ルーム紹介
口調拝借、己の解釈に準じて
 [×消]
おしらせ小野寺さん(118.7.***.12)が退室しました。  (2023/10/21 08:49:25)

小野寺小野寺   (2023/10/21 08:49:17)

おしらせ小野寺さん(118.7.***.12)が入室しました♪  (2023/10/21 08:49:13)

おしらせCarl.さん(docomo spモード)が退室しました。  (2020/4/16 00:40:18)

Carl.(前回のメモの上に今回の紙を重ね、コトリ、抑える様に彼の携帯品を置く。苺、苺。食べたいので早く来てください。僕が苺を待ち侘びているので。早く!待っていますから。)   (2020/4/16 00:40:10)

Carl.(自らが綴った文章の下へと書かれた彼の文字。寝ないように、なんて、悔しい事を…。もう寝たりはしないはず…きっと……きっと。いえ断言は出来ませんが。いつ来るか との文章には少々首を捻る。いつ…いつ?今来て居るが。今。何と書けば良いだろうか。深夜に来ます、なんて怪盗みたいだなあ と思った事はさておき余白の少なくなった紙。新たにメモをちぎり文章を残していく。” また深夜に。苺、忘れないでくださいね。P.S.次寝るのは貴方かも知れませんよ。”……なんてサラサラ、手持ちの万年筆で書き記し。)   (2020/4/16 00:36:09)

Carl.(苺の事が諦め切れず訪れた彼の部屋。残念ながら彼の姿は見えず、その代わりとでも言う様にキラキラと光る彼の携帯品が置いてあり、ついついそれを手に取った。…成程、美しい。見つめる程奥に吸い込まれる様な感覚に見舞われ携帯品片手に部屋の照明に透かしてみたり。…そんなこんなをした後きっと此方を見て欲しかったのだろうメモに目をやった。いいや、気付かなかったなんてそんな訳が無いでしょう?この僕に限ってそんな、そんな。そんな訳が。)   (2020/4/16 00:29:40)

おしらせCarl.さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2020/4/16 00:25:03)

おしらせCampbell.さん(iPhone au)が退室しました。  (2020/4/14 10:48:31)

Campbell.あれ、覗いてる人がいる。ね、彼って可愛いでしょ。すぐに拗ねるんだ。まあそれを言いに来ただけなんだけど。   (2020/4/14 10:48:26)

Campbell.ん、ふふ…今度はきちんと寝ずにきてくれたなら君用にきちんと苺を取っておくんだけどね。(机上に置かれたメモの文面を辿りつつくすくすと、いつ君は僕の部屋に来てくれるんだろうな。今度は寝ないように気を付けて、と紙に綴られた文の下へと記してはその上に携帯品として渡されたプラネタリウムを置いて落ちないように。)   (2020/4/14 10:46:44)

おしらせCampbell.さん(iPhone au)が入室しました♪  (2020/4/14 10:40:42)

おしらせCarl.さん(docomo spモード)が退室しました。  (2020/4/14 09:56:01)

Carl.(目元に悔しさを浮かべて訪れたら彼の部屋。念願の苺が食べられると思っていたのに彼は他の部屋に渡してしまっているではないか!眉根に皺を寄せ如何にも不機嫌そうに彼の部屋に踏み入れれば微かに苺の甘い匂いがした気がした。それが更に悔しさを煽り立てる。)…はあ〜…貴方の苺は僕用です。何他の人に渡しているんですか?(腐った物は流石に食べはしないけれど、昨日自分が食べられなかった代わりにいい思いをした人がいると思うと無性に腹が立つ。…いや、寝てしまった己の責任ではあるが。紙に呟きながら上記の文章書き記せば机の上に置いておく。次こそ苺を食べてみせるから取っておくように!)   (2020/4/14 09:55:37)

おしらせCarl.さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2020/4/14 09:51:05)

おしらせCampbell.さん(iPhone au)が退室しました。  (2020/4/14 01:58:32)

Campbell.いや、今寝ても悲惨なことになるんだけど…寝起きで行くよりは徹夜で行った方がマシな気がする…   (2020/4/14 01:58:16)

