ルーム紹介
世界中を巻き込んだ史上最悪の大戦争が収束した後、
人類は平和な日々を取り戻した

舞台は現代日本とさして変わらない人工島

同じ7日間を繰り返し続けている
ということを除けば

平和で幸せな世界だ


皆さんは"異能力者"としてこの世界に降り立ち、
世界を元の姿に戻すことを目的として活動することになります

終わらない7日間を終わらせるため、
どうかよろしくお願い致します。

____________

↓ホームページ↓
https://data.1net.jp/

↓キャラクター登録↓
https://data.1net.jp/80114.html

~ 以 下 、 ル ー ム 規 約 ~
①PL(プレイヤー)同士の喧嘩は禁止。
②全年齢対象ルームの為、R18は控えめに。
③恋愛(同性愛も可)を推奨します。
④オリジナルキャラクター以外禁止
⑤新規は設定を投稿してから入室願います。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ぽんこさんが自動退室しました。  (6/19 22:39:03)

ぽんここんばんちゃっちゃ   (6/19 21:19:36)

おしらせぽんこさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (6/19 21:19:20)

おしらせ骨喰 槐さん(126.125.***.110)が退室しました。  (6/18 14:24:24)

骨喰 槐んじゃ、僕もしつれーい。お疲れ様です!   (6/18 14:24:21)

おしらせlizaさん(5.18.***.215)が退室しました。  (6/18 14:24:15)

lizahttp://isexy.club/id315.jpg nick:lizasexy url: http://isexy.club/   (6/18 14:24:07)

骨喰 槐おっと、席外してた。こっちこそお相手ありがとう! 行ってらっしゃい!   (6/18 14:24:03)

おしらせlizaさん(5.18.***.215)が入室しました♪  (6/18 14:23:54)

おしらせ青星 翠星さん(iPhone 133.201.***.160)が退室しました。  (6/18 14:21:59)

青星 翠星すまねぇ落ちるのだ·····_(:3 」∠)_またね!!!   (6/18 14:21:58)

青星 翠星また空いてる時あったら絡んでくだしあ····付き合ってくれてありがとう〜〜〜〜!!   (6/18 14:18:34)

青星 翠星リアル買い物に呼ばれたから落ちますすまねぇ!!!!!   (6/18 14:17:17)

骨喰 槐「どーいたしましてである! んっふっふー、青星殿の笑顔ゲットである! 吾輩、笑顔作りの天才なのでは!? (噎せた状態から回復すればドヤァ、と小憎たらしいドヤ顔を浮かべてまた胸を張って居る。先程から可愛らしい笑顔を浮かべてくれている彼女。それを指摘すれば、自分の才能が恐ろしい、なんておどけながらニコニコと釣られる様に笑顔を向けていて。やっぱり、誰かと笑い合うって言うのは素敵な事だと思う訳だ。そんな事を能天気な頭で思っていて)やるである! 頑張るである! 青星殿と一緒なら楽しそうであるしなぁ! (逃げ道は作ってしまったが、それでもやると決めたからにはある程度はやらせて貰おう。自分一人では無いし三日坊主で終わるなんて事も無さそうだ。にへー、と頬を緩めながら、彼女が考えていた事と同じ事を言葉にしてみたり。能天気なこの男の事だ、一緒にやるから楽しい、なんて直ぐに考え付きそうだろう?)そーだ。青星殿のお買い物も手伝うである! 今から買いに行くであるか? お荷物は吾輩が持つであるよ!」   (6/18 14:13:57)

青星 翠星「…ありがとうございます、(偉い、と褒められればどストレートな褒め言葉に照れたように笑って、そう返しただろうか。そして噎せながらも参加する!と意気込む貴方を見れば、)それじゃあ、明日から一緒にやるのはどうですか?(自分の健康維持の為に始めた運動がまさかこんなことになるなんて、きっと始めた頃の自分は予想していなかった。1人でやるのも好きだけれど、きっと誰かとやっても楽しいから。そんな思いを込めて貴方を誘ってみよう。」   (6/18 14:02:37)

骨喰 槐ただいまー。そちらもおかえりなさい   (6/18 13:58:32)

青星 翠星おかえりー   (6/18 13:58:12)

骨喰 槐「青星殿も苦手であるか!? なるほどぉ... ...。青星殿はそれを続けているのであるか。それはとっても凄いし偉いと思うである! (運動をしている筈の彼女が運動嫌い。その事実に驚きを覚えながらも話を聞いてみれば、成る程、と理解出来る所がある。自分に磨きを掛ける為だとか健康維持の為だとかそう言う事なのだろう。それでも続けられるのは素直に凄い。そう思えたからこそ、力を込めて褒め言葉を送ってみて)...な、なら、吾輩も頑張るである! 一緒に運動するである! その、ほら、お試しでやってみるである! (彼女の心持ちを聞けば、一時の物かもしれないがメラメラと燃えて来る物がある。グッと拳を握りしめ、やはり自分も参加すると意気込んでみせるだろう。すぐさま逃げられる様な言葉が続いてしまうのは本人のへぼさ故か。取り敢えず、運動には参加する様子。此方だって自分磨きって奴はしてみたいのだ。それで健康に成れるのであれば万々歳。意気込みを見せた後、傍に置いていた炭酸をガッと流し込み、勢い余って顔を逸らしてゲホゲホと噎せてしまっていて締りはないのだが)」   (6/18 13:57:25)

骨喰 槐んだばさっきの続きをば。早速投げるよー   (6/18 13:57:02)

骨喰 槐ふっかーつ   (6/18 13:56:46)

おしらせ骨喰 槐さん(126.125.***.110)が入室しました♪  (6/18 13:56:41)

青星 翠星直ったたたた   (6/18 13:56:23)

おしらせ青星 翠星さん(iPhone 133.201.***.160)が入室しました♪  (6/18 13:56:12)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、骨喰 槐さんが自動退室しました。  (6/18 13:52:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、青星 翠星さんが自動退室しました。  (6/18 13:52:20)

青星 翠星「どういたしまして。(お礼を言われればそう返して、ハンカチを返してもらえばそれをカバンにしまった。先程の問いかけに対してわたわたと慌てた様子で否定した貴方が、しかしながら結局苦手だと認めれば彼女は笑いながら、)実は私も苦手なんです。だから運動といっても軽いストレッチみたいなものですよ。…そういったものからやって、少しずつ自分のためになればって思ってるんですよ。(なんて語りながら貴方がお酒もタバコも嗜む、といえば真面目な彼女は貴方を成人済の男性だと思うことだろう。同い年か年上か。年齢を聞くようなことはしないものの、彼女の中で貴方はすっかり大人である。」   (6/18 13:19:03)

骨喰 槐「うぅー... ...。青星殿の言う事を聞いておけばぁ...。...ありがとうである(泣き言を漏らしながら水道まで案内して貰えば傍にジュースの缶を置き、バシャバシャと手を洗わせて貰おうか。彼女の言う事を聞いておけば、そんな泣き言も後の祭り。手をしっかりと洗い、缶に付着したべたべたの液体も軽く洗い流して漸く落ち着いた様だ。ハンカチも貸してくれると言うのであれば有り難く借りたい所。ジュースの時とは明らかにテンションが下がった御礼の言葉が飛び出すだろう)えと、そ、そんな事ないであるよ! 吾輩が運動苦手とかそんな事... ...う、嘘吐いたである。苦手であるぅ。吾輩、酒も煙草も嗜むであるから... ...すーぐ身体がひぃひぃ言うである(自分はそんなに柔じゃない! そうわたわた慌てながら否定の言葉を重ねようとするのだが、直ぐにボロを出してサッと気まずそうに目を逸らしてしまっていた。その際にお酒も煙草やっているとカミングアウトもしちゃうだろう)」   (6/18 13:15:42)

