ミナコイチャット

「【設定部屋】月明かりの下で【月桜・銀狼】」の過去ログ

現在のルーム
過去ログ一覧
タグ 月明  設定部屋


2020年02月05日 17時32分 ~ 2020年02月13日 19時49分 の過去ログ
過去ログでは上から下の方向に発言を表示しています

おしらせ参加希望 .さんが退室しました。  (2/5 17:32:06)

おしらせ山椒:3人目さんが入室しました♪  (2/5 19:44:17)

山椒:3人目【名前】夜桜 雪(ヨザクラ ユキ) 【年齢】16 【性別】女 【種族】人間 【学年】1年 【役職】銀狼隊:戦闘部 【性格】心優しくお淑やか。ド清楚。照れ屋で褒められたりすると、すぐに顔を真っ赤にする。 真面目で授業もしっかり受けるし無遅刻無欠席。だが少しドジな所があり、早とちりしがち。 誰にでも敬語で接するが、決して自分を卑下しているとかそういう訳では無い。 普段はそんな風に、明るくて可愛らしい性格なのだが、敵と見なした相手に対しては冷酷でクールな態度を取り、敬語も解ける。ただ早とちりして敵じゃない人を敵と間違えたりする。仕事とプライベートとは完全に隔絶させているので、そのギャップに驚かれたりもする。 あまり耳を人に見せようとしない。 【容姿】肩まで伸びた少しくせっ毛の白銀の髪に黄色の瞳。幼い顔立ちで身長も147cmと小さい。だが何より特徴的なのが頭の狼の耳。他のところは全て人間なのに、耳だけ狼の物になっている。所謂獣耳っ娘だ。服は制服の黒セーラーで、革靴に黒タイツ。黒い中折れ帽でいつも耳を隠している。   (2/5 19:44:24)

山椒:3人目【能力】『空間確信能力』まるでレーダーのように自身の周りの事が手に取るように分かる。分かる情報は、部屋やその中の物の形、その中にいる生体反応等。原理はソナーのように音波を反射させて読み取っている。それから、部屋の中ではなく開けた場所なら、半径100mの範囲まで有効になる。ただこの能力を使うには深く集中する必要がある。   (2/5 19:44:49)

山椒:3人目『獣人化:狼(トランスビースト・タイプウルフ)』狼の獣人、及び狼になれる。耳が狼なのはこの能力の影響で、第四段階まである。第一段階→いつもの状態。耳が生えてるのと鼻が良いだけ。足早め 第二段階→爪や牙が鋭くなり、更に鼻が利くようになる。足も更に早くなる。そしてもっふもふの尻尾が生える。 第三段階→全身から狼の毛が生えてフサフサになる。足はもう通常の人間では追えないくらい早くなる。鼻もかなり効くようになり、目を閉じて空間確信能力を使わなくても、ある程度戦えるようになる。見た目は正に狼男の女の子バージョン 第四段階→喋る狼になる。 成長すれば第零段階が使えるようになるが、彼女はまだその域に達していない。 第零段階→耳も人間の物になり、人間と瓜二つになる。ただ鼻がそれなりに効くだけで、もうこの状態だと人間と区別が付かない。   (2/5 19:45:06)

山椒:3人目【武器】銃(拳銃、マシンガン、ライフルなんでもござれ。いつも拳銃一丁、右脚にホルスターをつけて、スカートの中に仕込んでいる) 【CV】「夜桜 雪です!よろしくお願いします!」「仕事も大事ですけど、ちゃんと勉強もしなきゃダメですよ?」「え!?帽子、ですか?いやそれはちょっと……」「何をやっているのか知りませんが、ここは立ち入り禁止です、即刻立ち去りなさい。」「3つ数える内に決めなさい。情報を吐くか、眉間に穴を開けるか。3…、2……い…ようやく吐きましたか。」「くっ…!…こうなったら応戦するしか……」   (2/5 19:45:47)

山椒:3人目【備考】戦闘部に回ってくる仕事の中でも、暗殺等を専門としている。銃全般を扱えるガンナーだが、特にスナイパーとしての狙撃は一級品で、走る新幹線に乗るターゲットを一撃で仕留める程。 そのよく目立つ狼の耳は人間社会では気味悪がられ、親は個性だと言ってくれていたが、小学校に上がった頃から、徐々に周りにも気味悪がられ初め、いじめを受ける。小学校半分と中学校は不登校だったが、勉強はしなきゃと家で勉強して月桜学園に入学する。その経験から、耳を見せればまた気味悪がられるのではと言う不安を抱えているため、何時も帽子をかぶっている。 この耳のことは、一部の友人や、教師にしか話していない。   (2/5 19:46:01)

おしらせ山椒:3人目さんが退室しました。  (2/5 19:46:17)

おしらせさくら 3人目さんが入室しました♪  (2/7 01:32:32)

さくら 3人目【名前】ミセル・ミラージュ【年齢】16【性別】♀【種族】人間【学年】1【役職】銀狼隊 支援部【性格】偉そうにしているがポンコツで、よく人に騙されるため常に金欠。元は月にある大企業のお嬢様。料理はド下手、勉強も運動もできない。が、剣術はそれなり。(特別強いという訳ではない。型が綺麗。)ヴァイオリンとピアノもそれなりに演奏できる。(楽器を買えないのでたまに音楽室で弾いている。)   (2/7 01:32:39)

さくら 3人目【容姿】容姿は無駄に端麗。残念美人。金の長い髪をシニヨンにしている。瞳は水色。服の種類が無いためだいたいいつも家を追い出された時に着てたミント色のカクテルドレスを着ている。(長いスカートは重くて動きづらいからという理由で短く破った。)   (2/7 01:32:58)

さくら 3人目【能力】・ミセルを中心とした半径5km程に特殊な蜃気楼が発生する。(範囲内の"ミセルが仲間と思っている人物"には音楽が聞こえるらしい。音楽が聞こえた者は能力が体感1.3倍程になる。所謂範囲バフ。/その他範囲内の音楽が聞こえなかった者にはただの現象としての蜃気楼にしか感じない。遠くの景色が違って見え、物体が浮き上がって見えたり、逆さまに見えたりする。)・血液から偽装通貨をつくれる。(出来はすごくいい。/量により金額が変動。人間のものじゃなくても可。/ミセルはこの能力をあまりよく思ってない。)   (2/7 01:33:33)

さくら 3人目【武器】レイピア(小さい頃お父さんにもらったらしい。/細身で装飾がやたら豪華。) 【CV】「うぅ…私だけこんな扱いはあんまりですわ!」「ふふん。私がすごいのは当たり前ですわ。もっと敬うのです。」「こ、このままじゃパンすら買えませんわ…。」「(敵を前にして)慈愛の欠片もない輩、恥を知りなさい。」【備考】とある人形の元雇い主の家にいた。/どこかに姉がいるらしい。/種族の違いには寛容。   (2/7 01:33:52)

おしらせさくら 3人目さんが退室しました。  (2/7 01:33:56)

おしらせさんが入室しました♪  (2/7 19:26:45)

【名前】オスクリタ【年齢】見た目は10代。【種族】堕天使【性別】不明 【学年】1年1組 【役職】担任 【性格】大人しく常にテンションは抑えめであまり感情を顔に出さない性格をしている。記憶力が少しだけ乏しい。 たまに天使の時の名残か悪魔の前では冷たい反応をする。 好きになったものには依存しやすいせいか死ぬまで面倒を見てくれるが誰にも会わせてくれない。 【能力】見たものの能力を使わせないようにさせる。 瞬きをすると解ける。 【武器】スタンガンをいつも持っている。たまにだが銃も持っている。   (2/7 19:27:12)

【容姿】目は綺麗な青色で紫色の髪の毛でピンク色のメッシュがあり肩まで髪があり髪を纏めている。左頬に青色のスペードのタトゥー、右頬にハートのタトゥーがついているがガスマスクをつけているせいかあまり見えない。 ズボンはダメージジーンズで白色の変なことが書いている服の上に黒色のジャージを着ている。 黒色の手袋をしている。 太ももの方に青と赤のスペードのタトゥーがあるが包帯で隠している。 【SV】 「・・オスクリタ。よろしく。よろしく・・ね。」 「君のことは好きではないよ・・うん。嫌いでもないけど・・・」 「・・・君、誰だっけ・・ごめん。忘れた。」 「ウンウン。声が不思議ってよく言われる。本当に失礼。」 「・・・これを取れって?それは聞けないかな。ごめん。」 「本当・・・?くれるの?・・・嬉しい。」 【備考】肉声で喋ることはなく、口元の機械から発する音声によって会話を行う。なぜそう言った話し方なのかは本人は話したくないらしく大切な人に聞かれたって話さない。 悪魔は嫌いで本当は話したくない。天使はもっと嫌い。 目薬をいつも常備している。   (2/7 19:27:46)

おしらせさんが退室しました。  (2/7 19:27:53)

おしらせ参加希望さんが入室しました♪  (2/8 00:36:46)

参加希望(( 名前通りの者ですー。設定失礼します!   (2/8 00:37:16)

参加希望【名前】Shipe=Cauchemar(シープ=コシュマール)【性別】女【学年/年齢】2年(2ー3)/実年齢は3桁ほど。【種族】羊のような姿を持つ悪魔【容姿】両サイドを胸元まで伸ばし、最終的に腰まで伸ばした紫混じりの銀髪ロングで、毛先にカールが掛かったタイプの癖っ毛。そして常に眠たそうな紫色のタレ目。特徴として尖った耳と、羊の様に渦巻いた金色の角、加えて長く、先端に兎の様な丸みを帯びた白い毛束が付いた尾を持つ。服装はストライプ模様の入った白いブラウスに黒いリボンタイと同色のコルセット、下は黒のショートパンツに同色のブーツとタイツを着用。スタイルはちょっとむっちr、否、もっちり気味で色白。指摘すると角で頭突きをしてくるぞ! 身長は160cmほど。【性格】基本的には温厚で、口調もどこかのんびりとしたタイプ。比較的誰に対しても友好的であり、のんびりとした態度で接する。危機感はあるようで無かったり、あったり。   (2/8 00:37:52)

参加希望【役職】生徒【能力】『悪夢の羊』簡単に表すなら「幻術」 軽く物を隠して誤魔化す程度のものから、対象相手の恐怖になる物を見せる事で発狂させたり、最悪の場合恐怖によりショック死させる等のレベルまで自由自在。使用している際は瞳が輝き、長時間の使用や過度の使用は一時的な失明を引き起こす。使用条件としては「対象人物と目を合わせている事」が条件であり、此方が目を閉じていたり、覆われていたりする場合は発動しない。/『羊の魔』羊の様な使い魔を召喚する。外見はややデフォルメされた真っ黒な羊そのもので、サイズは使用者のみ自由に変更可能であり、数も自由。もっぱら移動用か、枕がわりとして使用される事が多い。非戦闘故に攻撃性は全く無い。【武器】黒い漆黒の大鎌。ただ、使用する事は稀。   (2/8 00:38:18)

参加希望【委員会/部活】保健/無所属【備考】眠る事が大好きな悪魔。天気が良い日は日当たりの良い場所か居心地の良い寝ている事が多い。好きなものは寝る事と楽しい夢。特に老若男女問わず、楽しい気持ちや恋の夢は「甘くて美味しい」との事。逆に悲しかったりと負の感情が多い夢は苦いらしく、怒りの感情が詰まった夢は辛いんだとか。ちなみに普通の食物でも栄養を摂ることは出来るため、頻度としては2〜3ヶ月に一度程度で十分。因みに普段は人間の姿をしているが、本来は全身に目が付いた羊の姿をしている。【SV】「 んん、眠いんだってばぁ..........もう..........! ..............ぐぅ......。」「 貴方の夢、美味しそうだねぇ。一口だけで良いから味見させて? 」「 もぅ、誰?、私を起こしたのは.......折角良い夢を見てたのに.........。」「シープだよぉ、宜しくね?」「悪夢ぅ?、悪いけど対象外なんだ、処理は専門の人に頼んでよぉ...。」   (2/8 00:38:52)

参加希望(( 何か不具合等あれば修正します....!   (2/8 00:39:14)

おしらせ参加希望さんが退室しました。  (2/8 00:39:16)

おしらせ3人目/くなさんが入室しました♪  (2/8 13:07:13)

3人目/くな【名前】リベル ゼルレッタ【年齢】17【性別】女【種族】魔法使い(人間)【学年】2年1組【役職】銀狼隊戦闘部【性格】根は真面目な努力家だが、それを見せない美学を持っている、元気があり堂々と胸を張り弱い所を見せない優等生気質、だが所々うっかりが目立つ事もある。【容姿】肩甲骨辺りまで伸びた黒髪に少し青みがある黒の眼、顔は整っておりモデルのように綺麗、服装は黒セーラーに黒タイツに腰に魔力を通しやすい黒の杖をつけている【能力】四大元素魔法 彼女には水、風、火、土の魔法を使えるのだが工程を挟まなければ行けない、水は〇、風は▽、火は✕、土は□をなぞるように空中に書き、どう作用するかをはっきり想像して発動する。基本魔法を射出する戦い方で何かを創造したりするのは得意ではない。工程を挟む分威力や範囲は絶大、魔法陣のようなサインは彼女の親、もっというと先祖が簡易的に発動出来るように努力した結果。水や土等は元からあるものを利用し効果を倍増させることも出来る、魔法で生み出したものは一定時間立ったり自分が魔法維持をやめることで消滅する   (2/8 13:07:39)

3人目/くな【武器】杖に任務等によって油やスタンガンのように魔法を相性がいい物を用意する【CV】「よろしく!私はリベルゼルレッタ、好きなように呼んでちょうだい」「本当、先祖には感謝してるわ、事細かく魔法陣をわざわざ書くなんてとてもじゃないけど戦えそうにないもの」「この炎、貴方に耐えれるかしら!」「はぁ...はぁ...やっぱり、体力いるわね...って...ちょっ....いつの間に見てたのよ!!おっ...乙女の努力は見て見ぬふり、見てもさっさと立ち去りなさいよぉ!」【備考】 彼女はその容姿からよく綺麗だとか言われるが本人としては可愛らしい、の方が嬉しい。水の延長線で氷を発現出来ないかと模索もしているが先代が見つけられなかったものを見つけられるのか、という疑念もある。   (2/8 13:07:59)

おしらせ3人目/くなさんが退室しました。  (2/8 13:08:23)

おしらせグレー/Chrono Nova/1年 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/8 13:58:36)

おしらせグレー/Chrono Nova/1年 ◆SD0cSrI9e6さんが退室しました。  (2/8 14:03:02)

おしらせグレー/二人目 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/8 14:03:15)

おしらせグレー/二人目 ◆SD0cSrI9e6さんが退室しました。  (2/8 14:18:06)

おしらせグレー/二人目 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/8 16:41:38)

グレー/二人目((ようやくできた…   (2/8 16:41:44)

グレー/二人目【名前】天谷 雹【年齢】人間で16程度。実年齢は160歳【性別】男【種族】鬼【学年】1年【役職】銀狼隊戦闘部【性格】明るい性格でありながら、常に状況を考えて最適な行動を出すよう心がけているらしい。Chronoの前では優しい兄となり、ご飯を分けてやったり、何か楽しいことがあったら嬉しそうに話すなど、とても楽しそうだ。また、甘いものが大好物であり、甘いものを与えてやるととても嬉しそうに喜ぶ。   (2/8 16:44:29)

グレー/二人目【容姿】角が生えており、その角の色は水色である。髪の毛はその角の色と同系統である藍色であり、かなり目立つ。瞳は青色で、顔は人間の年相応の顔つきだが若干童顔気味。肌の色はかなり白い。所謂色白。身長はChronoより5cm小さい165cmであり、当人は「まあ、まだ成長期だから多分伸びるさ。」と、言っているそうだ。制服は、しっかりとした式典のときは着用するが、基本的には藍色のスポーツウェアを身にまとい、動きやすさを追求しているそうだ。また、黒色のスポーツ用タイツを穿いており、その上に半ズボンである。本人いわく、「これが一番動きやすい!」とのこと。また、手に篭手を身に着けており、これで基本的には戦うそうだ。要は基本的に半袖半ズボン、それと黒のタイツである。   (2/8 16:44:53)

グレー/二人目【能力】1.氷を作り出す能力。これを使って武器を作り出したり、純粋に塊を作り出したりなどもできる。サイズは自分の身長の5倍までの大きさまで作り出すことができる。また、この応用で、敵を氷漬けにして無効化することもできる。また、これも応用だが、普通の武器に氷属性を付与することもできる。2.彼自身の身体能力を5ロルだけ倍増させる能力。これは彼の本気であり、その際に目の色が左目だけ赤色になり、そこから鬼のオーラを放つ。5ロルだけ…としたが、鍛錬によってはそれを少しづつだが、増やすことができるかもしれない。ただ、それは何百年とかかるのだろうが。【武器】通常武器は拳。しかし、能力で双剣などを作り出すこともできるそうだ。また、彼の鬼としての力を利用して、両手剣を片手で振り回すこともできるそうだ。しかし、「一撃が遅くなるから嫌だ。」という理由で普段は双剣にしているようだ。   (2/8 16:45:31)

グレー/二人目【CV】「やあ!俺は天谷 雹!鬼だけど普通に接してくれたら嬉しいよ!」「俺はChronoを本当の弟のように思ってるぞ?」「行くぞ!Chrono!!」「はぁー…甘いものが食べたい…」「俺はニンゲンとかの他の種族でも大好きだ!面白い奴らだからな!だからこの学校はとても最高だ!!」【備考】彼とChronoは義兄弟の契りを交わしており、そのつながりは5年前から続いているそうだ。   (2/8 16:45:45)

おしらせグレー/二人目 ◆SD0cSrI9e6さんが退室しました。  (2/8 16:46:23)

おしらせグレー 天谷 雹/一年 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/8 16:54:01)

おしらせグレー 天谷 雹/一年 ◆SD0cSrI9e6さんが部屋から追い出されました。  (2/8 16:55:35)

おしらせグレー/天谷 雹/1年 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/8 16:55:35)

グレー/天谷 雹/1年((読み方はあまや ひょうです!   (2/8 16:56:07)

おしらせグレー/天谷 雹/1年 ◆SD0cSrI9e6さんが退室しました。  (2/8 16:56:10)

おしらせ御神楽神威/竜胆さんが入室しました♪  (2/9 20:36:03)

御神楽神威/竜胆【名前】御神楽神威(ミカグラカムイ)【年齢】17【性別】男【種族】人間【学年】1年【役職】なし(銀狼隊や部活・委員会に入る可能性大)【性格】傲岸不遜で異質。全ての物事の判断基準を『面白いかどうか』に置いており、良く口癖として『つまんねえ』と『おもしれえ』と言う。一般常識は持ち合わせているが、敢えて守らず破ることも多い。嘘をつくことを嫌うため、思ったことは素直に言うし悪口も言う。しかし損得勘定はあり、それ等の行動で不利益が生じた場合はその相手に対し、その分だけの願いを聞くこともある。そんな彼が求めているのは『未知』。それは戦闘でも恋愛でも友情でも悲劇でも喜劇でもいい。それを得る為ならば彼はどんなこともする。   (2/9 20:36:19)

