ルーム紹介
本部屋:http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=682125

こちらの部屋の人数が埋まってしまった場合、ソロルなどなど、又は少人数の方が落ち着くぜ〜〜という方はこちらへ……!!!
ご自由にご活用ください
 [×消]
おしらせ出海/Malleusさん(Android docomo spモード)が退室しました。  (6/23 23:58:24)

出海/Malleus((それと顔出しです、以上。失礼   (6/23 23:58:21)

出海/Malleus((とりあえず1部の方に強く生きてくれ、としか言えないですね……。   (6/23 23:58:00)

出海/Malleus((夜分遅くにこんばんは、マリッジのネタバレうっかり踏んで興奮を抑えきれなかった出海です。いや、ここでは言いませんけどね   (6/23 23:57:40)

おしらせ出海/Malleusさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (6/23 23:57:02)

おしらせ紫織/Jackさん(Android 113.156.***.57)が退室しました。  (6/22 22:06:26)

紫織/Jack((顔出しと生存報告です!また来ます…   (6/22 22:06:23)

おしらせ紫織/Jackさん(Android 113.156.***.57)が入室しました♪  (6/22 22:05:54)

おしらせ鯨伊/Kalimさん(iPhone au)が退室しました。  (6/20 00:27:24)

鯨伊/Kalim((ともかくまぁそんな蛇足も置きつつここらで失礼、おやすみなさいませ。   (6/20 00:27:15)

鯨伊/Kalim((あとカリムくんしっかりと何故、護る者でありたいかと考えた時に出てきたのが"もう誰も信頼する人が居なくなったから"ではないかなと。信頼できないから自分が護るしかない、背中を預けられる人は本当は居ないのだから、という。誰も信頼しないからこそ譲歩を持ち合わせていない、傲慢のままである。記憶が戻れば多分少しは改善されるのでしょうか、なんてのんびり考えておりました。カリムくんを変えるのは良くも悪くも一人くらいしか見覚えないです……(止めなさい)   (6/20 00:26:31)

鯨伊/Kalim((ちょっとぐちゃぐちゃしてますね……うう、苦しい。言いたいことが纏められない、苦しい。(?)要約するとカリムくんの夢は幸せな夢から自分が無意識下に切り離している夢までごちゃごちゃになっているんですが、時々本当に根底部分の自分が浮上するというような、なんというかある意味今のカリムくんのままで居られるためのストッパー的な役割の感じになっていると言いますか…。良い意味で精神がぐっちゃぐちゃな状態な設定です。よく成り立つな、という歪みも発生するのはこれが理由だったり。(?)うん、何言ってるんだろう。   (6/20 00:18:46)

鯨伊/Kalim……結局のところ、オレは一体何なんだろうなぁ(夢の中だから、こんな独り言を呟いてもきっと怒られないしバレないだろう。ただこれは純粋な疑問。どうして、オレはここに居るのかという純粋で、最も難しい話。それを知っているのは、果たして誰なのだろうか。これは記憶に残らない根底部分の己、だから起きたら直ぐに記憶から零れ落ちてしまうからきっと理解は出来ないのだろうと小さく笑ってしまう。ここだけの話、夢の中限定の。夢の先はただの真っ直ぐなほどの光だけが存在する。きっとそれを知っているのは今の自分だけなのだろう。いや、それで充分だ。他人にも、自分にも分からせやしないから。__どこかで、そういうお前が大嫌いなんだと、否定された気がしたのは果たして気の所為だろうか。)   (6/20 00:15:42)

鯨伊/Kalim(よくそこら辺は分からないけれど、皆皆自分のことを嘲笑っていたのは確かだった。甘い、そんな世の中簡単にいく筈がないと。それすらも分からぬ阿呆な富豪の息子だと。誰もオレを信じてくれやしない。この理念はとち狂っていると、誰もかも否定する。___けれど、致し方無いだろう!!オレに遺された道はこれしか無いんだ。憧れたあの人に近付きたかったのだ。そうすれば、きっと周りは苦しまずに済むのかと思ったから。ただただ、周りが笑顔でいて欲しかっただけなのだ。いつの世にも諍いも争いもあるのは理解している。けれど、その脅威すらからも、少しでも護ってやりたかった。この、ただ雨を降らす事しかできなかったオレを大事に育ててくれたこの世界に。そして、そこに生ける全ての人に。壮大だと笑われることも分かっている。ある意味最悪の自己満足だということも。けれど、どうもそれを願ってしまうのは、叶えようとしてしまうのは。この劣等感から、解放されたいが故。根底にこびり付く、自分は独りだと何も出来ないというそのひとつの側面を否定したかったからかもしれない。)   (6/20 00:14:55)

