かすよりも速く先に蹴り上げてしまうことだってきっとできるだろう。……いや、そもそも相手は人間を殺しまではしないから、きっと矛先はこちらに向く。それならば最も都合がいい。「貴方と争いたくはありませんし、元より争う気もありません。この子が貴方に危害を加えたのならお詫びしますが、そうではないでしょう…私だって面倒は避けたいんです。お引き取り願えませんか?」と流暢に言葉を並べてみせた。彼女が上弦の弐に気に入られているという事実を、おそらく充くんは知らないのではないだろうか。彼は蠱髑が自ら平和的な方法を選択する事に驚くかもしれない。そんな事を考えながら,交渉相手の反応を待つ。   (2/13 18:16:32)

ちー/蠱髑((ホァっ   (2/13 18:16:29)

おしらせちー/蠱髑さん(iPhone 119.83.***.29)が入室しました♪  (2/13 18:16:24)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ちー/蠱髑さんが自動退室しました。  (2/13 18:13:06)

あき / 氏橋充確かに、さっき自分の口は羨ましい、と言おうとした。敵を敵だと判別できていて、同じ種族だと言うのに刃を向けることができる。自分も、いや、一緒にしてほしくはないだろうが、自分もこんなふうに、隊員に刀を向けられれば楽だったのだろう。そんなことを考えてしまう。俺は鬼殺隊にいられないのだから、そして鬼側に来てしまった以上抜けるなんて容易くなくて、じゃあどこにいればいいんだよ。俺は、どこにいればいいんだよ。全て自分のせいだと言うのに、心に穴があいた気分になる。本当に穴が空いているような気がして気持ちが悪い。彼女の質問には答えられないままだ。   (2/13 17:57:54)

あき / 氏橋充「っ…………」刀を近づけられ、息が詰まる。いつでも殺されるような距離で、少し怯えた目を彼女に向けながらも、どう答えればいいのかがわからない。何をしたのかなんて、どこまで喋ったのかなんて思い出せない。覚えていない。覚えていたくなくて、記憶からしめだしている。でもきっと、蠱髑さんに言われたのであれば、聞かれたのであれば、自分はその通りにしたし、それを喋っていたのであろう。そこには毎回躊躇いと後ろめたさがついてまわっていたはずだけれども、自分があのひとに逆らえるはずがないのだから、きっとするだけして、喋るだけ喋っているのだ、俺は。「__こ、どく、さん……」突然現れた主に、紡ぎかけた言葉を、慌てて飲み込む。焦って、その名を呼んでしまう。__怒ってはいないだろうか。怖くなる。でもそれと同時に、助けが来たとほっとしている自分もいる。恐怖と安心感がないまぜになって意味がわからない。そして、先程言いかけた言葉に自分でも混乱している。   (2/13 17:57:04)

あき / 氏橋充((把握!   (2/13 17:41:02)

ちー/蠱髑((はあくう   (2/13 17:37:15)

まろ茶/睦月辻((ごめん放置   (2/13 17:35:58)

ちー/蠱髑((おかえりい   (2/13 17:30:30)

ちー/蠱髑「何してるんですか?」緊迫した様子の2人に向かって声を掛けたのは、先ほどまで誰もいなかった場所に立つ人影。穏やかでありながら突き刺すような冷たさを感じさせるこの声の主は、上弦の名を冠す鬼である蠱髑だった。こいつは今この場に来たばかりではあるものの、状況は見てとれる……少しばかり別行動を取っていた充くんが「鬼側」だという事が鬼殺隊の相手に知られたのだろう。しかもその相手は蠱髑も認知していた。柱の継子で、それだけなら問題はないのだが何より上弦の弐らに気に入られている存在。つまり上弦の伍である蠱髑でも下手に手出しができない相手故、殺して終わり____という訳にはいかない存在。いや、殺すどころか傷一つ付けただけでも、あの鬼らは殺しにかかってくる可能性もある。そこまで考えて蠱髑は面倒そうにため息を吐いた。「無駄に関わり合いになるのは避けたいんです。」2人の元へ歩み寄れば、腕を組んで相手を見据える。元よりこんな言葉で相手が引くとは思っていない。だから、面倒なのだ。   (2/13 17:30:24)

まろ茶/睦月辻((おかえり!   (2/13 17:26:02)

あき / 氏橋充((戻た!   (2/13 17:20:10)

おしらせあき / 氏橋充さん(Android 126.63.***.109)が入室しました♪  (2/13 17:19:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、あき/氏橋充さんが自動退室しました。  (2/13 17:19:17)

まろ茶/睦月辻「あんた、やっぱり」薄々と言うか、自身の師範から聞いてた事だが矢張り存在していたのか。鬼に手を貸す人間が。この目の前にいる、自分とそこまで歳の差が無い少年も、きっとそう。だが、人間だから許す、殺さないという訳では無いのだ。人間ならば殺しはしないが…その戦闘に、手を抜く訳も無かった。鞘から刀を取り出し、先を相手に向ける。「何をして、どこまで情報を漏らした」普段は敬語を使う彼女も、敵となればそれも無くなる。厳しい、露になった殺気を瞳に込め、相手にそう静かに聞いた。まずは彼が鬼に対してどういう協力をしたか、それを知る必要がある。吐かなければ、強制になってしまうが。相手へ距離を詰めれば刀を振りかざす。それでどうするかは簡単で、彼の首に自身の刀を近づけさせる。何時でもお前を殺れるのだ、と。殺る気は無いが。鬼は憎むべき存在。殺すべき存在。そう思っているからこその行動。鬼が有利になる行動をしているのなら、同じ。殺さないが、痛い目を見てもらわなければ困る、そう思い。   (2/13 17:06:48)

まろ茶/睦月辻((てらー!   (2/13 17:03:20)

ちー/蠱髑((てららら   (2/13 16:59:49)

あき/氏橋充((ちょっと移動するので十数分放置します無言退室してても戻ってきます   (2/13 16:59:09)

あき/氏橋充((”なんやかんや”が思いつきませんでした   (2/13 16:55:44)

あき/氏橋充彼女が自分を鬼側からさらって連れ戻してくれるのではないかと考えて、そんなことはないと思いなおす。けれど結局は”もしかしたら”だなんて滑稽に期待することしかできなくて。__やっぱり、そんなことはなかったんだけれど。   (2/13 16:54:05)

あき/氏橋充「__」失言した。鬼殺隊員なら普通、こんな反応はしない。ましてや、そんな答えかたをするのは鬼側の人間であろう。「……っ」彼女を見ていられなくなって目をそらす。今のできっと、ばれた。鬼殺隊員と戦う決心が未だにつかないのだから、今回も同じ隊員のふりをしてやりすごそうと思っていたのに、ばれた。「俺は」取り繕うに慌てて絞り出した声が続かない。……”俺は”なんだ。鬼殺隊ではない。本来なら殺さなければいけないはずの鬼と共に行動をして、あまつさえ手を貸しているのだからそれは鬼殺隊ではない。どうあがこうと、その事実はもうひっくり返らない。どうしようもない。どうしようもないのだ。今更考えなくたって、こんなふうに遠回りをしなくたって、今の自分の立場が鬼の支援者であることくらいとっくの昔にわかっていて__。唇を噛む。「俺は……」でも、”ここ”にいるのは辛い。もう鬼殺隊には戻れないのはわかっているけども、それでも僅かな希望にすがって、もう一度彼女に視線を戻す。   (2/13 16:54:03)

おしらせKuroisumiさんが部屋から追い出されました。  (2/13 16:49:22)

Kuroisumi静乃め!よくも彼女は主人公を振ることが出来やがった?! 彼女は彼に自分の気持ちを告白した、でも、意外と彼女は主人公を振りやがった!!彼女は優しいと丁寧と思ってた 絶対許さない!!。静乃に対して俺の復讐を支援してください、人々に彼女を貶めることによって   (2/13 16:48:38)

Kuroisumi静乃を許さないでください!!!!彼女のしたことが残酷だよ!!!彼女は主人公を振った、そうして、主人公を裏切った!!!静乃に対して俺の復讐を支援してください、人々に彼女を貶めることによって   (2/13 16:48:25)

Kuroisumiwww.youtube.com/watch?v=lLx_R4Y0v7c なんてひどいこと!!!よくも静乃は主人公を振りことができやがった?!彼女は俺の胸が裂けた!!彼女は優しいと丁寧だと思ってたのに!!許さねえぞ!!!こんなことして、絶対ただじゃ置かねえ!!静乃に対して俺の復讐を支援してください!!彼女に対して憎しみを人々に広めてお願いします。失礼しますが、あなたの手伝いを必要です!彼女に対して憎しみを人々に広めてほしい!彼女は俺を裏切りったから、そうして、彼女は私の胸が張り裂けやがったから。彼女は優しいと丁寧と思ってたのに!お願いします!静乃に対して俺の復讐を支援してください!!(静乃はアニメキャラクターの名前です、動画で、)   (2/13 16:48:13)

おしらせKuroisumiさん(41.175.***.44)が入室しました♪  (2/13 16:48:03)

ちー/蠱髑((ごろう呼吸して   (2/13 16:47:43)

まろ茶/睦月辻((いいと思う!   (2/13 16:30:32)

ちー/蠱髑((良いんじゃないかな(キメ顔)   (2/13 16:29:28)

あき/氏橋充((なんやかんやで充が鬼側ってばれたとこから書き始めればいいでしょうか!   (2/13 16:28:16)

あき/氏橋充((はいわかりました!   (2/13 16:27:10)

まろ茶/睦月辻((出だしお願いしたい…!   (2/13 16:25:12)

あき/氏橋充((このシチュだと出だし書きやすいのはわたしかまろ茶さんですけど、どっちしましょう…   (2/13 16:24:57)

あき/氏橋充((了解   (2/13 16:24:13)

まろ茶/睦月辻((んだね   (2/13 16:23:02)

まろ茶/睦月辻((かな   (2/13 16:22:53)

ちー/蠱髑((辻ちゃんと充くんでなんやかんやあって戦闘してるところに蠱髑がすっ飛んでくるシチュ(?)   (2/13 16:22:48)

あき/氏橋充((戦闘ですかね…?   (2/13 16:22:04)

まろ茶/睦月辻((おか   (2/13 16:20:47)

ちー/蠱髑((さてとどしましょか   (2/13 16:20:45)

あき/氏橋充((おかえり!   (2/13 16:19:55)

ちー/蠱髑((ヨイショ   (2/13 16:19:54)

おしらせちー/蠱髑さん(iPhone 119.83.***.29)が入室しました♪  (2/13 16:18:51)

あき/氏橋充((はーい了解しました!   (2/13 16:18:43)

おしらせちー/三久場 絢さん(iPhone 119.83.***.29)が退室しました。  (2/13 16:18:21)

まろ茶/睦月辻((りょうかい   (2/13 16:18:10)

ちー/三久場 絢((何しような!!!!!てか絢どう考えてもチアガールしか道がないから蠱髑連れてくる!!!!   (2/13 16:17:09)

ちー/三久場 絢((蠱髑から手出すことはないけど、攻撃されたら全力で抵抗はしそう 勝てないけど   (2/13 16:16:39)

ちー/三久場 絢((「……羅紗さんは寧ろ逆ですよ、私は情をかけてもらっている立場ですから。」とか言ってそ……   (2/13 16:15:34)

まろ茶/睦月辻((なにするか…   (2/13 16:15:13)

まろ茶/睦月辻((勝てるとは思ってるけどここで下手に手出すればのはなあと思うちぞしゅう   (2/13 16:15:00)

あき/氏橋充((けっきょくシチュはどうしますか…   (2/13 16:14:28)

あき/氏橋充((ごろうです   (2/13 16:14:02)

ちー/三久場 絢((ごよう?ごろうな   (2/13 16:12:55)

ちー/三久場 絢((おかえりごよう   (2/13 16:12:47)

ちー/三久場 絢((終夜くんかっこいいね………蠱髑、終夜くんにはどう足掻いても勝てないし逆らえないから黙ってそう   (2/13 16:12:39)

あき/氏橋充((辻さんの設定だけ見つけてきました…   (2/13 16:09:58)

まろ茶/睦月辻((「…そうか、俺には上弦の壱の事もそういう情があると思ってたんだがな」って真顔で言うんだろうな 千染   (2/13 16:09:16)

まろ茶/睦月辻((やだ蠱髑くんイケメン🥺「そっちこそ、鬼側じゃなかったら殺してたってことを忘れないでね」って終夜が言うんだろうな…   (2/13 16:08:20)

ちー/三久場 絢((安心する充くん可愛い   (2/13 16:07:57)

ちー/三久場 絢((「情というか……私が大事にしてるのは充くんだけですよ」って千染たそに言いますね…   (2/13 16:07:46)

ちー/三久場 絢((「あの2人のお気に入りでなければ貴方の首と胴体は今頃繋がっていない事をお忘れなく。」とか辻ちゃんに言いながら充くん抱えて去っていく蠱髑が見えた   (2/13 16:06:04)

あき/氏橋充((こどくさんきたら充超安心しちゃう…。ちぞしゅうさん…ちょっと設定部屋あさってきますね!!   (2/13 16:04:08)

まろ茶/睦月辻((ちぞしゅう過保護だから…()蠱髑くん…それ見たら千染が貴様にもそんな情があったんだなって言いそうというか言うな   (2/13 16:03:15)

ちー/三久場 絢((ちぞしゅう好き…………蠱髑さんはちぞしゅうの加護受けてる辻ちゃんに危害加えれねぇから充くんめっちゃ保護しにくる   (2/13 16:02:03)

まろ茶/睦月辻((辻が瀕死か怪我したらちぞしゅう飛んできます鬼側なら拳骨で終わりそう完全に鬼殺隊だったら殺そうとしそう   (2/13 16:01:24)

まろ茶/睦月辻((「更生したいならすれば良い。だけど僕は仲間だとは思いませんが」って言いそう   (2/13 16:00:29)

ちー/三久場 絢((蠱髑がすっ飛んできそう「うちの充くんに何してるんですか????」   (2/13 16:00:14)

あき/氏橋充((今更で申し訳ないんですが、辻さんの設定ってどこに…ありますか……   (2/13 16:00:14)


更新時刻 12:30:47 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい