ルーム紹介
異能者や異種族、魔術師を集め、交流させればどうなるか、という実験じみた理由で作られた国、交流国フローラル。

この広大な島国に法はなく、何をしたって構わない。
多種族の街があれば、現代的な都市に中世風の街並みや完全な無法地帯までが存在する混沌とした国。

種族も風景も何もかもが乱雑に混ざりあったこの自由の国で、あなたは何を思い何を為すのだろう。


━━━━━━━━━━━━━━━

と言った感じの部屋です、戦闘恋愛日常なんでもありです、自由の国なので。
初見さん大歓迎!ちょっとでも気になったら是非どうぞ!入ってくれたら主が喜びます。


【部屋のルール(自由の国でもこれは守ってね)】

・荒らしは無言で即非表示対応。(荒らしに過度に反応する人も非表示にしてください)
・背後同士で話す時は((をつけること。
・戦闘時のチートや確定ロルは禁止!(チート自体は制限しないけど恋愛だとか日常だとか競う要素のない所だけの使用にしてくだい!)
・許可なく相手のキャラクターを殺害することは禁止です。
・お互いを思いやって成りましょう。
・お初さんを大切に。仲良くしましょう。


分からないことがあれば主の真琴かなんか色々知ってそうな雰囲気ある人に聞いてみてください!

設定部屋: http://www.3751chat.com/ChatRoom?room_id=709642
 [×消]
おしらせ無言時間が20分を超えたため、エミリア・パレルモさんが自動退室しました。  (1/17 22:04:05)

エミリア・パレルモ ((こんばんは〜待機   (1/17 21:39:02)

おしらせエミリア・パレルモさん(iPhone 60.112.***.76)が入室しました♪  (1/17 21:38:03)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、真琴さんが自動退室しました。  (1/17 08:49:19)

真琴((おはようございまぁす   (1/17 08:14:21)

おしらせ真琴さん(Android 133.106.***.176)が入室しました♪  (1/17 08:14:12)

おしらせ麻倉さん(iPhone au)が退室しました。  (1/17 00:57:40)

麻倉((ではでは私もこれにてー!   (1/17 00:57:39)

麻倉ん、それは何より。(昔、戦場で膝すらつかなかったと言うのに、こんな可愛らしい子に失神寸前まで追い詰められるとは。なんて他愛のない思考を回しながら、実乗を膝から下ろす。)お粗末さまでした。今度から腹が減ったら俺の所へ来い。いくらでも飲ませてやるから。だから、人を襲ったり失神するまで吸うのはやめておけよ。(ちゃんと理解するか、守るかはさておくとして念の為の忠告。それだをするとその日は別れた。正直、眠くて眠くてしょうがなかった。)   (1/17 00:57:32)

麻倉((はーい!!ありがとうございました!!   (1/17 00:54:16)

おしらせ僕 林檎さん(220.209.***.57)が退室しました。  (1/17 00:54:02)

僕 林檎((すみません、眠いがやばいので寝ます。お相手感謝です。   (1/17 00:53:57)

僕 林檎「そうなんだ? 不思議、でも、気持ちよかった(一瞬考えようとも思ったが、馬鹿馬鹿しい、人間のことなど考える必要はない。にこり、と満面の笑みを浮かべて)うん、ごちそうさま(とあなたにお礼を言ってくる。抵抗する人間には電撃でお仕置きするが、素直に飲ませてくれる人なら大好きだ)」   (1/17 00:52:45)

麻倉乳飲み子……というか、血飲み子が飲んでる時。手持ち無沙汰な人間はこういうことをするんだ。(貧血からか言葉から丁寧さが僅かに消えてしまってるが、彼にそれを正す元気はない。ペロリと血を舐めとってる実乗の頭をもう一度撫でると、空になったパックを床に捨てた。)それで少しでも落ち着いて飲めるように、とな。(そしてこちらも口の端に着いてしまった血を実乗の真似をするように軽く舐めとった。)もう満足した?   (1/17 00:47:10)

僕 林檎「んっ……それ、何してるの?(しばらく先程までと同様に血を吸い続けていたがある程度吸い終えたのが口を離す。そして気になるのは自分の頭を擦る何か。たまにこう言うことをされるのだが一体これにはどんな意味があるのだろうか? 少し上目遣いになりながらあなたに尋ねる。口元についた血をペロッと舌で舐めとって)」   (1/17 00:40:43)

麻倉(どれほど時間が経っただろう。実乗の温もりで眠くなってきた。なんて考えたのも束の間、すぐに顔を上げる。違う、これは貧血だ。一日の摂取量にしては多すぎる。貯めているのか?困ったものだ。ここで止めて拒否するのは簡単だが……こんなに必死に吸われているとそれもはばかられる。仕方がないとポケットに手を突っ込み中からパックのジュースを取り出した。ジュースというか、それに偽装した魔獣の血液なのだけれど。相変わらずよしよしと実乗の頭を撫でながら、中の血液をこちらも飲み始める。随分といじられたおかげで血液はそのまま俺の血へと精製され取り込まれていく。)ま、こんな不味いの飲ませるよりはマシか………   (1/17 00:34:45)

僕 林檎「んぐ、んっ(首筋から血を吸い出してそれを飲み込む、その動作を何度も何度も繰り返す。基本的に彼女は吸血している相手が貧血によって倒れるまで吸い続ける傾向がある。いくら彼女が頻繁に狩を行う生き物だとしても毎日餌が取れるわけではない。当然のように一滴の血も吸えない日もある、そんな日のために彼女は一度に多くの吸血を行うのである。   (1/17 00:29:39)

麻倉((おかえりなさーい!   (1/17 00:21:41)

僕 林檎((ただいま   (1/17 00:21:18)

麻倉ん?ふふ、いや気にするな。ゆっくり飲め。(膝に乗せ、好きに飲ませてやろう。なんて恩着せがましい事を考えていたが。なるほどどうして、この子を膝に乗せるのは利点がある。特にこの季節だと。暖かく、それでいて心地よい。何やら光が漏れてるが。コタツモンスターのコタツはやはり炬燵なのだろうか?まぁ、どちらにせよこの暖かさは手放し難いものだった。ついついゆっくりなんて言ってこの温もりを享受したいのが態度に出てしまっている。さて、ところで、実乗はどれほど吸うのだろうか?匂いや気配からして殺しはしてないようだが。そんな不安な思考もよぎるがこの暖かさの前ではあまり意味の無い事だった。)   (1/17 00:11:42)

麻倉((いってらっしゃーい!   (1/17 00:08:39)

僕 林檎((歯を磨いてきます   (1/17 00:07:46)

僕 林檎「んー?(夢中で血を吸っていたが、頭を撫でられると不思議そうな声を出す。一体何をされているんだろうか? 膝に乗せてみるとわかるが彼女は随分と温かい。マントの内側から何か、熱が発されているようだ。マントの隙間からは暖色系の光が漏れ出ている)」   (1/17 00:07:41)

麻倉(遠慮も何も無い実乗の吸血。そもそもそういうのを知らないのだろう。密着されれば向かい合ったまま膝に乗せてやる。そして、吸血が始まった瞬間首筋を痺れが襲う。)んっ………(小さな呻き声に似た音を出してしまうものの、気にするなと言うように頭を撫でてやる。養殖とはいえ吸血鬼の純血だ。口に合えばいいが、なんて思いながら。)   (1/16 23:59:44)

僕 林檎「んっ、わかった(こくん、と頷いて貴方にピッタリと密着するとその首筋にガブリと噛み付く、そして血を吸い出し始めるのだが同時にその歯にピリピリと電気が流れ、あなたの体を痺れさせる。これは動きののろいコタツ=モンスターが独自に進化の過程で手に入れた力である。尻尾を用いて吸血を行うと吸血の効率自体は悪いものの、強力な電流が流れ、ほとんどの人間は動けなくなる)」   (1/16 23:56:11)

麻倉あぁ。綺麗な場所じゃないけど、静かだろ?秘密の場所だよ。(クスクスといたずらっぽく笑ってみせるが、そんな事より彼女は一刻も早く腹を満たしたいらしい。近くにやってきた実乗を見て苦笑をすると身体から力を抜いた。)そうか、じゃあ好きな方で飲んでいいよ。……あぁ、服に穴は開けないでくれ。(そう言うと、歯か尻尾かどちらだろうなんて興味深そうに眺めた。)   (1/16 23:44:50)

僕 林檎「ここ?(部屋の中を見回すとたたたっと、一周部屋の中を駆け回った後、案内された椅子にちょこんと座る)歯と、尻尾(そう答える彼女の口元からは八重歯のような犬歯がチラリと覗く。そしてマントの中から黒いロープのような、そして先が二股に分かれた金属製の尻尾が現れる)これを、刺したら吸える(早く吸わせろと言わんばかりに椅子から立ち上がってあなたの近くに立つ。お腹もペコペコだ)」   (1/16 23:40:23)

麻倉ははっ、そうだな。不愉快だな。(頬を膨らませる実乗を見て小さく笑う。世の中には吸血鬼に吸血されると眷属になるなんて言うデマに踊らされてる輩も多いし。)そう、あかや。君は……実乗か、よろしく。っと、着いたよ。ここなら少しはゆっくりできるだろう。(部屋の中へと実乗を案内すると椅子に座らせ、自らももうひとつの椅子に腰掛けた。)そういえば、実乗はどうやって吸血するんだ?口か?(とりあえず腹を満たしてやらねばとカーディガンを脱いでシャツをずらして首をさらけ出したところで、ふと気になった事を聞いた。自分が口だから勝手にそう思っていたが、はて、コタツモンスターはどうやって摂取するのだろう。)   (1/16 23:29:15)

僕 林檎「んー、不愉快。(吸血鬼にとって過ごしにくい世の中に不満たらたらといった様子で頬を膨らませる。なぜダメなのだろう? ちょっとぶっ倒れるまで吸血するだけなのに。他の生き物と比べて殺さないのに。吸血鬼でこそあるものの、彼女は生まれてこの方自分の手で人を殺めたことは一度もない、ただ倒れた人がその後どうなったかはわからないが)あかや? 私はコタツ=モンスター、実乗(あなたの名前を繰り返した後、自分でも名乗ってみる。といってもこれが本当に自分の名前かどうかはわからない)」   (1/16 23:20:10)

麻倉(愛らしくそして素直に欲望に忠実に。ある意味生物として正しい反応を見せる子供。しかしまぁ、これが人型と言うだけで何やら犯罪臭がするのはなぜだろうか。そんな答えの見つからない思考を振り払うと手を取り歩き始めた。)うん、ありがとう。強くても気をつけなきゃダメだよ。特に吸血は、あまりいい顔をされないからね。(この国の情勢や常識にはまだ疎いが吸血を快く思う者は多くはないだろう。)そうだ、自己紹介がまだだったね。俺は紅弥、柊紅弥。君の名前は?(そんなことを言いながら目指すのは時折1人になるために訪れる廃墟。その一室は他の部屋と同じように色々むき出しで到底人の住める環境では無いものの。瓦礫や埃、小石や砂利などもなく、ただ椅子が二脚と机、あとは寝心地は大して良くなさそうなベッドだけがある部屋だ。)   (1/16 23:07:00)

僕 林檎「(目を合わせられるとかわいらしく首を傾げて目をパチクリさせる)血ぃ、吸わせてくれるの?(意思の疎通は可能、その程度の知能だ。言われた言葉の意味はよくわかっていない、お腹も減っているしなおさらだ)私、強いから大丈夫だよ? でも、血ぃ、ほしいから。ついていく。(こんなのではいつか誘拐でもされそうだが、誘拐するメリットがないのでなんら問題はないだろう。ともかくとして、彼女はあなたについていくことを決めたようだ)」   (1/16 22:57:57)

麻倉(返答はとてもスムーズと言えるものではなかった。同族に似た気配だと思ったが自分よりはだいぶ違うらしい。まぁ、人造の自分も大概だが。しかしまぁ、気づいてしまったものはしょうがない。目の前のモノと視線を合わせるように僅かに屈むと幼子に話しかけるように)はい、こんばんは。(と、もう一度言い直した。そして、右手を差し出す。)こんなところに1人だと危ないよ。特に、君みたいなどっちつかずの子は。どこかで少し話をしないかい?大丈夫、俺ので良ければわけてあげるから。(空腹の同族を放っておけない。そんな理由での申し出だが、真夜中の廃墟街。身長差30cm。傍から見れば誘拐犯である。)   (1/16 22:48:04)

僕 林檎「なー、なー?(自分の目の前に誰かが降りてくるとぴたりと足と歌をとめる。一体こいつは何者なんだろう? 血は流れているのかな? それと同族ってどういうこと? 疑問は次々浮かぶもののそれを考える脳はない。)こんばんは〜?(流暢とは言えない言葉で挨拶をする、彼女はモンスター。人の文化は理解していない。)」   (1/16 22:41:44)

麻倉おや?同族に似た気配がしたから来てみれば、随分と愛らしい子ですね。(人の気配ひとつしない廃墟街。ご機嫌に歩く少女……少年?の頭上から降り立つ人影がひとつ。スキニーに長袖のシャツ、厚手のカーディガンを着ているもののこの時期だと少し寒そうだ。そんな急に降り立った男は小さく微笑みかけた。)こんばんは、同族に会えるとは思ってなくてつい探しに来てしまいました。(目つきが悪いながらも人よそさそうな笑みだ。)   (1/16 22:33:40)

僕 林檎「なー、なー、なー♪(街灯もないような廃墟街を小唄を歌いながら歩くマントを着た奴。空には綺麗な三日月が出ているおかげか、ご機嫌な様子だ。しかしそう入っても腹は減る、この前もらった赤いのはもうとっくに飲み終えてしまった。新たな獲物を求めて狩をしなければんあらない)」   (1/16 22:29:03)

麻倉((ふへへ、褒められちゃったぜ   (1/16 22:26:12)

僕 林檎((あらやだいい男じゃない   (1/16 22:25:33)

麻倉((はーい!   (1/16 22:24:17)

麻倉((ありがとー!!   (1/16 22:24:12)

僕 林檎((ちょっと設定確認したら書くね!   (1/16 22:24:11)

僕 林檎((OK OK((との市です   (1/16 22:23:48)

麻倉((ういーおつかれー   (1/16 22:23:04)

おしらせ真琴さん(Android 133.106.***.45)が退室しました。  (1/16 22:21:58)

真琴((明日早いからそろそろ落ちるぜよー、またあしたー   (1/16 22:21:55)

麻倉((出だしいけそうなら任せたいなー!したいこと……吸血されたい……(??)   (1/16 22:21:09)

僕 林檎((OK 出だしはどうします&したいことある?   (1/16 22:20:24)

麻倉((んじゃ吸血繋がりで紅弥使おうかなぁ。   (1/16 22:20:01)

麻倉((おけおけー。大丈夫だよー   (1/16 22:19:30)

僕 林檎((大丈夫?   (1/16 22:19:14)

僕 林檎((こたつですね   (1/16 22:19:09)

僕 林檎((実乗   (1/16 22:19:05)

麻倉((こたつちゃん?   (1/16 22:18:54)

麻倉((お?どなただ?   (1/16 22:15:21)

僕 林檎((あー……扱いにくい子だねえ   (1/16 22:14:26)

僕 林檎1d3 → (2) = 2  (1/16 22:14:06)

僕 林檎((ないよ〜   (1/16 22:13:31)

麻倉((まとめて投げたぞ   (1/16 22:12:28)

真琴((って思ったけど微妙な修正いるから明日にしよ((   (1/16 22:12:27)

真琴((ミラ投げよ   (1/16 22:12:09)

真琴((あ、紅弥入ってるじゃん   (1/16 22:12:04)

麻倉((んー、おまかせ!!こっちのキャラに希望ある?   (1/16 22:10:47)

僕 林檎((よかよ〜 希望ある?   (1/16 22:08:58)

麻倉((あーそぼ♡   (1/16 22:08:46)

僕 林檎((ぬはっ!   (1/16 22:07:41)

麻倉((りんごくん!!   (1/16 22:05:58)

真琴((多分そこのりんごくんは相手してくれるよ   (1/16 22:05:07)

麻倉((というか今なれる人おらん系?   (1/16 22:02:55)

麻倉((知ってた。知名度微妙に低いしな。   (1/16 22:01:13)

真琴((わからない   (1/16 22:00:34)

麻倉((パピヨンといえば武装錬金   (1/16 22:00:14)

真琴((PAPIONN   (1/16 21:59:17)

麻倉((パピヨンって銘柄はありそうよね   (1/16 21:57:47)

真琴((の首のあたりのもふもふに顔うずめて深呼吸してた   (1/16 21:57:25)

真琴((チワワとパピヨンと何かが混じったうちのわんこ   (1/16 21:57:08)

麻倉((何それ。新しいタバコの銘柄?   (1/16 21:56:35)

真琴((あ、ごめんわんこ吸ってた   (1/16 21:56:19)

麻倉((掛け合い。主義主張の違いで口喧嘩っぽいのも好き   (1/16 21:53:22)

僕 林檎((戦う理由とかにもよって内容が左右   (1/16 21:52:55)

真琴 ((戦闘中の掛け合い。   (1/16 21:52:05)

麻倉((よね〜〜〜〜〜!!!   (1/16 21:51:10)


更新時刻 04:11:43 | 過去ログ | ルーム管理