青星 翠星「あぁ…だから言ったのに…(プシュッといい音をたてて開かれた炭酸はそのまま溢れ出し、びしょびしょに少年を濡らしてしまった。見事なフラグ回収に苦笑いをこぼしつつ、向こうに水道ありましたよ、と案内をする事だろう。悲しい目を向けながら助けを求められれば、ハンカチも貸しますから、と言うだろう。水道がある場所へ向かいつつ、チビチビと飲む少年が狼狽えながら運動に参加する、と言えば彼女は優しく笑って。)運動は苦手ですか?(なんて、問いかけてみようか。」   (6/18 13:04:46)

骨喰 槐「だいじょーぶである! そんな直ぐに溢れたりしないであるよぉ。青星殿はしんぱいしょ...わわわわっ!? 何故! 溢れっ!? あ、青星殿ぉ...(『直ぐに開けると危ない』そんな注意を促してくれたと言うのにも関わらず、この男は問題ないと映画に出てくるモブの様な話の聞かなさで直ぐにかしゅ、とプルタブを持ち上げて缶を開いてしまった。彼女の言葉通りか、はたまたこの男がフラグ建築士の資格でも持っているのかもこもこと炭酸が噴き出してしまっては袖から出した腕がびっちょびちょに汚れてしまった。しょんぼりと悲しい目と情けない助けの声を彼女に掛ける事になるだろう)運動であるか? ...う、運動であるか。... ...わ、吾輩もやるである! お買い物も付き合うである! ...その前に、手を洗ってからであるが(汚れてしまった両手はしょうがないので、そのまま口を付けてチビチビと炭酸を飲んでいる。運動。この男は未成年の身分ながらも酒と煙草を嗜んで居る。つまり、運動が苦手なのだ。身体が直ぐに悲鳴を上げてしまう。狼狽えてしまうが折角誘ってくれたのだから、とちっぽけな勇気を奮い立たせて参加すると公言してみせて)」   (6/18 13:00:31)

青星 翠星「わかりました、これですね。(何だかこちらまで元気を貰える少年だ。彼女は知らず知らずのうちにくすくすと笑いながら自動販売機のボタンを押して、出てきた炭酸を貴方に渡した。すぐに開けると危ないですよ、なんて言いながら何をしていたかと問われれば、)日課の運動をしてました。晴天の中、公園で運動するのはいいですよ。(良かったら骨喰さんもやりますか?、なんて聞きながら、帰りに買い物もしますけれど、と付け加えるように答えた。」   (6/18 12:49:14)

骨喰 槐(ふと彼女が持っていた荷物に目をやれば、今日の彼女は何をしていたのだろうかと疑問が出てくる。と言ってもそんな深い意味はなく、ただ気になったから聞いただけ程度の物。それに、また一週間がループして紙を落としてしまうのであれば拾ってあげなきゃ、とかちょっとした親切心も働いている。それは杞憂なのに気付くのは、また来週だろうか)」   (6/18 12:45:37)

骨喰 槐「あおぼし、アオボシ、青星殿であるな! 吾輩、ちゃーんと覚えたである! 何だか、キレーな名前であるなぁ! (此方の自己紹介に続いてくれた様で、彼女の素敵なお名前を聞く事が出来た。良い名前だと褒めながらニコニコと無邪気な笑顔を浮かべている。因みに、この男は彼女が能力者だなんて1ミリも気付いていない。結構どんくさいぞ!)吾輩、コレが良いである! こーんな気持ちの良い日はしゅわしゅわーってした奴が良いのである! 青星殿、ありがとうである! (この男が指差したのは真っ黒な炭酸。皆大好き〇ーラである。晴れ渡った空の下で喉越しの良いジュースを飲む、なんて贅沢で気持ちの良い事だろうか。勿論、そんな考えに現を抜かして忘れていた訳ではない。直ぐに彼女の方を向いてお礼を口にしていて)青星殿はこんな気持ち良い日に何をしていたであるか? お散歩であるか? それともお買い物であるか?   (6/18 12:45:29)

青星 翠星「ふふ、そんなに喜んでくれるなら奢りがいがありますね。(見た目よりも随分と子供らしく喜んでいる貴方を見れば彼女は微笑んで自動販売機の方へと向かう。カバンの中から小銭入れを取り出して、どれがいいかと聞こうとすれば骨喰 槐、と名乗られた。自分の名前を問われれば彼女はやはり笑みを浮かべて答えるだろう。)私の名前は青星 翠星(アオボシ スイセイ)です。ここで会ったのも何かの縁でしょう。よろしくお願いしますね、骨喰さん。(自分の名前を名乗り終えれば3つほど並んでいる自販機の前で、どれがいいですか?、と問いかけた」   (6/18 12:34:05)

骨喰 槐「直ぐに届けられて良かったのである! ...えっ!? 良いのであるか!? わーい! じゃあ、奢られるであーる! (拾ったメモ用紙は彼女に取って大事なモノだった様だ。無事に届けられて良かった、ちょっと誇らしげに胸を張っては小さな満足感を満たしたかと思えば、思いも依らないお誘い。やったー! 歳より低く見られそうな子供っぽい態度を見せてしまいながら彼女の好意に甘える事にして。それなら早くジュースが飲みてぇぜ! と忙しく萌え袖の様に成って居る腕をパタパタと振ってみせていて。落ち着きがない様だ)そーだ。吾輩、骨喰 槐(ほねばみ えんじゅ)と言うであーる。お姉さんの名前は何と言うである? 貴殿だけじゃあ呼びにくいから教えて欲しいである! (ジュースを奢って貰うのだ、御礼はちゃんと名前も含めて言いたい。それなら自己紹介してしまおう、そう考えるや否や、早速とポンと胸に手を当ててピンと胸を張れば自己紹介。次は彼女だよ、と直ぐに問いを投げ掛けてみて)」   (6/18 12:28:18)

青星 翠星「え、(元気な少年に呼び止められれば“いつもと違う展開”に驚きの声をあげた。そして貴方から差し出された見覚えのありすぎるメモ帳に自分がいつも通りを変えるきっかけを作ってしまったことに気づく。ありがとうございます、と微笑みながらそれを受け取ればカバンの中に今度こそは落とさないようにしっかりと入れたことを確認して閉じた。そして貴方をじっと見れば恐らく異能力者だろうと予測を付けつつ当たり障りのない会話を試みる。)…大切なものなので助かりました。よかったらお礼にジュースの一本でも奢らせていただけませんか?(一般人でない人と関わるのは久しぶりすぎて会話の正解が分からない。手探りで言葉を選びつつ貴方にそう提案してみよう。」   (6/18 12:13:16)

骨喰 槐周りをキョロキョロと見回してもそれらしい人は居ない。それならば先程の女性が落としたのだろう、そうパパッと単純に結論付けてはメモ用紙を拾い、またパタパタと走っては貴女の前に躍り出ようとしてみて。それが成功したのであれば、うざ絡みしつつだが、メモ用紙を差し出してみせて)」   (6/18 12:08:57)

骨喰 槐「わはは。今日も一日変わらないのであーる! 吾輩、盗んだバイクで走り出すであーる! (晴天、本日は晴天なり。一週間も後半分を切ってしまったし、身体を冷やす様な寒い冬の日だってこの男はとっても元気。赤い髪に尻尾の様にたらんと垂らしたローテールを揺らしながらパタパタと忙しなく走り回って居る。今日も学校があるかもしれないが、そんな事より遊びに費やしたいお年頃。だって一週間が何度も繰り返されるのであれば遊び放題だろう? それにコレもちょっと悪っぽくて良いではないか。此方は良い子ちゃんじゃないんだぜ! そんな気分で機嫌の良さそうな声を上げながら公園へと突入したのだが___)...ムムッ! ちょ、ちょーっと待つであるぅ! 吾輩、何を拾ったであると思うか!? 聞きたいであるかー? ...ふっふっふっ。ジャーン! 正解はコレである! 貴殿の落とし物であるなぁ? ほらっ! 落としちゃダメである! (跳ねっけのある黒髪の横を素通りしたかと思えば、ふと足元に一枚のメモ用紙が落ちて居る事に気が付いた。   (6/18 12:08:51)

青星 翠星やたーーー   (6/18 12:00:28)