Campbell.ウッてなるの分かる、心臓に恐怖の一撃喰らうよね、あれ。もしかしてハンターだったりする?って確認とりたくなるくらい心臓痛くなるんだけど…   (2020/4/14 01:55:25)

Campbell.床に落ちて潰れた苺を食べさせようとする時点で大概だと思うけどね。いや、もういいよこの話は…処理が面倒だし投げないって。(窓越しに詰り寄る彼の姿にひえ、なんて情けない悲鳴を。首左右に振り、) ん、ふふ、そう?じゃあ今度は惚気を聞きにお邪魔しようかな、なんて。まあもう落ちるんだけどね、徹夜するなら徹夜するでしなきゃいけないことあるし。   (2020/4/14 01:54:20)

Campbell.…ん、もう二時になるの?…あー、5時半起きなんだけど……まあいいか。今日寝過ぎたせいかまだ眠くないし。   (2020/4/14 01:45:07)

Campbell.なるほど、惚気でルーム検索をすればいいのか。賢いね、今度からはそうしようかな。   (2020/4/14 01:43:55)

Campbell.いや、流石に惚気で検索してはいないけど。ふうん、それで?存分に惚気まくって照れさせたいとは思わないの?(そわ…、)   (2020/4/14 01:43:28)

Campbell.それ遠回しに這いずって床を舐めろって言ってる?…そういう趣味?(ウワァ。あからさまに顔痙攣らせては窓から一歩、二歩距離を取り。ちょっとよく分からない趣味だな。) 直接渡しにいったら惚気が聞けなくなるかもしれないから嫌。   (2020/4/14 01:38:30)

Campbell.ア、ところで惚気はいつ?君の部屋が出来た頃から惚気を待ちわびてたんだけど。   (2020/4/14 01:28:16)

Campbell.え?キャッチ出来なかった君のせいでも掃除させられるの?なんで?大丈夫、苺の香りが漂ってるから殺人現場ほど凄惨なことにはならない筈。(彼の言葉に嫌そうに顔顰め、適当な言葉返しつつ渋々と大皿持ち直してどう渡そうか悩み、) …なら仕方ないから精一杯手伸ばして君の部屋まで届けることにしようかな。(ふむ。)   (2020/4/14 01:27:26)

Campbell.あ、苺の引き取り希望者?いいよ、じゃあこの皿に残ってる苺全部投げるね。キャッチ出来なかったら君の部屋が汚れるだけだからよろしく。(にっこり。輝かしい笑顔で大皿を掴んで投球フォームならぬ投苺フォーム。(?))   (2020/4/14 01:13:19)

Campbell.さすがに苺を投げるんじゃダメか……仕方ないから一人で全部…食べきれる気がしないんだけど。(ううん。部屋前に置いておいたらもしかしたらもしかして彼が釣れたり?しないかな?)   (2020/4/14 01:11:35)

Campbell.(少し悩んでから苺の引き取り手募集、なんて紙に書いては窓にぺたり貼った。えっ届け方?全部投げるけど。キャッチに自信のあるひとでお願い。)   (2020/4/14 01:03:48)

Campbell.食べられないんじゃあ此奴らもかわいそうだ、そうは思わない?苺の配り歩きでもしてみた方がいいのかな…ほら、少なくとも数人は受け取ってくれそう。(苺のヘタを摘んでじいっと見つめ、一つ咀嚼しながら明かりの灯る部屋の数指折り数え)   (2020/4/14 00:59:44)

Campbell.さて、どうしたものかな…やあ、こんばんは。とでも言っておこうかな、約束の苺が渡せそうだったから来たんだけど、彼が来る確証がないものだから…(苺の乗った大皿を手に持って入室しては早々、頭を悩ませ。とりあえずと大皿を机の上に置いては溜息一つ、窓外に見える人影に手振っては杜撰な挨拶を。)   (2020/4/14 00:56:45)

おしらせCampbell.さん(iPhone 190.111.***.8)が入室しました♪  (2020/4/14 00:50:59)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Campbell.さんが自動退室しました。  (2020/3/20 01:43:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Clark.さんが自動退室しました。  (2020/3/20 01:43:42)

Clark.脳みそが働きたくないって言ってる…ふふ。片方しかベッドが使えないなら君にベッドを譲るけどね、………おや、やり逃げはずるいと思うんだけどなあ。(額とは言え口付け贈られたのにぱちぱち、目瞬かせては頰緩め。隣に横たう彼の様子じっと見つめてから、眠りに落ちたの確認したのち頰へちゅう、返した。おやすみなさい、良い夢を。)   (2020/3/20 00:50:01)

Campbell.分かる。眠いと脳みそ動かないよね 全然。…僕にソファーで寝ろって?…ふふ、嘘。ブランケット引っ張ってくる元気も、部屋に戻る元気も、無いから…。わ、ホント?それじゃあ 遠慮無く。(空いたスペースに身体入り込ませて。どうしても密着はしてしまうがこれはこれであったかい。このまま寝ちゃお 、おやすみなさい。眠たげ双眸で貴方を緩く捉え、ちゅ と額に当たる部分に口付けして眠りに落ちた。)   (2020/3/20 00:43:52)

Clark.…うん……ねむたくて、ねむたくて言葉が浮かばなくて。ふ、ふ、男二人で、同じベッドに?かなり狭いと思うけど、それでもいいなら。隣においで、(布団に寝転がって隣のスペースぽんぽん、)   (2020/3/20 00:37:07)

Campbell.あは…どんだけ熟考してるのやら って思ってたら そゆこと?…んふふ、僕もかなり眠いんだよね 寝る。隣に寝ちゃおうかな。ふふ。   (2020/3/20 00:33:57)

Clark.…ん。だめだ、ねむたい。君も、…ねむたいのなら一緒に寝ようか、   (2020/3/20 00:32:42)

Campbell.(もしかしてコレを言うことで誤字に気付かれてしまったかもしれないのかも?恥ずかしいなぁ、ありがとう。)   (2020/3/20 00:21:46)

Campbell.どちらかと言うと僕は早めに夜ご飯は終えてしまうからなぁ。2人分け合って食べる所 他の人に見つかったら笑われてしまいそうじゃない?僕は面白いし美味しいから構わないけど。…だよね。1週間か〜…待ち遠しいな、君の部屋にいちごが積み上がるのも楽しみだし、君からいちごを貰うのも楽しみだ。(嬉しげにしては気分も良い、目を伏せ先の未来を想像してぽつぽつと言葉を紡ぐ。頬の色は制御出来ないから嫌いだな、べ。…いいや、僕は好き。僕も嬉しくない訳じゃないよ、楽しみだね。)   (2020/3/20 00:20:51)

Campbell.あれ…いつもそんな事を思っているの?そう思っているのは僕だけだと思っていたんだけど。僕だって君が楽しそうにしていると拗ねてしまうよ?…はは、それは良かった。嬉しい事を言うことが接待になるのなら沢山言おうかな。…例えば君のいい所10個、とか。…わ、見ていて恥ずかしくなっちゃうな。その文章全部読まなくてもいい?かおから火が出ちゃいそうなんだけど。僕だって君と同じくらいには君の文章が好きだからね。……ふふ、変な事を言うなぁ。それじゃあ沢山僕の痕跡でも残して去ることにしようかな。(相手の柔らかな雰囲気に此方も呑まれついつい口元が緩み出す。眠いなら寝るんだよ。盗み食いの現場が見られてしまったら困っちゃうな…天眼でどうにも逃げさせてくれなそうだし。…そうかもしれないね?僕も眠いから仕方ないなぁ。)   (2020/3/20 00:16:14)

Clark.(誤字なんて気にしなくていいよ、あまり誤字に気付いているわけでもないし、そこまで気にしていないから。)   (2020/3/20 00:13:21)

Clark.ふふ、そうでしょう?夕飯の時間が同じだったなら、二人で分け合って共に食べることも出来たのだろうけど……うん、苺は今が旬だから、たぶん一週間もしないうちにまた出てくると思う。(手袋越しで温度は感じないものの、薄ら色付く彼の頰にくすくす笑みこぼし。ぽんぽん、頭撫でてから手を離してやった。…おや、わがままな子はきらい?半分こ嬉しいな、ふふ。)   (2020/3/20 00:12:51)

Clark.他の人に可愛い可愛いって言ってるだけで、むっとしてその話に割り込みたくなるから、…んん……私が言えたことでもないのだけど。ふふ、他の人への接待の仕方なんて知らないけれど、…君から嬉しいことを言われるだけで、十分に接待になっている気はする。…それを言うなら此方のセリフだ、君の文章が、紡ぐ言葉が好きだ。だからこうして、君の言葉が余すことなく私に注がれているのがとても嬉しい。…最初は食べ逃げでもいいよ、君の居た痕跡が残っているだけでも、嬉しく感じるだろうから。(眠気が脳内を充満しているような心地に必然と紡ぐ言葉がゆったりとなりながら、にこにこ上機嫌に頰緩め。盗み食いの現場をいつか捕まえられるようになるから大丈夫だね。あれ…もしかしてこの状況、二人してにこにこしていたり?)   (2020/3/20 00:09:04)

Campbell.(先程からの誤字の連続に眉顰めた。君と話すのだから誤字なんて無くなって欲しい。)   (2020/3/20 00:00:44)

Campbell.あ、そっか。それなら2人でいちご食べれるし良いね。いちご旬じゃ無かったっけ…?またすぐに出てきそう。楽しいだなぁ。(撫で続けられては流石に触れられた箇所に熱が籠る。少し恥ずかしい。…我儘だなぁ、いいよ。一緒に半分こして食べよう。)   (2020/3/20 00:00:10)

Campbell.いや…それはつい…。どうしてもそれはね…性というか…。んん、接待と言っても何すれば良いかなんてよくわかっていないけれど。勿論、僕と話してくれるんだから接待するとも。…仕方ないでしょ、君の文章が好きなんだから。え、それはズルいよ。そんなことするんだったら僕も食べ逃げしてしまうからね。(言いづらそうにごにょごにょ言う事が多々。いちごが盛られていたら盗み食いでもしてずらかってしまおう。それじゃあ遠慮無くにこにこさせてもらうね。)   (2020/3/19 23:57:19)

Clark.いいよ、君の分も残しておくだけで全部あげるとは言っていないでしょう?ふふ、次にいちごが夕飯に出る時が楽しみだなあ。(うっとり目を細める猫を思わせる仕草に頰緩めながら優しく撫で続け、ドーナツは半分こじゃなきゃいやだよ。)   (2020/3/19 23:54:21)

Clark.そんなことあると思うよ、君ったら、すぐ他の人と仲良くなってしまうんだもの。じゃあここにいる君と話したい人たちの中の一人である私にも接待してくれるのかな。…ふふ、対抗心を燃やすだなんて可愛いね?……今言ったこと忘れないから、君の気が向くように頑張るとしよう。あの部屋に君の好きなものでも取り揃えようか。(彼の言葉に瞬き返し、わざとらしくにっこりと笑いながら言い放ち。大皿に苺でも盛っておこうか。嬉しくて笑ってしまうならいくらでもどうぞ、)   (2020/3/19 23:52:30)

Campbell.良いの?遠慮無く食べちゃうけれど。それなら大丈夫、いくらでも待つよ。(頬まで伸びてきた掌を擽ったそうに撫で受け目を細めた。沢山持ってきてあげるね。)   (2020/3/19 23:46:59)

Campbell.まさかそんな。…でもそんなに僕と話したい人が居るなら嬉しい思うけどね。一人一人接待してあげたいくらい嬉しいかもしれない。…ん?そのつもりだけど。嬉しい事言ってくれるなぁ。気付く事が多少遅れてしまったけどね。入りずらい…と言われたって所で僕宛てか?って気付いちゃった。わざわざゴメンね。気が向いたら行くよ…気が向いたらね…(最後には口篭り。ふい、と視線は外しておいた。何だ、嬉しいな。笑っちゃうよ。)   (2020/3/19 23:45:01)

