ルーム紹介
オリキャラや歌い手様たちの設定を詳しく書き込む場所です。
設定はこのようにお書きください。

【名前】【年齢】【性別】【学年/クラス】【種族】【属性】【能力】【能力のデメリット】【能力を使う条件】【性格】【容姿】【身分】【過去】【SV】

なお、過去、身分、能力を使う条件は書かなくても可。
身分を隠しているが友達や親友には教えているなどの設定も可。他にもあれば追加OK

教師の場合は【学年/クラス】の代わりに【役職】をお書きください。
( 例:【役職】学園長 、【役職】教師 / 数学担当 など )

それでは。

p.s.
ご利用の際はお一人様づづでお願い致します、!(by副主)



本部屋
http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=706308
 [×消]
おしらせ葛.さん(New 3DS 114.187.***.64)が退室しました。  (4/6 20:22:46)

葛.((オリキャラ君なのでstaiさん固定外してもらいたいです、(ここで言うなし)不備等あればお知らせください…!   (4/6 20:22:43)

葛.【備考】2階建ての家に一人で住んでいて、1階は探偵事務所として使用している。一人称「俺」、二人称「○○(名字)さん」、「貴方」、「○○(名前)さん(親友のみ)」。   (4/6 20:21:49)

葛.長さは顔と同じくらいで、前髪の長さはギリギリ目が隠れない程。瞳の色は赤と緑のオッドアイで光が無い。白いワイシャツの上に灰色のスクールセーターを着ていて、袖の長さは指先が見えるか見えないか程。ズボンは紺色で長さは靴下まで隠れる程。靴は黒と緑が絶妙に配色されている。殆ど白黒なため、クラスメイトからは『シャチ』と呼ばれる事も。【過去】病弱な母と暮らしており、母に薬を買って家に帰るところで車に跳ねられ一部の記憶(殆ど母に関する記憶)を忘れてしまった。母について覚えているのは病弱という点だけ。現在探偵をしている彼は、母に関する依頼を待って今日も生きている。【SV】「あ、どうも。駒月柊…です。あんまり関われないかもしれないですけど…、宜しくお願いします。」「浮気調査…ですか。めんどkいや何でもないです。任せて下さい。」「誰が真顔シャチやねーん(棒)。…まぁ、面白いし気にしてないんですけど…ね。」「ちょっと男子~、女子も一緒に遊びたいんだよ~?…いや冗談ですって!!!」「○○さん…、バナナの皮で転びますから楽しみにしててください…。」「今日も母さんに関する依頼は来なかった、か…。……明日も頑張らなきゃぁ…。」   (4/6 20:19:09)

葛.【名前】駒月 柊(コマツキ シュウ)【年齢】17【性別】男【学年/クラス】2年/S【種族】人間【属性】光【能力】『バナナの皮』視界に映る人の24時間以内に起こる出来事…、未来を予知する能力。予知した相手の未来が比較的幸せだと24時間以内に自分に不幸な出来事が起こる。予知した相手の未来が比較的不幸だと24時間以内に自分に幸せな出来事が起こる。自分と相手にその出来事が起こるタイミングは同時。能力名の由来は初めて彼が能力を使って見た未来から。【能力のデメリット】視界に映る人とは、視界に入っている中で実際に存在する人の事。写真に写っている人物等の未来を予知する事は出来ない。また、その未来がいつ起こる出来事かは分からない。【性格】一部の記憶(殆どが母に関する)が無くなっていて、探偵をしている。今までに解決できなかった依頼は無いのだとか。基本マイペースで面倒くさがり。しかし面白そうな事には乗っかるため、清掃時間には女子と一緒に「ちょっと男子~」なんて言ったり男子と一緒に遊んでいる。誰に対しても敬語を使う。表情筋が死んでいて常に無表情。【容姿】全体的にボサボサした黒髪。   (4/6 20:16:24)

おしらせ葛.さん(New 3DS 114.187.***.64)が入室しました♪  (4/6 20:14:22)

おしらせミライ/さん(iPad 60.41.***.221)が退室しました。  (3/30 16:27:39)

ミライ/【SV】「おや初めましてでしょうか?…では己の自己紹介をば。私は古典教師をしております、夢月 幻と申します故。以後お見知りおきを御願いしますね?」「○○はん忘れてしまいんしたかえ…?以前わっちを悪い輩から助け出してくれたではありませんか、あれからわっちは○○はんをずっとお慕いしているのですよぉ?(以下女声)…なんて嘘ですけどね?」「…小生の服装については何も触れないでもらえますか…?唯々不快でしかないので」「小生スイカが好物でしてねぇ…何時もペロリと食べてしまうのですよ。…おや意外でしたか?ま、本当なんですがね」「妖の身ではありますがお酒は苦手なのですよ…ちょっと?私の話聞いてました?」「ほぉほぉ…麿の口からは真実しか出ないでおじゃ〜」「あらら…小生は戦闘などと言う派手な事は得意ではないのですがねぇ…貴方が如何してもと言うなら御相手致しましょう。…貴方のお手並みも拝見したい所ですしね」「小生には仲の良いお友達が何百人も居ます!小生、人気者ですから!…なんて嘘ですけれど(小声/早口)」「…人生は願望なのですから、意味なんて求めてもしょうがないでしょう?」 【関係】基本何でも募集   (3/30 16:27:35)