御神楽神威/竜胆【容姿】尖った金髪の髪に、青い碧眼。頭には黒い淵と白い中心線が入り、右耳当ての部分には七色のボタンが仕込まれ、左耳当ての部分には長方形の小さなデバイスが仕込まれたヘッドフォンをしている。学生服を主に着ているが、着崩しており改造されている。全身には鉄板など、体を守る物を仕込んでおり、靴も鉄板靴。それを四六時中付けており、肉体は鍛えられている【能力】『超解析力(ハイパーセンス)』(能力というより才能の延長線上。言い換えるのなら、世界中を廻った影響で元々優れていた観察眼が能力の領域まで昇華したもの。一言でいうならば『目がいい』。人の本質、隠された性格。事件の全容、違和感の正体などを解析し理解する力。ただし能力などの多様すぎるものごとに関しては断片的にしか解析できない。彼の眼に見られた対象はまるで体内を直接見られている様な不思議な感覚を味わうだろう)『連撃絶音(ヘッドフォン=アンセム)』(ヘッドフォン、及びその左右のデバイスとボタンを駆使した能力。聞いた音楽の種類によって身体能力を大きく変化させることができる。   (2/9 20:36:52)

御神楽神威/竜胆ロック系を聞けば身体能力が向上し、透き通った綺麗な歌を聞けば回復し、ラップを聞けば反射神経が、アニソンを聞けば限界を超えられる。あまりにも多様な能力の為彼はそれをヘッドフォン型の演算装置で補助しており、七色のボタンは所謂効果を発動させるための『ショートカット』。デバイスは七色のボタン含め流す音楽や音量などヘッドフォンの総てを司る。また、これを利用することで音を爆音で放ち衝撃波なども放てる)【武器】『音響笛(リコーダー)』(普段はポケットなどにバラバラにして入れている武器。ヘッドフォンとブルトゥース接続することで利用することが出来、そこから音を発生させて衝撃波による多段攻撃を仕掛けられる。その他音を拡大させることで味方まで能力の効果の一部を与えることもできる。しかし、ヘッドフォンと肉体だけでは行えない繊細な音の操作を行うことが真価であり、リラックス効果のある音を流すことで相手の気分をダウンさせたり、脳波に干渉して擬似的な洗脳なども行える。なお、神威はこの武器が苦手なため基本的に使わない。宝の持ち腐れである)   (2/9 20:37:03)

御神楽神威/竜胆【CV】『ミカグラカムイ。よろしくしよう、ぜひ俺に未知を齎してくれ』、『透けて見えるぜお前の魂胆』、『センスが足んねえな、間抜け。いいぜ、俺が戦術をレクチャーしてやるよ』【備考】父親由来の『大概何でも出来てしまう才能』に恵まれており、それ故に自分を超える存在を育成しようとしている節がある。故に彼は出会う人々全員に能力を問うだろう。   (2/9 20:37:15)

おしらせ御神楽神威/竜胆さんが退室しました。  (2/9 20:37:57)

おしらせ風音/2人目さんが入室しました♪  (2/9 23:41:48)

風音/2人目【名前】タニカゼ・オズ・マーリン【年齢】22【性別】♂【種族】人間(魔法使い)【クラス】3年3組【性格】笑ったり、怒ったりする感情を見せるが見せるだけで本当はどう思っているのかわからせないような空気のように掴みどころのない性格。基本的に女の子が大好きである。よく胸元とか太ももとか見ているしすべすべした肌を舐めるように見ている。それはむしろ趣味の領域。だからといって別に女の子以外に冷たく接するというわけでもあまりなく、多少あしらったりするものの普通に会話を行う。楽し気に会話をするもそれが本心なのかどうかは分からない。あまりまじめな性格ではない事がいざ本気を出せば最上級で仕上げる。   (2/9 23:42:32)

風音/2人目【容姿】身長178㎝ 紺色の長い髪を前にたらんとたらしている。目元は髪で基本的に隠れているがキリっとした蒼い瞳をしている。口元はパーカーの襟を立てて上まで閉じ、顔がほとんど認識できない。そして白いローブをフードを被って着ているので中がどんな服装かも他の人からは分からない。黒色のすこしダボっとしたパンツにブーツを履いている【能力】エレメントマスター「AIR」 気体を操ることが出来る魔法能力。空気の操作から無から気体の発現まで「風魔法」と呼ばれるようなものは大抵行うことが出来る。能力の範囲はそれぞれの動作で異なり、簡単な操作であれば半径50mは支配可能。気体の発現は手元から行うため半径1mほど。また、彼によって「AIR」の能力は強化されているため能力2つ分として働く。【武器】木製の大剣。神聖な木で作られたこの世界に1本しかない剣…と彼は言っている。その他には色んな物質が入った小瓶を隠し持っており、用途によって使い分ける。【CV】「俺は魔術師だよ。よろしくね!」「君可愛いね!名前なんて言うの?俺とデートしようよ!手握っていい?」「お願いですぅぅ!!俺とデートしてください!!1回だけで良いんでええぇぇ!!!」   (2/9 23:44:22)

風音/2人目【備考1】この学園に来たときは、4つの属性を扱えていた。しかし、中途半端に全て扱えるよりも1つを完全に突飛させるほうが良いと彼は判断した。この在学中、火、水、土の魔術回路を断ち切り、風の魔術回路へと直通させることによって計り知れない風の適性を手に入れた。その時点で彼は普通の人間ではなく「魔法使い」として種族を変化させた。同じく気体を操る者が居たとしても生半可な能力では彼によって支配権が上書きされてしまうだろう。また、1つしか魔法が使えないということは能力の応用によってほとんど分かる者は出ない【備考2】卒業しようと思えばいつでも卒業できるのだが、あえてあと1単位残してずっとこの学園に残り続けている。この学園に残っているほうが楽しいし社会に出て真面目に働きたくないし何より合コンとか行かなきゃ出会い無いじゃん!!との事。一見不真面目に見える彼だが、この学園で能力や魔術についての研究する事自体が社会的に大きな実績であり、博識で魔術についての論文も多く書いている彼はここに残っている意味があった。また、あまり教室におらず理科室に籠っていることもあり、たまにすれ違う生徒からは先生と見間違えられる事も…   (2/9 23:44:31)

風音/2人目((長々と失礼しましたー!   (2/9 23:44:50)

おしらせ風音/2人目さんが退室しました。  (2/9 23:44:57)

おしらせ白波さんが入室しました♪  (2/10 02:16:54)

白波失礼します   (2/10 02:17:17)

白波『設定』【名前】東屋 静(アズマヤ シズ)【年齢】16歳【性別】女【種族】人間【学年】1年【役職】なし【性格】楽しいことが好きで一人が苦手。機械いじりが好きで多分友達が出来たら一番に話すのは歯車が動く姿や機械の動く音の魅力。歌を歌う事も好きでジャンルは大体はどのジャンルでも大丈夫。高所恐怖症で高いところに行くと手の震えが止まらなくなって頭痛や吐き気がする程。他者を騙してこその勝利、他者を蹴落としてこその喜びという考えを持っていたりもする   (2/10 02:32:20)

白波【容姿】身長162cm髪の色は白色で腰ぐらいの長さがあってポニーテールにしている。目は藍色で左目を失明していて前髪で左目を隠している。制服の中に紺色のパーカーを着ていおり、黒色の大きめの工具箱を日々持ち歩いている。【能力】『マホウの工具箱』普段持ち歩いている工具箱は持ってみると軽く、中を見てみると底が見えない。だがこの工具箱は必要なときに道具を出して助けてくれる。スパナを取り出して投げたりペンチで何かを挟んだり…この能力の使用中は失明している左目を開いており、その目は深紅に輝いているという。取り出しすぎると息が苦しくなっていくので注意が必要。武器は工具箱から出してくるスパナやカナズチ等   (2/10 02:50:17)

白波【CV】『こんにちは!こんな私に何か御用ですか?』『あっは!いいね、その顔!裏切られた気分はどうかな、憎いかい?なら憎んでくれて良いよ!』『え、この工具箱?………気にしないで、私の一部だと思ってくれればいいから…うん』   (2/10 02:53:54)

白波すみません、こんな感じで宜しいのでしょうか…?記入忘れあれば追加します…   (2/10 02:54:34)

おしらせ白波さんが退室しました。  (2/10 02:54:40)

おしらせ鶏/追加さんが入室しました♪  (2/10 14:23:18)

鶏/追加(( シープちゃんのお姉さんできたんで追加!   (2/10 14:23:29)

鶏/追加【名前】Goat =Cauchemar(ゴート=コシュマール) 【年齢】四桁ほど。【性別】♀【種族】山羊の姿を持つ悪魔【役職】図書室の司書【性格】自分にも他人にも厳しく、悪魔の癖にストイックで真面目。軍人の様な口調が目立つが、決して前職が軍人だったとかそういう訳ではない。妹にはやや甘めだとか。【容姿】淡いアイスブルーのつんつんとしたタイプの癖っ毛なウルフカット、長さは肩甲骨下まで。瞳は妹とお揃いな紫の切れ長なつり目。尖った両耳、外側へ曲がった山羊タイプの角と、先端に毛束が付いた三股に分かれた長い尾が種族としての特徴。身長は170cmと高身長、そして妹と同じくむっち、否、ナイスボディで色白。服装は首元まで覆う黒のノースリーブなフリルブラウスに緑のネクタイ、ちょっとスリットの入った白のタイトスカート、白地に黒でストライプの入ったニーハイとガーターベルト、そしてその上に袖口が広く、ゆったりと広がったタイプの裾が膝まであるロングな深緑色のジャケットと指抜き加工のされた黒い肘までの手袋を着用。靴は黒いピンヒールのショートブーツ。その他、左目にはモノクルを装着。   (2/10 14:25:13)

鶏/追加【能力】「黒の創書」/彼女の得た知識や記憶が本という形になった物。ぱっと見は彼女の側で浮いている、黒革に銀で装飾のなされた本。彼女が新たに知識を得る度に頁も増えていき、そのサイズも彼女のみが自由に変えられる。豆本と呼ばれる様な小さいサイズから通常の本、辞書の様に分厚いものから図鑑の様に大きいサイズのものまで自由自在。彼女でなくとも読む事は出来るが、その場合は白紙のページになる為、見ること自体は可能だが、読む事はできない。とてつもなく頑丈である為、たまに彼女が椅子代わりにしている。「咎人の鎖」/黒い鎖を自由に生み出し、操作する事が出来る。伸ばせる範囲は自分の周辺から1m程まで。相手を拘束したり、釣り上げたり、逆に器用に絡ませて固める事で椅子の様にするなど、使用法は自由。強度は通常の鎖と同じであり、材質も鉄である事に変わりはない為、炎や極度に強い力には弱い。   (2/10 14:25:39)

鶏/追加【武器】能力の鎖、本(主に角)【CV】「 ゴート=コシュマールだ。____いいか、気安く呼ぶんじゃないぞ。」「 私は、言った筈だ、本の返却期限は守れと。聞こえなかったのか?」「 あぁ、もう、こらシープ!勝手に人の膝で寝るんじゃない!」「 勉学に励むのも結構だがな、もうとっくに帰宅時間は過ぎているぞ。君のご両親が心配するから早く帰りたまえ。これ以上は幾ら私でも大目には見きれん。」【備考】本の返却期限にはクッソ厳しい図書室の主人。たまに、彼女の膝で妹が寝ている光景が見られるとか見られないとか。基本的に厳しいが、勉強に励んでいる生徒には多少は残っていても大目に見るなど、ちょっぴり優しい点も。妹と違って夢は食べないが、代わりに強い感情や欲を糧とする。本来の姿は全身に目が付いた三股の尾を持つ黒山羊。好物は楽しさと頑張る人の感情、嫌いな物は返却期限を守らない者と汚れた場所。   (2/10 14:26:30)

鶏/追加(( 本の角チョップが得意な司書さんです、宜しくお願いしまっす!!!不備等あったら修正(以下略)   (2/10 14:27:32)

おしらせ鶏/追加さんが退室しました。  (2/10 14:27:37)

おしらせオスクリタ:1年/蘭さんが入室しました♪  (2/10 19:26:30)

オスクリタ:1年/蘭【名前】ルーチェ 【年齢】4桁は必ずいっている。オスクリタよりも数百歳はいっている。 【性別】女性【種族】天使 【役職】教頭 【性格】大人しく真面目でとても優しい性格をしているがそれは演技で本当はとても暴れん坊でとても暴力的な発言が多く非常に自分よりも劣っているものには興味が全くと言っていいほどなく戦闘狂で戦闘の時に素の性格をとても出している。同情などの感情が嫌いだがいつもは出ないようにしている。 人や堕天使や悪魔のことが嫌いで触りたくない。 妹のオスクリタがとても嫌いで壊したいぐらい嫌い。 【容姿】紫色の長い髪の毛で瞳は赤色に近いピンク色でいつもは普通の目だがハートの目をしている。薔薇の髪飾りをしている。 白色の上品なロリータの服を着ていて白色のニーハイを履いていて茶色のロングブーツを履いている。 いたる所に包帯を巻いているがいつも服で隠れている。 あまり人に触りたくないので黒色の手袋をつけている。 翼はとても大きく4対の翼でとても綺麗だがいつもは隠している。 https://picrew.me/share?cd=uxeLUF3GNO   (2/10 19:26:34)

オスクリタ:1年/蘭【能力】存在するものを作る能力。 確かに存在するものなら作れるがそれは武器や兵器限定。 一日にでかいものは1回しか作れないが小さいものは何個でも作れる。 【武器】白色の綺麗な弓と手榴弾を持っている。 【CV】 「こんにちわ。私はルーチェ。こう見えて天使なのよ?」 「オスクリタ・・・その名前を出さないで。お願い。」 「え!?大丈夫ですか!?あわゎゎ・・保健室に行かないとですね・・」 「バレたんじゃ仕方ないねェ・・。ルーチェだ。お前と仲良しこよしするつもりなど無い。触るな。」 「ア゛ァ゛!?今、なんつった!?」 「オスクリタは神を裏切ったものだァ。自分の妹だからって裏切ったら殺したくなるだろォ?」 【備考】 オスクリタの姉。昔は仲が良かったがあることを切っ掛けに仲が悪くなった。 武器をつくって敵を薙ぎ倒すことなんて日常茶飯事。 女性で天使とは思えないほど力はとても強い。   (2/10 19:26:50)

オスクリタ:1年/蘭((なにか不備があればお申し付けください。   (2/10 19:27:08)

おしらせオスクリタ:1年/蘭さんが退室しました。  (2/10 19:27:10)

おしらせグレー/3人目 ◆SD0cSrI9e6さんが入室しました♪  (2/10 20:57:18)

グレー/3人目【名前】Amanes Siva(アマネス シヴァ)【年齢】人間の16歳相当(実年齢は200歳)【性別】女【種族】エルフ【クラス】1-3【役職】銀狼隊戦闘部(生徒)【性格】一言で表すならば、「凛としたエルフ」。常に平常心であり、どんなことがあっても平常心のままクールに対処する。その様子は戦闘時も変わらない。しかし、恋に対してはかなり純粋な乙女心を持っており、照れるときは照れる。しかし、その様子は普段はあまり見せないため、そのギャップにとても驚く人もいるようだ。しかし、それを見ること自体珍しいことだが…【容姿】黒髪で形まで髪を伸ばしており、耳は尖っている。また、瞳は紫色である。肌は肌色で、日本人の肌感もある。服は黒のタイツを穿いており、スカートはフレアのミニ。そして、幾何学模様が描かれている。上は黒のポロシャツを着ている。   (2/10 20:58:34)

グレー/3人目【能力】1.自己超再生能力。軽い切り傷ならばすぐに治療してしまい、骨折であっても2、3日で回復してしまう。2.炎を操る能力。純粋に武器に付与したり、相手に飛ばしたり、自分の体から噴射させたりもできる。また、能力の応用で、銃の威力を底上げすることもできる。【武器】グロック18を二丁と、サバイバルナイフ一本。【CV】「私はAmanes Siva。よろしく頼むわ。」「私の能力は『復帰力』と、焔よ。」「そ…そんなことを言われても…!!///」「今日はバレンタインよね…?これ…貴方に作ったのよ…できたら…食べてくれないかしら…?///」【備考】特になし!!   (2/10 20:58:38)

おしらせグレー/3人目 ◆SD0cSrI9e6さんが退室しました。  (2/10 20:59:08)

おしらせ参加希望で胡坐候さんが入室しました♪  (2/11 16:31:52)

参加希望で胡坐候(( ウェーイ、参加希望デース。設定投下失礼しますす   (2/11 16:32:16)

参加希望で胡坐候[ 名前 ] 九重 アベル /ココノエ アベル [ 年齢 ] 41 [ 身長 ] 180cm [ 属性 ] タチ [ 性別 ] ♂[ クラス ]無 [ 役職 ]教師&監視役 [ 種族 ] ホムンクルス(多種族)   (2/11 16:32:31)

参加希望で胡坐候[ 性格 ] 楽観主義でその日その日が楽しければ良いやんって考え。 一応頭等は良いが発言が馬鹿っぽい為知能が低い奴に見られがち。 真剣に恋愛とかをしたいがすぐにヘラヘラっとしてしまう為友達以上恋人未満でだいたい終わる。 セクハラ主義、親御さんに訴えられた数は数しれず、常に首の皮一枚の教師生活している。 女の子大好き、顔が可愛けりゃ男も抱ける、穴があればいいだろって考えだったりする。 よくヘラヘラしてたりクズ発言をしたりと問題点ばかり目立つがやる時はやるし真面目な時はとっても真面目で、オンオフスイッチの切り替えがちゃんとできる人。 基本的に誰とでも接し方は変わらないのでフラットで接しやすい印象は与えられる。 と、上記ではヘラヘラしたお気楽な奴という印象を与えたが、 本来はかなァ〜り闇が深い人間。 好きな人には子供のような独占欲丸出し、束縛も多めだったりするがなんとか隠してたりする、でも我慢が過ぎると爆発する。   (2/11 16:32:40)

参加希望で胡坐候[ 容姿 ] トゥルトゥルなまでな完璧なキューティクルの赤毛、とりあえず頭髪の量は多い。 髭を生やしており必ず5mmと決めている、伸びればすぐさま切って整える、襟足はかなり跳ねてたりする。 眉は凛としており、三白眼の瞳はグリーン。 肌は色々な血が混ざりすぎて褐色、カッコイイので本人は気に入っている。 歯はギザギザのギザ歯 白衣に白の手袋、黒いワイシャツに赤のベストに焦げ茶のベルト、白のスラックスに白寄りのグレーの蛇革。 白衣を着てなければホストですか?みたいな派手な服を大体着てる。 喫煙者、ところ構わずタバコ吸う、甘い匂いの香水キツめ。 鍛えてないが体バキバキ。 容姿:http://3dsc.me/chat/media/6fe45f3971427cbf169dd2e22f987f83.jpg   (2/11 16:32:54)

参加希望で胡坐候[ 武器 ] その辺の物適当にちぎって使う。 [ 能力 ] 1つ目ノ能力は監視役を任されるきっかけとなった、数百のフェロモンを操るという物。 フェロモンは全ての生物が本能的に感じる部分なのでとても強力、抗うのは少し難しいかもしれない。 人間に使うと鼻の奥にある鋤鼻器官という部分でフェロモンを本能的に感じる事ができ、これで血走った生徒等を鎮静化させたりなんだりする。 鎮静化させるならばその逆もできたりする、とりあえず自由自在、鼻を塞いでもあんまり意味は無い。 普段から弱いフェロモンダダ漏れなので鼻が利く人の為に香水をつけて何とか誤魔化してたりする。 2つ目ノ能力は活性化。 数百あるフェロモンとは少し違ったフェロモン物質。 例えば転んで膝を擦りむいたりしたら怪我した対象者に触れて怪我を治すスピードを早くするという物。 勘違いしては行けないのが治癒魔法とかそーゆーのでは無くあくまで怪我した本人の細胞等を活性化させて怪我の治りを早くするだけのもの。 全治1ヶ月の怪我を1週間にさせたりする程度。   (2/11 16:33:35)

参加希望で胡坐候[ 備考 ] 元は 『ぐへへ、世界を我が物に』とかいう悪い研究者によって作られたホムンクルス。 最初はただの人間として、第1九重が産まれたが、ただの人間では意味が無いとの事で、第2の魔人と人間の九重が産まれたが、肉体が耐えきれず異形の姿で出来てしまった。 そして何回も繰り返すうちに色んな九重が産まれた。 九重アベル は 記念すべき1111回目に産まれた完璧な九重。 完璧な知能、そして人類やその他種族を操れる完璧な力、そして完璧な身体能力。 他の種族を犠牲にして生まれた完璧な存在。 完璧な完璧で最高傑作。 そう言われ続けてきたが、自分が他の自分を見た時には発狂してしまい、会話なんて出来やしなかった。 そこから他のアベルから避難を受け続け心身共に病んでいき、他の アベル を皆殺し、研究者も殺した。 だがオリジナルの第1のアベルだけは生かして普通に生活させた。 顔は全然似ても居ないし、背丈も1番自分から遠かったからだ。 多分似ていたら自分が殺しただろう。 そうして自分は完璧な 九重 の 偽物として生きるようになる。 アベル は 自分でつけた名前、スペイン語話したりする。   (2/11 16:33:54)

参加希望で胡坐候[ Cv ] 「おら、さっさと席につけェ〜今日は変わりに俺が授業してやるからな〜感謝してよォ〜く聞くように。」 「ァ?好きなモンねェ、そんなの決まりきってんだろ?女と酒だよ!!!これさえありゃ後は何もいらねェナッ」 「ン〜?俺の色っぽサにノボセちまったかァ?まァ…仕方ねェ〜よなァ!!!俺ァダンディーで最高にカッコイイ色男だからよォ!!」   (2/11 16:35:53)

参加希望で胡坐候(( 後でお顔出しに参ります〜ではでは、長文失礼   (2/11 16:36:34)

おしらせ参加希望で胡坐候さんが退室しました。  (2/11 16:36:38)

おしらせ参加希望さんが入室しました♪  (2/11 18:05:34)

参加希望((参加希望です、不備があったらすみません!   (2/11 18:05:46)

参加希望【名前】竜崎 忠時(りゅうざき ただとき)【年齢】18歳【性別】男【種族】人間もどき【学年】3年【役職】無所属【性格】基本的には自由人で気分屋。あちらこちらに行く事がある。まあ、実質かなりフレンドリーでどんな人にでも仲良くなろうとしてる。何を考えているのかもよくわからない。後、自分の能力はあまり悪用されたくないと思っている。【容姿】金髪のショートヘアで前髪は目が隠れるほど長めだが真ん中に流している。目はちょっと大きめのタレ目で少し緑かかった銀色である。ちょっと笑えば鋭そうな八重歯が見える(噛まれると痛い)。肌は健康的な肌色。体つきは痩せ気味。白いワイシャツに青色のガーディガンを着ている、ズボンは黒い長ズボン、身を潜む時は黒いマント(中は青色をしている)物を着ている。靴は黒と白の色が入っているスニーカー。武器の双剣は片方が片方が緑色の刃、片方が青色の刃をしている。身長185cm。【能力】時を操ると空間を操る(それを合わせて時空を操る)【武器】いつも双剣を持っているが基本なんでも使っちゃう(落ちてる物は拾って使ったりする。)   (2/11 18:09:39)

参加希望【CV】「俺の名前は竜崎 忠時よろしく。あぁ…種族と能力はわけがあって伏せておくよ。」「やあ、俺に何かようかい?」「俺が何を考えているかって?んー…お菓子食べたいなぁかな?」「大丈夫、俺は世間を恨んだりはしないから。…絶対、にね……」「キミ、兄弟や家族はいるかい?」「そっか、いないのか…(いないと答えた場合)」「……いるんだね、ちゃんと大切にするんだよ(いると答え場合)」「……そろそろ、言わなければ行けないんだね…。俺は…俺は、遠い未来から来たパラレルワールドの住人だよ。」【備考】詳しい何年後は不明だが遠い未来でパラレルワールドから来た。例え過去を改変してもパラレルワールドが増えるだけである。彼が生きた未来はどんな状況かは現時点では不明。実は年齢はあくまで肉体年齢であり、実年齢は不明。何故人間もどきなのは祖先が場によって妖怪とも神とも言われる種族だからである。過去のミスによって今とは違って冷静によく考えて行動している。実は銀狼隊に入ろうかなと悩んでいる。   (2/11 18:09:59)

参加希望【能力の説明】時を操る→世間の時間を止めることは不可能。ただ一部の対象のものの時を操る事は可能だがまずは触れなければいけない。実は自分の体の時を止めている。なので不死ではないが実質不老になっている。(自分以外の生物には無効)他に時を操る事でスローにさせたり加速させたりもする。/空間を操る→場を広めたり、縮ませたりもする。そして、何も無い所から異空間を出したりもする。時と空間を合わせ時空になるとタイムスリップができる。普段は何気ない感じだが能力を使う事でかなり無理をしている。やり過ぎたら気絶したり、数日寝込んだりする。   (2/11 18:11:09)

参加希望((クラスは3年1組でお願いします。   (2/11 18:12:04)

参加希望((失礼しました   (2/11 18:12:09)

おしらせ参加希望さんが退室しました。  (2/11 18:12:11)

おしらせ竜崎忠時/3年/四季さんが入室しました♪  (2/11 18:22:50)

竜崎忠時/3年/四季((少し抜けてたところがありました。   (2/11 18:22:58)

竜崎忠時/3年/四季【容姿追加】水色の宝石を着いているネックレスがあり、左右の小指に右にはルベライトと言う宝石が着いた指輪、左はインディゴライトと言う宝石が着いた指輪である。他に服の中に隠しているが懐中電灯のネックレスがある。   (2/11 18:31:08)

竜崎忠時/3年/四季((失礼しました   (2/11 18:31:29)

おしらせ竜崎忠時/3年/四季さんが退室しました。  (2/11 18:31:31)

おしらせ参加希望さんが入室しました♪  (2/11 19:01:14)

参加希望【名前】 Cyan & Lebel (シアン︰ルベル)[型モデル︰ Reynold ・Wagtail (レナルド・ ワッグテイル)] 【容姿】限りなく白に近い毛髪、右目は髪で隠れ、その上顔のほとんどをガスマスクで覆っているが故に顔立ちは定かではありません。比喩ではなく肌色のはの字もない無機質な白い肌を持ち、質感は極めて人工的であります。※能力1により溶けることのないよう特殊素材を使用したパーカー、タートルネック、ズボン、ガスマスク等、全て黒色を基準としておりますが、ところどころ機械的とも言える蛍光色(青色)に発光している部分が見受けられます。(尚、赤色に発行している場合は〝エラーレート002〟なので取り扱い及び接触に充分な注意を払うようにしてください。) 【性格】極めて誠実。かつ実務的、その中に微かな愛情と揺るぎない正義をインストール済/〝欠点、彼は非常に優しすぎる 〟。【人格ソフトウェアに深刻なエラーレートが発覚】極め乱暴。下品かつ手の施しようがない圧倒的な狂気と自己中心的な性格が確認されている。迅速にアップデート及び修正を要請する   (2/11 19:02:08)

参加希望【能力】〝 残念ながら、あー……今回も失敗作だ。はは。いやあ、当初の目的はストレスに弱い人間と相反し、ストレスを受ければ受けるほど強くなるシステムを導入しようと考えていたのだがね。大まかに説明するならばそう、〝 0~10〟の数値があるとする。人間でいうところの心理的、外的ストレスを受け、それが10に近づけば近付くほど彼の体温は上昇する。熱いなんてもんじゃないぞ?ストレスレベルが10の時の彼は、鉄が水飴みたく焼け解けたり、物質は一瞬で真っ黒けっけの炭素化合物になる温度だ。それだけじゃあない。身体能力や洞察力、思考力、耐久性や五感も上がり、人並み外れたスーパーヒーローの完成ってね。10ある内、何かに外すことなく一撃ずつ食らわすか、或いは鎮静させる要因があったのなら、数値は1ずつ減っていき、火力も段々と弱まって来るだろう。…しかし問題は、人格のエラーレートだ。…じゃあ、僕はそろそろコーヒーブレイクを楽しみたいんでね。記録はここまで。【概要】彼は青年(■■)の容姿及び人格をモチーフとした機械です。人間よりも頑丈な作りとなっていますので、危険な任務はお任せ下さい。   (2/11 19:03:09)

参加希望【性別】男型【種族】アンドロイド【稼働年数】■■年【学年】2年(人としての〝 コミュニケーション〟能力を測れるようこの学園での管理要請)【???】殺戮兵器が誰かを守りたいだなんて笑っちゃうな【SV】「シアンだ。貴方の護衛を任せられた。よって俺には、貴方を守る義務がある。」「……すまないな、その。俺はあまり喋ることに長けては居ないんだ。…だからきっと、貴方のことを退屈させてしまうだろうが、……ご了承願いたい。」「………俺が手伝おう。……嗚呼、良いんだ。大丈夫、気にしないでくれ。二人でやった方が早く済───ッ、(バキ、と嫌な音を響かせ物が落ちる音)……いや、その。すまない。………本当にごめん。…ごめんなさい。他に何か、……。」「敵だろうが味方だろうが、生きている者を傷付けてはならない、何故人は殺し合う?!何故戦う必要がある!!いやだ、どかない。…頼むからもうやめてくれ、…貴方を傷つけたくはない。」「………怪、怪我、k、ないか。……ギ■ギリ間に合ったようで、uj/1何よ、だ。た、む、頼むからら、ら。そんな顔しないでくれよ。…ご、…め、ごめ、ん。でも、─────あなたを、守れて、よかった。」   (2/11 19:04:22)

参加希望【⠀エラーレート】「キシシッ、あ゛っ、ははははははは!!!あ゛~~ァん……もう、…………最ッ高♡」「僕ァね、アンタのその悲鳴が聞きたかったんだ。」「おいおい冗談だろ?まさか本当に信じてたってのか??だとしたら飛んだ大馬鹿野郎だ、いいか人生はミュージカル映画じゃないんだ唄えば叶うそんなことがあるわきゃねェんだよぶァァァァかッッ!!」「あ゛ァ?知らねェよドアホ。テメェで考えやがれ。」「可哀想でちゅね~~~~迷子でちゅかあ~~~~??」「ケツはかさねェが45ドルで咥えてやんよ。」「…○○…?俺は、一体。嗚呼、ごめん、ごめんな。心配かけて。大丈夫、〝 俺〟だよ。───だから…コッチおいでよ相棒〝 熱いハグ〟でも交わそう。」「だぁぁぁぁ!!!うるせェ御託はいいから早く逃げろッッつってんだよォォ!!!テメェのために僕ァ片腕をくれてやったんだ、テメェがあんな奴に殺されることは、この僕が許さないッッ…!!!!!」   (2/11 19:04:41)

参加希望「…………………………〝………何人、何十人、何百人………………!!!!そんな犠牲者を出したのはここに居る、たった一体のアンドロイドだッッ!!!!テメェらはその何百人の上に成り立ったアンドロイド一体を潰すことで、仇は打ったと満足するんだろうッッ…………?!全くおめでたいぜ敵国様ァッッ!!…あっは!嗚呼、そうさそうともさ!僕はここで確実に死ぬ、だが忘れるな。その前に僕は、テメェらを一匹残らずぶちのめす。だってほら、一人ぼっちじゃ寂しいだろう?な゛ぁぁあ?????〟」 「…………〝俺は、喋ることは得意ではないし。その上鈍感で、あまり取り柄もないロボットだが、それでも。………… 貴方と過ごすのはとても幸せだと感じていた〟。」   (2/11 19:05:24)

参加希望「ギギギギ──────……………………ギギギギ…。」【レコードを停止する】   (2/11 19:05:44)

おしらせ参加希望さんが退室しました。  (2/11 19:05:48)

おしらせ桜色々さんが入室しました♪  (2/11 22:36:09)

桜色々【名前】シャビ【年齢】11歳【性別】オス【種族】猫又【役職】警備員【性格】実に穏やかで争いを好まない性格で、どんな危機的状況でも落ち着いている 後述の能力の影響で精神年齢がとんでもなく高く、実年齢より何百年年上だろうと子供扱いをしてしまう 基本的に敬語で話すが親しい仲になった者には結構砕けて話す 突発的な事態きは年相応の反応を見せることも【容姿】三毛猫が警備員の制服を着て二足歩行をしているというまんまの状態 下半身もちゃんと着ている 結構細身で毛色も良い【能力】「染心の悟り」例え煩悩を落としてなかろうと、身体が汚れていようと悟っている物とされる稀有な能力 それに付随して神足通 天耳通 他心通 宿命通 天眼通 死生智の五通が使える 残る漏尽通は使えるか不明【武器】爪   (2/11 22:36:15)

桜色々【CV】「あっはい 自己紹介ですね ここの学園の警備員のシャビです! えっとー 見た目相応に幼いですけど、でもかなりの猫生を歩んでます! 頼りないと思いますが、安心して学園生活を送って下さいね」「あはは... 実は猫じゃらしってあんまり興奮しないんですよ でも生徒さんが期待して振ってくれてるので、僕も演技をしちゃって...」「僕が興奮しちゃう物? んーと、マタタビ かなぁ.. ああでも、もし持ってきても嗅がせないで下さい! は、恥ずかしい所..見せちゃうので..」「ああ.. 君か こんなおじさんに付き合っても何もでないよ? いや、今は少年だったかな あぁ、こんな素晴らしい子に世話を焼かれて僕は幸せ者だな 今生は絶対に忘れられない良い猫生になったよ ありがとう」【備考】 猫又の年齢でもまだ子供なのだが、宿命通で自分の前世を何千も知っておりそれに応じて他の種族の理解も深い そして神通力が使えるとの事で特例として警備員として雇ってもらった ここの学園に入った理由は色んな種族との共存が出来ているここは素晴らしい ここで役に立ちたい だそう   (2/11 22:36:34)

おしらせ桜色々さんが退室しました。  (2/11 22:36:40)

おしらせ裂離アギト|3年|くなさんが入室しました♪  (2/11 23:04:05)

裂離アギト|3年|くな【名前】裂離 アギト (ザキリ アギト)【年齢】18【性別】男【種族】人間【クラス】3-3【役職】銀狼隊幹部【性格】とにかく野蛮な戦闘厨、ぶっきらぼうで乱暴だが戦闘に関する事なら冷静に分析する、そして分析した上で力押しでゴリ押す。【容姿】鈍い赤色の髪で首まである髪を後ろに纏めている、服装は学ランの下に半袖Tシャツと短パン、理由は能力で学ランが細切れになったり穴が開きまくったりとにかくボロボロになる(前科あり)ため戦闘に入る前に脱ぐのだが色んな人に「頼むから着てくれ(特に下)」と言われるため渋々   (2/11 23:04:27)

裂離アギト|3年|くな【能力】鉄吸収・放出 掌で鉄を吸収分解し体内に収める、吸収の仕方はその鉄の外側から小さくなり最後に触れている部分が吸収されると言った感じ。放出は体内の鉄分を使い体の至る所から鉄を出す、形を鋭利にしたり切り離せたりも出来る。【武器】決まったものは特にないが腕を鉄で多いその鉄を大剣にして振り回したり等が本人の好む戦い方【CV】「あ"ぁ..?めんどくせぇな、下っ端にでもやらせとけ」「...敵は7人、1人は目に見えてごついやつだな、うし全員ぶっ殺す!!」「..あ"ー鉄出しすぎたな....クソッタレ...」【備考】ただ強いから幹部に成り上がった。そしてマジで勉強も家事も出来ない。戦闘後はよく貧血気味になったりする、そして普段からトマトジュースをよく飲んでいる、鉄分もそうだし味も好みだそうだ。   (2/11 23:04:46)

おしらせ裂離アギト|3年|くなさんが退室しました。  (2/11 23:04:49)

おしらせ竜崎忠時/3年/四季さんが入室しました♪  (2/11 23:45:36)

竜崎忠時/3年/四季((過去です   (2/11 23:45:40)

竜崎忠時/3年/四季【竜崎忠時の過去】金髪で水色の目をした母と青黒髪で緑色が少し混ざった銀色の目をしている父から生まれた。親戚がたくさんおり、14歳歳の離れた叔父二人と11歳年下の目の色以外父親そっくりの幼い弟がいた。母は美人で元から体が弱く病弱な人だった。父は差別意識を無くすため精一杯頑張っていたが弟が生まれて数ヶ月で過激派の一人に銃殺された。その後母は倒れてしまい入院、叔父達の所に預けられる。生活は楽ではなかったが幸せな方だった。その時に片方の叔父からインディゴライトの宝石がある指輪を合わなかったが貰った。そして15歳の時に母が他界する。当時に母親似という事も少し気にしていた。形見のアクアマリンがあるしずく型のネックレスを貰うがそれは一度弟にあげた。17歳になった時に過激派の我慢の限界が来たのか次々と能力者と人外を虐殺し始めた。忠時は皆と逃げたが次々と皆が倒れ、幼い弟も命を落とした。最後は上の叔父が残ったがその叔父も他界。その為パラレルワールドをいくつ作ろうが望んた世界に変えるため過去に飛び立つ。その間に何回か繰り返している。   (2/11 23:46:22)

竜崎忠時/3年/四季((では!   (2/11 23:47:13)

おしらせ竜崎忠時/3年/四季さんが退室しました。  (2/11 23:47:14)

おしらせ鶏/3人目さんが入室しました♪  (2/12 02:25:17)

鶏/3人目(( 3人目!!!   (2/12 02:25:27)

鶏/3人目【名前】化野 智(アダシノ サトリ)【年齢】16【性別】女【種族】半妖(サトリ)【クラス】1ー1【役職】生徒/図書委員【性格】怖がりで大人しめ。何処か常に怯えた様な雰囲気が特徴。心を開けば、柔らかな表情と元の優しげな性格が顔を出す。喩えるなら慣れない小動物と云った所。自身が誰かに触れる事に関して強い恐怖を抱いているようだ。また、能力を使わずとも、人の感情には敏感、荒れている人には極力近付かない。【容姿】淡い墨色の癖っ毛ショートで、うっすら瞼に付くか付かないかの長めの前髪。後ろで少し編み込んでいる。瞳は蜂蜜色の伏せがちな垂れ目、よーく見ると瞳孔が縦長。右目の下に泣きぼくろあり。身長は159cmで、体型はあまり肉の付いていない痩せ型。服装は学園の制服であるセーラー服にタイツとローファー、上には灰色のカーディガンを羽織り、能力を制御する為の、手首まである特殊な黒い手袋を着用している。   (2/12 02:25:55)

鶏/3人目【能力】「覚の御手」/自身の手で触れた者の心情や感情を読み取る、宛ら読心術のようなもの。触れただけで自動で発動し、どっと触れた者の心情が流れ込んでくる為、精神的な疲労度が非常に高め。あくまで“自分の手で”触れる“のが発動する条件である為、相手から触れられる分には平気。【武器】無し。逃げ足に全振り。【CV】「 化野 智。あんまり、私に近寄らないで。」「 _____近付かないでって言ったでしょ。聞こえなかったの?」「 動物は好きだよ、触れても人間みたいに悪意がないもの。」「 私に、触れさせないで.......っ....!もう見たくないの、感情も、考えている事も、全部....!怖いんだよ.......見たく無いんだってば...!」「 貴方だったら、触れても.......良いかなって。ほんの少しだけ、ちょっぴりだけ思えたんだ。駄目....?」   (2/12 02:26:54)

鶏/3人目【備考】 遠い祖先に「サトリ」と呼ばれる妖を持ち、その血が殆ど薄れてしまい、心を読める者は居ないと思われていた矢先に生まれた、所謂先祖返り。種族は一応半妖とは付いているものの、実際は能力と瞳、夜目が効くなどの些細な一部を除けば、ほぼ人間。性格の原因は過去にまだ能力の制御が出来なかった幼い頃、触れた人の思考を無差別に読み取ってしまった結果、其処から気味悪がられた事が大のトラウマになってしまい、他人に触れる事が苦手になってしまった。現在は特殊な手袋をつける事で制御しているものの、それでも触れる事は苦手な上、素手で触れる事も未だに大の苦手。この学園ならば娘も普通に過ごせるのではないか、と考えた両親に勧められたのが入学したきっかけ。動物と本だけは触れても悪意がない、と気にせずに触れている。その為に好きな物は本と動物、ココア。嫌いな事は触れる事、感情が荒れている人。   (2/12 02:27:12)

鶏/3人目(( 以上!!   (2/12 02:27:46)

おしらせ鶏/3人目さんが退室しました。  (2/12 02:27:48)

おしらせすももさんが入室しました♪  (2/12 03:50:33)

すもも【名前】大化 幽(おおか・ゆう)【年齢】18【性別】女【役職】生徒【種族】化け猫【クラス】3ー1【性格】冷たく、誰にでもそっけない。大雑把。目が合えばにらめつけられる、近くと怪訝そうな顔になる。差別的な発言はしない、する人は最低だと思っている。心を開くと印象がガラリと変わり明るくなり、しゃべり方もふわふわしている、例えるなら酔っぱらい【容姿】腰までの紺色の髪の毛に白のブローチをつけている。瞳の色は金と茶。制服は崩してないが上にセーターを着ている。様々な所にナイフを隠している   (2/12 04:06:38)

すもも【容姿追加】くしゃみなどをすると尻尾と猫耳が出る   (2/12 04:08:56)

すもも【能力】大化け/指を鳴らし頭の中でなりたいものを考えると10分間それになることが出来る。人物の場合だと能力も真似できる。何にでもなれるがその10分間ずっと変身したもののまま、解除は不可能【SV】「自己紹介?..... 大化幽よ」「近づいてこないで!こっちは忙しいの!」「ありがとう.....」「何よ!こっち見ないで!」『心開いたバージョン』「大化幽だよーよろしく~」「わーーい楽し~」「つっ疲れた.....   (2/12 04:18:31)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、すももさんが自動退室しました。  (2/12 04:38:38)

おしらせさんきの?。さんが入室しました♪  (2/12 04:42:08)

さんきの?。【 名前 】天羽 春 .(あもう しゅん). 【 性別 】牡. 【 学年 】3-2. 【 種族 】花の精(キンギョソウ). 【 役職 】普通の生徒. 天文学部.副部長. 学級委員.委員長. 【 容姿 】真黒のさらさらもふもふの髪はウルフカットにしており、前髪は眉毛が完全に隠れるくらいに。眉まで整えられており、いつも瞳に対して少し下がっている。長く生え揃ったまつ毛と、ワインレッドの瞳。同い歳に比べれば童顔だが、目鼻立ちは整っている。いつもにこにこと太陽の様で爽やかな笑みを絶やさない。身体付きもまだ筋肉質とは言い難いが、手足が大きくまだまだ成長途中なことが伺える。身長は178㎝。両耳には沢山のピアスホール。学園に居る時は付けていないが、寮や休日の日はバチバチに付けている。あまりひとに見せたがらず、いつも白マスクを付けている為見れないが、舌ピもあり、犬歯は牙のようになっていて目立っている。制服はきちんと指定の物だけを着用し、防寒着はグレーや紺色を好む。私服はだぼっとしていてカジュアルな服装を好み、モノトーンが多い。鞄も学校指定で、遊びに出かける時などは黒に茶のラインが入ったボディバッグ。   (2/12 04:42:46)

さんきの?。【 性格 】文武両道、容姿端麗の天才優等生君。特に、慕うべきと考える目上のひとに対しては敬語などの礼儀作法には気を配るほど。問題行動も見られず、成績も良い、非常に優秀な生徒を演じている為、お陰で多くの教師にも、扱いやすい生徒だと気に入られている。…かと思えば、親しい者の前ではそれなりに子供らしい無邪気な一面も見せたり、気兼ねなく話し掛けられるような雰囲気を纏う。───天才、と記述したが、どれもこれも全てが努力によるもの。幼い頃からずうっと一緒に居るあの子に、恋慕の情を抱いており、釣り合う様にと一層の努力を重ねてきた。あの子への思いは、狂気的なまでに一途で真っ直ぐ。嗚呼、でも。彼女と結ばれる資格は自分には無いから。ちょっぴりのやんちゃをしてしまった自分が、彼女と幸せに、なんて都合のいいことは考えていない。…だから、選択肢を無くした。周囲に牽制する様な距離感の近さ、ちょっぴりの特別感。周囲にはやり過ぎだと叱られるくらいには外堀を埋める。あの子から自分を好きになってくれるように。   (2/12 04:42:48)

さんきの?。【 備考 】《《《女の子の幼馴染ちゃん募集します!!!!!!!!!!!!》》》、あとあと、副部長委員長ダメな場合は所属のみでお願いします!!、あとあと、この子過去にやらかしたことがほんとにやらかしてるので、問題がある場合は直します!(問題しかない)m(_ _)m【 武器 】定期的に吐き気が襲ってきては花を吐いてしまう。最も、酷い時には身体から花がぽつり、ぽつりと咲いてしまうこともある。その花に触れても症状が伝染ることはない。…キンギョソウの莢、まるで髑髏のようで良い印象は抱かない。身体から形成された花はやがて、独りでに莢となる。─昔々の事。可愛いあの子はその愛嬌ある容姿から、差別の対象となり特殊だから、多くの人間に狙われていた。醜いなぁ、くすくす、と喉を鳴らして笑った記憶がある。莢の使い方は、本能が知っていた。何、彼等が眠り惚けている隙に、飲み込ませて仕舞えばいい、ただ、それだけの事。莢に宿る種子は、血肉を養分にして。すくすくと育っていく、…ほら、少しくらいはお上品に咲けただろう。其所には、美しく、優雅に咲き誇るキンギョソウの花畑が出来ていた。   (2/12 04:43:07)

さんきの?。【 SV 】 「、大丈夫?…ちょっと、具合悪そうだったから。ちゃんと、休めよ。この仕事はおれがやるからさ。(温かい飲み物渡./微笑)」「…“あの子”が可哀想?、それもそうかも。でも、ずっと好きだったから、おれのものにしたいんだ。…どうしても。(にっこり、)」「植物もそうだけど、動物も好き。“あの子”みたいに真っ直ぐで、素直だからな。(うさぎよしよし、)」「……、邪魔すんなよな。(んべ、/ こっそり)、なんでもない!、彼方行こうぜ!!(手繋、)」   (2/12 04:43:08)

おしらせさんきの?。さんが退室しました。  (2/12 04:43:11)

おしらせすももさんが入室しました♪  (2/12 13:14:46)

すもも【容姿追加】身長167cm体重53kg   (2/12 13:16:03)

すもも【備考】体が弱くよく倒れる。スケジュールは決めるが大体うまくいかずに自由になる。ジャンケンが強い。化け猫といわれているが幼少期はあまり辛い思いをしなかった。大人に化け物といわれていたていじめられていたが幽の人間の友達が反撃してくれていじめはなくなった。大親友になればなるほど性格が酔っぱらいみたいになる   (2/12 13:24:19)

すももこれで参加してみます...   (2/12 13:24:52)

おしらせすももさんが退室しました。  (2/12 13:24:57)

おしらせC/L/2年/加糖さんが入室しました♪  (2/12 15:17:08)

C/L/2年/加糖【名前】ひばりの ももか【性別】女の子︎︎【学年】1年【容姿】ふんわりとピンク色の強いミルクティーの髪を、2つに結んで内巻きに巻いている。長いまつ毛に覆われた、トロリと潤いのある蜂蜜色の大きな瞳はぱっちりとした二重で、まるで人形のようだ。マシュマロを思わせる弾力のある肌にまだ誰にも荒らされていない新雪のような色。制服の上にはワンサイズ上の薄ピンク色のベストを着込み、スカートはほんの少し短め。小柄で華奢だが女性らしい弾力。ニーハイソックス。ぷるりと潤いのある小ぶりな唇。【性格】天然で無知が故に、分からないことがあれば貴方を見つめ、服の裾をくいくい、と引っ張り教えてとお強請りをすることでしょう。大きな一口が食べられなくて、食べるのが少し遅い。【概要】ひ弱で可愛らしい女の子。その容姿は思わず抱きしめたくなってしまうような、守りたくなってしまう小動物のような……甘いものが大好き【部活】無所属【委員会】保険委員会【能力】ももかひ弱なんだから!守ってよねっ?   (2/12 15:18:11)

C/L/2年/加糖【SV】「ももかね、ももかぁ…甘いものが好きなの。ぷりんとか、クレープとか…んー、あとはねえ、んふふっ。たぴおか。」 「大丈夫っ?絆創膏、あるよ。」 「手ェ繋ごっか?…………ほ、ほらっ。寒いから。」 「ももかばかじゃないもんっ。この問題が難しいんだしっ。………じゃあ〇〇が教えてよっ。」 「ももか、君のこと………好きかも。」   (2/12 15:18:15)

C/L/2年/加糖「────馬鹿野郎、てめえ嘗めてんのか?ブスがももかにたてつこうなんざ100年はええんだよ。」【名前】雲雀野 李果 (ひばりの ももか) 【◤◢◤◢attention◤◢◤◢】気を付けろ!!!彼女はぶりっ子だ!!!!!!甘いものは嫌い。好物は肉。辛いものが大好きだ。イケメンが好きだし無知なのは大嫌い。勉強出来るしそのひ弱な身体のどこから湧き上がるのかは知らないが大の成人男性をお姫様抱っこしてしまうほど。彼女の家系はヤクザじゃないのか? 【能力】リンゴも片手で潰せねえのかてめえは。 そうだ彼女が本気を出せばコンクリートすら粉砕する怪力を発揮する。 その身体能力はオリンピックをぶっちぎりか? あまり無理をし過ぎると吐血するから気をつけて。 でも、この能力。可愛くないから好きじゃない。   (2/12 15:19:18)

C/L/2年/加糖【ERROR………………?????】 「チッ、…馬鹿みてえに生クリーム盛り込みやがって……………あ゛~~~…血肉が足りねえ~~。唐辛子欲しいんだけど。」 「あのぉ…これ重くて運べないからあ、…一緒に持ってもらってもい─────うるせえテメエじゃねえよ次話しかけてみろぶちのめすぞッッ!!!」 「しっ。静かに。ちょっと黙れ、イケメンの気配がする。」 「…………おいビビってねえで進むぞ。…ったくよォ、ほら。手。……進まねえんだよ。繋いでくぞ。」 「…………で。あのイケメンのLINEは?あ゛ァ?ゲット出来てない?たくよォ、どこまでも使えねえな。冴えねえ顔付きしやがって。……………お前もイケメンだったらなァ…。」 「そこX=2だろ。そんなことも分かんないの?………ったく。ほら、まずここ代入して……………おい何見てんだ。ももかじゃなくて問題見ろ、問題。せっかく教えてやってんだから。」 「は?何?ももかというものがありながらそっちの女に行くつもりなの?ふーん、あっそ。へえ、……まあ、でも。……うんっ、仕方がないよね。向こうでも幸せにね。…さようなら。───────うっし。捻り潰すか。」   (2/12 15:20:05)

C/L/2年/加糖「おい何ボサっとしてんだてめえ。もうそこ退け。あとはももかがやる。」 「ももか!!アイツ!!嫌い!!!(壁殴り、ヒビ入る)」 「うるせえよももかが可愛いこたァ知ってんだよぉぉ゛ぉぉぉッッ!!問題はこんなに可愛いももかを!あいつが見てくんないこと!!わかる!?」 「お゛い待てよ。………………話は終わってねえぞ。(壁ドンしながら)」【身長】155cm   (2/12 15:21:02)

おしらせC/L/2年/加糖さんが退室しました。  (2/12 15:21:07)

おしらせフラン:3年/蘭さんが入室しました♪  (2/12 15:24:17)

おしらせkikiさんが入室しました♪  (2/12 15:25:07)

削除削除  (2/12 15:25:15)

おしらせkikiさんが退室しました。  (2/12 15:25:23)

フラン:3年/蘭【オスクリタの追加設定】ある理由で火がトラウマになり見た瞬間、過呼吸や倒れてしまうことがある。どんなに小さい炎でも過呼吸を起こしてしまうので火はあまり見たくない。今は火へのトラウマを治そうとしている。   (2/12 15:26:25)

おしらせフラン:3年/蘭さんが退室しました。  (2/12 15:26:28)

おしらせ参加希望さんが入室しました♪  (2/12 17:03:21)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、参加希望さんが自動退室しました。  (2/12 17:23:27)

おしらせれいかさんが入室しました♪  (2/12 19:17:23)

れいか【名前】奏山零(かなでやまれい)【年齢】16歳【性別】女【種族】人間【クラス】1年【役職】戦闘部【性格】冷静に対処する。 たまにふわりと微笑む姿は天使。【容姿】黒髪ロング。少し袖長め黒のロングカーディガン。カーディガンの下に白のシンプルな服、ボトムスは黒のガウチョ。【能力】毒【武器】死神が持つような鎌。【CV】「事件ですか、、、人外にも物騒な方がいるものです」 「無理など、、全然してません。気にしないでください」「関係ないことは今は謹んでください。気が散る」「ふふ、貴方面白いですね」   (2/12 19:17:28)

おしらせれいかさんが退室しました。  (2/12 19:17:30)

おしらせ山椒@4人目さんが入室しました♪  (2/13 18:53:38)

山椒@4人目【名前】荻原 重三(オギハラ ジュウゾウ) 【年齢】81500歳 【性別】男 【種族】龍 【役職】校長先生 【性格】面白い物が好きなオッサン。偉そう。豪快かつ繊細。汚職は許さず、正当な手段でのし上がる。凄みがあって怖がられやすかったりするが、実は凄く優しい。ただ厳しい時はとことん厳しい。基本愉快愉快となんでも面白がる。 【容姿】黄色の瞳で、白に染まった長い髪を、一つに結っている。それなりにおじさんで老けているが、切れ長の目を持つイケメン。ガタイがよく、勇ましい体型、老人とは思えない程ムキムキ。髭の生えた渋いおっさん。紺の着物を来ていて、草履と全身和装。 【能力】『結界』そのまま、結界を張る。この能力で、常時学園全体に「誰かが通ったら分かる結界」を張っている。結界内はある程度視覚を飛ばして見ることが出来るので、それで誰が出入りしたかを見ることが出来る。尚、そんな真面目な物以外にもふざけた結界を貼れるので、変なイベントが起きたらだいたいこのジジイのせい。 【武器】刀や薙刀なんかも使えるが、基本生身。   (2/13 18:53:47)

山椒@4人目【CV】「ワシは荻原重三と申す、堅苦しくせんでいい好きに呼べ」「うむ面白い!好きにやれ!」「ウァハハハハ!!!面白い!!」「相分かった。では見せよう。ここ月桜学園校長の、ワシの力を!!」「貴様、ワシの学園でそのようなこと。許す訳が無かろうがッ!!」「嘆かわしい!貴様のような者はこの学園には入れん!疾く失せよ!!」「えぇ〜い!焦れったいわ!!さっさと決めんか!」声のイメージが大塚明夫すぎるんです。 【備考】種族は龍であるが、普段は普通に人間の姿。龍になると、全長200mはあり、黄金の髭と鋼鉄のように硬い藍色の鱗持つようになり、口から炎や毒を吐き出し、本気で飛べばマッハ2まで行く。 昔からこの世にいる龍で、人も人外も大好き。でも学園に仇なす様な不届き者は嫌い。 緑茶と寿司が好きらしい。甘い物も好き。 どこぞの征服王と英雄王を独自のアレンジで混ぜてしまったキャラです。   (2/13 18:54:27)

山椒@4人目((おじさんやった事ないけど頑張るます   (2/13 18:54:36)

おしらせ山椒@4人目さんが退室しました。  (2/13 18:54:39)

おしらせ山椒@4人目さんが入室しました♪  (2/13 18:56:57)

山椒@4人目((身長忘れてた……   (2/13 18:57:07)

山椒@4人目身長195cmっす。でかいよ   (2/13 18:57:26)

おしらせ山椒@4人目さんが退室しました。  (2/13 18:57:28)

おしらせ酸化希望さんが入室しました♪  (2/13 19:49:25)

酸化希望【名前】結滝優雨(ゆいたきゆう)【年齢】18【性別】女性【種族】×××【クラス】3年3組【役職】ただの生徒(保健委員/オカルト部)【性格】自信がなく臆病であり、何事に対しても消極的。何か誘われても「私なんかが…」と断ってしまう。仲のいい友達も出来にくく、いつも一人。/オカルト系に対しての熱意が強く、その類の話をすると嬉しそうに話していたり。それが関係しているのか、幽霊をだいぶ信じていて、死ぬのは怖くないらしい。/よく一人で考え事をしていて、もし死ぬならどんな死に方がいいか、もしかしたら白馬の王子さまが来てくれるのではなど、真剣な顔をしてくだらないことを考えている。妄想少女。/ちょっと不器用。よく指を怪我する。/料理好き。だがスイーツ以外は全部壊滅的という謎。スイーツも見た目がやばい。   (2/13 19:49:45)

2020年02月05日 17時32分 ~ 2020年02月13日 19時49分 の過去ログ
【設定部屋】月明かりの下で【月桜・銀狼】
現在のルーム
過去ログ一覧
▲このページの先頭に戻る


(C)2009-2020 ミナコイチャット <info@3751chat.com>