ルーム紹介
創作成りきりチャット「シャングリラの慟哭」のイベント部屋です。
主に参加者さんが企画してくださったイベントを行う部屋です。
成り部屋のストーリーに深く関わるイベントやほのぼのイベントは本部屋で行うことになる予定です。
詳しくはHPの「イベント」ページを参考にしてください。

ホームページ
https://monokokoro.wixsite.com/shangrila
 [×消]
おしらせ夜神月@六道 雪吹さん(iPhone 121.85.***.129)が退室しました。  (1/14 02:32:01)

夜神月@六道 雪吹(お疲れ様ー   (1/14 02:31:59)

おしらせ劣等@さん(Android 112.69.***.94)が退室しました。  (1/14 02:31:44)

劣等@((私は昨日と同じく風呂入るのだ!ではサラバダー   (1/14 02:31:40)

劣等@((課題ファイトー   (1/14 02:31:07)

劣等@((彼女は何処へやらってね。因みに例の図書館に行って水瀬に聞いても「最近来てくれてないんですよねぇ〜…寂しいにゃぁ…」なんてぼやきが聞ける   (1/14 02:30:23)

夜神月@六道 雪吹(うぬ、がんばる   (1/14 02:29:12)

劣等@((2問なら秒よ   (1/14 02:28:53)

夜神月@六道 雪吹(あら、行方不明   (1/14 02:28:49)

劣等@((あ、因みに藍那ちゃんですが家を探しても図書館を探しても何処行っても居ません   (1/14 02:28:31)

夜神月@六道 雪吹(あと2問、取り敢えず俺はコイツとの決着をつけねばならない。戦いはまだ終わっていない   (1/14 02:28:28)

劣等@((さーて、黄泉の言葉はどんな意味があってどんな結果がもたらされるかなぁーと   (1/14 02:28:08)

劣等@((あと数問ならすぐ終わる終わる   (1/14 02:27:39)

夜神月@六道 雪吹(モーちょい、あと数問笑   (1/14 02:26:53)

夜神月@六道 雪吹(あー、そーだなぁ…   (1/14 02:26:42)

劣等@((まだ残してたのかw   (1/14 02:26:34)

劣等@((何よりもラスボス借りてるから余計になぁ   (1/14 02:26:24)

夜神月@六道 雪吹(うぬうぬ、またゆっくり話すよ。今日は…まず課題っすねクソが   (1/14 02:26:20)

劣等@((致し方なし…無念なところ   (1/14 02:26:15)

劣等@((あ、勿論のことながら感想、批判、その他も受け付けてるから是非に   (1/14 02:25:59)

夜神月@六道 雪吹(そーだねぇ…まぁ仕方ないとしか言えないよなぁ…   (1/14 02:25:51)

劣等@((はてさて、残った質問とか云々とかはまたディスコの方で聞くよ。出現頻度昔に比べて減ってるけど発言してないだけでちゃんと見てるときは見てるからねん   (1/14 02:25:34)

劣等@((ホントなら名無しんとかものさんとか交えてワチャワチャやりたかったけど仕方無し…   (1/14 02:25:02)

劣等@((だねぇ、良き良き   (1/14 02:24:37)

夜神月@六道 雪吹(いやぁ…なんかこう、雪吹の成長とかすっごい見れた気がするなぁ   (1/14 02:24:15)

夜神月@六道 雪吹(にゃるほどにゃるほど……   (1/14 02:23:53)

劣等@((疫病神と謳われた神を喰ったのが祟徳院だからね   (1/14 02:23:34)

夜神月@六道 雪吹(おぉー、消えた   (1/14 02:22:59)

劣等@((ん?祟徳院が消されたから綺麗サッパリ無くなってるよ   (1/14 02:22:46)

夜神月@六道 雪吹(そーいや手形どーなったん?   (1/14 02:22:09)

夜神月@六道 雪吹(言われて見りゃ…そうやなぁ……   (1/14 02:21:57)

劣等@((死体が神様の力で動き回ってるのって想像したら怖いけども   (1/14 02:21:25)

夜神月@六道 雪吹(確かに   (1/14 02:20:52)

劣等@((これってある意味特定の人物を持たない守護霊っぽいよね   (1/14 02:19:37)

夜神月@六道 雪吹(一括ー   (1/14 02:18:18)

夜神月@六道 雪吹(成程なぁ   (1/14 02:18:12)

劣等@((おつおつー   (1/14 02:17:48)

劣等@((闇瀬の身体能力は天性のもあったけど、能力は大方黄泉が関係してました、まる   (1/14 02:17:43)

おしらせ饅頭@本城さん(Android 106.157.***.126)が退室しました。  (1/14 02:17:37)

饅頭@本城((とりあえず、ワイは眠いので寝るぽ…積もる話積もらない話はまたいつか~(   (1/14 02:17:33)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、千草/高御門 雨月さんが自動退室しました。  (1/14 02:16:38)

夜神月@六道 雪吹(ははーん……成程なぁ……   (1/14 02:15:30)

劣等@((そして今明かされる闇瀬のトップシークレット   (1/14 02:13:10)

劣等@((うむ、終わった人達はこれで終わりよ   (1/14 02:12:52)

饅頭@本城((そのうち残党の勧誘作業もやるかぁ(脳死) どんだけ残り物がいるかも知らないけど   (1/14 02:12:22)

劣等@…して、既に死したあやつに対してのその言の葉は最早適当か、果ては届いておるかは分からぬが…そうさな、いつの日にか取っておくと良い。我から伝えるよりも己が伝えた方がより感じ入るものもあろうて((ふむ…と顎辺りに手をやり、暫く思案した後、まるで何かあると言わんばかりの意味深気な言葉を残しては一歩進んで二人から離れるだろう)祟徳院の追悼ならば好きにせよ、我は手伝わぬ。だが…少なからず未練は無かろうて。誰かに操られるならば終いにしてくれた方が誰しも良きであるからな((その言葉を榎本に対して残せば、するりと影に溶けるように、呑み込まれるように足元から消えていくだろう。それに倣うように残っていた兵達も消えてゆき、残されるは君達のみとなった」   (1/14 02:11:38)

劣等@見た…かは存ぜんが見た目通りの痛手であったさね。右目から上は消し飛ばされ、肋骨から脇にかけては齧り取られ、左肩は撃ち抜かれ、右足は指で抉られ…死の淵にありながらもコヤツは我と契約を求めた。祀ろわぬ神とされ、魔に堕ちかけた我をな。我はそれに応じ、彼の者の内に入った。消えた脳の半分、頭蓋、臓物の大方…中々骨の折れるものであった。堕ちかけの我に力なぞ対して残ってない。それに加えての戦闘であったからな。結果としては見事なものだ、今の今まで持ちこたえた。殊勝なものよな、扱いは苦言すれど消えかけでもある我を、信仰を常に消さず、その身に繋ぎ留めていたからな…そして我が表に出てきたというのは薄々お主らも勘付いておろう。この体は無茶を通し、そして終ぞ壊れた。無い身を削り続けたが故、な。契約者らしいと言えばその通りではある((はぁ…なんてため息を吐き漏らして苦労千番と言いたげなその姿はまるで人間と遜色が無い程には馴染んでいることだろう。何故こうまで…なんて言いたげでもあるが、全ては契約者であった闇瀬の頼みであったのを思い出せば余計に頭を抱えたそうで)   (1/14 02:11:32)

劣等@黄泉「否、答えようぞ。我が契約者…闇瀬であるが……。時に人の子よ、魔人は如何にして産まれるかを知っているか?死体に悪魔が乗り移ることで作り上げられるものだ。その実、コヤツもまたそれに近しいものであった((ふむ…と小さく思案をしてから相手に問い掛けを行う。退魔師ならば分かりきった答え、だがその答えを相手から聞く前に事実を告げる。天降りになり掛けた神を己の内に止めて魔人のように、人の様に生きる…言葉にするだけならば可能だが、あり得ないとばっさり切り捨てるには十分すぎるほどあり得ない事象を口にしたのだ)   (1/14 02:10:37)

