ルーム紹介
今回は「不死と魔の舞う箱庭にて」と「神と魔禍つのジハード」の続編及びリブート作品となります。
前作の設定を多大に踏襲しておりますが、新規様は大歓迎ですので気軽にお立ち寄り頂ければと思います!

〜魔と不死とヒトの終着点〜
“不死”と“魔”と“人類”が新天地へ流れ着いて早10年が経つも、未だかの者達はあの美しき箱庭に帰れてはいなかった。
抗う者たちと革新を求めた者たちは今も尚混じり、この世界、延いては新たな真実へと足を踏み入れようとしていた。

神殺し、魔の本質、魔神降誕

これは世界と種の終焉に抗う生ある者たちの物語。

ということで雑な世界観説明は置いといて詳しくは是非下記URLからHPをご覧ください!
https://re-magatu.1web.jp/#contents

以下、注意事項です!
・ファンタジーな世界、自作の種族など個人設定の塊のようなお部屋です。
参加のされる方はHPを必ず読んでからのご参加を宜しくお願いします!(一期にあたる【不死と魔の舞う箱庭にて】HPと二期にあたる【神と魔禍つのジハード】HPのリンクがありますのでそちらも読んで頂ければ幸いです!)
・3L要素あり(生々しいのは各自別でお願いします。)
・戦闘及び設定にてグロテスクな描写あり。
・背後さんでの会話では((を忘れずに!
・新規様にも優しく、色んな人達とこの世界で様々な物語を紡いでくださると嬉しいです!
 [×消]
おしらせ無言時間が25分を超えたため、伊吹@クリスタリアさんが自動退室しました。  (10/3 02:03:04)

伊吹@クリスタリア((少し待っていらっしゃらなかったら私も落ちますね!遅くまでお相手感謝なのですよ   (10/3 01:36:41)

伊吹@クリスタリア((少し熱が入っちゃって長くなってしまいました…( ̄▽ ̄;)   (10/3 01:35:34)

伊吹@クリスタリアッッ……!!…この剣のことを!やはり知っているんだな!お前は…お前はこの地を見捨てた裏切り者!!(重量のある獲物どうしがぶつかる鈍い音が森に響き渡る。咄嗟の襲撃はやはり反応され受け止められた。そして己が使う大剣について何か知っていそうな相手の言葉に、やはり、と相手が何者なのか再認識しては、憎しみと怒りを込めた声で裏切り者と罵って) 何故…だと?…非礼があったなら…??……我がこの剣を握っている時点で気づいているんじゃないのか…?(言葉を交わす刹那の間にも相手を押しつぶさんと獣化した右腕に更に力を込めて剣をおしこみにかかって。そしてそれと同時に右足も即座に毛皮に包まれ鋭い爪を生やした獣の足へと変化させ)我は…私は…この森の守護者…『戦ノ巫女』だぁぁっ!!(そう怒号を発すると同時にこちらの剣を受け止めてがら空きになっている相手の左脇腹目掛けて獣化した右足の爪を突き放つような蹴りを放って)   (10/3 01:35:07)

伊吹@クリスタリア(私が戦ノ巫女となった年から数年前、己が役職と時代の巫女を育てるという義務を放棄し、この地から去った巫女がいたと教えられた。その当時は先代の巫女になんて興味はなかったが今から数年前のあの日。思い出す度に後悔と怒りの波に感情が押しつぶされそうになるあの時。私は大事な者を失った。自分の力不足を呪った。己の経験不足を嘆いた。そしてふとある考えにいたった。もし、先代の巫女がこの地を去ることなく時代の巫女を育てることを放棄しなかったら、この地を見捨てず共に戦い森を守ってくれていたら、私は大切な者を失うことはなかったのではないかーーと)   (10/3 01:34:23)

伊吹@クリスタリア((これは…入れ違いで寝落ちられたパターンですかね?一応下のロルの返信までかいておきます!   (10/3 01:34:14)

伊吹@クリスタリア((わわっ返信ロル書いてたら落ちちゃってました!ただいまです!   (10/3 01:33:37)

おしらせ伊吹@クリスタリアさん(iPhone 123.108.***.1)が入室しました♪  (10/3 01:33:10)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、欟廼@さんが自動退室しました。  (10/3 01:33:02)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、伊吹@クリスタリアさんが自動退室しました。  (10/3 01:22:16)

欟廼@「私は……」何を訂正することがあるのか……咄嗟に訂正しようなどと考え口が動くよりも早く眼前の彼女が行動に出る。なにかポツリと呟いたかと思えば此方へ確かな歩みで距離を詰め問を………その瞬間だった、大地から裂けるように一本の大剣が迫り出す。そして、かつての友を携えた同胞は悲痛な叫びのような問を投げかけ斬りかかる。「ッ………!何故っ、その大剣を…!」瞬時にトールを背部から抜けばガイアヴルムと呼ばれるであろう大剣をトールの柄で受け止め衝撃をビヴリンディの余力で受け切りその場に膠着が産まれる。「待てクリリュナの民よ、何故私を襲う……なにか非礼があったのなら詫びたい、先ずは言葉を交わそう……。」ギチギチと不快な命を刈り取るものがぶつかる音が響く中それでも冷静に眼前の彼女へ矛を収めるように促す。   (10/3 01:07:38)

欟廼@結局件の獣の正体にありつけぬまま幼女のノリツッコミを眺める彼女…確かに自身が身に纏っているのは暁の叡智が詰め込まれた理解すら及ばないはいてくなものであるからして科学技術とはかけ離れた生活を行うクリリュナの民からしたら可怪しく見えるのも無理はないかと、暁を訪れたばかりの自身と眼前の彼女を重ねてはクスッと笑みが漏れる。暁の地にはそれこそ人の営みをより良くしようというものもあれば人を殺すことのみを追求したものまで多岐に渡り存在する、願わくば人に寄り添い成長の助長をしてくれるものがこの世に溢れかえればと思いつつ彼女の言の葉に耳を傾け疑問へ当然のように返答を返そうとしよう。「あぁ、そんなところだ……」今し方当分訪れることができなくなったばかりの聖国という言葉に憂いを感じつつも眼前の彼女の様子が変わったことに気が向く。意気揚々と言の葉を重ねていた口は驚愕にうち震え、驚愕は次第に憎しみへと変容していった。   (10/3 01:07:36)

欟廼@((ありますねぇ、、キマってる違法武器が……   (10/3 00:58:07)

伊吹@クリスタリア((ランダム武器!?ということはまさかくまさん印の違法武器が…   (10/3 00:53:02)

欟廼@((成りが楽しいのが悪い!(おい) おぉ!バイトの方はランダム武器なので楽しいですよ〜!!   (10/3 00:50:08)

伊吹@クリスタリア((ほ、本当にご無理なさらずですよ??私は今から帰宅してとりあえずお風呂とスプラの日課とバイトを済ませる所まではおきてますね!   (10/3 00:36:53)

欟廼@((八つ当たりアタックきちゃ〜! わわ!ありがとうございます〜とりあえずまだ意識はあるので返し練りますね!無言落ちしたら寝たと判断してもらって大丈夫です〜!そしたらまたお互い会えましたらその時に続きをって形で!   (10/3 00:35:40)

伊吹@クリスタリア((とりあえずやはりといいますか、幼女の八つ当たり激怒アターーックが始まりました   (10/3 00:33:17)

伊吹@クリスタリア((大変お待たせしました!あっ!全然ご無理なさらずですよ!何でしたら続きはまた今度お会いした時でも大丈夫ですので!お仕事第1に、ですよ!   (10/3 00:32:27)

伊吹@クリスタリアお……お前は……(その顔はクリリュナの民なら誰でも知っているかもしれない。ましてや当代戦ノ巫女の自身が知らぬはずもない。何度も村長の家に飾られていた写真…その顔は…先代の巫女!!)…………来て。ガイアヴルム……(相手が何者か理解した瞬間幼い少女はボソッと相手に聞こえるか聞こえないかの小さな声で自身の武器を呼んで。ゆっくりと相手の元へ歩を進み出して)…1つ聞きたい。お前は…何故……「この地を裏切った!?」(ギリッと歯をかみ締め、歩を進めながら相手に問いを投げかける。何故、どうして、お前が巫女の義務を放棄しなければ。お前がこの地を見捨てて去らなければ。あの日あの時、私の家族は---そんな幼女の足元からベキバキッと地面を割って巨大な剣が生えてきて。右腕だけを一時的に獣化させてガシッと目の前に生えてきた剣を握り地面から引き抜いては。ゆっくりと歩を進めていた状態から一気に加速して相手との距離を詰めて、声をはりあげ相手に問いただしながら力任せに大剣を相手目掛けて振り下ろして)   (10/3 00:31:35)

伊吹@クリスタリア(すまない、なんてあっさり謝罪した相手の言い分も納得の行く理由だったために)うむぅ…確かに…自分より大きな獣がいたら戦闘態勢にもなる…か(相手の言い分に確かに、と納得したように顎に手を当ててウンウンとうなずきかけ、その獣が自分のことかもしれないとふと思えば)って、お前その前から鎧に身を包んでただろう!?(と、勝手に納得しようとして勝手に矛盾を見つけて勝手にツッコミを、と1人漫才のような態度の手のひら返しを披露して。しかし続いて遠いところから来たという相手の言葉を聞いては)ふむ…もしかしてはと思っていたが近くの聖国から来たのか?(なんてまったく的外れな予想を、そうかもしれないと思っていたんだ!と誇らしげにかえしてみせて)だとしても、だ。ここへ外の者が1人で来る方がよっぽど危険だと思うのだ…が……っ!!?(そう逆にこの辺りにはいつ魔物が出るか分からないため、お前の方が心配だと返そうとして言葉が途切れる。こちらの言葉に従いヘルメットをとった相手の顔を見て驚愕せざるを得なかった)   (10/3 00:30:36)

欟廼@((っと、申し訳ないです!明日仕事もあってそろそろ眠気も来てるので途中で寝落ちしたらすいません!!(先行土下座)   (10/3 00:11:49)

欟廼@((あっ、襲ってもらっても!!こんな可愛い幼女に襲われるなんて!(おい) まぁ、冗談派置いといて伊吹さんが戦闘方面でも良ければ大丈夫ですよ〜   (10/2 23:52:21)

伊吹@クリスタリア((んん…激情して襲いかかる未来しか見えないのですが…:(´◦ω◦`):   (10/2 23:51:07)

欟廼@((お待たせしました〜! いやもう伊吹さん流石ですよ!!めちゃすこすこです!!   (10/2 23:41:21)

欟廼@眼前のクリリュナの民へは私のことを今どんな風に…………いつしかの友はあくまでも戦ノ巫女ではなく友としてこの大地の家族として私を抱擁してくれた。だが、眼前の幼女は戦ノ巫女としての私を知らず当代の戦ノ巫女しか知らないはずだ……そんな者へ素顔を晒すことは抵抗しかなかったがここで逃げ去ってはいつかこの大地へ還ることからも逃げた気がしてならなかった。「わかった……」幼い彼女を侮るなんて気持ちよりも純粋な心配からなのはいくら言ったところで通じはしないだろうと見えぬ笑みで返しつつ静かにヘルメットを取り左腕で抱えるように持っておこう。狭いヘルメットから開放され銀と灰を帯びた長髪が靡き、禍人の特徴と言わんばかりに黒の双角が顕になる。そこには育ったとはいえ、村長の家にある過去の戦ノ巫女の写真に出てきた先代の戦ノ巫女に似通った顔があった。   (10/2 23:40:44)

欟廼@両腕を組んでは胸を張っているもののちょこんとした彼女に微笑ましい気持ちになれば節穴か?なんて言われても可愛いなぁ〜なんて立場を知らないとはいえなかなか失礼なことを思いつつ「すまない、先程私より大きな獣が居たような気がして……禍罪も出ない訳では無い。戦ノ巫女も飽くまで人だ、すぐに助けられる訳では無いんだ……。」何処か自身へ戒めるような、落ち着いた口調でクリリュナの民という幼女へ散歩といったものの確かにこんな格好はしないものの来た場所が場所なので致し方ないといえば致し方ないのだが流石にこれ以上無神経に暁の名を出すのも躊躇われるので「少しばかり遠い場所から訪れたから……」と苦笑い気味に返しつつ身の潔白を示すために素顔をとなんて言われれば一瞬ビクッと体が震える。   (10/2 23:40:42)

伊吹@クリスタリア((うちの子で癒させていただけたなんて…嬉しい限りです…:( ˙꒳​˙ ):   (10/2 23:22:08)

欟廼@((なんだこの幼女………ばか可愛い。。私の荒んだ心が癒やされる。   (10/2 23:08:43)

欟廼@((おかえりなさいです〜   (10/2 23:06:55)

伊吹@クリスタリア((以上です!お待たせしました〜   (10/2 23:06:21)

伊吹@クリスタリア危ない?侮られては困る。我は結構強いからな!!……多分。(なんて、相手の心配の言葉を鼻で笑ってみせれば、両手を腰に当てて胸を張って見せたはいいものの後から少し自信過剰に言い過ぎたかもしれない、なんて考えれば、多分、目を横にそらしてそう呟いた)   (10/2 23:06:06)

伊吹@クリスタリア((少し続きます   (10/2 23:05:32)

伊吹@クリスタリア(背後をとってみたのになんの動揺もないように見える相手の落ち着きに少し期待していた反応と違いムスッとしながら両腕を組んで胸をはって威厳のあるポーズを意識しながら、獣?と呟いた相手の言葉にプクーっと頬を膨らませて)誰が獣だ。お前の目は節穴か??我はれっきとしたクリリュナの民である!(獣に思われたとしても、実際に獣耳や尻尾が生えているためそう言われても仕方が無いことである状況にも関わらず、どこからどう見てもクリリュナの民だろう?と半ば背筋を仰け反らせてふんっと選ぶって見せて。にしても、ゴツめの鎧の中から聞こえてきた声は想像していた貫禄のあるものではなく、女性のような声だったために一瞬キョトンとした表情を見せて。ただ散歩をしていただけ、なんて答えた相手に、そんなわけはないだろうと、こちらを振り向いた相手にますます疑いの目を向けては)そんな何時でも戦闘できるような格好で散歩をする者がどこにいるんだ!ますます怪しい。身の潔白を証明したいのなら、そこから出てきて素顔を見せてみろ!(なんてあからさまに上からものをいう態度で、疑っていることを伝え、若干中身の者への好奇心もあり鎧を脱いで見せるよう促して)   (10/2 23:05:24)

伊吹@クリスタリア((ただいまです!ロル書いてたら落ちてましたね!すぐ返しますねー   (10/2 23:03:57)

おしらせ伊吹@クリスタリアさん(iPhone 103.198.***.163)が入室しました♪  (10/2 23:03:40)

欟廼@((お疲れさまです〜   (10/2 22:49:46)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、伊吹@クリスタリアさんが自動退室しました。  (10/2 22:49:39)

欟廼@((いやもう、、可愛い過ぎますよ!!幼女好きとしてはもう見逃せませんね!! っと了解しました!気長に待ってますねぇ〜!   (10/2 22:39:31)

欟廼@静かな森林、少しばかりの鳥の囀りと自身の大地を踏めしめる音、そしてそれを搔き乱す歪な機械の噛み合う音。そんな交響曲を聴きながら聞こえもしない大地の声に耳を傾けゆったりと歩みを進める彼女にふとなにかが駆け、風が泳ぐ音が響いたと思いきや背後になにかが降り立った。「……獣?」一瞬目の端に捉えた姿は今の自身より少し大きな獣のような何かだった……そして背後のなにかは此方の動作を待つまでもなく口を開く。どんな目的……目的なんてものは初めから決まって。「私はただ散歩しているだけだ…怪しいものでは無い。」そう告げながら両手を上げて恐る恐る後ろへ振り向くとそこには………先程捉えた獣でも、想像していた怖ろしい化け物でも、意思ある禍罪なんて突拍子もないものでもなく……和装の幼女が居た。一瞬何が起こったのか理解できなかったもののすぐに首を振り意識を手繰り寄せば「……クリリュナの民か?こんな早朝に、危なくはないだろうか?」と相変わらず手を上げ危害を加えないアピールをしつつも眼前の幼女に森の外の危険性を危惧してか心配そうに彼女の所在を問う。   (10/2 22:38:38)

伊吹@クリスタリア((そ、そんな…可愛いだなんて…嬉しすぎますありがとうございます(*ノωノ)キャ!もし放置になってしまった場合はお客様対応してるかもなのでまたすぐ帰ってくると思います   (10/2 22:24:34)

欟廼@((かわいいな??? いえいえ〜素敵なお返しありがとうございます〜!またお時間頂きますれ   (10/2 22:18:28)

伊吹@クリスタリア((数年ぶりのロルなので意味不明な文章や誤字があるかもですがご容赦下さい(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)”   (10/2 22:17:53)

伊吹@クリスタリア(まだ朝日が顔を出すより前の少し肌寒い明朝。戦ノ巫女として、いつ何時災いが訪れても対処できるように、日課であるパトロールを、全長2m程の狼の姿に変身して森の外縁にそっていつものように駆けていた。そんなある日、森の自然に不似合いな全身を硬そうな鎧に包んだ人影を見かけて。あれは聖国の騎士だろうか?騎士が1人でこんな所に足を運ぶ理由は?…いや、関係ない。少し脅すように問いかけここにきた目的をきいて聖国の騎士だったなら謝ればいい。そうでなければ----すぐさま速度をあげその人影の背後へと回り込み空中に跳ね上がりクルりっと身を回転させれば)そこのお前。どんな目的でこの森を訪れた?(2mの狼の体は一瞬にして霧のように分散し、その中から獣のような耳と尻尾を生やした和装の幼女が着地しては、即座にそう鎧の人影に問いかけて)   (10/2 22:17:11)

欟廼@((おかえりなさいです!   (10/2 21:57:33)

伊吹@クリスタリア((ただいまです!!   (10/2 21:57:19)

おしらせ伊吹@クリスタリアさん(iPhone 103.198.***.163)が入室しました♪  (10/2 21:57:10)

欟廼@((っとと、お疲れさまです〜   (10/2 21:54:11)

欟廼@((遅くなりました、、しかも短い……申し訳ないです!   (10/2 21:54:03)

欟廼@時刻は明朝、聖国を後にしビヴリンディを装着すれば昨日の別れを惜しむ時も無く時間は過ぎ得ていく……。暁に黙って出たからには早々に戻らなければならないだが…騎士団長に見つかったからには騎士団に報告され挙げ句クリリュナの皆に何か問題があれば……そんな一抹の不安が彼女の頭にこびりついて離れなかった、そんな彼女は暁へ向ける足を急遽クリリュナへと向けることに。「また訪れてしまった…」溜息のように漏れた言葉は静かな森にじんわりと響き馴染んでいく、大地の声を失って数年たった今この森林へ戻ったがやはりなにも感じることはできなかった。「この森林はいつになっても変わらないな…いつか還る私を迎える時も変わってほしくないものだ……。」戦争があったとはいえ目を通した感じ森林へのダメージは全くと言って差し支えないほどに損害は無く、これならばリスクを追ってまでクリリュナへ脚を運ぶこともないかなんて思考を巡らせ森の外縁をガチャガチャと不釣り合いな音を奏でながらもしっかりとした足取りで歩んでいく。   (10/2 21:53:48)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、伊吹@クリスタリアさんが自動退室しました。  (10/2 21:52:08)

伊吹@クリスタリア((わわっ360分おめでとうございます!お帰りなさいませ!出だしよろしくお願いいたします!焦らすごゆっくりで大丈夫ですよ〜m(*_ _)m   (10/2 21:26:52)

欟廼@((シチューと出だし了解です!お時間頂きます、お待ち下さい!!   (10/2 21:25:20)

欟廼@((タイミングwwwちょうど送信押そうとしたのに   (10/2 21:24:53)

おしらせ欟廼@さん(Android 60.125.***.223)が入室しました♪  (10/2 21:24:39)

おしらせ滞在時間が360分を超えたため、欟廼@さんが自動退室しました。  (10/2 21:24:31)

伊吹@クリスタリア((なるほど!何となくクリスタ森林の戦争被害は認知しましたのです!ヨルズちゃんのことも過去の巫女の写真で見たことがあるだけで最初は気づけないようにしておきましょうかね!パトロール中のクリスタリアにバッタリあっちゃった感じにしましょうか!よろしければ出だしをお願いしても大丈夫でしょうか?   (10/2 21:21:12)

欟廼@((おかえりなさいですよ〜大丈夫ですよ! クリスタ森林自体には大した被害はないかな?確か……戦争担当を別の人に任せてる弊害が……ま、まぁ聖国からの物流が現在不定期になってるぐらいかと!今すぐ食べることに困るほどではないですが現状が長期化すると困ったことになる感じです! ヨルズを前戦ノ巫女と認知してて大丈夫です!ただ、現状のヨルズが戦ノ巫女時代に付けてないビヴリンディを着込んでるので見ただけでは分からないかなと、、顔みたらわかるかな。過去の巫女の写真的なのが村長の家にあったり……とか?   (10/2 21:18:18)

伊吹@クリスタリア((なるほど!戦争被害確認シチュよきですね!クリスタ森林は何らかの被害にあってるんでしょうか?あ、あとあとクリスタリアはヨルズちゃんを前戦ノ巫女と認識してる事にしますか?それとも知らないということにしますか?   (10/2 21:10:31)

伊吹@クリスタリア((ごめんなさい!お客様いらっしゃって放置してました!ただいまです!   (10/2 21:09:04)

欟廼@((あ、全然ヨルズちゃんで問題ないですよぉ〜!早速ドロドロしちゃいましょ!! そうですねぇ、、直近の成りでヨルズちゃんが戦争の被害確認に聖国に行っててちょうど暁へ帰る道中に故郷の戦争被害の確認もするために寄ったところを運悪くクリスタリアさんに見つかったみたいな感じにしますか??   (10/2 20:53:15)

伊吹@クリスタリア((あ、全然ヨルズちゃんに限らず他のキャラさんでも大丈夫ですですよ!?シチュー…どうしましょう…いかんせんウチのクリスタリアが行けるところは戦ノ巫女として限られてますからね…   (10/2 20:50:20)

欟廼@((おっ!初っ端からヨルズちゃんいっちゃいますか!!是非是非お願いします〜! そうですねぇシチューはどうしましょう?   (10/2 20:48:23)

伊吹@クリスタリア((わわっ!本当ですか!!ありがとうございます!(´▽`)ぜひウチの子とヨルズちゃんを絡ませたいと思っておりましたので!   (10/2 20:46:55)

欟廼@((わっ!全然問題ないですよぉ〜!!   (10/2 20:45:28)

伊吹@クリスタリア((そういえば欟廼さんがよろしければなのですが、そろそろウチの子の試運転をしてみたいのですが成りのお相手をお願いしたりすることは可能でしょうか?((*´ω`*))モジモジ   (10/2 20:42:32)

欟廼@((狂人スコ……めちゃ楽しみです!! 容姿はなぁ…わかり味が凄い。リアルに無頓着過ぎてほんと書けないんですよねぇ書ける人ほんと尊敬する。 文字にするのほんと苦手で……変わりに書いてほしいww   (10/2 20:39:56)

伊吹@クリスタリア((組み上がったイメージを文字で表す事の難しさ…わかりみが深いのです   (10/2 20:35:08)

伊吹@クリスタリア((今は死者の魂を具現化して操る狂人ネクロマンサー禍人ちゃんの設定を進めてるんですが…容姿と性格と出身地でつまづいてます( ´・ω・`)   (10/2 20:34:27)

欟廼@((私は設定は作りたいなぁ〜って思ったときには大抵組み上がっているんですけど何故かそれを言語化するのに死ぬほど時間が掛るんですよねぇ…… 伊吹さんのもとてもわかり味が深すぎて…… 顔文字可愛いw   (10/2 20:30:10)

伊吹@クリスタリア((結構キャラ設定をつづるインスピレーションに波があるので困ってしまいます。思いつかない書けない時は、全くすすみませんのに。ふとしたきっかけで設定を思いついて書き進めてみたり…( ー н ー )   (10/2 20:25:55)

欟廼@((入室ありがとうございます〜、キャラ練り私もやらなきゃなのにお手々がなかなか動かない……   (10/2 20:24:22)

伊吹@クリスタリア((お仕事暇なので来てみました〜!お客様いらっしゃるまでですがキャラ練りしながら失礼します〜   (10/2 20:22:52)

欟廼@((こんにちは〜!   (10/2 20:21:30)

伊吹@クリスタリア((こんばんわぁ〜   (10/2 20:21:24)

おしらせ伊吹@クリスタリアさん(iPhone 103.198.***.163)が入室しました♪  (10/2 20:21:13)

欟廼@((お疲れさまです〜   (10/2 20:21:09)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、菓子丸@ブラッドさんが自動退室しました。  (10/2 20:17:39)

菓子丸@ブラッド((はいー、一緒に楽しみましょうー!   (10/2 19:31:43)

欟廼@((めちゃ嬉しいです!一緒に楽しみましょう〜!   (10/2 19:30:55)


更新時刻 08:33:28 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい