ルーム紹介
、也件練習自室。、腐要素有。、入室歓迎ご自由に
、第五人格伽羅口調拝借。

。、也部屋。、荒.晒禁止。
。、今は 想人有.故優先。




「裏」
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=288287
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/29 02:39:46)

探鉱者(自室でぼー、と考え事をしているといつの間にかこの時間で。急いで彼の部屋に向かい寝室を覗くと布団を被った彼の姿が。彼を起こさぬようになるべく音を立てずベッドへと潜り込み暫く彼の顔を眺め。…今日は雨だったか、なんてふと考えれば彼の耳を手で覆い、瞼に口付けを落とせば彼に身体を寄せ自身の瞼を閉じた)   (3/29 02:17:14)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/29 02:07:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/29 00:41:52)

一等航海士(幾分か早く自室へと戻る事が出来たものの雨が降っているせいかどうも身体が痛い気がすれば余り気分が優れずに。義手を外し、クローゼットへと上着を片付け時間を掛けずに風呂を済ませては寝室へと向かい。そのままベッドへと倒れ込むように寝転がれば布団を被り、彼と話せるだろうか等と考えつつ雨音に耳をすませ、そろそろ義眼を消毒しなければと思えば消毒液はあっただろうかと特に需要もない事を考えれば布団の中が少し肌寒く感じ。)   (3/29 00:08:47)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.102.***.170)が入室しました♪  (3/29 00:01:37)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が退室しました。  (3/28 04:35:34)

探鉱者(自身の部屋で少し仮眠を取るつもりがこんな時間になってしまっていて。彼の部屋へ向かい寝室を覗くと彼の姿を見つけ。布団へともそもそ、と侵入し彼を後ろから抱き締め項に頬を擦り付け。何かをひらめくと彼の項に吸い付いて痕を付けると満足そうに笑みを浮かべ、彼の身体を抱き締め瞼を閉じた)   (3/28 04:35:23)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/28 04:27:13)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/28 02:43:51)

一等航海士(また遅くなってしまったと思いつつ漸く自室へと戻れば溜息をついて。義手を外して机へと置きと、普段通りに行動すれば短い風呂へと入りに行き。5分程度で上がれば寝室へと向かい、今日は彼がいないのかとベッド見るなりそう思えばもう少し早く帰れる様にしようと思いつつベッドへと寝転んでは布団を被り。頭を少し出しては瞼を閉じるものの微妙な寒気と寂しさが押し寄せ溜息をまた零して。)   (3/28 01:39:26)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.102.***.170)が入室しました♪  (3/28 01:36:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/27 05:56:38)

一等航海士(昨日の夕食後に食堂ですっかり話込んでしまえば結局その場で眠ってしまった様で、酒こそ断ったものの同じ様に眠ってしまっている人達へと薄い掛布団を掛けてやれば自室へと漸く戻り。義手を外してそのまま寝室へと迎えばそこで眠っている彼を見つけては少し驚くも自分が寝られる様にと空けられた場所を見ては欠伸を零しつつそこへと寝転んで。彼へと身体を寄せれば話こそ出来なく残念だと思いつつも安心したように再び瞼を閉じて。)   (3/27 05:28:06)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.102.***.170)が入室しました♪  (3/27 05:18:53)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/27 03:52:20)

探鉱者(ふらふら、と眠気に時々意識を失いながら彼の部屋へと。扉を開けて寝室へと向かい。そこに彼の姿はなく少ししゅん、とするも布団の中に潜り込んで。布団から目だけを覗かせ、彼が眠れるようにとベッドの端に身体を寄せて瞼を閉じた)   (3/27 03:31:50)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/27 03:26:35)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/26 03:29:23)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/26 03:28:29)

一等航海士 (おやすみなさい、返信はいらないからね。君も良い夢をみられる様に、)   (3/26 03:09:11)

一等航海士(彼の方へと引き寄せられれば前髪へと顔を埋められ、彼の体温に安堵した様子で。) …なら良かったよ (笑みを浮かべた彼にそう返せば安心したからか急に襲ってきた睡魔に欠伸を零しつつ、額へと口付けが落とされれば目を細め擽ったそうにして。暫くしてまだ少し惜しいものの顔を彼の胸元へと埋めれば眠気が限界の様で。そのまま暫くすれば寝息をたて始めて。)   (3/26 03:09:09)

探鉱者(ありがとうございます。おやすみなさい、良い夢を)   (3/26 03:06:29)

一等航海士(構わないよ、私も眠たくなってしまったから、君も無理せずにね。)   (3/26 03:03:27)

探鉱者(すみません、いつの間にか……来たばかりですが恐らく寝落ちします)   (3/26 03:01:54)

探鉱者……(閉じていた瞼を開け、彼が言い終わる前に枕を元の場所へと戻し腰へと腕を回して此方に引き寄せて。彼の前髪に顔を埋めすり、と擦り付け)…悪くはないですよ(何処か安心したような笑みを浮かべ額に何度も口付けを落とし)   (3/26 03:00:35)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/26 02:48:08)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/26 02:47:59)

一等航海士(試合が長引いた訳でも雑談が弾んだ訳でもないものの夕食後に頭痛に襲われればそのまま食堂に居座ってしまい。漸く少し落ち着けば自室へと戻り。普段通りに義手を外して机へと置き上着を脱げば2、3分程度しか時間を掛けずに適当に風呂へ入り。まだ少し頭が痛む為溜息を零せば寝室へと向かい。自身のベッドに先客がいる事に気付けば少し驚いた様にしつつも嬉しそうに微笑んでは隣へと寝転んで。) …私の枕の抱き心地は良かったかい? (彼の方を見つつ微笑を浮かべれば冗談混じりに聞いてみて。)   (3/26 02:35:43)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/26 02:27:41)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/26 02:25:48)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.102.***.170)が入室しました♪  (3/26 02:23:38)

探鉱者(彼の部屋の扉を開け、寝室に向かいベッドに倒れ込み。もそもそと布団に入り枕を抱き締めた。彼の匂いがするベッドは安心するが、鼓動も体温も感じない枕をキツく抱き締め、扉を見つめ彼の帰りを待ち)   (3/26 02:05:33)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/26 02:05:23)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/25 03:56:32)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/25 03:43:07)

一等航海士(彼が呟いた言葉に「すまないね」そう呟き返しては、ベッドの上へと移され。彼が隣へと寝転がり布団を掛けられては随分と楽をさせて貰った。そう思い。) 私も同じだよ、君が隣にいないと眠れなくてね、…酒を飲んでしまうな別だが… (なんて言えば「毎晩ありがとう。」そう付け加えて。何処か恥ずかしそうにする彼に微笑んでは腰へと腕を回され彼の方へと身体を寄せられれば自身も彼の腰へと片腕を回して。)   (3/25 03:31:22)

一等航海士(大丈夫だよ、眠たかったら寝てしまって構わないからね、無理だけはしないでくれ。)   (3/25 03:25:01)

探鉱者(ごめんなさい、いつの間にか眠っていて…また待たせてしまった。)   (3/25 03:22:41)

探鉱者疲れているのなら尚更ベッドで寝て下さい。…風邪を引いた貴方を付きっきりで看病するのも悪くはないですけど(彼を横抱きして寝室へと運びながら呟き。ベッドの上に優しく下ろし、隣に寝転がって布団をかけて)すみません、眠ろうとはしましたが。…貴方と一緒に居ないと眠れなくて(もう眠っていると思った、という言葉に目を逸らして何処か恥ずかしそうに。彼の腰に腕を回し身体を此方に寄せて)   (3/25 03:20:49)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/25 03:01:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/25 02:54:41)

一等航海士(もう少し此処で怠けたら寝室にでも移ろうか、なんて考えていれば不意に彼の声が聞こえ少し吃驚した様に目を瞬かせ。ノックの音も聞こえなければこんな時間だから寝てしまっているだろうと思っていた為吃驚しつつも、嬉しそうに。) 少し疲れてしまってね、もう眠っていると思っていたよ (目元をなぞられれば目を細めつつ彼へと微笑みながら言って。)   (3/25 02:40:32)

探鉱者(彼はもう寝てしまっているだろうか、とノックすることなく扉を開け)わ。……バーデンさん、風邪引きますよ(ソファに横になっている彼、寝室に居るだろうとばかり思っていた為に少し驚いた様子で。彼に歩み寄ればそっと目元を親指でなぞり)   (3/25 02:33:30)

一等航海士(試合後の会話が弾みいつの間にか遅い時間になっていれば漸く自室へと戻り。義手を外して机の上へと置き上着を脱げば風呂に入る気力すらなく。睡魔がある訳でもないものの午後の試合での疲労からか倦怠感に襲われている様で。溜息をつけばソファへと横になり。)   (3/25 02:16:03)

一等航海士(気付くのが遅れてすまない、勝手に待っているのは私の方だから気にしなくて平気だよ、)   (3/25 02:11:03)

探鉱者(またお待たせしてすみません)   (3/25 02:07:02)

おしらせ探鉱者さん(114.154.***.173)が入室しました♪  (3/25 02:04:57)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.102.***.170)が入室しました♪  (3/25 01:53:44)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/24 02:07:37)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/24 01:59:01)

一等航海士(満足そうに笑みを浮かべた彼を見れば嬉しそうにしつつも、指の腹で耳を撫でられれば擽ったいものの触れられている心地良さに満足そうにして。欠伸を1つ漏らした彼が自身を横抱きしてベッドへと下ろし、隣へと寝転んでくれればやはり落ち着ける、なんて思いつつ身体を寄せられれば彼の腰へと腕を回して抱き締め。) 大丈夫だよ、君が一緒に眠ってくれるだけで私は充分幸せだからね (申し訳なさそうに言う彼に微笑してそう言えば彼の胸板へと顔を埋めて、自身にも眠気が襲って来た様子で。)   (3/24 01:45:23)

探鉱者…はい。ありがとうございます(彼からの口付けに満足そうに笑みを。気恥ずかしい様子の彼の耳を指の腹で撫でていると眠気が来たようで欠伸を一つ漏らせば彼の身体を横抱きしベッドの上に優しく下ろして隣に寝転がり)…すみません、折角貴方とお話出来たのに(眠気に蝕まれかけている自分、申し訳なさそうにそう言いながら彼に身体を寄せ)   (3/24 01:38:46)

一等航海士(不意に彼が頬を摘んでくればどうしたのだろうか、なんて思っているも笑みを浮かべた彼を見ては少し不服そうにして。彼に手を取られ指先を彼の唇へと触れさせられれば少し困惑気味に眉を下げた後に彼の唇へと軽い口付けを落としては顔を離して。) これでいいかい?(なんて問い掛けるものの自身から口付けをするのはあまり慣れなく、未だに気恥しい様子で。)   (3/24 01:25:32)

探鉱者(表情を緩める彼を暫く見つめていればふいに頬を摘まんだ。こうやって彼に触れる事が出来るのは自分だけだ、なんて考えては笑みを浮かべ)…ここは(頬に口付けを落とす彼、彼の手を取り指先に自身の唇を触れさせ唇へのキスを求め)   (3/24 01:18:10)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/24 01:13:28)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/24 01:12:28)

一等航海士(目の周りをかるく触れられていれば心地良さそうに表情を緩めて。彼の言葉を聞けば抱き締められる力が強くなり額を擦り寄せられ、目を細めては自身も彼を抱き締め返して。) …大丈夫だよ、1日も君がいないと駄目だなんてね… (そう呟けば彼の頬へと軽い口付けを落とし微笑して。)   (3/24 00:59:36)

探鉱者(彼の言葉を聞きながら、目の回りを軽くマッサージするようにふにふにと触れて)…すみません、貴方に寂しい思いをさせてしまって(一日振りの彼を感じては抱き締める力を強め額を擦り寄せた。)   (3/24 00:52:03)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/24 00:37:07)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、探鉱者さんが自動退室しました。  (3/24 00:36:30)

一等航海士(扉をノックする音に少し期待してみれば返事を返す前に彼が顔を覗かせれば、嬉しそうに笑みを零して。隣へと腰を下ろした彼に抱き締められれば随分安堵したように溜息をついて。) あまり休めなかったかな、…君がいなくて寂しかった。(彼の心配そうに問い掛けた言葉に苦笑しつつ返せば目元の辺りを親指でなぞられ目を細めて。)   (3/24 00:24:17)

探鉱者(部屋の扉を数回ノックして顔を覗かせて。ソファに座る彼の姿を見つけると何処か嬉しそうに、彼の元へと歩み寄り隣に腰を下ろすと彼を抱き締め)…バーデンさん、昨日は休めましたか(心配そうに問いかけては目元の辺りを親指でなぞり顔を見つめ   (3/24 00:16:21)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/24 00:08:27)

一等航海士(寝落ちは気にしないで平気だよ、無理せずに眠ってくれる事が1番だからね。既に遅い時間ではあるけどこのまま待っているよ。)   (3/23 22:12:32)

一等航海士(結局朝方まで眠れずそのまま試合へと出た為か少し疲れた様子で自室へと戻り、普段通りに義手を外して机へと置こうとすれば1枚の紙が置かれていることに気付き、手に取り内容を読めば嬉しそうに微笑して。相変わらずよく分からない絵を添えられた紙を丁寧に引き出しへとしまえば欠伸をこぼしつつ機嫌が良さそうにソファへと腰を下ろして。)   (3/23 22:11:45)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.107.***.90)が入室しました♪  (3/23 22:07:22)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が退室しました。  (3/23 07:44:39)

探鉱者(昨日…一昨日は寝落ちしてしまって申し訳ない。今日は昼頃には帰宅します、姿を見かけたらすぐに向かいますね)   (3/23 07:44:30)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/23 07:41:17)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が退室しました。  (3/23 07:38:19)

探鉱者(扉を開け、机に歩み寄り。一人で眠ったのは久し振りな気がする。彼が隣に居ない為かあまり熟睡出来なかった。眠たそうに目を擦りながら机の上に紙を置き)「今日の夜はお邪魔します。ノートン」(相変わらず何だかよくわからない絵を端に描けば満足そうに笑みを浮かべ、お邪魔しましたと小さく呟き部屋を後にして)   (3/23 07:37:31)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が入室しました♪  (3/23 07:35:54)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、一等航海士さんが自動退室しました。  (3/23 04:37:55)

一等航海士(遅い時間に自室へと戻れば流石に彼はもう眠ってしまっただろうと、勿論寂しいとは思うものの思えばこれが元の日常で恐らくたった1日顔を合わせないだけであろうに酷く虚しさを感じて。溜息を1つ吐き、義手を外して机の上へと置き、上着をクローゼットへとしまえば簡易的な風呂に入りに行き。5分足らずであがればしっかりと身体と髪を拭き服を着るものの義手を外した方の腕の袖を何時もは邪魔だと結ぶもののそれさえ気だるく感じればそのまま垂れ下げ。寝室へと向かう途中にどうも眠れそうにないと感じれば酒を持ち出そうかと考えるものの首を振りその考えを頭の隅へと追いやればベッドへと横になり。布団を掛けて目を瞑れば自分に催眠術が効けばどれ程楽なものかと、そう思いつつ暫くすれば眠れてしまうだろうと、寂しく虚しく感じるのは今だけだと思えば悪い事ばかり考えようとする思考を捨てただ瞼を閉じて。)   (3/23 02:16:24)

一等航海士(すっかり遅くなってしまったけど、このまま待っているよ、途中で眠ってしまっていたらすまない )   (3/23 00:01:37)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.107.***.90)が入室しました♪  (3/23 00:00:28)

おしらせ一等航海士さん(Android 103.107.***.90)が退室しました。  (3/21 22:34:02)

一等航海士(私も退室しておくよ、)   (3/21 22:33:59)

おしらせ探鉱者さん(SoftBank 202SH **t6j8**)が退室しました。  (3/21 22:33:40)


更新時刻 14:55:51 | 過去ログ | ルーム管理