ルーム紹介
◆探偵(敬称略)
紫ノ宮氷姫/由来目 廻/二胡神 冴汰郎/鶯様予約/


◇支え手(敬称略)
春野 桃介(桃太郎)/鶴(鶴の恩返し)/Chester(不思議の国のアリス)/エドワード・ルイス・チェシー(狼と人間)/メル(ハーメルンの笛吹男)/


***
⚠️支え手の表記は「名前(モチーフ)」となっています。
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、ハーメルンの笛吹き男さんが自動退室しました。  (10/21 01:03:07)

ハーメルンの笛吹き男1284年、ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、人々を悩ましていた。ある日、町に笛を持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男[1]が現れ、報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを退治してみせると持ちかけた。ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。男が笛を吹くと、町じゅうのネズミが男のところに集まってきた。男はそのままヴェーザー川に歩いてゆき、ネズミを残らず溺死させた。しかしネズミ退治が済むと、ハーメルンの人々は笛吹き男との約束を破り、報酬を払わなかった。 笛吹き男はいったんハーメルンの街から姿を消したが、6月26日の朝(一説によれば昼間)に再び現れた。住民が教会にいる間に、笛吹き男が笛を鳴らしながら通りを歩いていくと、家から子供たちが出てきて男のあとをついていった。130人の少年少女たちは笛吹き男の後に続いて町の外に出てゆき、市外の山腹にあるほら穴の中に入っていった。そして穴は内側から岩でふさがれ、笛吹き男も子供たちも、二度と戻ってこなかった。物語によっては、足が不自由なため他の子供達よりも遅れた2人の子供、あるいは盲目と聾唖の2人の子供だけが残されたと伝える。   (10/21 00:18:38)

おしらせハーメルンの笛吹き男さん(Android SoftBank openmobile)が入室しました♪  (10/21 00:18:27)

おしらせ新規ルームを作成完了しました。(Android 112.139.***.39)  (7/25 20:33:33)


更新時刻 15:08:50 | 過去ログ | ルーム管理