ルーム紹介
 

今しがた貴方を食んだ俺の脣に、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
不確か且つ愛おしさを孕んだ熱が焼き付いた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

炭煉 ﹣固定部屋﹣

舞台 原作軸:単行本八巻後の平行世界であり
       少年の夢の中である

﹣少年は愛慕を曝け出し、それに応えるか否かは故人次第。

  _________________
    竈門 炭治郎 ✕  煉獄 杏寿郎
     (満席)     (満席)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ▼宣言通りに事を運び...たい...
              ﹣2020.11.22
 [×消]
おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (1/22 01:35:38)

煉獄 杏寿郎(( そ、それは狡いぞしょうねん……、(慌ただしくドタドタと去った彼の後ろ姿を暫くの間、まさに”心ここに在らず”といったように見つめていたのだが、急に足に力が入らなくなり膝から崩れ落ちてしまった。な、な、なな、何が起こった……? 驚く隙も与えられずに食まれた唇。伝わる微熱と浅い呼吸がずうっと染み付いて離れてくれやしない。これは一枚取られてしまった。耳朶まで紅くなった表情を見られなくてよかった。しかし、まあ、されてばかりは何だか悔しいので、次に会う時までに何か色恋仕草の一つや二つ覚えてこようと意を決した。こちらこそお相手ありがとう!!おやすみ、どうかいい夢を見てくれ。/ ↓)   (1/22 01:35:32)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.116)が退室しました。  (1/22 01:14:16)

竈門 炭治郎(( すみません、Kiss(達筆)がしたかったので返書しました…(不甲斐ない) そして宣言通り寝ます!!全部返書出来ていないけれど煉獄さんなら許してくださると思って!!(激甘) 御相手有難う御座いました、今日は!久しぶりにお会い出来て嬉しかったです!!また今度寝かし付けてください〜〜っ!!御休みなさいませ、いい夢を! レスは蹴って大丈夫です!!(俺は煉獄さんとタラの芽を食べる夢を…見てきます… 食欲旺盛 ↓)   (1/22 01:14:11)

竈門 炭治郎(( お口を食ませていただきます!! 勢いよく言い放てば否応を言わせる隙すら与えずに、むちゅっと人間の部位で唯一柔柔とする場所へ唇をつけた。普段ならどうも思わないが、今日はやけに意識してしまって、…あつい。頬とかではなく触れた所が。久しぶりだからだろう、そうに違いない。 ア俺、夜風浴びてきますね! 己は軟体動物では無いが、それでも器用に彼の腕の中から抜け出し、其の儘ドタドタと五月蝿い足音を鳴らしながら去っていった。)   (1/22 01:13:37)

竈門 炭治郎 (( またまた!素直じゃない俺の事もお好きですよね?…なんてこれは冗談ですが!(はっはっは!とわざとらしい笑い声、ちらりと彼の様子を盗み見た。自惚れているな此奴と思われていないかどうか、彼はそんな事思わないだろうけれど念の為確認するが故に。彼から言われる今の今まで羽織の存在を忘れていたのは内密、『湯浴みや任務以外では肌身離さずにいましたから、俺の匂いが沢山ついていると思いますよ!』なんてここでまた得意気に語った。誇れたものではないのを理解していながら、尚。 …??な、なんか違う!これじゃ何か、頼りない年下みたいじゃないか?嗚呼こんな事なら会えない期間中、器用な色恋術を学んでおくべきだったと密かに後悔。 すみません、非常に不躾な事をしてしまって… 悪いと判断した事はすぐに謝るのが己の拘りであり、それと同時に不意打ちはやはり己には早かったと猛反省。次の瞬間針金が入ったかの如く背筋を伸ばす、じっと彼の双眼を見据えてパチパチ瞬き。→   (1/22 01:13:20)

煉獄 杏寿郎(( ありがとう!俺も君に会えることをとても楽しみにしていた!!(しかし身体を正直なものだ少年!!既に零時を廻っているので眠気が耐え難くなってきたら言うこと。その時は俺が寝かし付けてあげよう!! 何だ、心配しているのか?それとも俺が君以外にそう言うことは嫌か?…なあんで、少しの意地悪を。 なるほど!!少年は冴えているな!!いいな、今度一緒に行こう、君の好きなところならどこへでも俺はついて行くぞ!!ふんふん!!)   (1/22 00:32:27)

煉獄 杏寿郎(( ふふ、愛いなあ。素直な子は好きだ。…ん、ああ、それと羽織もありがとう!!(預けたままであった羽織が肩に掛けられれば礼を述べ、鼻先を肩口に擦り寄せては香る柔い陽の匂いをすんすんと嗅いでみせたり。一頻り堪能した後には『君の匂いがする』だなんて、まろやかな頬紅を帯びたように笑ってみせた。 どうした少年!何かしたいことでも?? 流石にこれには驚いた。心臓は予期せぬ事態に心拍数を早め、暫くの間放心…とまではいかないが言葉が詰まってしまう。これ程近くに居るのだから少しくらい音が聞こえてはいるまいかと垣間心配はしてみたものの、それほどの余裕も持ち合わせられなかったのだ。脱力し切った彼を懐に抱き、よしよし…と宥めるように背を撫で続けて。)   (1/22 00:28:48)

竈門 炭治郎(( 冗談もお世辞も抜いて全人類の中でこの日を一番楽しみにしてたと思いますよ!!(なっ…他の人にも言っているんじゃありませんか!?因みに俺は言ってません!今年中に全宇宙到達しますから御安心を!!!こういうのは同じ釜飯を食べ、同じ湯船に浸かり、同じ布団に入るのが距離を近くさせる効率の良い方法だと書物で見ました!!だから先ずは一緒の飯を食べに行きませんか?!?! 逢引のお誘い。)   (1/22 00:09:27)

竈門 炭治郎(( ええっ、そんな褒められる程でも!!それに、お礼なら俺が言わないと!えっと…息してくれてありがとうございます!!(何をありがとうと言うのかは決まっておらず、微妙な感謝の言葉になってしまった。己の様子は更に愉快さを増して彼に映るのだろうか。この際恥ずかしいとは無縁に生きていこうと決めた。具体的に褒められるとやっぱり羞恥心が先立つようで、むず痒いとは言わぬが代わりに下唇を噛み締めて何かを耐えるような表情。決して彼の手が己の頬に触れて嫌だったとかそういうわけではない。徐々に解れていくこの雰囲気、慣れないからこそ嬉しいような嬉しくないような、どっちつかずな表情になってしまうだけ。内心は嬉しさでキャパオーバーと言った所。一呼吸置いて一度だけぐっと引き寄せ、接吻をする寸での所で呆気なく止まって脱力、さも何事も無かったように再び抱き締めた。)   (1/22 00:01:57)

煉獄 杏寿郎(( なんと!それは嬉しい事を言ってくれる。(確かに竈門少年は愛い!だが君は特別だ!! くく、そうか、七惑星だと!それは全宇宙まで開いてもらわねばならない、その為にはもっと話してもっと近くなろう少年!!愛嬌ということで把握したぞ!!!!)   (1/21 23:42:33)

煉獄 杏寿郎(( よしよし、よく頑張ったな。少年はいい子だ。偉いぞ。毎日任務へ行って疲れているのにも関わらず、こうして俺に会いに来てくれて本当にありがとう!(こうして目まぐるしいほどの彼の葛藤を特等席で見ていると、何処か面白可笑しくて忽ち笑みが蕩けてしまう。よう漸と腕中にすっぽり収まった彼の頬をまあるく円を描くように摩ってやりながら、ぽんぽん…と背を撫で上記を述べる。嫌な顔一つせず懸命に任務に当たっていた姿を俺は知っている!!よく頑張ったな!!!偉いぞ!!! ほっぺたを両手で包み込み、むに〜むに〜〜と解しながら褒め褒めbot!!慈しむように隻手を握ったり緩めたりを繰り返していると、じんわりと体温が融和して溶け入った。)   (1/21 23:40:49)