鯨伊/Kalim(夢を見ていた。また、夢。今度はあの幸せな夢じゃなくて現実ばかりを突きつけられる夢。目の前で血を吐き、恨めしそうに己を見上げる男は苦しげに息を吐き出しながら暴言を零す。『馬鹿馬鹿しい、全部を救うだなんて嘯いて。結局のところお前は何一つ出来やしないだろうが。偽善者め、どうせお前なんか俺達のこと何にも思ってないんだろ?なのに救う救うって簡単に。甘いんだよ』その一言一言は、己の心臓らしきものを抉りとるかの如く痛々しいものだった。嗚呼、また目の前から命が落ちていく。手を伸ばしても届くはずだったその手はすり抜けて、目の前の男は恨めしげに己を睨みつけたまま事切れた。嗚呼、待って。待ってくれ、行かないでくれ。そんな声は届く訳もなく、残された自分はただ脳内で彼の言葉を反芻するだけ。偽善者、甘い、嘘。確かに己はそうなのかもしれない。他人から見れば笑われるのかもしれない。可笑しいと何度罵られただろう。馬鹿らしいと何度呆れられただろう。)   (6/20 00:14:30)

鯨伊/Kalim((途切れないで(切実)ともかく本部屋の炉留を吸います!!!!   (6/20 00:13:17)

鯨伊/Kalim((こんばんは、ソロル大迷子しておりましたが仕上がりましたので落として帰ろうかと…。ついでに本部屋の炉留   (6/20 00:12:58)

おしらせ鯨伊/Kalimさん(iPhone au)が入室しました♪  (6/20 00:12:17)

おしらせ九十八 / Deuce .さん(Android au.NET)が退室しました。  (6/19 22:57:36)

九十八 / Deuce .((/ こちら側に生存確認をば 。 ( ふみふみ ) 影さんの体調が良くなりますように …… 、 あとファンアート 、 少年ふたりの殴り合い 、 とても嬉しかったです 、 良い物をありがとうございました …… 、 それでは 。   (6/19 22:57:34)

おしらせ九十八 / Deuce .さん(Android au.NET)が入室しました♪  (6/19 22:56:28)

おしらせ棗/Checaさん(docomo spモード)が退室しました。  (6/19 19:44:56)

棗/Checa((くッ悔しい…顔が出せない…顔出しです…クゥ…ッ週末は来たいです(願望)   (6/19 19:44:53)

おしらせ棗/Checaさん(docomo spモード)が入室しました♪  (6/19 19:44:03)

おしらせ端月 / Leona .さん(Android 114.187.***.150)が退室しました。  (6/18 22:37:44)

端月 / Leona .(/ . さらばにえん...((???   (6/18 22:37:42)

端月 / Leona .(/ . ROMは まって差し上げましょう ( 誰目線やねん)   (6/18 22:36:20)

端月 / Leona .(/ . 取り敢えず 顔だし出来たので落下しますわ...((   (6/18 22:36:00)

端月 / Leona .(/ . 作業中故此方にお邪魔します__否 . 皆様 のを お借りして 動画制作に 勤しんでおります故... MMDって どう作るんだろうとか 考えながら がんばっております....期待せずお待ち下さいまし...()   (6/18 22:25:54)

おしらせ端月 / Leona .さん(Android 114.187.***.150)が入室しました♪  (6/18 22:23:00)

おしらせ紫織/Jackさん(Android 113.156.***.57)が退室しました。  (6/17 22:29:02)

紫織/Jack((また来ます…!   (6/17 22:29:00)

紫織/Jack((下のジェアズ好き…顔出しです。   (6/17 22:28:30)

おしらせ紫織/Jackさん(Android 113.156.***.57)が入室しました♪  (6/17 22:27:58)

おしらせ海月/Azulさん(iPhone 219.100.***.249)が退室しました。  (6/15 01:25:26)

海月/Azul((んん、玉響さんの炉留楽しみに私は落ちます……()あっ、先越されっ、えへんってなんだ!可愛い︎(落ち__)   (6/15 01:25:20)

おしらせ玉響/Jadeさん(iPhone 122.215.***.189)が退室しました。  (6/15 01:23:25)

玉響/Jade((今日は私が先にお暇します!えへん!(?)   (6/15 01:23:21)

玉響/Jade((いえいえお気にせず…!単に私が暇人(?)しているだけなので…はぁい、ではまた夜に!おやすみなさいませ!   (6/15 01:23:07)

海月/Azul((毎回こちらからぶった切ってしまい申し訳ないです…親フラ無ければなんとかもう1炉留くらい回せそうだったのですが、無念…。ありがとうございます…!また夜にお相手よろしくお願いしたいです、!   (6/15 01:22:28)

玉響/Jade((あらら、了解しました…!では今日はここまでで、明日のその時間にまた続きをやりましょうか。気付けばもう一時ですし_____   (6/15 01:19:28)

海月/Azul((あっあっ、玉響さん、ちょーっと親フラで落ちそうな予感なんですが…どうしましょ…ロル待てずに落ちる事になるかもです……明日の夜10時半以降とかなら来られるんですが…   (6/15 01:18:34)

玉響/Jade((うーーーーん好き(大の字、)っと…続き書いてきますね……   (6/15 01:16:35)

海月/Azul((記憶が戻る前は双子が苦しい思いしてても助けられませんでしたし、記憶が戻った以上彼や彼らに苦しい思いはさせたくない、と思ってるアズです…1人で苦しむなよ____   (6/15 01:14:48)

玉響/Jade((____吸いました。優しい空間だな…………愛…………苦しみを分けてくれって言うのがもう…ね…健気…最高ですね…   (6/15 01:09:48)

玉響/Jade((おっおめでとうございます🤞おかえりなさいませ!   (6/15 01:07:29)

海月/Azul((おや太宰だ…戻りました、   (6/15 01:06:56)

おしらせ海月/Azulさん(iPhone 219.100.***.249)が入室しました♪  (6/15 01:06:43)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、海月/Azulさんが自動退室しました。  (6/15 01:06:39)

玉響/Jade((吸います!!!!!!!   (6/15 01:05:12)

海月/Azul命拾いなんてそんな大袈裟な。貴方の苦しむ顔が見たくなかったんですよ。(ふぅ、と吐息を一つ。久しぶりの治癒魔法の詠唱、深夜なのもあり疲れとして多少の反動が来てしまったが 彼には見せられない、なるべく見せたくない。涼しい顔を繕いながら彼の無事を喜ぶ返事を返した。)   (6/15 01:04:50)

海月/Azul(大怪我を負った彼の身体は、予想以上にズタボロで本当にボロ雑巾のよう。どこに触れるとしても用心しなくては、と何度も何度もやわい手つきで ふわり、ふわりと彼の身体をさすっていく。打撲に切り傷、擦り傷…その他沢山の傷。本当に痛々しい、代わってやれるなら僕が傷を全て請け負いたい位だ。お前の苦しみ、僕に分けてくれたっていいだろう、そうしたら少し軽くなれるんじゃないのか___。まだまだ、ずっと詠唱を続ける、背中が終われば次は腕だ。腕が治ったら胸と腹、足も…あぁ、彼が負った傷全て治さなくちゃ。途中擦り寄ってくる彼の頭、可愛らしくて愛しくて『彼を僕は守らなくてはいけない』という気にもなる。詠唱が途切れながらも治癒魔法を何度も何度も繰り返し行った。その為ブローチに埋め込まれている魔法石は徐々に黒いインクに染まり、薄汚れてしまったが…)『___』…っあ、ジェイド……大丈夫ですか…?痛みはマシになりました…?(低く響きの良いバリトンが聞こえれば、先程より離れた位置に彼の端正な顔が。まだ回復しきっていないだろうにこちらに向ける自嘲的な笑みは、僕の心を落ち着かせる安定剤のようなものだった。)→   (6/15 01:04:33)

海月/Azulそうですよ。…とは言っても『他人に借しをつくらない』のは悪いことではありませんからね。(彼の中の過去、オクタヴィネルで積み重ねてしまった思考を突然変えるなんて、この世に生を受け 元の記憶を辿ってきている彼としたら きっと困難極まりない。オクタヴィネルの3人衆としての記憶、あの楽しかった学園生活の記憶、様々な『僕たちの楽園』を懐かしみ、また同じように過ごしたい、と反復してしまうのは仕方の無い事だ。眉尻を下げてしまった彼に侮蔑の意と捉えられないよう、困ったように眉を八の字にしながら笑みを浮かべた。)『_____、…____』→   (6/15 01:04:10)