夜神月@六道 雪吹(私は〆だな。   (1/14 02:07:53)

饅頭@本城((んじゃまー、これでお疲れ様、って感じですかね? ( ˘ω˘ )クソネミ   (1/14 02:07:00)

千草/高御門 雨月嗚呼……今回も自分も怒られますかね、いつもは無茶しすぎだと怒る側なんですけど。(光を映さない瞳は何かを探すようにうろちょろと動いていた。何をされているのか把握出来ていない、現状を察した榎本が代わりに頭を下げていた。大抵いつもこういう役回りだ。可哀想に。) なるほど。もう片方の質問は……答えてはくれませんか。出来たらでいいのですが、闇瀬さんに死んだら殺すって言ったでしょう馬鹿、って伝えておいてください。「……あの子、ンや、何でもないです」(ショタにあまり興味のなさそうな雨月と見るからに寂しそうな顔になった榎本の対比が激しい、ポケットが詰め込んでいた飴玉に一瞬触れては口を噤んだ。こちらも別の理由で儚い苦しそうな顔をしている雨月は、感情を誤魔化すようにわがままを述べた。)   (1/14 01:56:36)

饅頭@本城「おう、それじゃあ儂らはこれで失礼する故、後は頼んだぞ。」とまぁ、残るであろう面々に呼び掛けて、とっとと行ってしまうだろう。雪吹君はちゃんと脇に抱えたまま。   (1/14 01:54:26)

夜神月@六道 雪吹「行き……ますか」雨月に少し話したい気がするけど今度お見舞いに行こう。今は自分の方が酷いけど多分先に治るのは自分だ。それと剛一もだな……結衣さんもだし……ライラさんにも色々話したい。あとは……闇瀬さんの家の方もだな……目がもうほぼ見えない。血も流しすぎた。とにかく今は休もう。   (1/14 01:50:21)

饅頭@本城「さて、それはどうかの。」悪戯らしく笑いながらも、貴方を話す様子は全く無い。  「どれ、行こうか。」なんて強引な風に。何か残ってしたいことがあるのなら今断る必要があろう。   (1/14 01:46:51)

劣等@((いつもの不憫枠榎本くん   (1/14 01:46:45)

千草/高御門 雨月((わんちゃんねこちゃん出来ないかなって……榎本は少ししょもってしました()   (1/14 01:46:09)

劣等@((おかー   (1/14 01:45:30)

おしらせ饅頭@本城さん(Android au.NET)が入室しました♪  (1/14 01:45:00)

夜神月@六道 雪吹「ア、アハハ……姉さんには……あんまどやされない……風に説明してくれると嬉しいです……」さっきとは別の意味で震え声だ。怪我が治っても1年近く行方をくらましていた……どうなる事やら……   (1/14 01:44:10)

劣等@((そりゃラスボスそのものだもの…貰えんよ…   (1/14 01:44:07)

劣等@((一括!   (1/14 01:43:49)

千草/高御門 雨月((さよなら私のショタ(貰えるものは根こそぎ貰っていこうとしていた人の顔)   (1/14 01:43:46)

劣等@黄泉「……人の子はいつの世も無茶をするものよな((結衣の方をチラリと一瞥だけすれば小さくため息を付きながらそう言葉を吐くだろう。それを言い終わる頃には周囲に居た無数の兵は数えるほどとなっており、うち二人ほどが結衣の元へと近寄れば傷の具合などを見ており、症状などを書き留めて居ることだろう。治療をしないのは念の為、黄泉の食物を口にした者は一生を黄泉比良坂から抜け出すことは叶わない。それを知り得ているからこそ、だからこそ近くに書き留めた紙をそっと置けば少しでも楽になるようにとワチャワチャ動いていることだろう)…コアの中に居た幼子の事か……名を「祟徳院」。あれは諦める事だ、あれの正体こそがその幼子故にな((いつの間にやら手を引かれてやって来た少年を一瞥すれば質問の内、一つは答えることだろう。助けることは叶わない、あれはそういうものである、と」   (1/14 01:42:26)

千草/高御門 雨月((ぴゃー   (1/14 01:41:28)

おしらせ千草/高御門 雨月さん(116.82.***.16)が入室しました♪  (1/14 01:41:17)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、饅頭@本城さんが自動退室しました。  (1/14 01:41:10)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、トト@冷泉 結衣さんが自動退室しました。  (1/14 01:41:02)

饅頭@本城((おつー   (1/14 01:41:02)

饅頭@本城「覚えていたか。よろしい。」それを確認すればニヤと笑って、首根っこでも引っ掴んでやろうか。何処に連行されるか、まあお察しであろう。   (1/14 01:40:55)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、千草/高御門 雨月さんが自動退室しました。  (1/14 01:38:27)

夜神月@六道 雪吹「また……会いましょう……」震え声になり、血涙が少し水っぽくなるだろう。また会ってくれるんだなと思うと。昔の対応と大違いで。何度も挫けかけたけど本当にやめなくて良かった。「ははっ……ありがとな……クソ兎……」何だか達成感でいっぱいだ。「お、お久しぶり……です……い、一年ぶり……くらいですかね……」ヤバい。忘れてた。破門にならないだろうか?と少し心配になっている。   (1/14 01:36:10)

饅頭@本城「………全く、勝手な奴よな。」ちょっと困らせようなんても思ったのだが、それより先に消えてしまう少女。これには笑う他ない。まぁ、そんな理由なら止めるわけにもいかないか。さて、まぁ、恐らくあの名張の小僧から頼まれたのはこれで仕舞いだろう。 「………さぁて、雪吹よ。あやつとの約束は覚えられていたらしいか、それより儂の顔は覚えているかのう?」   (1/14 01:33:37)

千草/高御門 雨月大変、でしたね。(コアが砕け散る姿を見ながら、はふり息を吐いた。神様って強いんだなとぼんやり感想を抱きながら──ぱちり、瞬き。嗚呼。『おしまい』、なんて。) …………榎本さん、案内係お願いします。あれの中に誰か居たのでは?(焦点の合わない濁った瞳、蜂蜜色だったそれには元のきらきら輝く面影はなく。榎本の方を見ようと首を動かした、目線がズレている。先程までは見にくいところだとしても視界内には収められていたのに。)「あ……俺大きくなるンで。道歩きにくくて大変でしょうし。手、引きます。」(何かを察したように曖昧な表情を浮かべた榎本は、ぴょいと肩から飛び降りれば元の大きさに戻る。差し出されていた手を握り歩き出す。) 結衣さん、怪我酷いでしょう?動いちゃ駄目ですからね。……あの、黄泉様でよろしいですかね。闇瀬さんや、中の子ってどうなりましたか。(貴方の方を振り向こうとしないのは何か理由があるのか、溶けてしまいそうな声でそんなことを言いながら、連れられ黄泉様やコアの元へ。あまり他を邪魔してはいけないからとなるべく小さな声で、どこか空中を見ながら問いかけた。)   (1/14 01:29:35)