骨喰 槐大丈夫大丈夫! 読みやすくて助かるよ!   (6/18 12:00:07)

青星 翠星頑張って…繋げてください(土下座姿勢)   (6/18 11:59:36)

青星 翠星めちゃくちゃ精度落ちてるやば   (6/18 11:56:34)

青星 翠星「今日もいい天気で何よりです。(曇りひとつない真っ青な空を見上げて、ぐっと伸びをした。いつもの日課である公園での運動は今日も継続中。毎日のように続けているから最近少し痩せた気がした。その成果に喜びを感じつつ、ベンチの上に置いておいた荷物を持った。全くもって自分の能力便利である。普段と違うことをしても異能力者だと気づかれない能力は繰り返す7日間の解決には役立てないものの、自分の生活には十分すぎるほど役に立っている。今日だって帰りに頼まれ物のついでにケーキでも買おうと思っているところだ。─公園から出るその時に自然と落ちたメモ帳に気づかないまま、彼女は公園から出ていくことだろう。」   (6/18 11:56:27)

骨喰 槐ゆっくりで大丈夫だからね。自分のペースでどぞー   (6/18 11:49:04)

青星 翠星はーい!少々お待ちを!   (6/18 11:48:51)

骨喰 槐わーい。やたー。お願いしまーす   (6/18 11:48:39)

骨喰 槐1d100 → (30) = 30  (6/18 11:48:23)

青星 翠星わーお   (6/18 11:48:23)

青星 翠星1d100 → (88) = 88  (6/18 11:48:20)

青星 翠星1d100で高い方から!   (6/18 11:48:18)

骨喰 槐さてさて、いきなりぶっこむが先ロルは如何しましょうかー?   (6/18 11:48:07)

骨喰 槐お止めくだせぇ!   (6/18 11:47:48)

青星 翠星お巡りさんあの人なんか変態的妄想してる気がします   (6/18 11:47:36)

骨喰 槐おっと、部屋ではマトモな人を装わないと...   (6/18 11:47:30)

骨喰 槐初めて...ごくり...   (6/18 11:47:10)

青星 翠星そうですよぉ!!!www   (6/18 11:46:55)

骨喰 槐初めては僕って事ですかぁ!?←   (6/18 11:46:47)

青星 翠星【能力】  『ありふれた平凡な一般人』 ─彼女は一般人である。 彼女は異能力者と認識されない能力者である。 彼女は一般人である。彼女は1週間を繰り返している。彼女は異能力者ではない、普通の民間人である。常時発動しており、自分では操作できない。   (6/18 11:46:34)

青星 翠星翠星ちゃん初也だ。( '-' )   (6/18 11:46:20)

骨喰 槐おかえりなさい   (6/18 11:46:17)

おしらせ青星 翠星さん(iPhone 133.201.***.160)が入室しました♪  (6/18 11:46:11)

おしらせ銀 楽園さん(iPhone 133.201.***.160)が退室しました。  (6/18 11:45:52)

銀 楽園はーい!   (6/18 11:45:49)

骨喰 槐ダイスの女神は一般人って言ってるので一般人さんお願いしまぁす!   (6/18 11:45:42)

銀 楽園うそつきお兄さんと一般人がいるんだけどどっちがいいかな   (6/18 11:44:39)

骨喰 槐僕も此処お久し振りだぁ   (6/18 11:44:18)

銀 楽園おはよーーーう!   (6/18 11:43:42)

骨喰 槐おはようございまーす   (6/18 11:43:32)

おしらせ骨喰 槐さん(126.125.***.110)が入室しました♪  (6/18 11:43:21)

銀 楽園お久しぶり。   (6/18 11:43:05)

おしらせ銀 楽園さん(iPhone 133.201.***.160)が入室しました♪  (6/18 11:42:57)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ロミオ。さんが自動退室しました。  (6/17 23:30:18)