海月/Azul((先生との対談んん絶対深いお話するじゃないですか…楽しみにしてますね(そわ、)お待たせしました、なげます!   (6/15 01:02:03)

玉響/Jade((いつか『先生』との対談があったらその時に存分につつかれたいなと思っているので…そこら辺は緻密に練っておきたいものですね(捏ね、)深夜は普通寝る時間なので良いんですよそこは…寧ろ私が生活を矯正するべき はい お返事待ってます____   (6/15 00:10:29)

海月/Azul((さてさて返します、!   (6/15 00:06:36)

海月/Azul((ふむふむ…部分的に子どもらしい意地を張りつつ、本人は認めたくない…複雑だけどその複雑さがとても良いですね…()深夜帯が一番イキイキ…私も深夜帯にイキイキするようだったらぴったり合うんですが…どうも深夜になるにつれ文がけちょんけちょんになってしまうのでね…悲しい…   (6/15 00:06:02)

玉響/Jade((因みに本人は「変われない」って言ってるけど正しくは「変わりたくない」が本音です そこは子供っぽい意地(と本人は認めたくないやつ)だといいなと思ってます……ふふ…やはり玉響深夜帯が一番イキイキしてますね…ありがとうございます嬉しいです…(ふへ、)   (6/14 23:59:12)

海月/Azul((玉響さんのロル、表現が繊細で、心情描写も綺麗で凄い好きなんですけど、今までも勿論好きなんですけど…頭回り始めてからそれ以上にキレキレで凄いです…(感想)   (6/14 23:57:56)

海月/Azul((存分に吸いました…ジェの心のうちが凄い…もう、好きです…(無い語彙力がもっと減った)   (6/14 23:56:06)

海月/Azul((吸います___   (6/14 23:48:27)

玉響/Jade((この時間になって漸く頭が回ってきました_____(遅)   (6/14 23:47:16)

玉響/Jade………、は…………、……ッ、…………(それは穏やかな海のような、優しい響きで以て自身を包み込む。伸ばした手に応えるように抱き寄せられれば、ふわりと鼻腔を擽る彼の匂いと、背中に回される温もりに自然と目を閉じた。一人では、ほんの僅かに身体を動かすのも苦痛だったのに、不思議と抱き上げられる際に辛さは感じなくて。それを上回る安心感にライラックの髪へと擦り寄って居れば、耳元で治癒魔法の詠唱が響いた。直後感じる魔力の流れに委ねるように深く息を吐く。恐らく小さな傷は殆ど癒えたし、飛ばされた際に壁に強かにぶつけたせいで出来た背中の打撲痕も良くなった、と思う。実際に目で確認していないせいもあってか、どこまで怪我をしていたのかさえ把握出来ていなかったが…先程までの酷い痛みはかなり引いていた。礼を言うべく、ゆっくりと瞼を持ち上げては彼の顔が見える程度に距離を取り、目を合わせる。口元は、未だ自嘲的な色を残したまま、それでも確かに笑みを浮かべていた。)___ありがとうございます、アズール。おかげで…命拾いしました。   (6/14 23:46:44)

玉響/Jade__否。きっと呼吸を忘れて、死んでしまうに違いない。安寧を望むには、自身はあまりにも流動的で、目の前の花に休息の余地を与えられる程の安定感もないのだから。)→   (6/14 23:46:33)

玉響/Jadeそう、ですか…?(変わらない、なんて。どこか呆れのようにも聞こえる言葉に眉尻を下げた。確かに自身は、目の前の彼や片割れに比べて幾分“昔”の影響が強いけれど、それは決して自然的に起こったものではなかった。自分は変わらないのではない。“変われない”のだ、ずっと。便宜上変わらざるを得なかったところ、長い執着のうちに変質したものならあるだろう。それでも、本質はずっと変えられなかった。今の自分では、どうやったら二人にとって“楽しい存在”で居られるのか、分からなくて。ならばあの時のように、そっくりそのままの笑顔で居ようとした結果が現在(これ)。同じものを意味もなくなぞろうとする、弱い自分。楽しみとは予測不能のスリル、不安定なスパイスが散りばめられた日常こそが至上の幸福だと謳った嘗ての自分は死んだのだ。そうして生まれ変わった自分は、僕は。もう一度手に入れた幸福の花(かぎ)である貴方を失うのが、酷く怖い。もう二度と手放さないようにと閉じ込めた箱庭さえも、ふとした瞬間に壊してしまいそうな、そんな自らの中に巣食う狂気が恐ろしくて仕方ない。いっそ時を止めて仕舞えたら、忙しなく揺れる心は鎮まるのだろうか。→   (6/14 23:46:13)