ミライ/〝幽玄〝…そんな熟語を名付けられた竪琴。虚無幻想と同じく紫を基調とし、其の周りを金色の装飾が彩っている。此れは所謂彼の能力を補助してくれる武器と言える。此れで演奏しながら嘘を吐く事で更に能力の質を高める事が可能なのである。因みに此れは虚無幻想の名称を共に考えた大学時代の仲間から貰った物であり、彼は心底大切にしている模様。戦闘時でなくとも暇さえあれば演奏している様子が見受けられる事も。   (3/30 16:27:20)

ミライ/【備考】一人称…小生/僕/俺/麿/妾/某/わっち/etc… 二人称…貴方/貴女(御嬢さん)/君/御前 三人称…○○さん/○○(呼び捨て/極稀) 好物…スイカ/人間観察 嫌物…メロン/自分の服装を馬鹿にされる事 特技…嘘を吐く事/演技/声帯模写 【武器】〝虚無幻想〝…そんな四語の名称の長槍。紫を基調とし柄は緑と桃色と言う奇抜な色味を帯びている。刃はかなり鋭利になっており、非力気味な彼でも十分のダメージを与えられる様に攻撃性は高めに作られている。重量も其の上で軽めに作られており、基本的に誰でも持つ事が出来る様になっている。因みにデザインは大学時代の仲間(現在は有名ブランドのデザイナー)に、ネーミングは同じく大学時代の仲間と友に思考した結果である。/   (3/30 16:27:10)

ミライ/色んな線に繋がれた痛々しい彼の手に触れた時、小生は彼の全てを悟った。彼はもう____冷たく凍てついていた。まるで小生が捨てられた冬の夜の帳に冷たさの様な彼に小生は絶句する他なかった。唯一の友を失った喪失感は如何自分を欺いても無くなる事はなかった。/あれから幾年経った現世、小生はあの時から変わらずして嘘と言う嘘を紡ぎ続けている。小生はあの時からずっと時が止まっているのだ、あの嘘吐きの儘で。彼に本質を紡げなかったからこそ、小生は合いも変わらず嘘吐きであり続けるのだ。其れが例え自己満足だろうがエゴだろうが如何だって良いのだから。小生は此の命果てる時までずっと誠を紡ぐ事もなく嘘ばかりを吐き続ける。…まぁ全部嘘なんだけどね?   (3/30 16:26:53)

ミライ/青年と友達になって数日後、其れは突然の事だった。彼が突然の病に侵され倒れたとの一報を聞いた小生は、考えるよりもいざ早く体が動いていた。彼の病室に肩で息をしながら辿り着けば、彼は小生の訪れに驚きつつも何時もの様に笑みを浮かべた。長い闘病になるらしい、哀しく笑みを浮かべながらそう紡ぐ青年に、小生は今までの分のお返しであると寝たきりの彼に沢山の話を書いては話した。彼は毎回嬉しいそうに笑って聞いてくれた。…でも彼が笑っていたのは小生の話が何よりも嘘だったから。…其れを重ねる事幾年。小生が何時もの様に彼の病室を訪れた時。今回は何時ものデタラメではなく、本当の話をする事にしていた。小生の正体や今までの事全部、彼になら全てを話しても良い様なそんな気がしたから。そんな想いを抱きながらも普段通りに彼に寄り添おうとした。   (3/30 16:26:44)

ミライ/其れは孤独と言う名の強大なる闇との戦いではあったが、こんな自分には孤独がお似合いだと何時もそうやって自分を欺き続けた。そんなある日の事、予想もしていない事が起こった。賑やかな教室の片隅、一部分だけ影が掛かった其処に居る自分にある青年が声を掛けてきた。彼は一言、〝友達にならないか〝。そんな事言われた試しもなかったから、戸惑いこそしたが何より嬉しかった。だがこんな嫌われ者と居たとて青年には何もメリットなどない。だからこそ〝友達なんて要らない〝、そう淡々と答えた。其れで今まで世界は何も変わらなかったから、今度もきっと其の通りに行くのだと思い込んでいたから。だが彼は一瞬キョトンしながらもこう返した、〝俺が君と友達になりたいんだ〝と。…最初こそは自分と同じ嘘紛いだと思った。だが彼の目は其れが本質であると何よりも物語っていた。此れには小生も根負けして、表向きにはぶっきら棒にだが彼と所謂友達になった。…本当は凄く嬉しかったのだけれど。   (3/30 16:26:27)

ミライ/【過去】実の両親に幼き頃から罵倒され続けられた挙句捨てられた。其れは其れは何もかも凍てつかせる様な寒さの冬の夜の帳、一人希望も何も失って絶望しきっていた所。此方へと手を差し伸べたのは老いた夫婦だった。彼等に手を引かれるが儘、彼は其の老夫婦の養子として贅沢ではなかったものの細やかな愛情を受け育てられた。〝夢月 幻〝と言う名も彼等から受けた愛情の一つであった。彼等と過ごす日々は嘘紛れもなく幸せだった。自分には満足でしかなかった。だからこそ彼等が〝何が欲しい?〝と言われた時に、〝何も要らない〝なんて初めての嘘を吐いた。其れ位満ち足りていたのだから、此れで良いのだと。彼等は何処か哀しそうな顔をしていたが、此れでまた世界は変わりなく循環していくのだから問題なんて無いだろう。幾年もすれば自分だって学生になる。彼等には〝自分は人間である〝と嘘を吐いていたから、人間の子と同じ様に普通の学校に通った。だが養子の自分に対する世の目は残酷かつ冷酷だ。皆は人を異質である様に見なせば、即刻して自分を毛嫌いした。   (3/30 16:26:16)

ミライ/黒のインナーの上に袴を着ている模様。袴は大抵上下でモノクロ、あるいは寒色系を主に好んで着る事が多い。季節を問わず下は黒タイツに黒のショートブーツ。常時此の書生の格好をしているが、此の服装について触れられたり馬鹿にされるのが心底嫌い。触れられると嫌悪感剥き出しにしながら一人ブツブツ愚痴を零している。プライベートでも大抵和服を着ている事が多く、逆に滅多に洋服を着ている事がない。決して着ないと言う訳ではなく、極々稀に着るのだが本人は自分には似合わないと思っているらしく好んではいない。伊達眼鏡をかけているのは唯のお洒落の様なもの。己の種族故に頭にはふんわりとした狐耳、そしてふわふわと綺麗な毛並の狐の尾が生えている。色は月光に映える金色を帯びた麦色をしている。所謂獣の部分はかなり敏感らしく、触れられる事をかなり嫌っている様子。狐の尾先には此れまた緑の結い紐で緩く結ってある。獣の部分は彼の体調、または機嫌によってころころと動きを変える。其の為顔に出ていなくとも獣の部分に感情が出ている事が殆どである。   (3/30 16:25:48)

ミライ/本人曰く、〝もう二度と大切なものは失いたくない〝そう。器用そうに見えて実は経験の少なさ故、人間関係は不器用で何処か脆い所がある。其れもあって友達と言う点には敏感なのだろう。謎が多い不思議な人物、其れが夢月幻である。【容姿】煌びやかに光を反射する色味を帯びた麦色の髪。長さは下ろすと毛先が肩に少し付く位の長さの為、普段は邪魔にならない様にハーフアップにしている。此の際、髪は緑の結い紐で結っている事が多い。前髪は何とも特徴的で、ふんわりとした髪の二部分が中央部で交差して重なっている。切れ長かつ丸みを帯びた垂れ目がちの瞳は死を連想させる様な菫色を帯びている。其の瞳には特徴的な緑のハイライトが下方に灯されている。睫毛は少し長めで大抵横から見ると何処か儚い雰囲気を醸し出している。顔は正に美形と評される程の美人で、よく性別を間違えられる事もしばしば(何せ姫のキャラを演じていたりする故)。身長は177cmに体重61kgと細身の体質。其れ故筋力には乏しく少し非力な所もある。だが其れ故に俊敏さには長けている為、スピードを重視した戦闘は得意ではある。服装は正に書生と言った格好をしている。要は袴の様な物を着用。   (3/30 16:25:29)

ミライ/寧ろ若き(?)人気小説家の正体を知りたいというファンが多く存在している位である。普段は二つの職のバランスを上手く取ってはいるが、偶に教師の方に偏りすぎてもう片方の職の〆切に追われる事がしばしば。〆切に追われると何時も何徹かはする為、不機嫌だったり体調不良に陥ったりする。だが何せ周りに小説家である事を周知させていない為、大体〝何で幻先生あんな感じになってるんだろう…何かあったのか…?〝程度しか思われる事はない。大体〆切が近づくと何時も綺麗に纏めている髪も乱雑になりがち。〆切の時は容姿共に性格に大きく変化が出る為かなり分かりやすい。よく何の前兆もなくぶっ倒れたりする為、〆切前は大抵保健室の常連となる。過去の経験から友達(ダチ)と言う言葉及び関係に酷く敏感で、表には決して出さないものの裏では何処かかなり喜んでいる。また此れまた過去の経験から〝病〝と言うのには酷く敏感で、特に大切な者が病に犯されると物凄く情緒不安定に陥る程。   (3/30 16:24:31)

ミライ/話を戻すが、彼の嘘を吐く際に変わる口調や一人称の種類は正に多種多様。一人称なんて一体幾つあるのか正直不明。だが基本的に嘘を吐く際は大抵〝小生〝。ふざけながら嘘を吐く際は多種多様な一人称と口調になる。偶に出る〝僕〝や〝俺〝の時は彼が嘘紛れもなく本音を零す所の為、一人称についてはよく聞いておいた方が良いだろう。人間観察が主な趣味であり、時間が空けばふらりと外に出て専ら人間観察をしている事が多い。人間観察で得たものは古典教師の兼業としてやっている小説家の方で、小説のネタとして有効活用させてもらっている。因みに小説家としてのペンネームは〝夢幻〝、唯自分の名前を一文字ずつ抜き取った何も捻りのない名前である。兼業の職の方を教師仲間、及び夜月学園の誰にも教えておらず隠している。何でも〝本を書き綴った者が小生だと知られて仕舞えば、其の本の価値はきっと下がってしまうでしょうから〝だそう。だが決して不人気で売れてない訳でもない為、周りに周知させたとて本の価値が下がる事はないと思うのだが。   (3/30 16:23:39)

ミライ/まあこんな感じで思想の違いもあり、何処ぞの鬼とはあまり仲が良いと言った訳ではない。基本的に常に落ち着いていて大人びた雰囲気を醸し出している。誰に対しても主に敬語を使い心優しく接する。生徒一人一人に真摯に向き合う姿は先生と言うより最早母親の様に捉えられがち。意外と面倒見が良いのもあって、母親の様に捉えられるのだろう。上記を見る限りは真面に思えるのだが、実際はかなりの変人に分類される人物である。先述でかなりの嘘吐きであると言ったが、其の嘘が正に独特を極めているのだ。先ず初めに彼は己の嘘で相手が何処まで誠か信じるかの実験をしては楽しんでいるのだ。其処からもう変人っぷりがはっきりと読み取れる。だが其れに加えて彼が嘘を吐く時は、まるで人格が変わったかの様に口調及び一人称がころりと変わる。…正直此の点が何処ぞの鬼の吐く嘘とは違う気がするが、其処は気には留めないでおく。と言うか、彼の様に嘘によって口調等が変わるなんて人物、此の世界では彼以外に決して居ないだろう。   (3/30 16:22:14)

ミライ/正に強力とも取れる此の能力だが、其の強大さ故に其の反動もまた大きいものである。上記の様に〝現実離れ〝した嘘を吐く(または吐き続ける)と、嘘を誠とした代償として身体がダメージを受けてしまう。其の代償は主に嘘を吐く器官である喉や言の葉を紡ぐ条件としての肺に。其れはそうだ、嘘を誠にするなんて世の理を捻じ曲げている事に変わりはしないのだ。主な代償は吐血、呼吸困難…更に重症化した場合、幻覚による記憶障害等が起こってしまう。何せ彼は理を捻じ曲げる事が出来ても、神ではなく唯の妖狐でしかないのだ。そう易易と理を捻じ曲げる事は不可能なのである。そんな代償はあるものの彼は嘘と言う嘘を吐き続ける。何せ其れが己の信念故___。嘘を吐いて絶命するなんて、彼にとっては最早本望の様でしかないのだ。【性格】何処ぞの鬼が如く、または持つ能力故かかなりの嘘吐き。嘘の質こそ何処ぞの鬼とは違うらしい、と言うのが彼なりの持論である。何でも鬼の吐く嘘は虚言ありのままであり、己の嘘は説得力のある現実染みた嘘であると。   (3/30 16:20:59)

ミライ/【名前】夢月 幻(ムヅキ マホロ) 【年齢】27歳/3024歳 【学年/クラス】教師/古典担当【種族】妖狐 【性別】男 【属性】混乱 【能力】〝嘘は誠となりけり、侮るなかれ〝 能力名が如く、彼の吐いた嘘が誠(現実)になる能力である。此の能力の例を挙げるとするならば、例えば彼が〝私は空を飛ぶ事が出来ます〝と言う現実からかけ離れた嘘を吐いたとする。其の際に能力を発動しているならば、彼は偽りの事である〝空を飛ぶ事が出来る〝を現実と化し飛行能力を得る事が出来るのだ。尚、嘘の効力は精々一日〜三日程度であり、其の嘘があまりにも〝現実離れ〝している場合は其れに比例して其の効力も弱まっていく。反対に逆に〝現実染みた〝嘘だと其の効力は強まっていくと言う仕組みだ。嘘が現実へと変わるのとして条件が幾つか存在する。一つ、人・物の殺生に関する嘘は現実にならない。また一つ、能力発動時に吐いた嘘しか現実に化さない。其のまた一つ、嘘を吐く際は決して自分の本音を零してはいけない。等々の主に三つの点を守れば、偽りの嘘は誠の現実へと変わり果てる。   (3/30 16:20:15)

おしらせミライ/さん(iPad 60.41.***.221)が入室しました♪  (3/30 16:19:18)

おしらせ雪【α】さん(iPad au)が退室しました。  (3/29 20:27:35)

雪【α】【SV】「初めまして、阿万手ラナと申します」「バレてしまっては仕方ありません。私の正体を明かしましょう。実は私は……古代人なのです」「マザーよ、お答え下さい」「どうかしましたか?」【その他】アトランティスと言う古代文明の指示者であり万能ネットワーク“マザー”の教えを聞くことができる巫女的存在   (3/29 20:27:30)

雪【α】【名前】阿万手ラナ(あまてらな)【年齢】18【性別】女性【学年/クラス】高校3年/SよりのAぐらい【種族】古代人(人間)【属性】太陽【能力】『君の考えを暴いてあげよう』相手の思考を読むことができる【能力発動条件】相手の瞳を10秒から20秒間見つめること【能力デメリット】使いすぎると頭が痛くなったり気絶したりしてしまう【性格】怪我をしている動物などを見たら治療をしてあげるなど面倒見がよく優しい。どことなく大人(?)な雰囲気を持っている。敬語だったりタメ口だったりするがほとんど敬語。【容姿】長い艶々な綺麗な紫の髪を三つ編みにしており三つ編みの最後の部分に黄緑のリボンを結んでいる。目の周りは化粧をしたかのように赤く目の色は緑よりの黄緑。常に金色に似た黄色の扇子を持っている。(服装は語彙力がなくて表せないので検索してください)   (3/29 20:25:08)

雪【α】((設定練りますか   (3/29 20:16:18)

おしらせ雪【α】さん(iPad au)が入室しました♪  (3/29 20:16:06)

おしらせ雪【α】/芦矢ライムさん(iPad au)が退室しました。  (3/27 21:39:41)

雪【α】/芦矢ライム【追加】飛び級をしている。【相棒】テラミンという猫型のオズマコアの存在を連れている。テラミンと合体することでアシュラギルファーに変身できる。濃いめの黄緑の体に黒い瞳。首の黄色の何かをつけている。【容姿(ライム)】目に光が全く入らないほどの黒。   (3/27 21:39:36)

雪【α】/芦矢ライム(書きわすれた設定があるので追加します☆   (3/27 21:37:36)

おしらせ雪【α】/芦矢ライムさん(iPad au)が入室しました♪  (3/27 21:37:14)

おしらせ葛.さん(New 3DS 114.187.***.15)が退室しました。  (3/27 18:45:59)

葛.((不備ありましたらご報告お願いします、()   (3/27 18:45:57)

葛.【SV】「どーも、智偉埜払々と申します~、気軽にチ一ノって呼んでください!」「あ、○○やん。お茶あるんやけど飲む?」「灰皿…?そんなもん必要ないやろ、俺なら机で火消すで。」【備考】全然そんな感じしないが放送部所属。一人称「俺」、二人称「○○」、「○○さん」。   (3/27 18:45:37)

葛.【名前】智偉埜 払々 (チーノ ペイペイ)【年齢】16【性別】男【学年/クラス】1年、S【種族】人間【属性】穢れ光【能力】『嘘吐いたら針千本飲ーます。』相手の嘘を見抜ける能力。常人にはまず見抜けない高度な嘘も見抜けてしまう。【能力のデメリット】使用は一日につき4回が限度。それ以上使用する事も一度だけ可能だが、その瞬間喉に針が千本刺さった様な痛みに襲われ一日喋れなくなる。しかし本人はこの事を知らず、喋れなくなっても原因が未だに分からない。【性格】『詐欺師』の異名を持つ程嘘を吐くのが上手い。相手によっては媚びる事もしばしば。先輩後輩関係無く敬語とタメ口がコロコロ変わる。【容姿】髪の毛は薄水色で少しボサボサしている。瓶底眼鏡は掛けていて瞳の色は橙色。首からは常に懐中時計を掛けている。白いワイシャツに新橋色の長ズボンを履いていて、同色のサスペンダーを着けている。靴下は白色で靴は茶色いローファー。   (3/27 18:42:52)