劣等@アルビノ「妾達は妾達なりの、罪を清算し往くだけよ。あまりにも長く掛かりそうでな、およそお主がまだしぶとく生きてるとは思えん…が、そうさな。また逢えるなれば、いつの日にかまた相見えようて((背を向けたまま故に彼女の顔は見えやしない。更に唐傘も広げているので余計にだろう。だがそれでも声だけは気丈に、いつものあの活発な少女の声で別れを告げた)カカッ!その答えが聞きたくあれば、また妾らと会うまでに死ぬなよ…?そうでなければ意味が無くなってしまうからの((少年の別れ際の言葉、それに対して少し意地悪な返答をすればトンッと地面を蹴り、僅かな風を率いて彼女は消えるだろう」城ヶ崎「死にかけようとテメェはろくに死なねぇのが取り柄だろ。寝てろ、バカが。じゃあな、少なくとも先に去ったあのバカも多少なりは認めてるさ、俺もな((それだけ告げれば先を行った鬼の少女を追い掛けるようにして服を翻し跳んで去ってしまうだろう」   (1/14 01:28:55)

夜神月@六道 雪吹「仕方……ないだろ……」担がれれば運んでくれるのかな?と思えばあっさり捨てられた「あぐぅ……お前……死にかけの奴を……」なんて文句を言いながら立ち上がろうとしたりするも、そのまままた無様に崩れ落ちる「先生!」声を振り絞って、聞こえてるかもどうかも分からないけど「約束……覚えてますか……?認めて……貰えたりしますか?」   (1/14 01:23:56)

トト@冷泉 結衣「…けほっ」(一矢を撃ち、しばらくした後に地面に倒れそうになるが折れていない右足と両手で倒れそうになるのを抑える)「…もう、すっからかん……」(霊力を使い切り、体力も気力もぎりぎりまで使い切った。こうして倒れるのを抑えるのですら精一杯。視界も若干ぼやけており、今までにないほどの全力を出し切った)「またしばらく、入院かな…」(今も激痛が走る左足を見る。踵落としをくらった左足の骨は完全に折れており、しっかりと治るかは今のところ不明。病院でしっかりとした治療を受けて、治癒系の神威を受ければ元の足に戻るだろうが、しばらくは病院で治療を受けて松葉杖を使った生活になりそうで。そのことに苦笑いと共にため息が出てしまう)   (1/14 01:20:59)

饅頭@本城「何が最期か。お前がピンピンして来ないなんて、張り合いがなくてこっちがダメになってしまうわ。」なにやらただならぬ少女に対してこのように。まあ、なんだ、最後などとは言ってほしくないわけである。 「如何なる事情があるかは知らんが、関係あるまい。」鬼のお前が元々そうだったであろうが。   (1/14 01:18:37)

劣等@城ヶ崎「オイこら、へばってんじゃねぇぞ。ちった成長したと思えばこれか。もう少し鍛えてもらえ((右肩腕が溶けて分離し、血が止まらぬ雪吹を罵りながらヒョイッと担げば本城の方へと歩いていく。そして着けば早々に本城の目の前にドサッと落として)ジジィ、ちゃんと見とけよ?こいつの事。死なねぇからって無茶ばかりしやがるからな、もう一回くらい死なねぇ為のイロハ教えとけ((言葉は乱暴、体は女性でも中身は変わることはない。どことなくかの兎を思わせるこの者は告げるだけ告げればアルビノの方へと歩み寄って」   (1/14 01:18:25)

劣等@アルビノ「そうしておれ…さて、妾は征くぞ。会うのはこれが最後かもしれぬな((ふぅ…と大きく息を吐けばカラコロと下駄を鳴らして少し離れ、ボロボロの唐傘を広げればそちらに背を向けてそう告げるためろう」   (1/14 01:14:22)

夜神月@六道 雪吹左手が真っ黒に焦げた。「…………終わった」全身から煙が出て完全に神威が切れる。鼻血がダバダバ出てきて血涙も出てきた。視界がぼやけてきた。リミッターや呪力、霊力を使いまくった代償だ。そのままドサッとその場に倒れる。血がダバダバ出て止まらない。右腕肩から溶けるような形で分離している。骨も全身いってる。本当に死にそうな感じだ。これでも代償で死なないとなれば……本当に凄いものだ。「全……身……いったの……先生に……埋められた時……以来……かな……」   (1/14 01:10:27)


更新時刻 06:50:10 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい