ルーム紹介
なりちゃルームです。お題は雑談(中の人でもあり!!)パロ、ifストーリー、ダラダラ語るのもよし!!つまりは何でもです!!

暇な方はぜひおいでくださいませ!!!

表記は【お子様の名前(自分のお名前)】です。よろしくお願いいたします!
 [×消]
おしらせ蘭美古都さん(iPhone 106.185.***.199)が退室しました。  (2023/8/30 01:04:12)

蘭美古都「……チッ,双子どももそろいに揃ってめんどくせぇやつらばかり…ま,俺は俺で…頑張るか,黒幕」   (2023/8/30 01:04:08)

おしらせ未知 導さん(Android 61.197.***.155)が退室しました。  (2023/8/30 01:02:28)

未知 導「………あなたも………黒幕だったんだね」   (2023/8/30 01:02:24)

未知 導「……泡沫じゃない、わたしの姉は核心だから。」   (2023/8/30 01:01:57)

蘭美古都「…ふん,精々やってけ。あとは知らん」   (2023/8/30 01:01:39)

未知 導「……行って……来る………ちゃんと、この手で、ボク………“わたし”が、かたをつけてくる」   (2023/8/30 01:01:11)

蘭美古都「ま,そういうことだと」   (2023/8/30 01:01:04)

未知 導「…………(救いを求めても………ろくな事なかったよ、シスターさん)」   (2023/8/30 01:00:10)

蘭美古都「そうだな。今からお前は実の姉と対決し,そして…“殺す”んだよ。諦めろ,結局はどちらかしか生き残れないのが運命なんだからな」   (2023/8/30 00:57:35)

未知 導「……あの人を……ボクは……暴くの………?」   (2023/8/30 00:55:39)

蘭美古都「姉さ……あぁ,彼奴か。」   (2023/8/30 00:55:10)

未知 導「………姉さん……」   (2023/8/30 00:54:46)

蘭美古都「んぁ?何をだよ」   (2023/8/30 00:53:31)

未知 導「それは……知らない、けど…………………っぁ……思い、出したかも……しれない……」   (2023/8/30 00:53:14)

蘭美古都「透ける方法しかねぇの?ウケる。笑えねぇけど」   (2023/8/30 00:52:28)

未知 導「レパートリー……?」   (2023/8/30 00:51:47)

蘭美古都「おーおー,まーたその展開かよ。レパートリーねぇな」   (2023/8/30 00:50:33)

未知 導「…………あれ…………身体……透けてる」   (2023/8/30 00:49:13)

未知 導「……そう……だね………」   (2023/8/30 00:48:43)

蘭美古都「……誰がそんなものを。そんな空想的なもの,必要ない」   (2023/8/30 00:47:18)

未知 導「………じゃあ……求めてる?」   (2023/8/30 00:44:15)

蘭美古都「あるわけねぇだろ,くっだらない。所詮この世は絶望でしかないんだよ,はい終わり」   (2023/8/30 00:43:20)

蘭美古都「あ”?救い?」   (2023/8/30 00:42:50)

未知 導「……キミは……“救い”って…あると思う…?」   (2023/8/30 00:41:19)

未知 導「……だと、いいな…」   (2023/8/30 00:40:46)

蘭美古都「そこまでかぁ……まぁ別に,この後帰ったらすぐに思い出すだろ。黒幕を見つけたら」   (2023/8/30 00:40:19)

未知 導「……ここまで考えると……駄目……に、なる」   (2023/8/30 00:37:41)

蘭美古都「それで?」   (2023/8/30 00:37:31)

蘭美古都「……ほう?」   (2023/8/30 00:35:49)

未知 導「……だんがん、ろんぱ…………ずっと前に、思い出した単語……が…関係してる…」   (2023/8/30 00:33:19)

蘭美古都「おぉー…まぁ当たりっちゃ当たり。」   (2023/8/30 00:31:17)

未知 導「察するに……それは……ボクらが暴こうとしてる……黒幕………」   (2023/8/30 00:30:35)

未知 導「……どいつもこいつも……誰か他の人が…キミのところへ…来た…」   (2023/8/30 00:30:10)

蘭美古都「……ったく,どいつもコイツも……手間がかかるやつばっか…あ”ーめんどくせぇ!!」   (2023/8/30 00:27:50)

未知 導「“救いを求めてる”…のは、分かってる…それを、知るべきじゃないのも………でも……ボクは……未知導は……超高校級の、ダウザーだから」   (2023/8/30 00:26:28)

未知 導「………キミは知ってるんだ?…ねえ、教えてよ。これ以上、空っぽでいたくない…」   (2023/8/30 00:25:22)

蘭美古都「別に知らなくても良いだろ,目的もクソもあってたまるか」   (2023/8/30 00:24:33)

未知 導「善処は…する…それに……しても……背景は分かった……けど……わからない……誰が……なんのために……ボクたちを……」   (2023/8/30 00:23:12)

蘭美古都「それでも俺は嫌なんだよ。やめろ。」   (2023/8/30 00:21:57)

未知 導「………間違っては……ない……」   (2023/8/30 00:19:00)

蘭美古都「はぁ……やめろそのあだ名,鬱陶しい」   (2023/8/30 00:17:54)

未知 導「………あ……そっか………正真正銘………絶望くん……だ…」   (2023/8/30 00:16:02)

蘭美古都「……知ってる。そうだな,俺はそれを知っている」   (2023/8/30 00:14:15)

未知 導「………知ってる……キミは……知ってるんだ………これが、何なのか………」   (2023/8/30 00:12:54)

蘭美古都「ふぅん。で?」   (2023/8/30 00:11:59)

未知 導「……初見で………まるで違和感なく会話してる……」   (2023/8/30 00:10:57)

未知 導「…………ねえ…………キミは………“黒幕”…とか……普通は……意味がわからない単語を」   (2023/8/30 00:10:26)

蘭美古都「頭痛だぁ?そのまま痛みによってくたばれ」   (2023/8/30 00:09:41)

未知 導「……頭痛……………」(くっそ真顔)   (2023/8/30 00:08:45)

未知 導(今………ボクは……なんて言った……?……この世界は…たったひとつ、じゃないの……?)   (2023/8/30 00:08:20)

蘭美古都「…………そこで引っ掛かるか」   (2023/8/30 00:08:05)

未知 導「……ボクらの、世界線……?」   (2023/8/30 00:07:24)

未知 導「…………目の前………“ボクらの世界線”の………黒幕………」   (2023/8/30 00:07:07)

蘭美古都「その真実ならすぐお前の目の前に来ている」   (2023/8/30 00:06:19)

蘭美古都「そうだなぁ……じゃあこれだけは言っておこう」   (2023/8/30 00:06:02)

未知 導「………ボクは……それなりに……推理できる方だって……自負……してる……だけど…………頭が、空っぽなんだ………だから………知りたい」   (2023/8/30 00:05:07)

蘭美古都「……だったらどうする?」   (2023/8/30 00:03:25)

未知 導「……少なくとも……二つ目は………関係ある………」   (2023/8/30 00:01:36)

蘭美古都「あ”?お前には関係ないだろうソレ」   (2023/8/30 00:00:53)

未知 導「………キミは………“こっちの話”………が……多い……ね………」   (2023/8/30 00:00:20)

蘭美古都「なんでもねぇよ。もう俺から言うことは何もねぇよ,ったく…こんな大事な時に…」(ボソッ)   (2023/8/29 23:59:08)

未知 導「……あいつ……………?」   (2023/8/29 23:58:09)

蘭美古都「…………“彼奴”がお前を守ってんじゃねぇの?知らんけど」   (2023/8/29 23:57:18)

未知 導「……なんで………生きてるのか………不思議………(普通に推理強いから)……まるで………“生かされてる”…………」   (2023/8/29 23:56:10)

未知 導「…そう………馬鹿………なんだ……よね……」   (2023/8/29 23:55:11)

蘭美古都「馬鹿だなお前」(超どストレート)   (2023/8/29 23:53:28)

未知 導「………才能を……忘れてたこと……忘れてた………」   (2023/8/29 23:52:30)

未知 導「……かすかだ、けど………分かる…………ボクは……超高校級の……っ……」   (2023/8/29 23:52:00)

蘭美古都「………と,言うと?」   (2023/8/29 23:51:54)

未知 導「ただの……教室なら………どうして……血の匂いが、する………」   (2023/8/29 23:50:02)

蘭美古都「あ”?お前ふざけんな,こっちはお前に構ってる暇はねぇんだよ。あとなんだよその渾名。そしてそのまま散れ。」   (2023/8/29 23:49:55)

未知 導「………蘭……目が死んでる……から……“絶望くん”(あまりに的を得たあだ名)……で……」   (2023/8/29 23:48:54)

蘭美古都「さっきから聞いてばっかだなお前。…チッ,蘭美古都。見ての通りここはただの教室だ。…もう良いだろ,俺は今すぐ一人になりたい」   (2023/8/29 23:47:13)

未知 導「…………ここは………どこ?………キミは……誰…?」   (2023/8/29 23:45:42)

蘭美古都「……黒幕……あ,そう。俺?何にもしてねぇよ(強いて言うなら綾辻を殺すようにクロを作る準備中だけど)」   (2023/8/29 23:44:16)

未知 導「………キミ……は……?」   (2023/8/29 23:43:11)

未知 導「……………今……黒幕を……暴いてる、途中……」   (2023/8/29 23:42:20)

蘭美古都「こっちの話だ。……まぁ話をきこう,お前。さっきまで何をしていた?」   (2023/8/29 23:42:02)

未知 導「なる……ほど………?」   (2023/8/29 23:40:49)


更新時刻 14:40:17 | 過去ログ | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい