ルーム紹介




あまったるくてほろにがい。そんな、青春。



【Attention】
・Snow Manの学パロ也部屋です。
・一人二役まで。
・希望の際には背後名、希望メンバー、学年をお願い致します。
・1ヶ月間来なければ固定外します。
・希望者ではない方、荒らしの入室は御遠慮下さい
【固定】
深澤(飴雪/3年) 佐久間(鎌田/1年 ) 渡辺(恋陽/3年) 宮舘(萌愛/3年 ) 岩本(夢乃/2年) 阿部(恋陽/2年) 向井(夢乃/2年) 目黒(飴雪/1年) ラウール(萌愛/1年 )
【CP】
岩本×深澤、宮舘×渡辺
設定部屋
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=690374
裏部屋
http://chat.luvul.net/ChatRoom?room_id=302800
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、深澤さんが自動退室しました。  (10/10 01:08:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、岩本さんが自動退室しました。  (10/10 01:05:31)

深澤んぅッ、…っは、(昼時の生徒会室では背徳感と常に隣り合わせで。ぞくぞくとした感覚が駆け上がると同時に、首筋を伝う彼の手の感覚に気がつけばその手に自分の手を重ねて)   (10/10 00:47:07)

岩本っふ…ん、っ、(昼時の生徒会室でくちゅりと鳴る水音に興奮高まらないはずもなく。口付けを楽しみながら頭に添えていた手を首筋をなぞるように下ろして)   (10/10 00:45:23)

深澤…っ、んッ、ぁ、(唇の隙間から舌が差し込まれれば小さく声を上げて。ふる、と身体を震わせてはそれに答えるようにくちゅりと舌を絡ませ)   (10/10 00:40:38)

岩本ん……、(薄らと目を開けるとうっとりとした表情が見えて。その顔を見るとするりと舌を唇の隙間から差し込み口付けを深めて)   (10/10 00:39:38)

深澤……っんぅ、(頭に手が添えられれば顔を離せなくなる。少し驚いたように目を丸くするも、すぐにうっとりとした表情を浮かべて)   (10/10 00:34:44)

岩本ん…っ、(彼から何度か口付けられると自分からも角度を変えて唇を重ね。不意に彼の頭に手を添えると長く唇を味わい)   (10/10 00:33:22)

深澤…ふふ、ひかるせっかちなんだから、(触れる直前で彼が止まればにっこりと笑みを浮かべて。するりと彼の首に腕をまきつけてはちゅ、ちゅ、と啄むように何度か口付けて)   (10/10 00:31:16)

岩本…も、無理。(焦らすような素振りを見せられるとムッとして。堪えきれずに自分からゆっくりと顔を近づけると、触れる直前で止めて)   (10/10 00:28:30)

深澤……え〜、どうしよっかな、(意地悪な笑みを浮かべる彼を見てはむ、と唇をとがらせて。焦らすようにそう口にしてはふに、と彼の頬を引っ張ってみたり)   (10/10 00:23:58)

岩本…、直ってないからもっかい。(楽しげに自分の頬をつつく彼は可愛くて仕方ないと思いながら、もっと彼を求める気持ちが溢れて意地悪な笑みを浮べて彼を試すようにみつめ)   (10/10 00:23:00)

深澤((大丈夫!!   (10/10 00:18:05)

深澤機嫌直った?(目を丸くした彼を見れば楽しげな表情を浮かべて。する、と彼の頬から手を離してはくすくすと笑いながら彼の頬をつついて)   (10/10 00:18:01)

岩本((あぁぁぁみじかいな!おい!!   (10/10 00:13:53)

岩本…っ、(彼が吹き出すとむすっとした表情を浮かべるも、彼からの口付けの1連の動作に目を丸くして)   (10/10 00:13:44)

深澤((なぜなんだろうか……   (10/10 00:09:32)

深澤…ふはは、わかってるよ、(彼の言葉に思わず吹き出してしまい。面白くなさそうな表情を浮かべる彼の頬を両手で挟んではちゅ、と口付けて)   (10/10 00:09:25)

岩本((大丈夫!私も今日絶妙に短い…   (10/10 00:05:51)

岩本…1つしか変わんねぇからな(いつもは自分が撫でることの方が多いからか、彼に頭を撫でられるのは何となく年下扱いされているようで面白くなく)   (10/10 00:05:38)

深澤((あー!ごめん短かった!   (10/10 00:02:56)

深澤……ふふ、ごめんってば、(抱きしめる力が強まれば彼の頭をぽんぽん、と撫でてやり)   (10/10 00:02:48)

岩本…なんだよ、(くすくすとした笑みが聞こえてくると不満げに拗ねたように頬を膨らませて。それを伝えるかのように抱きしめる力を強めて)   (10/10 00:00:20)

深澤……っおわ、(彼の不満げな声が聞こえたと思えばぎゅうっ、と強く抱きしめられる。それに少しだけ驚いたような声を漏らすもすぐにくすくすと笑い始めて)   (10/9 23:58:00)

岩本ふふ、ヤダって言ってもやめないくらいにね、(いたずらっぽい笑みを見ると負けじと少し意地悪な笑みを浮かべて。手が離れてしまうと"えー、もうちょっとこのまま"と不満げに強く抱き締めて)   (10/9 23:55:33)

深澤当たり前じゃん、ちゃんと甘やかしてよ?(くすくす、といたずらっぽい笑みを浮かべてはぱ、と手を離して。"ご飯食べよ、"と自分よりも背の高い彼を見上げては笑みを浮かべ)   (10/9 23:49:30)

岩本ん、じゃあ、辰哉さんが頑張る分、俺もたくさん甘やかすね。(彼の言葉に優しく微笑みながら返し。大切そうに自分の胸元の彼の頭を優しく撫でて)   (10/9 23:48:06)

深澤……うん、(彼の言葉にこく、と頷いて。"……でも俺が、頑張りたいなって思ったから、"そう告げては少しだけ抱きつく腕の力を弛めて彼をみあげる。小さく微笑んでは大丈夫、と)   (10/9 23:42:42)

岩本…照れ屋な所も、でも、甘えてくれるのも、全部の辰哉さんが可愛くて大好きだから、(甘えてくれるのは嬉しくて堪らないが、以前甘えて欲しいと言ったのを無理させてないかと少し心配で。優しく頭を撫でながらゆっくりと語りかけ)   (10/9 23:38:07)

深澤……ん、(両腕を広げられればぎゅう、と彼に抱きついて。すり、と彼の胸元に顔を押し付けてはゆるゆると頬を緩ませて)   (10/9 23:31:55)

岩本…っ、その言葉が可愛いんだけど、(彼の呟きを逃すことなく頬を緩ませて。赤い顔でお昼食べよなんて言われるも"お昼の前にイチャイチャしなくていいの、?"と彼を迎えようと両腕を広げて。)   (10/9 23:23:32)

深澤……なんか、可愛い方がいいかなって、(そんなことをぽつりと呟いてはきゅ、と握った手を落ち着きなくもぞもぞと動かして。はっと気づいたように顔をあげれば"……そんなこといいから、お昼食べよ、"と赤い顔のまま笑って)   (10/9 23:20:08)

岩本ははっ、無理しなくていいよ。(恥じらう様子も可愛らしいなと笑みが零れて。"でも、辰哉さんから来てくれたの嬉しかったよ。"と手を離し腰を下ろすと優しく微笑みかけて)   (10/9 23:18:28)

深澤……ん、そういうこと、(こくん、と手を繋いだまま頷いて。少しだけ頬を赤く染めれば"……やっぱ恥ずかし、"と照れ笑いを浮かべて)   (10/9 23:15:51)

岩本ん、そっか、。(彼から手を繋がれと自然と口角は上がり。"じゃあ、沢山いちゃいちゃできるね"といたずらっぽく笑って)   (10/9 23:13:58)

深澤なんで?俺そんなの気にしないし、(彼の言葉に反論するようにそう答えてはきゅ、と彼との手を繋ぎ直して。"……こっちの方が落ち着くから、"と少し恥ずかしそうに告げて)   (10/9 23:12:47)

岩本あ…っと、さ、さっきなんにも考えずにみんなの前で手繋いじゃったなって、(彼の立場を考えると人前でしかも同性である自分たちがその姿を見せてもう良かったのか、今後彼が何か言われたらなんて思うとしゅんと眉を下げて)   (10/9 23:10:43)

深澤……?どしたの?(何かを思い出したように手を引っ込めた彼を見れば不思議そうに首を傾げて。なにか忘れ物でもしたのだろうか、と思えばじっと彼を見つめて)   (10/9 23:07:58)

岩本お邪魔しまーす、(まるで家かのようにそう言うと少し笑って。彼の手が空くとすぐに手を伸ばそうとするも"あっ、"と何か思い出しては直ぐに手を引っ込めて)   (10/9 23:05:25)

深澤でしょ?(くすくすと笑っては生徒会室の鍵を開ける。カチャ、と扉を開けてはどうぞー、と彼を招き入れて)   (10/9 23:00:53)

岩本さすが生徒会長さん、(いたずらっぽい笑顔にくすりと笑い茶化すように返して。1度手を離すと彼が鍵を開けるのを待っていて))   (10/9 22:56:24)

深澤……多分いないと思う、(こくこく、と頷いてはポケットをさぐって。ちゃり、と音を立てて鍵を見せては"ここに鍵あるし、"といたずらっぽく笑って)   (10/9 22:51:54)

岩本いいに決まってるでしょ、(こんな嬉しい提案に乗らないはずがなく、驚く彼に笑みを零し。どこで食べるかと問われると"生徒会室って昼人いんの?"と2人きりになれたらと思っていて)   (10/9 22:48:53)

深澤……っわ、え、いいの?(クラスメイトを教室に残し、自分の手を引く彼を見れば驚いたように何度か瞬きを繰り返して。少しだけ嬉しそうに笑みを浮かべては"どこで食べる?"と手を引く彼に問いかけて)   (10/9 22:43:33)

岩本……えっ?(彼のその前置きにどうしたのだろうと少し心配そうに見つめ。その提案を受けると驚くものの直ぐに嬉しそうに笑って"俺、今日先輩と飯食うから"とクラスメイトに残して自分のカバンを片手で掴み、もう一方の手では彼の手を引き)   (10/9 22:39:18)

深澤……あ、あのさ、用事とかあったらいいんだけど…(ふよふよと視線をさまよわせた後あれをちらりと見つめては"……あのさ、お昼一緒に食べね?"と自分の持っていたパンを見せて)   (10/9 22:34:02)

岩本あっ、辰哉さんどうしたの?(すっかり話に夢中になつていて彼が教室へと入ってきたことにも気が付かず。彼に声をかけられると少し驚くものの嬉しそうな笑顔を見せて。)   (10/9 22:29:19)

深澤……あ、(いた、なんて小さく声を上げて。少し緊張した面持ちをしつつ2年生の教室へと入っていく。いつもならこんなに緊張はしないのだが、今からしようとしていることのせいなのだろうか。友人たちと楽しそうにしている彼を見てはとんとん、と肩を叩いて"……ひかる、"と控えめに声をかけて)   (10/9 22:27:16)

岩本そうそう、これかっけぇんだよ、(授業が終わるなりそうそう友人たちとスマホを覗き込みながら雑談をしていて、楽しげ笑い声をあげ、そのダンス動画に夢中になっていて)   (10/9 22:24:53)

深澤……えっと、(昼休みに2年生の教室を覗いてはきょろきょろと視線を動かして。飲み物とお昼ご飯のパンを手にしてはきゅ、とそれを握って)   (10/9 22:20:31)

岩本((お願いします!   (10/9 22:16:25)

深澤((じゃあ出だしやります!   (10/9 22:15:29)

岩本((ありがとうございます   (10/9 22:14:02)

深澤((やりましょう   (10/9 22:12:41)

深澤((言います   (10/9 22:12:38)

岩本((あのねあのね、お昼一緒に食べよって言われたい   (10/9 22:10:52)

深澤((どうしましょう!!   (10/9 22:07:50)

岩本((大丈夫やで   (10/9 22:03:43)

深澤((遅くなっちまったすまんな……   (10/9 21:59:35)

おしらせ深澤さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (10/9 21:59:10)

おしらせ岩本さん(docomo spモード)が入室しました♪  (10/9 21:53:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、深澤さんが自動退室しました。  (10/8 01:17:47)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、岩本さんが自動退室しました。  (10/8 01:15:20)

深澤……っ、うるさい、(ぱ、と手で顔を隠せば恥ずかしげに目を伏せて。自分からキスしてほしい、と言われれば少しだけ背伸びをしてちゅ、と口づけ)   (10/8 00:56:59)

岩本恥ずかしがり屋なのも可愛いよね。(と彼の照れた様子に平然と伝えて。"ねぇ、俺にキスしてくれないの?"とどこか試すように問いかけ)   (10/8 00:54:31)

深澤……もう、恥ずかしいってば、(赤くなった頬を撫でられれば照れくさそうに俯いて。"……恥ずかしいんだけど、"と呟いて)   (10/8 00:49:24)

岩本ごめんごめん、(唇をとがらす様子に宥めるように頭を撫でて。そのまま赤くなった頬をするりと撫でると"辰哉さん以上に可愛い人なんていないんだからね"と伝えて)   (10/8 00:46:39)

深澤……わざわざ言わなくてもいいだろ、(彼の言葉にむす、と唇をとがらせてはそう呟いて。可愛い、と言われれば頬を赤く染めて)   (10/8 00:41:14)

岩本辰哉さん案外単純だもんね。(そういうことかと思うとクスッと笑みをこぼして。"そんなとこと可愛いからいいと思うよ"と付け加えて)   (10/8 00:39:24)

深澤……だって、すぐに機嫌直っちゃうし、(優しく抱きしめられれば彼の胸元に頬擦りをして。少しだけ頬を弛めてはまぁいっか、と)   (10/8 00:37:52)

岩本ちょろい?そんなことないと思うけど?(彼の言葉は少し想定外で、優しく抱きしめながらもきょとんとしたように首を傾げて)   (10/8 00:34:33)

深澤……なんか、俺ちょろいみたい、(と先程思ったことを口にしてはきゅ、と彼に抱きついて)   (10/8 00:32:07)

岩本…ん?どうした?(なんとなく納得がいっていないのだろうというのを読み取ると少し心配そうに首を傾げて)   (10/8 00:28:46)

深澤……んむ、(ちゅ、と口づけられれば納得いかなさそうな表情を浮かべて。なんだか少しだけ嬉しくなってしまう自分がちょろいみたいで嫌だと)   (10/8 00:23:50)

岩本かわいい、(唇をとがらす彼にクスッと笑い。そのまま顔を近づけるとちゅっと音を立てて触れるだけの口付けを落とし)   (10/8 00:22:29)

深澤……当たり前じゃん、俺以外にしてたら怒る、(と唇をとがらせてはいたずらっぽい笑みを浮かべる彼を見つめ)   (10/8 00:19:03)

岩本こういうことするのも辰哉さんだけだからね?(驚いたような反応を見ると満足し、いたずらっぽい笑顔を見せて)   (10/8 00:15:18)

深澤……俺も好き、大好き、(ぎゅう、と抱きしめる腕の力を強めて。腰元を撫でられれば少し驚いたように彼を見つめて)   (10/8 00:13:00)

岩本ありがとう。大好きだよ、(実際に3人で行く時にも自分が彼のそばを守ろうと決めて。押し付けられた頭を撫でながら、もう一方の手で腰元を撫で)   (10/8 00:11:07)

深澤……それならいい、(こくん、と頷けば彼に抱きついた腕の力を強めて。"……俺も好き、"と答えてはぐり、と頭を押し付けて)   (10/8 00:07:28)


更新時刻 14:16:34 | 過去ログ | ルーム管理