ルーム紹介
喜ンで傷つけるのか


傷を喜ぶのか


それはきッと, あなた次第


__________________
( る - る )
./ 主と御相手様一対一の固定式
./ 長縁望
./ 萌萎要相談
./ ロ兄鬼, ロ兄鬼 2 呑の対応
./ 主は rd 希望
./ ロル の長さ規定無. ムラ 有可
./ имми 不理解者, 荒氏立入禁止
./ 書置, 足跡可
./ 裏, 専用部屋可能

( こて - ひョ - )
rd ( 皐月s ) × ( 主 )
rb ( 主 ) × ( 皐月s )

( る - むますた - )
瑞 - ミズキ -
 [×消]
おしらせさん(3DS 114.191.***.222)が退室しました。  (2/22 18:46:33)

(( よしと. じャああッち戻りま ~ す ( ひら, )   (2/22 18:46:29)

俺 ? 俺は …… どう, しようかな … ( どうせなら彼といたいけど, 生憎家に帰ると言ッていたしそれを自分が止める権利なンてない. 家には帰りたくないし … 頼るなら絵斗くン辺りかな. 呂戊太も一緒にいるだろうし, 暇はかかないだろう. それに親も絵斗くンと一緒だッて言ッとけば連絡してこないし. … まァ, 絵斗くンが刑事だから俺が面倒事起こしたッて勘違いして, 巻き込まれないようにッて連絡してこないンだろうけど. 変に勘違いされていようと接触がないのだから, こッちにとッちャ万々歳だ. 話すだけで面倒な訳だし ) … 取り合えず, 絵斗くンに少し頼ッてみるよ. 絵斗くンと一緒なら親も連絡して来ないし ( それなら, 先生も安心でしョ ? なンて少しおどけたように笑ッた. 怖かッた. 怖かッたンだ. ただ. 彼がなにをしたのか知らないけれど, 何かを失ッてしまうような気さえしていて. いつもの彼だけれど, 何処か違う様子に違和感を感じながらもただ笑ッていた. 嫌な汗が背中を伝ッているのすら無視して, 笑顔が引き吊らないように意識して, 彼の返事をただ待つばかりだッた )   (2/22 18:45:58)

(( ロル 返だけしに来ましたよ ~ ッと ( しュた, )   (2/22 18:37:33)

おしらせさん(3DS 114.191.***.222)が入室しました♪  (2/22 18:37:04)

おしらせ皐月さん(New 3DS 114.181.***.22)が退室しました。  (2/20 20:56:43)

皐月((お疲れ様~、じゃ僕も   (2/20 20:56:40)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/20 20:56:18)

皐月((あッ、誤爆……   (2/20 20:54:03)

皐月((   (2/20 20:53:51)

皐月((ロル返したら此処落ちてあッちでやろうぜ! (え)   (2/20 20:42:52)

皐月((うおー突撃だぁぁぁぁ!!! (ガチでやる)   (2/20 20:35:58)

皐月rd:……此処は?、あ、そうか、俺たち帰ッてきたンだッけな… (気付けばあの小学校の前にいた。何故此処に居るのか、ということはわかる。あの時のことも思い出せる。それなのに、何処か変なのだ。自分の記憶の筈なのに違うような気がするのだ。その時の気持ちを思い出そうとしても全く思い出せないのだ。全部思い出せる筈なのに。俺は俺じゃないのだろうか。何故俺は彼処に居たのだろうか。俺は普通に教師として働いていたのに。何もしていない筈なのに。何かが可笑しい。ただその"何か"を思い出せない。違和感を感じながらも彼女ににこりと笑いかけ、話す。) 帰ッてきたけど、これからどうしよ…、特にすることもないし、俺は家に帰るけど……、純はどうするの? (これからのことを話しては彼女に尋ねる。とりあえず帰ッて整理したい。ごちゃごちゃしていて整理しないとやばい位になッている。俺がどうしてあンなとこに居たのか、何故俺はぼンやりとしか思い出せないのか。とても、大切なことを忘れているような気がするのだ。何か、大切な、大切なことを……そう考えながら彼女の返答を待つ。)   (2/20 20:35:23)

(( 了解だァァァァ !!!! ( がたがた, )   (2/20 20:35:01)

(( わかる. なンか, ネット で知り合ッて仲の良くなッた人と住ンでるとこ近いと嬉しいよね ( 刻々, )   (2/20 20:34:42)

皐月((ロル投下するぞ~!!、避難しろ~!!、投下したらあの部屋に突撃だ~!!! ( うおお、)   (2/20 20:34:00)