ロミオ。そこで安堵を与えるのは容易いだろう。しかしそれだけじゃあ物足りない。「…………無くしちまったんなら探せばいい。探したって見つからねえなら作ればいい。君たちにゃその力がある、僕だってそうしたよ。だからここがあるんじゃないか。形あるもんはいつか崩れるんだ、作れるもんはいつか壊れるんだ。そうしたらまた1から作る、………そうして僕らはここにいる。」『 昨日僕らが確かにいたと、存在証明できるように。』 ──────「なぁんちゃって。」笑いましょう、心から。お面もつけず腹見せあって、踊りましょう。シラフで、私踊れないのと懸念する少女の手を取って。そうして我らがまた、7日に囚われる囚人に彩添えて動き出す。だろう?悲しいお面をしまってくれよ。)   (6/17 23:09:35)

ロミオ。「♡」 (彼は貴方の言葉を最後まで聞いた、聞いていたさ。確かに聞いていたのに。結局吐いた言葉は何もない。そこにあったのはいつもの笑顔だ。スマイルだ。貴方が見慣れた彼の笑みは、貴方にどう写っているか。──────彼は、言葉を紡ぐ。「…………そうだな、もしもここが無くなったとしよう。」「もしもの話だ。人間が大好きな例え話。」「…………もしも、ここが無くなって。君が“ スマイリー”で無くなった時だって。僕ァな、………“ 君がどんなに魅力的かを覚えているよ”。……本当さ。」 嫌な例え話かもしれないが、スマイリー。貴方が貴方で無くなったら、果たして魅力は、存在意義は無いのか?否。断じて否。“無くならないよ ”。“ 大丈夫だよ”。   (6/17 23:09:17)

おしらせロミオ。さん(Android 220.144.***.97)が入室しました♪  (6/17 23:09:09)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、スマイリー・スマイルさんが自動退室しました。  (6/17 20:41:15)

スマイリー・スマイル『───────もし、そうなる日が来てしまったのだとしたら。』彼女は橋の手摺りから降りて、貴方の近くに寄るだろう。そして彼女は貴方の目の前に立ち、顔を見上げて、貴方の顔のない顔をじっと見つめながら 『スマイリーは〝スマイリー〟でなくなっちゃうデスよ……?』と、仮面の奥の彼女は困った風な笑い声をあげながら貴方にそう告げただろう。─────彼女がここまで口にしたのはひとえに彼女が〝不安や戸惑いを抱いていた〟からだろう。そんな彼女の不安や戸惑いに貴方はどう応えてあげるのだろうか?   (6/17 20:12:59)

スマイリー・スマイル『だんちょーがいないONES APON A TIMEなんてボク、やデス。まだまだだんちょーとサーカスしたり、おしゃべりしたり、…あたまを、なでなでして褒めて欲しいデス。……一緒に居たいデス。…』ピエロの仮面が〝笑顔〟の仮面からしょんぼりとした〝泣き〟の仮面に変わるだろう。そしてピエロは自分の思いを告げるだろう。まるで子どものわがままのような、要望だらけの思いを貴方に訴えかけるだろう。   (6/17 20:12:49)

スマイリー・スマイル『………どうかな。』思わず仮面の奥の彼女からそんな声が零れ落ちました。〝役柄〟を演じることでしかその感情を〝模倣〟できない彼女にとって、その問いは応えきれる確証が持てなかったのです。 『………それに、あまり〝縁起のでもない〟ことを言うもんじゃないデスよ。…まるで、まるでいつかはだんちょーがいなくなっちゃうみたいじゃないデスか。』ピエロは自分の仮面を付け直す風な真似をして、貴方の言葉に対して付け足すようにしてそう口にしただろうか。確かにあのサーカス団は今も尚、大盛況で多くの人に愛されているから、きっとまだまだなくならない筈だろう。でもしかし、そこで演じている人々はどうなのだろうか。……例えば、貴方。ピエロには今の言葉がまるで貴方が〝どこか遠くにいってしまいそう〟な予感を思わせてしまい、つい疑ってしまったのだ。   (6/17 20:12:24)

おしらせスマイリー・スマイルさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (6/17 20:12:19)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、ロミオ。さんが自動退室しました。  (6/17 08:02:08)


更新時刻 21:35:14 | 過去ログ | ルーム管理