玉響/Jade((6時間あっという間ですね…よし 投げます   (6/14 23:45:43)

海月/Azul((おかえりなさいませ、!だざぴでしたな__   (6/14 23:38:40)

玉響/Jade((わっ太宰🤞只今戻りました_____   (6/14 23:36:58)

おしらせ玉響/Jadeさん(iPhone 122.215.***.189)が入室しました♪  (6/14 23:36:37)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、玉響/Jadeさんが自動退室しました。  (6/14 23:36:29)

海月/Azul((そうですよ!好きな人の体温とか鼓動とか感じたり聞いたりすると安心するとかなんとかって聞いたことがあるような!!(???)わくわくしながら待ちます___   (6/14 23:08:26)

玉響/Jade((好きな人の体温って安心しますもんね!(?)うーーーんビッグラブ。これは良いジェアズジェ。続き書いてきます…   (6/14 23:05:51)

海月/Azul((うんうん…ジェアズはハグする文化があまりにも根付きすぎて…ハグ大好き…(???)ちょっとかっこよいアズ目指しました…ボロボロのジェを包んであげたい…   (6/14 23:04:07)

玉響/Jade((愛だな……………………………(語彙力を捨てた感想)ジェアズはハグ 改めてよく分かりました 迚好きですね_______   (6/14 23:01:15)

玉響/Jade((吸います………(ずず、)   (6/14 22:57:21)

海月/Azul(前口上を借りながらも彼に語りかければ、目の前のオッドアイの青年は震え声で僕の名前を呼んだ。あいも変わらず美しいターコイズのサラリとした髪、黄金と深い緑青の瞳をした切れ長の目、端正な顔立ち…全てが美しいのに、今の表情といったら!優しく 優しく語りかけ、手を伸ばされれば彼の腕の下に こちらの腕を回し、ハグをするような体勢に。しかしこの体勢を取ったのには『彼が腕に必要以上に力を入れなくて済むよう、下から支えられるように』という理由。もう一つ「きっと背中も怪我をしているだろう」と見越したから。完璧に治せるほどの力は無いけれど…少しでも良くなってくれ。彼の痛みが少しでも和らいでくれれば__あぁ、でもこれでまた『借りができた』なんて言われるだろうか。左腕で彼の背中を優しく、触れるか触れないかくらいにさすりつつ、『_____』治癒魔法を小さい声で唱えながら右手に魔力を込めほわ、と ほんのり明るい光が右手に宿り。彼の背中に残された爪痕を少しずつ癒していった。)   (6/14 22:54:39)

海月/Azul…まったく、貴方も変わりませんね…(前世の頃に染み付いていた『自己責任。相手に借りを作らないように。借りは必ず返さなくてはいけない。』等の考え。今世になって多少緩くなっている可能性も…と思ったがそんなことなかったようで。「約束を守れなかった『借り』を返せないようにする」言葉を彼に投げかけていた事を恥じた…それではまるで生殺しのようではないか。彼が ほう、と安堵の息を漏らしたのを微かに聞けば 次から気をつけなくてはいけませんね、なんて。やり直す機会をきちんと与えなくては、彼は困って苦しむだけだ。)…ッ…大丈夫、安心して。お前はゆっくり、ゆっくり目を閉じて…大人しくしていてください。楽になりますから、…→   (6/14 22:54:26)

海月/Azul((あい、できましたので投げま!!   (6/14 22:54:03)

玉響/Jade((へへ…どうにも他の部分でブレるのでそこだけは一貫させるように意識しました…お待ちしてま…………!   (6/14 22:13:10)

海月/Azul((あい、お返事しま___   (6/14 22:11:38)


更新時刻 17:53:21 | 過去ログ | ルーム管理