竈門 炭治郎 (( 眠気はないです!!!!煉獄さんと今日話す為だけに滅殺してきたので!!(もしかして全竈門炭治郎に可愛いなとか思ってます?か? すみません、心はまだ七惑星分しか開けてません…!!全宇宙ほど開けるよう努力します!!なのでこれはドジでは無くご愛嬌という形でよろしくお願いしますね!!!!)   (1/21 23:28:04)

竈門 炭治郎 (( ありがとうございま ん゙ッゔッッ(情けなくも言葉にならない声を洩らしては 一寸待っていただけますか と両手で制止、その間巡り続ける思考に振り回され続けつつ、深呼吸を幾度か繰り返し落ち着きを取り戻す。一人で勝手に悶え、一人で勝手に完結するという荒々しさ。 甘やかし云々の話になれば、むんっと胸を張り、俺は長男なので甘やかし厳禁ですよ!それよりも俺は煉獄さんを労りたいです、これはもう俺が産まれた時から決めておりました!と得意気に語る、が勿論産まれた時からというお話は嘘。しかし意固地になって遠慮してしまうのも気が引けるし…折角のご厚意、受け取らないのも恥!ここで男としての意地を見せるべく意を決して、床に置いておいた羽織りを胸に抱くと、失礼しますと言う言葉と一緒に広げられた腕の中へすっぽり埋まった。彼の背へ腕を回す際には、彼の羽織りを掛けてあげよう。)   (1/21 23:23:46)

煉獄 杏寿郎(( おっと!眠気がある時は無理しないように!!!(可愛いなって顔……。それは俺に心を開いているが故にしてしまったドジということでよろしいか?!?!むっ、何、よろしくないだと!???)(何?)   (1/21 23:19:41)

竈門 炭治郎(( ( ??嘘だ…… )(久しぶりに無言退室してびっくりした顔)   (1/21 23:17:08)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.116)が入室しました♪  (1/21 23:16:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、竈門 炭治郎さんが自動退室しました。  (1/21 23:14:44)

煉獄 杏寿郎(( どうもありがとう、君もお疲れ様だったな!!(抱き留められると久々の体温に思わず嬉しそうに破顔一笑、わしゃわしゃ♡と撫でられれば擽ったいぞ!と眉根を綻ばせた。ハッそうだ、君も随分と忙しそうであったからな!今宵逢瀬を果たせたら目一杯甘やかすと決めていたんだ。そう言葉を繋げれば仕切り直すように一度咳払い、否やぐ〜〜んと両腕広げて『今度は君が来る番だ!』とにんまりしたり顔!さあおいで!!)   (1/21 23:02:20)

竈門 炭治郎(( ………こんばんは!!(ほぼ瞬きしていないのでは?と思えるくらいには襖をガン見していたもので、いつもは不意となる彼の飛び付きにも対応が出来た。言葉が出るには時間を要したが。抱き留めたまんま、わしゃわしゃ♡と相手の頭から背を順に撫でてやれば、嬉しいお言葉に……スゥッッッッ…………意識が遠くなる感覚。愛いという感情の味を噛み締めた瞬間。) アお久しぶりです、任務!お疲れ様でした!!   (1/21 22:54:42)

煉獄 杏寿郎(( 久方振りだな少年!!!!!(スパァン!と勢い良く襖を開けたのなら凡そ一週間振りの彼の姿が。もはや恒例と化している大型犬の如くむぎゅっと抱き着きの挨拶を交えては、会いたかったと囁いた!)   (1/21 22:47:50)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/21 22:44:59)

竈門 炭治郎(( れーんごっくさーんにっ、あーえる!(へんへへんふふんはんふん!…上機嫌がよく現れていると思う。普段歌なんて子守唄の時にしか歌わないが、今日だけは、何でもないこの日、この時間だけは己にしか出せない独特な拍子を熱唱して入室。言わずもがな、音痴さはしっかりと働いている。 部屋のど真ん中に彼の羽織を召喚!今日まで己の懐にて温めておいた代物。皺を綺麗に抜き取ればその前に正座、彼が来るであろう入口をじっと見つめながら、今宵の竈門!待機致します!)   (1/21 22:35:27)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.116)が入室しました♪  (1/21 22:32:08)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (1/21 00:15:42)

煉獄 杏寿郎(( 少年゛゛ッッ゛(ぐっすんぐすん!! 今宵の二十二時半だな、承知したッ゛。任務が終わり次第俺も駆け付ける……はやくきみにあいたい、)(襖に刺された文は一度朱脣に寄せてから、大切そうに懐にしまっておいた。 任務お疲れ様!!君は頑張り屋さんであるからな、よく頑張っていると本当に思う。また逢瀬を果たした時は十分によしよしをしてやろうな! しっかり休んで身体を冷やさぬよう暖かくして寝ること。おやすみ少年!どうかいい夢を。/ ↓)   (1/21 00:15:38)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/21 00:10:53)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.202)が退室しました。  (1/20 23:26:56)

竈門 炭治郎(( うわーーー!!煉獄さんすみませーーーーんッ!!!昨夜は入室する事無くちらちらと覗いてたんです!そうしたらいつの間にか朝日が昇ってました……何故だろう、最近時の流れが凄く早く感じる…(体制を徐々に崩しながら入室。部屋の真ん中へ辿り着いた時には 、既に人としての歩行技術も忘れてしまったような悲惨な姿。匍匐前進を繰り返しながら襖の側まで行き、以前己が刺した矢文に、以下の文章を書き綴った新たな恋文を重ね貫かせて、再び襖に刺した。この男、まだ矢文を諦めない。)  今宵は睡魔の巡りが異様に早く、多分…このままでは待つどころか、いつの日にか見られてしまった不躾極まりないうつ伏せ状態での待機となってしまう予感しかしない、という事で今宵は大人しく寝ます!が、明日来ますので御安心を!窓の外からチラチラとか覗きません!絶対、ぜえったい来ますから!!二十二時半から待機しておきますよ!もしお時間があれば是非お越しくださいませ!! それではおやすみなさい!(虚空に向かって投げきっす!煉獄さんの為に有言実行してやるんだ、と意気揚々としたまま ↓)   (1/20 23:26:50)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.202)が入室しました♪  (1/20 23:26:41)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.103)が退室しました。  (1/17 23:35:40)

竈門 炭治郎(( 誰だ!流石に土日は煉獄さん忙しいよな…とか言ったやつは!!!(むん、むんっ!……俺でした!!) 今晩和!今夜と明夜は任務で来れないですが、明後日の宵なら来れますよ!その次の宵も任務さえ入らなければ逢えると思います!!!取り敢えずまた明後日に此処を覗きに来ますね!もしお逢い出来たらその時に貴方の羽織も返せる事を期待して。(ほわ… 事前に上記の言葉を綴っておいた彼への恋文、いつも通り机に置くのは味気が無いと言うことで矢文に変更。それを襖に刺して含み笑い。(サイコパス少年のお方で?) そして懐から彼の羽織を何故かチラ見せさせ、再び仕舞うと言う無駄な工程をひとつ。 ではでは!おやすみなさい、良い夢を!静かに消灯、戸をしっかりと閉じた。 ↓)   (1/17 23:35:34)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.103)が入室しました♪  (1/17 23:35:16)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone 126.235.***.101)が退室しました。  (1/17 03:05:23)

煉獄 杏寿郎(( …ハッ!寝ていてしまった不甲斐なし!!(クソドデカボイス) また会いに来るぞ少年!!逢瀬を果たした暁にはたくさん褒めてやろうな、君と会えるのを心待ちにしている!!(差し支えなければ君の都合の良い時間帯を教えては貰えないだろうか!ずっとすれ違ってままだと寂しい…というのは内緒だぞ!!コソコソ! 任務が忙しいのは承知の上だ、十分に休息を取り決して無理はしないでくれ!!それではおやすみ、いい夢を。/ ↓)   (1/17 03:05:18)

煉獄 杏寿郎(( もう寝てしまっただろうか…(しょもも)   (1/17 01:20:59)