皐月((そうですよ青い森です、成る程わかッた、同じ地方でちょッと嬉しい ( ふふ、)   (2/20 20:32:49)

(( 行く ??? いいよ ??? ( こらこら ) 勉強 キツイ もンねェ …… テスト とか ( うぐぐ, )   (2/20 20:32:48)

皐月((らだお落としたら行くか (おいこら) 暇だけど行けないぴえン…… ( ぐすン、)   (2/20 20:31:07)

(( 成る程青い森ですね ??? ( 地理苦手 ) 自分はこの前地震でいじめられた所だね. 過去 ロル 見てもらえればわかるけど ( 過去 ロル ちら, )   (2/20 20:29:56)

(( 来てもええンやで ( ずずず, / ただの部屋移し ) 暇なとき来てもらえればええからね, そンな気負わンで大丈夫 ( 刻, )   (2/20 20:28:42)

皐月((本州の一番北の国よ、林檎が美味しいと知られている…… ( 刻々、)   (2/20 20:27:46)

皐月((ンまぁ僕中々来れンからねぇ…… ( うぐ、) めッちゃ入りたかッたけど全然来れンだろうなッて思ッてやめたンよ ( 苦笑、)   (2/20 20:26:33)

(( あ - あ - , よし, 声は大丈夫 ( 刻, ) ま ?? ( 東北出身 )   (2/20 20:26:06)

(( おッと見つかッてた ( うへ, ) いやァ, 最近 コミュ 力上げたくて新しい出会いを求めてた ( 目反, )   (2/20 20:24:29)

皐月((準備しなくて大丈夫だからね??? ( 圧、) 僕は林檎の方が好きだけどね (北国出身)   (2/20 20:23:57)

皐月((そういえばみッちゃンの夢也部屋見つけちゃッた ( てへ、)   (2/20 20:22:55)

(( おッと しンどい コール の準備しなきャ ( お茶がぶ飲み, ) わかる. 蜜柑めッちャ好き ( 刻々, )   (2/20 20:22:11)

皐月((らだおさンのは書き終わッたからね~ ( に、) 蜜柑うみゃいよね( ふふ、)   (2/20 20:21:02)

(( あ, ロル 書き終わッてから返信でよかッたンよ ? ( 首傾, ) 蜜柑と猫を用意しないとね ( そそくさ, )   (2/20 20:19:08)

皐月((ロル書いてた……、わ、ありがと ( ふふ、)   (2/20 20:17:12)

(( 成る程 ?? なら炬燵を着けよう ( そそくさ, 遅い )   (2/20 20:05:34)

皐月((寒いからさ…… ( がたがた、)   (2/20 20:04:11)

(( 直さなくても大丈夫だよ, 入りやすくなッたし ( けら, おいこら )   (2/20 20:01:57)

皐月((あッ扉直さなきゃ ( 修理、)   (2/20 20:00:44)

(( 気にしないで !! 来てくれたことだけでも嬉しいし ( にひ, )   (2/20 20:00:32)

(( さつきちャン来てた !!! ( がたッ, 扉破壊 ) 今晩和 ~ !! ( ぶンぶ, )   (2/20 19:59:57)

皐月((ほんとに申し訳ない!!!!!!! ( 埋まり土下座、)   (2/20 19:59:56)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/20 19:59:16)

皐月((最近来れンくて申し訳ない!!!、テスト勉強とかで全然来れンかッた…… ( 土下座、)   (2/20 19:55:55)

おしらせ皐月さん(New 3DS 114.181.***.22)が入室しました♪  (2/20 19:54:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/19 22:08:27)

(( 毎回間に合わンね ??? ( ひェ, 正座待機 )   (2/19 21:02:28)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/19 21:01:58)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/19 21:01:44)

(( 夕飯食べてた ( うぐ, )   (2/19 20:13:02)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/19 20:12:39)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/19 19:29:09)

(( 二日間も間空いた … ( うぐ, ) 今日は遅くまで待機します !! ( ぴし, 正座 )   (2/19 18:07:20)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/19 18:06:33)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/16 22:08:58)

(( 風呂ほちしてた …… ( あぐ, ) ひき続き待機 ~ !! ( ぴし, )   (2/16 20:56:08)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/16 20:55:24)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/16 20:55:12)

(( 今日も待機 !! ( すちャ, ) でも待機何回もして ロル 下に流しちャうのも怖いな … ( ンむむ, )   (2/16 20:12:53)

(( ネット リセット しちャッて ID 変わッてるけど許して ( うへぺろ, )   (2/16 20:11:36)

おしらせさん(3DS 121.114.***.119)が入室しました♪  (2/16 20:10:51)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/15 22:52:14)

(( はいはい今日も今日とで待機 ~ ( しュた, )   (2/15 21:23:11)

おしらせさん(3DS 60.41.***.138)が入室しました♪  (2/15 21:22:38)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/14 22:25:08)

(( ばンわ ~ ッと, 待機 !! ( すちャ, 正座 )   (2/14 20:56:26)

おしらせさん(3DS 60.41.***.138)が入室しました♪  (2/14 20:55:56)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、さんが自動退室しました。  (2/13 23:53:48)

(( あッ, 津波の心配なしか …… ( ほ, )   (2/13 23:27:49)

(( え … 怖. 7 出たとこあるン … ?? ( おわ, )   (2/13 23:15:50)

(( え … 5 弱 ?? やば ( ひェ, )   (2/13 23:13:13)

(( 待ッて地震 ( あわ, )   (2/13 23:10:30)

(( 今日は来ないかな ? ( 首傾, はて )   (2/13 22:46:06)

(( オタ 恋 見つつ待機 ~ ( しュた, 正座 )   (2/13 21:12:00)

おしらせさん(3DS 60.41.***.138)が入室しました♪  (2/13 21:11:19)

おしらせさん(3DS 60.41.***.138)が退室しました。  (2/12 22:14:29)

(( ッと, お疲れ様 ~ ( ひらり, )   (2/12 22:14:26)

rb : ッ ……… ( 感じたことのない光に思わず彼女と繋いでいない方の腕で目を覆う. 光が収まッたかと思えば目を開け, 目の前の光景に思わず目を見張ッた. 何かの建物の燃え痕. 見るも無残な光景に, ただ唖然としていた. 彼女は見えない何かと話しているようで, ただ立ち尽くしてその光景を見る. 神社だろうか. よく見ると鳥居のような物もあり, 其処には辛うじて “ 夜 ” と書かれているのが見えた. 夜 … 夜 … そう言えば, 彼女の名字は夜神だッた筈だ. ここは彼女と何か関係が … ? 彼女に何かを聞く暇もなく, 彼女は行こうと言ッた. 俺の家に行こうと. その言葉に無言で頷き, 少しだけ手を引いた. 聞くのも野望ということだろう. かつかつと足を進め, 自分の家へと向かう. 兄さンはいるだろうか. 久々に帰るものだからきッと驚かれるかも知れない. それに彼女も一緒な訳だし, もしかしたら久々に兄のあの “ 鼓膜破壊器 ” と呼ばれた叫びが聞けるかも知れない. ありそうな未来を想像してはくすりと笑い, 彼女の手を少し強く握りながら家へ向かう足を早めた )   (2/12 22:14:07)

おしらせ皐月さん(New 3DS 114.181.***.22)が退室しました。  (2/12 22:05:10)

皐月((あ、落ちる!!、またね!( ひら、)   (2/12 22:05:06)

皐月((嫌だ!!( うぎゃ、)   (2/12 22:03:04)

皐月早く行こう、此処に居ても意味無いし。ロボロの家に行こう。(彼の顔を見てそう言いにこりと微笑ンで。此処には用はない。それよりももッと大切なことがあるのだから。)   (2/12 22:02:42)

皐月…うン、帰ろう。(にこりと微笑みそう返しては鍵を使い扉を開ける。外に出れば戻れる。やッと、戻れるンだ。そう思ッては嬉しさが込み上げてきて。彼の方を見てはその笑顔があの時の笑顔と似ていて。私が好きになッたあの笑顔。明るくて、太陽みたいに輝いていたその笑顔は何十年経ッた今でも変わらず輝いている。思わず見とれてしまい少し顔を赤くしては行こうと言うように手を引ッ張り、一歩を踏み出す。館の外に出た途端、不思議な光に包まれた。眩しくて思わず目を瞑り、光がおさまッた感じがしては目を開ける。其処は神社の跡地のような場所だッた。見覚えがある。此処は、私の家だ。見るからに燃えた後のようなその場所は懐かしく、少し忌々しかッた。私の呪いの地、私の狭い世界。嫌いな筈なのに久々に見ると懐かしく感じてしまう。ふと、暖かい光に包まれたように感じては目の前にあの白龍が現れた。どうやら家族は二年前の火災で全員死亡したらしい。自分の家族のことなのに他人かのようにどうでもよかッた。私には家族なンて居なかッた。そういうことだろう。)    (2/12 22:02:40)

(( おン ??? 認めろや ( おらおら, / 族 )   (2/12 21:53:51)


更新時刻 14:51:53 | 過去ログ | ルーム管理