ルーム紹介
勉強の合間に、授業の休み時間に、食事に、読書に、気紛れに。
学内にあるただの談話室───集うは本学に通う生徒たち。

自室に閉じこもる気分ではなく、誰かと話したいあなたのための部屋。
寮、学年に囚われず、ただ一時を共に過ごすための部屋。







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

閲覧いただきありがとうございます。本部屋は”非固定式”フリールームとなります。
皆様自室ではなく、俗にいう大部屋として扱ってください。
ロルは短~長まで、背後会話は原則禁止といたします。
また区別記号、固定名なども基本自由です。
3L有り、CP等ご自由に。全てお互いの同意のもとよろしくお願いいたします。
また、原則として”監督生”に関しましては性別を名前の後ろに明記の上、入室は”常にひとりまで”でよろしくお願いします。
現時点で一般生徒、創作学生は禁止ですが、参加者の増加や希望がありました場合随時変更させていただこうと思います。

長くなりましたが、どうぞ皆さま暇な際、誰かと集まりたい際、ご自由にご利用ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


Settings
ソファセット、テーブル、簡素な本棚と小さなキッチン。採光のための窓はふたつ。
オセロやボードゲーム完備。
 [×消]
おしらせ▼Jade Leechさん(119.171.***.49)が退室しました。  (5/20 04:19:31)

▼Jade Leechそんなに警戒しないで。紛れもない本心ですよ、ラギーさん。貴方の料理の腕は尊敬に値します、いつかモストロ・ラウンジの新メニュー考案にご協力頂きたいと考えてしまう程には──と、……ええ、おやすみなさい。お話にお付き合い頂き有難うございました。皆様、良き夢路を。(/↓)   (5/20 04:19:20)

おしらせRuggie Bucchiさん(60.129.***.176)が退室しました。  (5/20 04:17:45)

Ruggie Bucchiジェイドくんも寝たほうがいいッスよ。もう朝ッスよ?朝、薄っすら外白んできてるし。はいはい、解散。(手パンパン)んじゃ、おやすみなさいッス。山菜、忘れないでくださいね!(/↓)   (5/20 04:17:31)

▼Jade Leechリドルさんもお疲れ様です。紅茶は又の機会にでも頂きましょうか。……ふむ、これは解散の流れでしょうか。   (5/20 04:13:39)

Ruggie Bucchiあれ、リドルくんもお疲れ様ッスね。……さて、こんな時間なんでオレもさすがに寝ようと思うッス。……朝練もあるんで。レオナさん起こさなきゃ…。(げんなり)   (5/20 04:12:07)

Ruggie Bucchiお世辞ッスか?んなこと言われてもびた一文まけないッスよ。…ま、オレのはばあちゃんに教えてもらったヤツなんで。調味料が自由に使えるここじゃそれなりに作れて当然ッスよ。(手放しな賛辞はどうにも怪しく、じとりとそちらを見据えながら口を開く。一度交わした契約を不履行されるわけにもいかない、何よりお財布が懸かっているのだから言葉は真剣みを増して)>ジェイドくん   (5/20 04:10:57)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Riddle Roseheart ..さんが自動退室しました。  (5/20 04:10:12)

Ruggie Bucchi…うわ、時間。(時計二度見)ジャミル君お疲れッス、書類はあとでスカラビアまで届けるんで安心していいんスよ。(なむなむ)   (5/20 04:03:37)

Ruggie Bucchiどーぞ、余っちゃったら捨てるしかないんで、それはリドルくん的にも嫌ッスもんね?(にしし、含み笑いを漏らせばドーナツを頬張る彼に”それじゃ、リドルくんも共犯ッスからね”と言い添える。夜更けのおやつ、保護者のような面々に伝わればお小言が飛んでくることは目に見えているため仲間は多いほうがいい)>リドルくん   (5/20 04:02:51)

▼Jade Leechジャミルさんはお疲れ様です、時間も時間ですから致し方ありません。夜更けまでお付き合い下さり有難うございました。…僕もそろそろ…いえ、リドルさんの紅茶を頂いてからお暇しましょう。(時刻を確認、最早何の感想も出て来ない鱓の図)   (5/20 04:02:33)

▼Jade Leech…おや、宜しいんです?(慣れた手付きでティーセットを用意するかの寮長に視線を遣る、普段自らが紅茶を淹れている身としては些か新鮮に感じないでもない。申し出には"ではお言葉に甘えて"と薄く笑みを浮かべて)何かお手伝い致しましょうか、リドルさん。>リドルさん   (5/20 03:58:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、◇Jamil Viperさんが自動退室しました。  (5/20 03:56:06)

▼Jade Leech有難うございます、ではそのように。(取引成立、交換条件の天秤は些か相手の側に傾くものの致し方無い。料理上手な彼の事、山の幸も存分に有効活用されるだろうと笑みを深めて)…お褒めに与り光栄です。しかし、料理の腕があってこそ素材の良さも引き立つというもの。貴方に引き取っていただけるのなら願ったり叶ったりです。 >ラギーさん   (5/20 03:52:41)

Riddle Roseheart ..な ッ ... もう .. 仕方ないね . 君は ...... ラギ- が頂いていいと言うのなら 頂こう .. ( 一瞬 吃驚しながらも 頬を書きながら ド-ナツを 手にとる。 頂きます . と ぼそりと 呟いてから はむ . ッ と 1口頂いた . ) ▷ ラギ- / ン . 紅茶と 合いそうだね .. 紅茶の 準備でもしよう .. ( 口に付けた ド-ナツ を とりあえず 机の 上に 乗せて ティ-ポットと ティ-カップ を 用意する . )... みんなも 飲むかい ? ( お湯を準備しながら 全員に聞いて ) ▷ 全員   (5/20 03:50:11)

Ruggie Bucchi…と、言うわけで、めちゃくちゃ量あるんで。リドルくんもどうぞ。賞味期限が近いってだけでちゃんと食えるヤツなんで、…それに深夜の甘いものって、なんか普段より美味しく感じられるんスよ。(シシシ、悪だくみをする子供のように幼い笑みを浮かべると、半ば押し付けるようにドーナツを手渡す。早いところ消費してしまいたいのもあるが、なにより深夜の間食の共犯者を作りたいだけともいう)>リドルくん   (5/20 03:42:29)

Ruggie Bucchi…なるほど、それは大変そうな…。(まず落ち着いて作業をしているところが考えられない。想像にたやすい情景に心底同情の目を向けて)大変なんスねぇ…。あ、いいんスよ。賞味期限間近のやつなんで、──あっ、切れてはないんでちゃんと食べれるッスよ!ただ何分ずいぶんな量があるんで、消費してもらえた方がありがたいッス。>ジャミルくん   (5/20 03:38:50)

◇Jamil Viper適度な雑音は集中にはいい。普段に比べたら気にならないさ……書類が終わるか、俺の眠気が勝つか……(目を擦り)   (5/20 03:35:56)

Riddle Roseheart ..あぁ .. 何時まで経 ッ ても 一つだけ終わ ッ てくれなくてね .. その 書類のために 何時間かけたことか .. 。...まぁ 確かにそうだね .. ここ迄 起きてしま ッ ていると トレイに 怒られてしまうよ .. もう 意味がないのだけどね .. ( 怒られるしかないな ァと 怠けながら これからどうしようかな .. なんて 少し 考えたりして . )   (5/20 03:35:47)

Ruggie Bucchi…それで手打ったッス。いや~、ジェイド君の持ってきてくれる山菜、新鮮だし味も美味しいし助かるんスよね。それに食費も浮くし。(シシ、と歯を見せて溢した笑みは満足げで、”ドーナツ一つで返ってくるにしては美味しい対価に含み笑い)>ジェイドくん   (5/20 03:34:49)

Riddle Roseheart ..... ふふ . 確かに 甘味には 弱いけれどね . ラギ- の 好物までも 奪う趣味は 僕は 持ち合わせていないのだよ . ( ひらりと 手を振る彼に少し笑いながら 上記を述べる。すたすたと歩き出しては適当に椅子に座って 疲れた、とでも言うように 目を細 . )   (5/20 03:31:39)

▼Jade Leech作業を進めるには些か騒がしいような気もしますが、それでも宜しければ幾らでも──と言っても、僕の部屋ではないんですけど。(苦笑 / 熱砂の国の寮長に向ける視線、表情に滲むのは同情の色)……書類を?成る程、そうでしたか。遅くまでご苦労様です、リドルさん。真面目…と言っても、この時間帯まで起きている時点で"悪い子"のラベリングは避けられそうにもありませんが。   (5/20 03:30:37)

◇Jamil Viperカリムに任せると桁が違う、書き損じ、修正ミスやら……はぁ、俺の手間が増えるなら最初からやった方が効率がいいからな……(ペンを走らせながら甘い香りに一瞬目線を上げた)どうも、あぁ……手土産もなくてすまない。(はっとして申し訳なさそうに眉を下げた)   (5/20 03:29:50)

◇Jamil Viperそうか、君は甘味に弱いと記憶していたんだがな……今回はそういうことにしておくさ(貴方を見る代わりに手をひらりと振った)   (5/20 03:27:00)

Ruggie Bucchiあー…まあ確かに、あんま向いてなさそうな…カリム君、デスクワークは苦手そうッスもんね。ん、どーぞどーぞ、頭遣う作業するなら糖分って大事ッスからね~。(また一つ、紙袋から取り出した甘味を包み紙のまま書類と睨めっこする彼の横にそっと添える。”お疲れさんッスね”なんて眉を下げて笑みを向ければ、紙束を覗き込み難しそうな言葉の羅列にうげ、と舌を出して)   (5/20 03:25:22)

Riddle Roseheart ..眠れない理由 .. かぁ .. そうだね . 深夜の 眠気の山を 超えてしま ッ たから だろうか .. ( 考えるようなポ-ズをとり ぅむ . と 少し唸る . ) .. あぁ . そうだ . 寮長として 任された 書類を 終わらせていたら 深夜の眠気の山を 越してしまったのだよ . ( ぁあ と 思い出したように ジェイドの方を向く . ) お茶菓子には つられていないよ . 流石に つられていたとしても 露にするのは 恥ずかしいかな . ( 眉を潜め 苦笑 . ) ...確かにそうだね . 皆真面目だ . ( きょろりと 居る皆をみては こくこくと 頷いて)   (5/20 03:22:34)

Ruggie Bucchi…この時間に起きてる人、いるもんなんスね。(目ぱちぱち)リドルくんもいらっしゃいッス、オレも別に副寮長じゃないんでそこは気にしなくて良いと思うッスよ。いや、…にしても、真面目そうな人達ばっかこんな夜中に集まるとちょっと変な感じスね。(しみじみと呟くハイエナが一匹)   (5/20 03:17:52)

▼Jade Leechどの程度の……ふむ、そうですねえ。あなたがサバナクロー寮長に夜食を作る時、僕の採った山菜を分けて差し上げる程度、でしょうか。(借りたら返す、則ち稚魚でも知っている等価交換の法則。問いには暫し思案の後、妙に具体的な案で以て返せば「如何ですか?」と笑みを向けて)>ラギーさん   (5/20 03:16:28)

◇Jamil Viperこんばんは、お茶菓子に釣られてきたのか?(くく/ひらり)   (5/20 03:16:26)

▼Jade Leechふふ、これはまた意外な御方がいらっしゃいましたねえ。今晩和、リドルさん。(微笑携え会釈を返し/)…貴方にも眠れない理由がお有りで?   (5/20 03:16:06)

◇Jamil Viperまぁ……カリムには任せられないからな大したことではないさ(首を振っては適当な席についた)……ドーナツ…?(時計をちらりとみた。見ないふりをしようか)嗚呼、頂こう(既に書類に目を移し書き取りをしながらそう答えた)   (5/20 03:15:07)

Riddle Roseheart .....それでは お邪魔させて頂こうかな . ( ひらり . ) 今晩和 . 偶にちらちらと眺めていたのだけれどね . ( 苦笑 . ) 副寮長がい ッ ぱい だと い ッ たから 寮長として お邪魔させて頂いたよ . ( ぺこりとお辞儀 . )   (5/20 03:14:04)

おしらせRiddle Roseheart ..さん(Android 219.167.***.170)が入室しました♪  (5/20 03:11:40)

Ruggie Bucchiあ、ほんとこの部屋別に誰でも入ってくれて構わないんで。オレの自室でもなくてほんと談話室なんで、待ち合わせでも暇つぶしでもお好きにどうぞッス!外から見てる人も大歓迎ッスよ!(手ひらひら)   (5/20 03:11:00)

Ruggie Bucchiうわ、すげー量。大変ッスね、副寮長も。オレは構わないッスよ、むしろ作業するにはうるさいかもししれないけど…。(凡そ紙束を机に置くときの音ではない、苦笑しながら新たな来客を手招いて)今ちょうどジェイドくんとドーナツ食ってたんですけど、ジャミルくんもどうスか?(ちらり)   (5/20 03:07:12)

◇Jamil Viper途中に失礼。………光が漏れていたから人がいると思ったんだが…随分と夜更かしをしているようだ(くく、喉を鳴らすように笑って扉から顔を出した。手には書類の束。)ここで作業をしても構わないか?見張りがないと寝てしまいそうなものでね(机に音を立てて書類を下ろした。)   (5/20 03:03:16)

Ruggie Bucchi…お、ジャミルくんじゃないスか。こんな時間に珍しいッスね。……なんか副寮長たちが一堂に会してんの見るとちょっと怖いんスけど。(小声でぼそり、新たな来客と話し相手に聞こえぬように呟いて)   (5/20 03:02:51)

▼Jade Leechおや、まさか本当にいらして下さる方がいらっしゃるとは。今晩和、ジャミルさん。(にこ)   (5/20 03:02:28)

おしらせ◇Jamil Viperさん(iPhone au)が入室しました♪  (5/20 02:59:05)

▼Jade Leechええ、勿論。幾らでも待ちましょう。……外からご覧になっているあなた方、遠慮せずにお入りになって構わないと思いますよ。僕は部屋の主ではありませんから、あまりこうだとは決め付けられませんが。(窓の外を一瞥、緩り首を傾げて。)   (5/20 02:58:37)

Ruggie Bucchiまぁ、そんなに便利なモンじゃないッスけどね。ただ野生じゃ鼻が利かない奴からお陀仏なんで。面倒くさそうな匂いがしたら近づかないのが吉、ッス。(とはいえ面倒くさそうな匂いのする学園のやばくない方の双子に話しかけている時点で何も言えたものではないが、その点に関しては口を噤んでおく。余計なことは言わぬが花、薮をつつけば蛇が出る。今回出るのはウツボだが)シシッ、こんなちっぽけなドーナツ一つで、何かしてもらえるスか?それじゃありがたく、…んー、どの程度までのお願いなら聞き入れてもらえるんです?(半分近く残るドーナツを口内に全て放り込むと口いっぱいに広がる甘味に目を細め、袖で乱暴に口周りを拭いつつ問い掛けて)   (5/20 02:58:27)

Ruggie Bucchi…途中送信なんでちと待ってくださいね。(むぐ)あ、あとただいまッス。   (5/20 02:55:53)

Ruggie Bucchiまぁ、そんなに便利なモンじゃないッスけどね。ただ野生じゃ鼻が利かない奴からお陀仏なんで。面倒くさそうな匂いがしたら近づかないのが吉、ッス。(とはいえ面倒くさそうな匂いのする学園のやばくない方の双子に話しかけている時点で何も言えたものではないが、その点に関しては口を噤んでおく。余計なことは言わぬが花、薮をつつけば蛇が出る。)   (5/20 02:55:22)

▼Jade Leechふふ、お帰りなさい。(にっこり)   (5/20 02:53:05)

おしらせRuggie Bucchiさん(60.129.***.176)が入室しました♪  (5/20 02:51:57)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、Ruggie Bucchiさんが自動退室しました。  (5/20 02:51:45)

▼Jade Leech──嗚呼、道理で。(野生の勘というものは得てして鋭く働くものであるらしい、得心すれば頷いて。ミルクに浸しては咀嚼と嚥下を繰り返し、あっという間に随分と小さくなった一口分のドーナツを名残惜しげに口へ運び)…ご馳走さまでした。ふふ、新鮮な夜食を有難うございます。……さて、対価には何をお望みで?(ゆるり、僅かに首を傾げては問いを一つ)   (5/20 02:47:24)

Ruggie Bucchiんー、まあ、何となくスけど。あ、顔じゃないッスよ?雰囲気っていうか…鼻、よく利くんで。あとは野生の勘スね。オレたち、そういうのは敏いんで。(つん、と自分の鼻を指させばシシ、と得意そうに笑みを浮かべ、もう一口ドーナツを口に含む。もくもく、なんて咀嚼音を立てながら、口の端についた食べかすも気にしない。半分ほど食べ終えると今度は牛乳に浸してからまた一口食べて)そッスか?そりゃよかった、割とポピュラーな食べ方なんスけどねえ。大抵のモンは牛乳に浸せば美味いッス。(ぐっ)   (5/20 02:31:38)

▼Jade Leech元気が無い、ねえ。そう見えますか。(感情が解り易く顔に出るたちではないだけに、正鵠を射た彼の指摘は想定外だった。貼り付けた微笑はそのままに曖昧な言葉を返せば、受け取ったドーナツを一口。「これは美味しいですね」と零れた呟きは、紛れも無い本心に由来するもの)ほう、成る程。態々ありがとうございます、ラギーさん。……ミルクに浸す、そうした発想はありませんでした。まだまだ陸について学ぶべきことがあるようですね、僕も。(ことりと音を立てて置かれた口の広いコップを一瞥、新たな知識を得る切っ掛けとなった彼に謝意を述べ。言われるまま揺れる乳白色に揚げ菓子を浸せば再度口に運び、ほろりと口内で解ける甘さに左右異色の双眸を細め)…中々…いや、とても美味しいです。知見が広がりましたよ。   (5/20 02:11:11)

Ruggie Bucchiどーぞ、特別ッスよ?なんかジェイド君、元気なさそうなんで。まぁ理由は別に聞かないスけど。(長い腕を向けられて、素直にその手にドーナツを手渡す。選んだものはよくあるプレーンドーナツにアイシングがかかったもの、自分はチョコレート掛けのそれを手に取って、一口噛り付き)ん~、これこれ。夜中に食べるから余計美味しいんスよねえ。…あ、そうだ、(好物の味に瞳が蕩ける。咀嚼しながら舌鼓を打つと、ふと声を上げて立ち上がり、備え付けられたキッチンへ。冷蔵庫から牛乳を、それから適当なコップを二つ、並々まで牛乳を注ぐと両手に持って戻ってきて)これ、良かったら。ドーナツって牛乳に浸して食べても美味いんで。   (5/20 01:47:34)

▼Jade Leechおや…ドーナツ、ですか。(眼前の揚げ菓子を見つめ、暫し黙考。我らが寮長ならばいざ知らず、勧められた食べ物を断る道理も今の自分には存在しない。苛立った時には甘い物を、等という話も聞きますし、文字通り彼の厚意に"甘"えることに致しましょう。包み紙ごと差し出されたそれを受け取るべく手を伸べて)ふふ、勿論です。ちょうど小腹が空いていたところでして。……いただいても?   (5/20 01:37:14)

Ruggie Bucchiそりゃ、災難ッスね。ま、たまにはいいんじゃないスか?(促されるまま”お邪魔しま~す”と声をかけ、手身近なソファへと腰掛ける。次いだ問いかけにはふるふると首を振って)イヤ、オレは…んー、内緒にしたかったんスけど。(先程まで隠していた紙袋、膝の上に置くと封を開ける。無造作に手を突っ込み何かを掴むと目の前の相手に差し出して)ドーナツ、食いません?寮の談話室だと飢えた獣に持ってかれるんで、隠れて食べようと思って持ってきたんスけど。   (5/20 01:22:42)

▼Jade Leechええ。……それが、どうにも眠れなくて。(嘘は吐いていない、自室で眠ることの出来ない原因に触れていないだけであって。下がる眉とは対照的にゆるりと口角を上げては、"どうぞ"と視線を以て着席を促す副寮長)ラギーさんこそ、こんな時間に鉢合わせるのは何時振りでしょう。貴方も眠れずに此処へ?   (5/20 01:11:05)

Ruggie Bucchiどーも、珍しいッスね、ジェイドくん。こんな時間まで起きてていいんスか~?(しんと静まり返った部屋ではドアの軋みすらよく響く。薄ら明かりの灯る部屋をひょっこり顔だけ半分出して覗けば見知った顔におや、と目を見張る。手に持った紙袋を思わず背後へと隠すと、減らりと笑みを浮かべて室内へと踏み入り)   (5/20 01:02:51)

▼Jade Leech…何時にも況して静かですね。(誰に告げるでもない呟きに宛先は無く、ひと気の無い室内に転がる。時間を潰す為の道具を手に部屋を出なかった過去の自分に嘆息、とはいえ見通しを立てずに自室を後にした以上は是非も無いこと。兄弟と言い争いながら荷物を纏める、なんてお笑い種にもなりませんし。話相手を募るにも時刻が時刻であるが故に、一人掛けのソファに腰を下ろし──突如としてキイと細く鳴いた木造の扉に些か瞠目。入室時同様の柔い笑みを湛えて彼を迎え)…おや、こんな時間に珍しい。今晩和、ラギーさん。   (5/20 00:58:14)

おしらせ▼Jade Leechさん(119.171.***.49)が入室しました♪  (5/20 00:53:02)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、▼Jade Leechさんが自動退室しました。  (5/20 00:52:52)

おしらせRuggie Bucchiさん(60.129.***.176)が入室しました♪  (5/20 00:51:50)

▼Jade Leech…ともあれ、有難い話です。学園長の気紛れに感謝しなくては。(携帯端末の液晶に映し出される時刻に苦笑、とうに日を跨いでいた。兄弟は今頃如何しているだろうか、考えを巡らせた所で思考を停止する。売り言葉に買い言葉、先刻飛び出してきた相部屋もとい自室。らしく無いとは思いつつ、衝動的な自分に呆れるばかり。いやはや人の心とは難しいものですねえ。何をするでもなくゆったりと窓辺に歩み寄り、レースカーテンを開いて室外を眺め)   (5/20 00:32:48)

▼Jade Leech(真新しくも粗朴、否、シンプルな一室。簡素な空間に人影が無いことを見て取れば、携えた笑みはすとんと抜け落ちて/↑)お邪魔します。……といっても、何方もいらっしゃらなくて当然ですが。もうこんな時間ですし、致し方ありませんね。   (5/20 00:28:21)

おしらせ▼Jade Leechさん(119.171.***.49)が入室しました♪  (5/20 00:27:16)

おしらせCater Diamondさん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (5/19 23:30:26)

Cater Diamond……やっぱ誰も来ない感じ?だよね、うーん、薄々そんな気はしてたって言うか。こういうとこに人来るの、見たことないもんね。仕方ないね、諦めるかぁ。(窓の外に見える煌々と輝く灯りを一瞥、眉を八の字に下げ苦笑する。革張りのソファから立ち上がるとギシリと皮の軋む音、くるりと見渡した室内はがらんどうで)それじゃ、お邪魔しました〜!   (5/19 23:30:21)

Cater Diamondじゃ、オレはマジカメチェックしてるから、誰か来るまで待機しよ〜っと。   (5/19 23:16:04)

Cater Diamondと、は、言え!今日出来たばっかりっぽいし、ここは一枚写真撮っとくべきかな。オレ一人しかいないのが寂しいけど〜ま、しょうがないよね。さぁて、それじゃ……(ポケットから取り出したスマホでカシャリ、部屋の全景と己が正面に来るように写真を撮る。顎先に手を添えると”んー、タグはどうしよっかな〜”と暫し思案した後に)「新しく出来た談話室!学園長趣味悪ーい#けーくん一番乗り♪#学園長のセンス皆無#みんなおいでよ!」……よし、これでいっかな。うんうん、いい感じ、これなら他に人も来るかも!   (5/19 23:07:13)

Cater Diamond(談話室が出来た、そんな噂を聞いたのはつい先程。学園長の気まぐれが何なのかは知らないが、大勢で話すことが出来るのは自分としては喜ばしい。それに流行の最先端を行くことを心がける自分としては、出来たばかりの談話室ならば訪れておくべきだろう。もし誰も来なかったとしても、マジカメに投稿するネタにもなるはず、とそこまで頭を回すとキィ、と軋むドアを開けて)……え、何これ殺風景すぎない?全然映え無いんだけど…談話室って聞いたからもっとオシャレだと思ったのに〜!何この無骨な感じ!男子高校生の部屋の方がまだイケてるって!(自然と灯る灯りに照らされた室内のあまりの簡素な作りに絶句、頬を膨らませると文句をひとつ)   (5/19 22:51:59)

おしらせCater Diamondさん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (5/19 22:45:38)

おしらせDire Crowleyさん(60.129.***.176)が退室しました。  (5/19 16:32:33)

Dire Crowleyそれでは、本日はここまで。(肩腕を振るうと漆黒に染まった上着が翻り、己の身を覆い隠すとともに先程までそこに立っていたはずの自称心優しき指導者の姿は瞬きの間に搔き消えていた/↓)   (5/19 16:32:24)

Dire Crowleyひとまず私はこのあたりで。ああ、そうそう。気になった生徒の…もしくは本学関係者の皆さん。部屋の前にある立て看板に目を通して、気になった際は誰でも何時でも気軽に利用してくださって構いませんよ。ああでも!揉め事は勘弁してくださいね。面倒くさ──ごほん、皆さんの友好のためのこの部屋ですから。多少の諍いならば、目を瞑りますがね。子供ってのは喧嘩をして成長するものですから。(喧嘩のたびに仲裁を入れるのが面倒くさいだけ、そんな本音は心の内に隠し通す。色々モロバレではあるがそこは気にしない。現在は簡素な部屋もきっと生徒たちが入り浸るようになれば好き勝手改築されていくだろう、手間は省けて良いことだ。彼らの成長に携わることが出来るのは教師としては非常に嬉しく──)では、今回のところは私もこのあたりで。…誰も使ってくれない、なんてことにならないといいんですがねぇ…。折角用意したので、ええ。   (5/19 16:28:20)

Dire Crowleyさてさて──…うーん、バッチリですね。本学に通う生徒のために誰もが自由に集まれる談話室を作る…私って、何て優しいんでしょう!(誂えたばかりの室内はまだ些か質素だが、人が集う分には十分だろう。ぱんぱん、と黒手袋に覆われた手を叩けば至極満悦層に笑みを深め、仮面の奥の瞳が三日月に歪む)最近皆さん、他の寮との交流も増えているようですから…こうすればこの協調性皆無な──ゴホン、少しばかりマイペースな生徒たちも、友好や親交を深めることが出来るでしょう。私って優しすぎでは…?   (5/19 16:19:34)

おしらせDire Crowleyさん(60.129.***.176)が入室しました♪  (5/19 16:15:24)

おしらせ新規ルームを作成完了しました。(60.129.***.176)  (5/19 16:12:28)


更新時刻 05:33:50 | 過去ログ | ルーム管理