煉獄 杏寿郎(( 赴く時間が少々遅かっただろうか!!君は任務という事で待機を失礼するぞ!!!(いつでも飛び込んで来なさい!と懐ぽんぽん。)   (1/17 00:08:43)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/17 00:07:20)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.18)が退室しました。  (1/16 08:10:42)

竈門 炭治郎(( うっうっ、煉獄さぁん……お会いしたかったです…(羽織に向かって話し掛けるこの図、傍から見たら間違いなく不審者であり通報待ったなし。後々、皺になるといけないと遅過ぎた自制心が働き何事もなかった、そう言わんばかりに綺麗に畳んだ。と言いつつも、正直畳み方はこれで合っているのか自信は無いに等しい。再びそれに顔を埋めては床へ突っ伏した。人知れず温かい。今まで己が掛けて寝ていたから当たり前だけれども。……、…………。ハッ!危ない!二度寝する所だった、そろそろ任務へ行かないと!畳んだ羽織を小脇に抱えるとまた会った時に返そう、なんて心の中で決意。そして慌ただしく退室! ↓)   (1/16 08:10:37)

竈門 炭治郎(( (雀が鳴く時刻にぱっちりと目が覚め、倦怠感が一際目立つ身体を起こした。ぼやついていた寝起きから徐々に意識が戻ってくれば、息を呑む。ど、どうしよう!昨夜うつ伏せになってからの記憶が殆ど無い!!あると言えば朦朧とした意識下、ひたすら無心で れんごくさん の六文字を畳の上で綴る……そんな狂気じみた事をしていた記憶が新しいだけで、その他の記憶があまり無い。幾ら疲れたとて、一時間もしないうちに入眠するか普通?まあその例を作り上げたのが昨夜の己なのだが。後悔の念に苛まれても時間は巻き戻りやしないのは理解している上で、残念だったなぁ…とがっくり肩を落とした。失態を犯した己への罰だろうか、残酷にもまだ彼の残り香がする。しかも 残り香 とは言えぬ程の濃さ…まるですぐ傍にいるかのような………。 うん?煉獄さんの残り香?傍…??) あーーーっ!!(近所迷惑、露知らず。今まで寝起きの脳内を整理するのが精一杯で、整理し終えると今度は開眼一発目から今の今まで視界にガッツリ映り込んでいた物を漸く認識し、彼の羽織を力の遠慮知らずに思いっきり抱き締めた。)   (1/16 08:09:02)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.18)が入室しました♪  (1/16 08:03:18)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (1/16 01:43:02)

煉獄 杏寿郎(( おやすみ少年。君が居たらまた必ず会いに来る。(深い眠りに落ちているであろう彼の瞼を二三度、人差し指の背で丸く円を描くように擦る。そして前髪を梳かすように掬えば、慈しみを添えるよう唇を僅かにそこへ触れさせた。寒さで目が覚めることがないように、羽織を今一度彼に包ませれば敢えてそのままにしておこうか。これは君に預けておこう。どうかいい夢を見てくれ、あわよくば夢の中で会えますように。)   (1/16 01:42:43)

煉獄 杏寿郎(( さすがに起きては来ないか…(よちよち、)   (1/16 01:19:49)

煉獄 杏寿郎(( 少年゛゛〜〜〜〜ッ(ぐすぐす!)(馴染みのある和音が帰路にて聞こえれば部屋に飛び込んで来たものの時既に遅し。一足先に眠りに落ちた彼の身体を懐に抱きかかえ、ぽんぽん…と一定のリズムで背中を優しく叩いてやる。こんなところで寝てしまったら風邪を引いてしまうぞ、少年。包むよう羽織を肩から掛けてやり、隻手を握ったり緩めたりしながら時折、揺りかごのように揺れる。ねんねん、ねんねん。君が起きてきた時の為にもう少し傍にいよう!)   (1/16 00:01:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、竈門 炭治郎さんが自動退室しました。  (1/15 23:54:26)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/15 23:54:05)