Clark.…たぶん?ふふ、夕食にいちごが出たら、君の分を残しておいてあげる。いつになるかは分からないけど。(抵抗されないのをいいことにそのまま頰まで指滑らせて撫で、どーなつうれしいなあ、)   (2020/3/19 23:42:50)

Clark.おや、君が入って来た途端に増えたのだから、てっきり君と話したい人が覗きに来たものだと…。ふ、ふふ…窓外の有象無象の人影に対して言っているの?最初から君を待つためにここを作ったのだから、対抗心を燃やさなくていいのに。(彼の言いぶりに思わず口元を隠して笑いながら首傾げ、元から他の人にあげる時間はないのだけど。)   (2020/3/19 23:41:38)

Campbell.また今度ならいちごがあるのか…ホント?嬉しいな、いちご貰いにまた来るね。(鼻先の指見つめ瞬き。お返しにドーナツ持っていくよ。)   (2020/3/19 23:37:25)

Campbell.どうしてだろうね。君の部屋に入ろうと思っていた人が覗きに来たのかもしれない。残念だったね、今から僕がこの人の時間をもらうんだ。(一歩遅かったね、なんて口元緩り。謎の対抗意識の芽生え。)   (2020/3/19 23:36:19)

Clark.今はいちごはないから、また今度分けてあげよう、(くすくす、覗いた顔の鼻先つん、)   (2020/3/19 23:33:39)

Clark.…わ。すごい、君が来た途端にたくさんの人が見に来た…ふふ、いらっしゃい?来てくれてありがとう、(窓外に増えた人影にぱちぱち瞬き、歓迎の意を示すよう笑み浮かべ、)   (2020/3/19 23:32:57)

Campbell.いいな、いちご。僕も食べたい。(ひょこり、顔を覗かせた。)   (2020/3/19 23:31:48)

おしらせCampbell.さん(docomo spモード)が入室しました♪  (2020/3/19 23:31:05)

Clark.あ、デザートもあると嬉しいなとも思う。今日は、なかったけど……いちごが食べたいな。   (2020/3/19 23:25:22)

Clark.なんて、…あはは、大したことを考えるわけではないけど。せいぜい、今日の夕飯は何だろう、くらい。好きなものだったら嬉しくなるから、考えたとしても最終的には好きなものになったらいいな、と…そこに行き着いてしまう。   (2020/3/19 23:21:19)

Clark.考える、思考、……生きていることの証明だと、私は思うけれど。生きているからこそ思考に耽ることが出来る、そして思考をする余裕があるからこそ、生きていると、思える。思考を放棄することが死んでいると同義とは言わないと思うけど、考えることは好きだよ。生きているからこその特権だ   (2020/3/19 23:19:32)

Clark.哲学的なことを言っているなあ、と見ていたのだけど、そうしたらだんだんと、眠たくなってきて…もしかして、安眠するためには子守唄を聴くより哲学者の朗々たる演説を聞いていた方がいいんじゃないだろうか。(天才の発想では?と言う顔)   (2020/3/19 23:14:41)

Clark.お風呂、は済ませていたよね、……ご飯…?いや、こんな時間に食べる人ではないし、…寝たにしても、あんなに連日夜更かししていたのに……(首傾げて眉寄せ、ぐぬぬ。)   (2020/3/19 23:05:50)

Clark.…は、入ったはいいけれどつい黙り込んでしまった。さして、話すことがあるわけでもないのだけど…ううん、見て、いないかな。部屋に、入りにくいと言われたものだから……作り直してみたのだけど。(むむ。)   (2020/3/19 23:02:53)

おしらせClark.さん(iPhone 155.138.***.45)が入室しました♪  (2020/3/19 22:56:59)

おしらせ新規ルームを作成完了しました。(iPhone 155.138.***.45)  (2020/3/19 22:54:09)


更新時刻 14:53:49 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい