ルーム紹介
  


□ 自室兼成り部屋

□ 窓越し . 入室歓迎 ( 一対一 )

□ 練習室でもある故 、非似注意

□ 荒氏 、宣伝等 御断り
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、水柱 .さんが自動退室しました。  (1/8 17:13:12)

水柱 . こんな時間から俺を連れて来るとは ... 随分と暇なんだな ( 襖の奥の人の気配に 冷めた視線を向け 、告げる 。今日は平日で 、然も未だ陽も落ちて居ないというのに どうもすることがないらしい 。一先ず 炬燵に身を埋めてみた 。)   (1/8 16:52:38)

おしらせ水柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (1/8 16:48:47)

おしらせカナヲ .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (1/7 20:28:58)

カナヲ . 御夕飯食べないと .. ( 襖の外から聞こえる アオイの声に 反応すれば 、炬燵の中から抜け出す 。今日は一体何を作ってくれているのだろうか 。)   (1/7 20:28:56)

カナヲ . ... ( 懐から銅貨を取り出し 、ピンッと弾くと 再び手元に戻ってくる其れ 。銅貨の向きの結果を見ては 、謎めいた笑みを浮かべた侭 ぽつり 、と 呟いた 。) 最近 、任務で忙しくて シャボン玉も .. 師範との稽古も出来てない 。   (1/7 20:13:51)

カナヲ . 私 、なの ... ? ( 一度大きな目を 不安げに瞬かせるものの 、直ぐに何時もの表情を取り戻す 。何も考える必要はない 、云われたことに従順になるだけ 。其れだけで良い 。初めて入る部屋に 警戒しつつも 、一先ず 中央の炬燵に身を埋めた 。)   (1/7 20:07:07)

おしらせカナヲ .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (1/7 20:04:45)

おしらせ水柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (1/7 20:02:50)

水柱 . ... 矢張り 別の人の方が良いだろう 。( しん 、と 静まる部屋に ぽつりと独り言を零しては 炬燵から出る 。誰か代わりは居るだろうか 、何て 考えながら 少ししか居座らなかった部屋を後にした 。)   (1/7 20:02:48)

水柱 . .. 年明け最初は 俺なのか 。 ( どうやら 間を空け過ぎた様だ 。クリスマスから 訪れる事の無かった部屋を見 、凪いだ目を瞬かせる 。最後に来たのは 錆兎 みたいだ 。随分と久しい 、と 口には出さず 心の中で呟くと 其の儘 炬燵に腰を下ろした 。年が明けて大分経ってしまったが 、何にせよ 年が明けて最初の入室は自分 。他の柱や錆兎の方が華があって良いだろうが 、とも思ったが 「 男らしくないぞ 、義勇 」と 怒られそうだったので 其れ以上考えるのはやめておいた 。)   (1/7 19:46:28)

おしらせ水柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (1/7 19:41:18)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、錆兎 .さんが自動退室しました。  (2019/12/24 23:34:11)

錆兎 . そうだ 、クリスマスイブと言ったか 。そして 明日が本祭らしいな 。( あ 、と 突然行事名を思い出し 其の儘口に出す 。" イブ " と言うのは 前夜祭の様なもので 、明日が本祭 " クリスマス " らしい 。何でも 、子供の元には見知らぬ異国の老人から贈り物が届くとか何とか 。)   (2019/12/24 23:12:13)

錆兎 . 今日は 祝い事をする日だと聞いた 。名前は .. 何だったか 。兎に角 俺には生前から関わりのない行事だということだけは 理解したが 。( 幼くして孤児になり 、鱗滝さんの元で 短い間だが 育てられた自分には 西洋の文化など 馴染みのないものだった 。行事名も先程 真菰から聞いたが 、ぼんやりとした記憶であるだけで思い出せない 。そんな彼女は 鱗滝さんとお祝いしたいなぁ 、と 笑っていた 。)   (2019/12/24 22:51:01)

錆兎 . 然し 、見る限り彼女は中々毒舌な様だ 。.. 義勇は別段 、悪気があって言っている訳ではないのだがな 。( 下記を見ると 困った様に眉を下げる 。彼は不器用なだけで 、言葉自体に悪気はないのだ 。まぁ 、それでも 彼と親しくしてくれている同僚がいると知れただけで少し安心した .. 様な気がする 。)   (2019/12/24 22:46:28)

錆兎 . 俺か 。此処に俺を連れて来るのは 初めてだな 。( 幼い侭の姿から変わらない自身の背丈よりも更に小柄な女性と 入れ替わる様にして 部屋に入れば そう呟く 。矢張り回数をこなしているからなのか 、先程の彼女よりも より扱い易いらしい 。俺を 誰にしようか迷った時の最終兵器の様に扱うな 、と言いたい所だが我慢しよう 。)   (2019/12/24 22:43:22)

おしらせ錆兎 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (2019/12/24 22:40:55)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (2019/12/24 22:40:09)

蟲柱 . 大分長い時間 居座ってしまいましたし 、そろそろ誰かと交代しますね 。( そう言うと ゆるりと立ち上がり 其の儘部屋を後にした 。)   (2019/12/24 22:40:07)

蟲柱 . まぁ 、人の捉え方は其々ですし 私が口出しすることではありませんが ( だがあの調子だと 同僚は愚か 世間をも敵に回しそうな勢いだ 。流石 天然ドジっ子 。何て 、今は何時もの部屋には居ないらしい彼への一抹の不安が頭を過ぎったのだった 。)   (2019/12/24 22:21:07)

蟲柱 . 冨岡さんが 又 身も蓋もない様な事を 仰っていたみたいですね ( 窓を開けて 暫し他部屋を眺望していた所 、夕刻窓越しに会話した彼の趣の欠片もない言葉を聞き 、一人呟く 。相変わらずだ 、と 眉を下げた 。)   (2019/12/24 22:11:40)

蟲柱 . 今日は何だか賑やかですね 。( ふと窓外を見ると 、数人の人影が 。まるで歌うような口調で そう言うと 、夜空に浮かぶ月を眺めた 。生憎 、今夜は満月ではないらしい 。)   (2019/12/24 21:59:13)

蟲柱 . さて 、何方でもお待ちしていますよ 。( 何時もと同じお決まりの台詞を言うと にこりと目を細めた 。)   (2019/12/24 21:21:36)

蟲柱 . 私ばかりになってしまっていますね .. ( 下記を眺めると 、肩を竦め 。扱い易いからという理由で 私ばかりに連れてきていたら 他の方に申し訳ないです 。)   (2019/12/24 21:15:23)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (2019/12/24 21:13:10)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (2019/12/24 20:31:47)

蟲柱 . 少し退出します 。亦 私で来ますね 。( 部屋の明かりを消すと 襖に手を掛けた 。)   (2019/12/24 20:31:45)

蟲柱 . 近頃 カナヲが竈門君のことを気に掛けている様なんです 。.. ふふ 、カナヲも随分 心の侭に動けるようになりました 。これも彼のお陰 、でしょうか 。( 継子の最近の様子を思い出すと 、柔らかく微笑む 。ついにあの子も 恋をするようになったのよ 、姉さん 。と 今は亡き 最愛の姉に報告するように 心の中で呟いた 。姉が居たら 何と言うだろうか 。きっと あの笑顔で自分のことのように喜んでいたに違いない 。)   (2019/12/24 20:30:24)

蟲柱 . 今日は恋人と過ごす という方も多いのではないでしょうか 。剰り夜遅くまで外に居ると危ないですから 、此方としては逢瀬は屋内でと言いたいところですが .. 雰囲気に水を差してしまいますね 。( とは言ったものの 、鬼は屋内にも入ってくるのだが 。自分は恋人も 、共に過ごしたいと想う人も居ない身 。要らないことを言うのは野暮というやつだろう 。)   (2019/12/24 20:23:35)

蟲柱 . 以前 町で綺麗な櫛を見かけたのですが あの時は生憎 時間がなくて .. 、御縁がなかったのかもしれません 。( 以前に一目惚れした藤の花と蝶の絵柄の入った 櫛を思い出す 。迚も綺麗なものだったが 、購入する機会には恵まれなかった 。鬼殺隊士の中では大きな意味を持つ藤の花と 、自分自身に関連のある蝶 。頗る魅力的に映った分 、落胆ぶりも大きかったが 仕方がない 。そう思うと 苦笑いを浮かべた 。)   (2019/12/24 19:53:01)

蟲柱 .   (2019/12/24 19:43:18)

蟲柱 . 今晩和 。今日は任務が入りませんでしたね 。( 夕刻と同じ様に 部屋にひょこり 、と顔を出すと 其の儘入室 。)   (2019/12/24 19:40:20)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (2019/12/24 19:38:00)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (2019/12/24 16:45:46)

蟲柱 . 私も一旦退出しましょうか 。又 夜に 、任務が入らなければ 来ます 。( そう言うと 羽織を揺らしながら 部屋を後にした 。)   (2019/12/24 16:45:43)

蟲柱 . あら 、お気をつけて 。( 部屋から姿を消した彼に 、言葉を掛ける 。彼の背中を見送ると 、再び炬燵に身を埋めた 。)   (2019/12/24 16:36:43)

蟲柱 . そうですか 。まぁ 、そういうことにしておきますね ? ( 普段より些か饒舌に思える彼を見ると 、揶揄う気も少し薄まる 。" 其れ位言う 何て仰いますが 、普段 そんなに喋らないじゃないですか " そんな言葉も頭を過ぎったが 言わないでおいた 。) 相変わらず冷たいですね 、そんなだから嫌われるんですよ ( 何時もと何も変わらない無愛想な応答に 笑みを浮かべた侭 毒を吐く 。この後は " 俺は嫌われてない " のお決まり台詞でしょうか 。)   (2019/12/24 16:34:44)

蟲柱 . ... あらあら 、冨岡さんからお小言を頂く日が来るなんて 思いませんでした 。ですが 、その通りですね 。気をつけます 。( ぱちくり 、と 大きな瞳を瞬かせると 少しの間のあとに 目を細める 。其処で 言い返す程 私は子供ではありません 。今回は彼の言うことも 概ね正しい 。) やっぱり 忘れてはいたんですね 。( 町の様子を見て 何の日か思い出すとは 、如何にも彼らしい 。ふふ 、と 口元に弧を描くと " 冨岡さんは何かご予定 あるんですか ? " と 訊ねた 。まぁ 、人に訊ねては居ますが 私に予定なんてありません 。)   (2019/12/24 16:17:38)

蟲柱 . つい薬品の研究に没頭してしまって 御時間になっていたみたいです 。( 確かに 、退出する際には一言掛けてから というのを心掛けていたからなのか 無言の侭 去るのは 彼の言う通り珍しいかもしれない 。彼が 私のことを " 人を弄ることが好きな奴 " だと認識していること何て露知らず 。) そういえば 、今日はクリスマスイブなんですよ 。知ってましたか ? 冨岡さん 。( 窓から少し身を乗り出して 首を傾げると 、" 天然ドジっ子 " の彼に 教えるつもりで告げた 。)   (2019/12/24 16:03:00)

蟲柱 . はい 。.. もしかして 、戻って来るのを待っていたりしましたか ? ( " 胡蝶か " 、と 名前を呼ばれると返事をし 首を傾げる 。先程 退出する前から もし 彼が私の存在に気づいていて 少しだけでも帰りを待っていたのだとしたら 申し訳ない 。)   (2019/12/24 15:52:18)

蟲柱 . あら 、冨岡さんが居らっしゃいますね 。( 部屋に入り直した序でに 他の部屋を覗いてみれば 共に任務を遂行することも多い水柱の彼の姿が目に留まり 、その名を口にした 。)   (2019/12/24 15:39:20)

蟲柱 . 落ちちゃってましたね .. うっかりです ( 眉を下げて 笑いつつ 、襖を再び開けて 。)   (2019/12/24 15:36:50)

おしらせ蟲柱 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2019/12/24 15:36:02)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、蟲柱 .さんが自動退室しました。  (2019/12/24 15:33:56)

蟲柱 . 先日 、中々手に入らない貴重な薬品を頂きました 。これが私にとっての クリスマスプレゼント 、と言ったところでしょうか ? ( クリスマスと言えば 、と 口を開くと やや弾けた様子で そう言う 。鼻の利く 彼が今の様子を見たのなら " 嬉しそうな匂いがします " 何て言うだろう 。)   (2019/12/24 15:00:44)

蟲柱 . さて 、何方か いらっしゃるのを待ちましょうか 。( 炬燵に身を埋めると 、そう呟いた 。)   (2019/12/24 14:51:36)

蟲柱 . 今日は クリスマス・イブ みたいですね 。まぁ 、私には剰り関係のないことですけれど 。( 町の人々が 家族で 、はたまたは恋人と 団欒し 、逢瀬し 、今日を祝う夜には きっと 仕事が入るのだろう 。浮き足立つ町の人の様子から 、雰囲気くらいは味わっておきたいものですが 。)   (2019/12/24 14:46:45)

蟲柱 . 出入りを激しくさせないで 頂けます ? ( 色を間違えました 、と いう 紙を襖の奥から 恐る恐るといった様子で差し出されると にっこりと笑みを張り付け 襖の奥に告げる 。苛立ってなんて居ませんよ 、お願いしているだけ 。)   (2019/12/24 14:41:07)

おしらせ蟲柱 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2019/12/24 14:38:35)

おしらせ蟲柱 .さん(docomo spモード)が退室しました。  (2019/12/24 14:38:33)

おしらせ蟲柱 .さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2019/12/24 14:38:24)

おしらせ水柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (2019/12/23 22:20:55)

水柱 . すまない錆兎 ... 今日は 切り上げの時間が早いみたいだ .. 亦 見掛けたら 声でも掛けてくれ 。( 今日も話せて嬉しかった 、と 適当な紙に筆を走らせ 烏を彼の部屋へと向かわせれば そんな手紙に 短く呟いた言葉を添え 部屋を後にした 。)   (2019/12/23 22:20:53)

水柱 . 嗚呼 、分かった 。( 湯浴みだと言って 部屋を去る彼に こくり 、と 頷くと 帰ってくるまでは炬燵にでも入っていようと 身を埋めた 。) (( は ~ い !   (2019/12/23 22:10:40)

水柱 . .. すまないな 、どうも そう言われると 俺は弱い 。( 今の自分を 、彼は知らない 。当たり前だ 、自分と彼は時の流れが違う 。そして 彼の時の流れを止めてしまったのは .. 紛れも無い自分自身 。もう少しだけでも 、俺が強かったら 錆兎はあの時 。思い出したらきりが無い 。) .. 善処しよう 。( 一度死んだ表情筋を蘇生するにはかなり時間が掛かりそうだ 。然し 彼の口から出た言葉なら 、其れもいつか叶えたいとも思う 。尤も 、俺は親しい者以外と話すのはあまり好きでは無い性質なのだが 。)   (2019/12/23 22:03:58)

水柱 . .   (2019/12/23 21:57:54)

水柱 . (( あっ 、読み間違えました ( ) 一体 ~ からの文は省いて下さい .. ))   (2019/12/23 21:45:45)

水柱 . そうなんだが 、どうもな 。( きっと今の自分を同僚達が見たら 唖然するだろう 。饒舌であることに加え 、自分でも表情がころころと変わっている気がするからだ 。然し其れも 、彼の前だけでは駄目なのだ 。こういうのを表に出せないから 、彼女にああ言われてしまったのだろうか 。分からん 。" そういう所ですよ 、冨岡さん " 何て 良く知る同僚の蟲柱の声で囁かれた気がした 。) .. お前の前だから 、少し 昔の俺が戻ってきているのかもしれない 。( ふむ 、と 真面目な顔で頷く 。一体何が自分をそうさせたのか 、という呟きには答えなかった 。理由は 彼自身が其の原因であると本人に告げたくなかった 。其れだけだ 。)   (2019/12/23 21:44:45)

水柱 . そういうものなのか 。有難う 錆兎 。( つまり 、大人数の中では 一人 二人に嫌われていても仕方がない 、ということか 。否 、嫌われていることを認めた訳でないが 。.. 同い年の柱達は 自身を煙たがっているという自覚はほんの少しあるが 他はどうなのだろう 。邪険に扱われてはいないし 、嫌われていないと思う 。) ん 、そうか ? お前の前では 幾分か緩くなっている心算だ 。( 彼と話していると 昔を思い出すのか 良い意味で調子が狂う 。故に 同僚達には剰り見せない顔をしていると思っていたのだが まさか表に出ていなかったのか 。折角 彼と話せているというのに 、一度働かなくなった表情筋は簡単には作動しないということなのか 。)   (2019/12/23 21:25:33)

水柱 . ... 済まない 、こんなことも自分の手で対処できない俺は 男らしくないな 。( 見損なった 、と 言われると 瞬きを数回し 目を伏目がちにした 。錆兎にも 見損なわれてしまったら 如何したら良いのか 。俺はあの頃よりも余程 言葉を選んだり 感情を伝えるのが 苦手になったらしい 。) .. そうだな 、引き締めなければ 。( 緩んでるぞ 、と 口元を指す彼の指先に 目を向けると 神妙な面持ちで頷く 。心なしか 錆兎の顔も 緩んでいる気もするんだが 、気のせいだろうか 。)   (2019/12/23 21:07:14)

水柱 . あ .. 、違うぞ 錆兎 。同僚に " 嫌われている " だとか そんな指摘を受けた訳ではない 。( しまった 、あの本の話を零してしまうとは 。あ 、と 小さく口を開けば 視線を上の方へと泳がし 必死の弁明 。.. 悲しいかな 、其れが弁明よりも寧ろ 墓穴を掘っていることには 気付いていないらしい 。本当に任務以外では " 天然ドジっ子 " である 。もし 例の彼女が其れを指摘したとしたら 、心外という顔をするだろうけれど 。)   (2019/12/23 20:50:45)

水柱 . そうか 。( 此れは要らぬ報告だった様だ 、と 漸く悟る 。特に用はないんだ 、と 告げられると 短く返事をした 。) 何故謝る 。" ふぉろー " をするのは 友人の務めだと 本で読んだのだが .. ( 其の本というのは 人に好かれる為の指南書のような物である 。... 断じて 、胡蝶に指摘された あの事を気にして 購入した訳ではないぞ 。俺は嫌われていない 。)   (2019/12/23 20:38:26)

水柱 . .. 真菰なら 先程迄 此の部屋に居たみたいだぞ ( 真菰 、という名が聞こえたので 取り敢えず報告してみた 。然し 目を瞑ると真菰が見えるとはどういうことだろうか 。) 大丈夫だ 。.. 独り言は良くある 。( 直ぐに気付かなかったことを詫びられると 首を振る 。そして 先の独り言も聞いていたのか 、フォローになっていないフォローを入れてみた 。)   (2019/12/23 20:26:02)

水柱 . ん 、錆兎が居るな 。( 窓の外に目を向けると 昨夜 窓越しで会話した彼の姿が 。何やら 眉間に皺を寄せて 呟いている様だ 。)   (2019/12/23 20:10:39)

水柱 . もう 年の瀬か 。早いものだ .. ( ちらり 、と 青い瞳を七曜表に向けると " 師走 " の文字 。そして 今日は二十三日 。もう今年も終わりである 。)   (2019/12/23 20:07:29)

水柱 . .. すまない 、胡蝶 。( 襖が開いた時には 驚いた 。部屋を後にした彼女に もう聞こえないだろうが ぽつり 、と 告げれば 未だ暖かさの残る部屋へと 入った 。) .. 連日俺ばかりで 申し訳ないな 。   (2019/12/23 20:01:58)

おしらせ水柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が入室しました♪  (2019/12/23 20:00:33)

おしらせ蟲柱 .さん(iPhone 210.146.***.38)が退室しました。  (2019/12/23 20:00:12)

蟲柱 . 少し 私が増えてきたみたいなので 誰かに交代しましょうか ( 窓の外を見 、炬燵の中から 小柄な身体を抜き出すと 凍てつく空気の流れる廊下へ 。すると 外で待機していた 誰かと鉢合わせした様で " 御免なさいね 、御部屋 どうぞ " 何て 告げた 。)   (2019/12/23 20:00:10)

蟲柱 . あらあら 、さようなら ~ 。亦 来て下さいね ( 炬燵の中から 彼の背中を見送れば そんな言葉を投げ掛けた 。)   (2019/12/23 19:56:45)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、水柱 /さんが自動退室しました。  (2019/12/23 19:55:38)

蟲柱 . 今日は冷えましたね 。宜しければ 一緒にどうです ? ( 外の寒さを思い出し 、彼に炬燵に入ることを勧めた 。)   (2019/12/23 19:44:22)

蟲柱 . あら 、冨岡さん 。今晩和 ( 亦 他人と剰り馴れ合わない 珍しい人物が入室してくれましたね 、と 心の中で呟くと 、何時もの調子で 彼に挨拶をし 。)   (2019/12/23 19:36:10)

水柱 /すまない…邪魔するぞ、(一色を貫く質素な瞳を細め貴女を定めれば会釈し、)   (2019/12/23 19:35:20)

おしらせ水柱 /さん(iPhone 211.128.***.142)が入室しました♪  (2019/12/23 19:34:02)

蟲柱 . さて 、何方でも お待ちしてますよ 。( 紫色の瞳を細めると 、いつの間にか用意した 熱い緑茶を一口飲んだ 。) ... 今日も随分 、冷えましたね 。   (2019/12/23 19:32:29)

蟲柱 . 因みに 、単行本は十七巻迄 読了しているらしいですよ 。.. 私に何でも 言わせようとしないで下さいね 。( すす 、と 差し出された紙に書いてある文字に一通り目を通すと 自分の言葉にして告げる 。そして 、額にぴきりと青筋を浮かべると 襖の奥に向かって 笑い掛ける 。.. いけませんね 、感情を制御できない者は 未熟者です 。)   (2019/12/23 19:27:09)

蟲柱 . そうそう 。私をはじめ 、殆どの方は初めて成るそうですよ ? 剰り似ていなくても 大目に見て下さいね ( ぴん 、と 人差し指を立てると 何時もの笑みを浮かべ 。因みに成ったことのある 経験がある伽羅は 錆兎と冨岡のみらしい 。)   (2019/12/23 19:23:02)

蟲柱 . 私ですか ? 他のお部屋にも 居らっしゃいますけど 、呼ばれたのなら仕方がありませんね ( ひらり 、と 羽織を揺らし 穏やかな何時もの口調で 。申し訳ない 、と 眉を下げると 腰を下ろした 。)   (2019/12/23 19:18:38)


更新時刻 02:02:52 | 過去ログ | ルーム管理