竈門 炭治郎(( ハッ…!(誤字発見。正しくは 足音 ですと訂正、)   (1/15 23:34:17)

竈門 炭治郎(( 予想以上に眠いぞ…(実は正座して五分もしない内から座敷の上で、みっともなく突っ伏していた。自分の中で考えうる全ての(眠気を覚ますと言われている)ツボを刺激したのだけれど、それらは所詮頭がスッキリするだけであって睡魔が消える訳でもなく。挙げ句の果てには頭は異様にスッキリしているのに、瞼だけが重くなると言った妙な感覚に包まれてしまった。せめて日付が変わるまで此処で待っていたいのが本音、身体はそうもいかず相変わらず突っ伏したまんま誰かの足跡がしないかどうか確認する為、耳を澄ませた。)   (1/15 23:28:52)

竈門 炭治郎(( カハァッッッッッ(入室早々吐血) すみません!タラの芽の香りが時間差で来ました!最近花粉(?)で鼻の調子が悪くって!!う〜ん!おいしそ…………あっっっ(何、好物で釣られているんだか。例え育ち盛りの少年とは言え、こんな簡単に釣られるなんて…!! でも確かに以前己も彼へ餌付け作戦をしてしまったし、それが逆の立場になってしまっただけだから……うん、よし、何ら問題はないな、と一度は納得。後に食欲優先では無く真っ先に 貴方に釣られました! そう言えば良かったと気付いて咄嗟に口を覆った。時すでに遅し。 仕切り直して、自身の気が変わるまで相手を待とうと座敷へ一人正座。既に此方は一日の予定全てを終わらせ、後は床に就くのみ。肩の力も完全に抜け切っているからか、殆ど船を漕ぎながらの待機状態なのはお忘れなく! これ絶対寝落ちする予感しかしません!寝たらすみません!!!愛はあるので!!!!!!愛は!!!)   (1/15 23:17:51)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.129.***.18)が入室しました♪  (1/15 23:12:20)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、煉獄 杏寿郎さんが自動退室しました。  (1/14 02:29:08)

煉獄 杏寿郎(( ……ハッ(うとうと、うとうと。眠る前にあなたと抱擁したいだなんて烏滸がましいだろうか。)   (1/14 01:05:20)

煉獄 杏寿郎(( 不甲斐なし!!!(大量のタラの芽持参しては第一声、眉根を下げてしょんもりと肩を落とした。寝落ちするつもりなど更々無かったのに対して、意図せずとも意識が飛んでしまったことを何と詫びればいいか。そわそわと落ち着かない様子で彼の帰りを待ってみようか。)   (1/14 00:04:00)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/13 23:57:43)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.128.***.5)が退室しました。  (1/13 02:07:23)

竈門 炭治郎(( ア?!?(これ以上俺も起きていたら、多分…限りなく自害をした方がマシに近い阿呆を晒してしまうような気がする…と察知した母音。さっさと手際良く彼の脱力しきった身体を布団に預け寝顔を眺めてから数分後、伏せられた睫毛を指でなぞり誰も見ていない事を確認(?)して、端正という言葉を寸分の狂いも無く象る彼のほっぺたに唇を這わした。) ····ハ、忘れてました。これだけ少し言わせてください。描写の方はゆっくりで大丈夫なので!(それだけを言い残して退散!おやすみなさい! ↓)   (1/13 02:07:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、煉獄 杏寿郎さんが自動退室しました。  (1/13 01:45:08)

竈門 炭治郎(( こ、これが所謂穴があったら入りたい現象ですかね!?羞恥のあまり暫く画面見れませんでした ハハハ (たった今マントルから帰還 笑うなよ)   (1/13 01:37:01)

煉獄 杏寿郎(( 愛いな!!!少年!!!!!(クソドデカボイス)   (1/13 01:23:48)

竈門 炭治郎(( ??(コピペお前……、、)( ねむいのかもしれません って顔)   (1/13 01:21:51)