おしらせ葛.さん(New 3DS 114.187.***.15)が入室しました♪  (3/27 18:42:44)

おしらせ雪【α】さん(iPad au)が退室しました。  (3/27 17:24:31)

雪【α】(よし…、ラナさんはまた後でしましょう…ね   (3/27 17:24:29)

雪【α】【性格続き】頭は良い方。クールで知的な印象を持たれる。【能力】なんでも化けることができる程度の能力【デメリット】なんでも化けることができる代わりにバレると死○。そのため本人はあまり使わない。【SV】「初めまして、僕は芦矢ライムです。よろしく」「僕は、みんなと一緒にいるとかそう言うの興味ないから…」「僕が別の生まれ方をしていたらどんな人生…だったのかな?」「何か用ですか?(偽笑い)」「変身!」【その他】変身出来る。変身するために片手に魔神ウォッチという腕時計を付けている。変身ヒーローの名前は「アシュラギルファー」。【過去】昔は彼にも感情があった、しかしある人物を倒すために感情を捨てたがしかし少しは感情が残っている。ちなみに生まれてすぐの彼は「自分が誰なのか」「自分は何者なのか」を分かっていなかった。要するに記憶喪失である、そして彼はある人物を見てこう悟る「僕があいつを倒さなければならない」と。その時ラナ(アマーナ)と出会う。そしてラナ(アマーナ)はライムに世界のことを教えた。   (3/27 17:23:59)

雪【α】(あ、カッコの忘れ物   (3/27 17:09:43)

雪【α】【名前】芦矢ライム(あしやらいむ)【年齢13(実年齢は不明、理由は本人が分かっていないから)【学年/クラス】高校1年/S【種族】オズマコア(兵器)簡単に言うと液体みたいな存在【属性】闇、木【容姿】鮮やかな黄緑色の髪、髪型は猫耳のような髪型で目はとんがっている(語彙力がないので説明無理)。制服は白い上着でグレーの襟がついており、グレーの襟の中に黄色いネクタイを付けている。グレーの襟の横らへんにYと書かれたバッチがついている、そして制服の白いシャツ(?)のようなものには黄色いラインが入っている。ズボンは黒で靴は茶色。ちなみに見た目通り性別は男性【性格】無感情で集団行動に興味がない。よく感情があるように見せる演技をする。本人曰く「ある人物を倒すために感情はいらないと知った、だから僕は一切の感情を切り捨てた」とのこと。   (3/27 17:09:29)

雪【α】(設定を書かなければ…   (3/27 16:44:29)

おしらせ雪【α】さん(iPad au)が入室しました♪  (3/27 16:44:09)

おしらせ九ノ里 蛍さん(iPhone 60.239.***.97)が退室しました。  (1/5 20:53:30)

九ノ里 蛍【名前】くのり ほたる 【年齢】18【学年/クラス】3年 B 【種族】人間【属性】火【容姿】明るすぎない茶髪でツーブロ、軽くセットされており襟足は綺麗に刈り上げされているが最近伸びてきていて本人も美容室に足を運びたいと思っている。ワイシャツの上にはVネックのカーディガン(?)長袖のでは無く肩できれてる奴(語彙力) 嬉しいことに顔は悪くない、ちょっとまん丸だが目の大きさがプリクラレベルのおかげかバランスが取れている。男と言うより女顔だ。一応♂。【性格】 学級委員長、文芸部の部長も務めれるほどに信頼度は高く、友達も多いし先生方からも人気が高い。もちろん勉強も運動も出来て、空手が得意だ。充分すぎるほどの幸せな生活を送っているが、何処かでまだ自分に満足出来ていなく闇を抱えている。作家志望なのに物語を書く能力もなく、自分に出来ることは医学部にて推薦を貰うことだけだった。【SV】『 俺を誰だと思ってるんだ?伝統あるのにほぼ廃部状態の文芸部部長…九ノ里蛍だぞ?』『 まぁ、そのなんだ…パン食べる?』『 俺は何があっても部員は守る、絶対だ。』『お前も文芸部なら約束は守れっ!!』   (1/5 20:53:23)

おしらせ九ノ里 蛍さん(iPhone 60.239.***.97)が入室しました♪  (1/5 20:39:16)

おしらせ初見さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (2020/12/29 19:55:11)

初見【容姿】黒髪で、少しぼさついてる。右目が深紅。左目が青。身長178cm背中から腰にかけて火傷の跡。右手が墨を塗ったように黒くなってる。防止付きのジャンパーのような長ランのような服を着ている。人前では黒く表情無い右目だけが空いてる仮面をつけている。(親しくなれば仮面を取ることも。)目は、少し細め。【SV】「俺に、関わるな。」「取引でもするか?」「また、死ねなくなったか。」【備考】学生の分際で、取引できる。闇商人のようなことをしている。取引出来る物→[酒の肴、能力を抑える薬、商品券、アンティーク物、いびきの薬、札、干し肉等]。 人間よりのダンピール。弟が居るが弟は、吸血鬼よりのダンピールなため龍真より長生きできるが、龍真は能力のせいで嫌々長生きしてる   (2020/12/29 19:55:08)

初見【名前】黒川 龍真(クロカワ リュウマ)【年齢】見た目21(実年齢546歳)【学年/クラス】大学四年生、C【種族】ダンピール【属性】闇【能力】『赤眼の右目』世界七禁忌の力に認定された経歴をもつ深紅の瞳。この眼の力を発動させると、裏の世界を行き来することが可能であり宗教を冒涜するという理由や神話などに出てくる邪神の能力に酷似しているため政府の監視化に置かれかけたらしい。裏の世界以外にも影の世界、異界、異次元等にも行くことも可能……らしい。【能力デメリット】使う度に死が遠ざかっていくらしい。彼自信は、ダンピールとして生きてダンピールとして死ぬはずだったのだが、この能力のせいで死ねなくなってしまった。一回使う度に五年ほど死が遠ざかっていく。そして、寿命以外で死ねないので、木っ端微塵にされても苦痛に苛まされながら生きることになる。【能力の使う条件。】精神力が左右されるらしく、精神が揺らぐと出来ないらしい。【性格】冷静。仲間想いな一面も。多人数で居ることを嫌う。せいぜい5~7人程度がいいらしい。   (2020/12/29 19:44:13)

おしらせ初見さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2020/12/29 19:26:45)

おしらせ関係を書く葛(?)さん(New 3DS 114.187.***.89)が退室しました。  (2020/12/24 18:12:35)

関係を書く葛(?)((そしてこんな関係がいいですとか言ってくれたら基本何でも受け入れます()   (2020/12/24 18:12:33)

関係を書く葛(?)((恋人に関しては賛否両論あると思うのでもしあれだったら消します(?)   (2020/12/24 18:11:56)

関係を書く葛(?)巫葛葉・幼馴染み→叶(乙葉様) ・保護者的存在 ・恋人(ry)   (2020/12/24 18:11:30)

関係を書く葛(?)銘里蓮花・親友 ・面倒見てる人   (2020/12/24 18:10:38)

関係を書く葛(?)赤坂小箱・親友 ・保護者的存在 ・面倒見てる人→ネムリア(ミライ様) ・恋人(以下同文)   (2020/12/24 18:10:08)

関係を書く葛(?)猫葉澄・ゲーム友達(暇さえあれば一緒にゲームしてる人) ・悪友 ・恋人(両でも片でもok)   (2020/12/24 18:08:49)

関係を書く葛(?)((今までに作った人達の関係書きます()   (2020/12/24 18:07:35)

おしらせ関係を書く葛(?)さん(New 3DS 114.187.***.89)が入室しました♪  (2020/12/24 18:07:16)

おしらせ/ 瀬乃 .さん(Android au.NET)が退室しました。  (2020/12/23 18:48:38)

/ 瀬乃 .【容姿】白く綺麗だった髪は黒く染まり、青かった瞳は赤くなった。うなじに闇堕ちした証の紋があるが、ストールやマフラーで隠している。【身分】天使の中では最底辺、悪魔の中では上の方【SV】「神ほど人間は殺さないし、悪魔ほど卑しい生き方もしないさ」「……僕は、たったの数十年しか生きない、人という儚い生物の方が好きだよ」「正直神も悪魔も興味無い。僕にとっちゃ、全て程度が違うだけの地獄だ」   (2020/12/23 18:48:23)

/ 瀬乃 .【名前】東雲 幽歌 ( シノノメ カスカ )【年齢】20(実年齢は218歳)【学年/クラス】大学2年、E【種族】天使(階級は下から2番目の大天使(アークエンジェル))【属性】闇(わずかに光属性が残っている)【能力】「暴れ狂う大剣」護身用に持ち歩いていた短剣の大きさを変える。滅多に使わない上、使うとしても峰打ち程度で終わらせる。【能力のデメリット】何度か使った直後、全身の力が抜ける。その場にへたりこんで動けなくなる為、一切の回避行動が出来ない【能力を使う条件】刀身に触って大きくするか、もしくは小さくするかの意志を込める。【性格】表面上はのほほんとして、眠そうにしている(寝る時に何か抱かないと寝れないタイプ。なのでゼノブレのノポン族のぬいぐるみをいつも持っている)。が、どこか飄々とした態度を取る。心の中は少し不安定。   (2020/12/23 18:48:05)

おしらせ/ 瀬乃 .さん(Android au.NET)が入室しました♪  (2020/12/23 18:47:16)

おしらせ/師泥さん(iPad 121.119.***.183)が退室しました。  (2020/12/20 16:28:05)

/師泥【名前】佐藤和真(さとうかずま)【年齢】16【学年/クラス】高校1年/D【種族】人間【属性】穢れ光【能力】スキル習得 みんなが使える魔法やら技やらを覚えられるよ。人外が使う魔法まで覚えられる。エグい。 幸運 幸運の神よりはないけど割とすごい幸運。それだけ。【能力のデメリット】スキル習得:魔力が足りないと死ぬ時がある。爆裂魔法とか。【能力を使う条件】誰かにスキルを教えてもらう。【性格】ご存知クズ。でも芯を通す時は通してくれる。ヘタレ。【容姿】茶髪緑目。顔立ちは可愛い方。本人は頑なに可愛いとは認めない。【身分】F☆U☆T☆U☆U→勇者になる気がする。【過去】初恋の女の子に振られるよりもひどい目にあい一度引きこもっている。【SV】 「俺は佐藤和真だ……クズマじゃねぇからな?」「○○ーーー!!!助けてくれー!!!!」「……っとに、しょおがねぇなああああああああああ!!!」   (2020/12/20 16:27:57)

おしらせ/師泥さん(iPad 121.119.***.183)が入室しました♪  (2020/12/20 16:19:19)

おしらせ相川真冬/零さん(Android 133.201.***.0)が退室しました。  (2020/12/20 10:04:41)

相川真冬/零【過去】三歳の時に「えー、相川さん。あなたの息子さんは、アルビノです。」と診断される。学校でも、容姿でいじめられた。教科書を破られたり、シューズを隠されたり。両親は、『未来を見てくれ』と真冬に頼んだ。真冬は両親からの頼みだったので喜んで承諾した。が、どこかで考えてしまう。「両親は、僕の能力しか見ていないのでは?」と。そんななか、無理をした真冬は昏睡状態に陥る。昏睡状態の時、真冬はこんな夢を見る。『あんたは能力しか使い道が無いんだから』『その醜い姿でも育ててやったんだ』昏睡状態から目覚めた真冬は、能力が使えなくなっていた。昏睡状態の前のことは思い出せず、なぜだか両親を信じられなくなっていた。そんななか、学校のファイルに挟まっていた月花学園のパンフレットを見てここならいじめられないと思い、独り暮らしをし、入学をすることを決意した。(この際実家からいろぽてを引き取る)   (2020/12/20 10:02:53)

相川真冬/零あ、誤送信   (2020/12/20 09:46:46)

相川真冬/零【過去】×これは、人間と天使のハーフ、相川真冬の昔話× あるところに、人間と天使のハーフ、相川真冬という男の子がいました。そのこは、三歳   (2020/12/20 09:46:20)

相川真冬/零((かいてたのがっ!←(お前が悪い)   (2020/12/20 09:42:39)

おしらせ相川真冬/零さん(Android 133.201.***.0)が入室しました♪  (2020/12/20 09:42:00)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、相川真冬/零さんが自動退室しました。  (2020/12/20 09:41:01)

相川真冬/零【追加設定】家では、いろは、ぽてとという二匹の猫を飼っている。さらに、まふてるという名前の使い魔(戦闘には余り影響させない…はず!)がおり、よく真冬が右肩に掛ている小さいバックに入っている。   (2020/12/20 09:20:41)

相川真冬/零【性格】少し怖がりで、人見知りな所がある。でも、心を開くととてつもなく甘えん坊になる。【SV 】「ええっと…あなたは?」「あのっ、ぼ、僕、相川 真冬って言います。その…あなたの名前は…?」「…もう、作業疲れたあああ、助けて~癒して~いろはーぽてとーまふてるー」」   (2020/12/20 09:16:14)

相川真冬/零【容姿】整った輪郭で、白くてサラサラな髪、長さは…(語彙力がないので諦め←) アイコンと同じくらいの長さで、目は下から、何も映していないような地獄の業火のような赤から、ピンクに近いようにも見える淡い赤までグラデーションになっている。身長もスラッと高い。(178cm)   (2020/12/20 09:07:59)

相川真冬/零((続き書きに来ました!   (2020/12/20 09:00:09)

おしらせ相川真冬/零さん(Android 133.201.***.0)が入室しました♪  (2020/12/20 08:59:43)

おしらせさん(New 3DS 114.187.***.89)が退室しました。  (2020/12/19 22:22:05)

【備考】豚を飼っている。ペットであり家畜。彼に向かってダジャレを言うと生死をさ迷う。   (2020/12/19 22:22:01)


更新時刻 04:53:00 | 過去ログ | ルーム管理