竈門 炭治郎 (( お気遣いありがとうございます!!!睡魔という物はまだ感じられないんですが、徐々に頭が回らなくなってきてます!!眠くは無いんですよ!眠くは!(ここ重要 れ、れれ、煉獄さんの…膝枕…????えっしてください、特に下心とかは無いので) (( お気遣いありがとうございます!!!睡魔という物はまだ感じられないんですが、徐々に頭が回らなくなってきてます!!眠くは無いんです!!(煉獄さんの…膝枕…????えっしてください、特に下心とかは無いです。下心は。 他に何があると?)   (1/13 01:21:27)

竈門 炭治郎(( ···?お気になさらず!!俺も嬉しいです!逢いたいと思っていたのは俺だけじゃなかったんだなって。(本音を零したかと思えば、咳払いをして何かを誤魔化さんと忙しない彼へ、不思議そうに幾度か屢叩くと小首を傾げた。続けてにこやか〜に表情を崩した後、体制辛くないですか?大丈夫なら、もう少しだけこのままでいませんかと、何処か恥じている様子を見せる彼へご提案。一見は乗るか拒むかは貴方次第ですという風に見えるが、実際はそうでなく抱き締める力は時と共に強くなるばかり。 そうです!ア稽古お願いします!!たった今、不甲斐ない俺の邪心により孕まれてしまった煩悩を!!振り払いたいので!!お目目ギンギン少年)(全く心頭滅却出来ていなかった)   (1/13 01:18:19)

煉獄 杏寿郎(( もう遅い時間であるので、俺のことは気にせずに任務に疲れているならば身体を休めるといい!!君が眠ったあとも傍に居よう。(勿論膝枕をしてあげような!!よしよし!!!)   (1/13 01:00:33)

煉獄 杏寿郎(( よもや!す、すまない!!はしたないことをしてしまった!!!つい、君に会えたことが嬉しくて、(ぎゅ〜〜ッと抱き着いた数刻の時差の後、我に返ったように慌てふためきながら素直に本音(本音トーク番組?)を述べる。後先考えず勢いに任せたまま抱き着いた故に、当人が半分押し倒している体勢になっていることを今更ながら気付くと咳払いをして誤魔化そうと努めてみたり。な、何だか照れくさいなこれは!!! 今すぐ退こうと身体を持ち上げるものの、不意に背から腰に這った彼の隻手によって意図も容易く丸くおさめられるのであった。 どうした少年!!いきなり頬など叩いたりして!!!抜き打ち稽古か!!!!??(何?))   (1/13 00:59:09)

竈門 炭治郎(( 煉獄さんもお疲れさまです!! うわぁっ(小さな悲鳴と共にしっかりと抱き留めてやるも、そこまで勢いの強い抱擁は予想だにしていなく危うく後ろへ倒れ掛ける寸前で、自前の運動神経によって何とか持ち堪えた。相手の愛らしい興奮を宥めようと相手の背に隻手を置いて、そこから背筋から腰の位置に行くまでの距離を上下にやさしく擦る。無論簡単に離すことは無いよう、ぎゅうっと彼を抱きながら。 スゥーーーハァーーーーーー……落ち着け竈門炭治郎。純粋に出迎えてくれているこの人を抱き潰したい、だとかそんな不躾な事は思っちゃダメだ……。混沌とした思考が巡り巡って、とうとう石頭である自身の額を思いっきり叩いて力づくでも心頭滅却した図。)   (1/13 00:44:01)

煉獄 杏寿郎(( 少年ッ!おかえり!!ご苦労様であったな!!!(幸い今の今まで船を漕ぐ事もなく、襖を開ける音と共に明瞭に瞳に揺らいだのは彼の影。凛と透き通る真冬の宵に相応なカラリという和音が鼓膜を震わせれば、あるはずの無い獣耳や尻尾が生えてしまったよう。無邪気に表情花開けば熱烈な視線を胸に抱き留め、半ば覆い被さるように抱き着いた。 おかえり!おかえり!!君の為にあっためておいたんだ!!!ぎゅ〜〜ッ!)   (1/13 00:26:23)

竈門 炭治郎(( 煉獄さん!こ〜んばんはッ!!!(はあ…と息を吐けば白色が空気中に滲み出る程の気温。この時間帯になるまでひい、ふう、みい、と時間を拙く指折り数え待ち遠しくして今に至った訳だが、僅かに遅れてしまったらしい。もう時計の針は夜半を指していた。冬場は特に時の流れの速さが濃く目立つ、実際一秒も一分も夏場とは変わりないのだろうけれど。任務の報告書なんて、最後の一文二文辺りがきっと乱雑に締め括ってしまったが、今宵位は仕方が無い!そういう事にしておこう! からん!と威勢のいい耳飾りの音と共に襖を開ければ、見えるは彼の風采。此方も抱擁を交わす準備は整っている、バッと大袈裟に両腕を広げては、(抱擁しても)良いですか!と言う熱烈な視線をふと向けてみて、)   (1/13 00:10:29)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.128.***.5)が入室しました♪  (1/12 23:59:49)

煉獄 杏寿郎(( 今宵はとても目が冴えている!!寝落ちの心配もないな、よし!!!待機のほど失礼するぞ!!!(キイと部屋に脚を踏み入れては先日とは打って変わった様に、琥珀色の双眸を嬉々と彩る者ひとり在り。待ち人である彼は未だ任務の最中であろうか。 ここ数日で一気に冷えが身体に堪えるようになってきた。彼が帰って来た時に温かい温度で迎え入れたいという思いから、両の手のひらを擦り合わせて摩擦熱を作ってみたり。抱擁の準備も万全、いつでも飛び込んでおいで!)   (1/12 23:22:27)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/12 23:14:59)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が退室しました。  (1/12 00:09:55)

煉獄 杏寿郎(( 失礼するぞ竈門少年!!少しずつではあるが君の投下してくれた素晴らしい描写の続きを練っている!!という報告だ!!!(君の表現力が素敵過ぎて五体投地をしながら進めているぞ!!!コソコソ!!! 不釣り合いな描写になってしまうかもしれぬが、考えて練る時間が大層楽しい。遅筆ではあるが許してくれ!!) それと、先日寝落ちをしてしまった時には世話になったな!久々に君に会えたので気分が高揚してしまったようだ…ううむ、柱として不甲斐なし!!明日…というより今宵か、また逢瀬を果たした時はもっと君の体温を感じさせてくれ、約束だ!(それでは失礼する!! 部屋に微かに残る彼の香りを鼻腔いっぱいに吸い込めば満足そうにへやを後にした。それではまた今宵!!/↓)   (1/12 00:09:46)

おしらせ煉獄 杏寿郎さん(iPhone SoftBank)が入室しました♪  (1/12 00:04:27)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.128.***.114)が退室しました。  (1/9 23:41:18)

竈門 炭治郎(( 今晩和!!!実は明朝に任務が入ってしまったので、今日は顔出しだけで失礼したいと思います!(後、次に来れるのが大体来週の火曜日辺りになってしまうかもしれません。とだけお知らせしておきますね…コソコソ!) では、おやすみなさい!どうかお身体にはお気を付けてください。(ひょっこり顔を出したかと思いきや其の儘退散 ↓)   (1/9 23:41:13)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.128.***.114)が入室しました♪  (1/9 23:37:54)

おしらせ竈門 炭治郎さん(106.128.***.115)が退室しました。  (1/9 00:39:11)

竈門 炭治郎(( ハァッッッ!!!任務…!?!?(ここまでの時間の凡そは眠りこけていた当人、鎹鴉の伝達で意識が覚醒。顔を上げる際、口端から涎が垂れてしまって急いで拭いた。畳の上にも垂れていないだろうかと確認するも、シミのようなものは見えないので一先ず安堵の息。羽織の皺を伸ばして帯刀施せば誰も居ぬ一室に大きな礼、そしてぱたぱたと忙しなく駆けていった。今日は任務という事で泣く泣く退散しますが、また明日に来ますね!!おやすみなさい! ↓)   (1/9 00:39:07)


更新時刻 19:59:24 | 過去ログ | ルーム管理