ミナコイチャット

「Re:EGS 成りチャルム(サブ)」の過去ログ

現在のルーム
過去ログ一覧
タグ 創作  Re:EGS


2020年05月29日 08時14分 ~ 2020年06月18日 20時27分 の過去ログ
過去ログでは上から下の方向に発言を表示しています

マックス助手「食料はなんとか持ちそうですが…無事に帰れるのでしょうか…」   (2020/5/29 08:14:33)

マックスその後は何時間も進んだ。どれほど歩いたのか、思い出したくない。   (2020/5/29 08:15:09)

マックスそして1000回のドアの前で、恐ろしいことが起きた。   (2020/5/29 08:15:42)

マックス助手「うっ…」バタッ   (2020/5/29 08:15:55)

マックスクライド「!、大丈夫か!しっかりしろ!」   (2020/5/29 08:16:04)

マックスクライド「っ、くそ…!」助手を背負い、ドアを開ける   (2020/5/29 08:16:28)

マックス    (2020/5/29 08:16:31)

マックス「I never thought I'd make it this far! It's been a long time.(本当にここまで来れるなんてね!久しぶりだわ)」   (2020/5/29 08:17:27)

マックスクライド「スプーキー、教えてくれ…!出口はどこなんだ!」   (2020/5/29 08:17:42)

マックススプーキー「Exit... you're leaving?(出口…帰っちゃうの?)」   (2020/5/29 08:18:21)

マックスクライド「助手が倒れてるんだ!だから出口を教えてくれ!」   (2020/5/29 08:18:38)

マックススプーキー「……」   (2020/5/29 08:18:48)

マックススプーキー「So... you're going home... okay! There's an exit through this door!(そう…帰るのね…いいよ!出口はこの扉の先!)」   (2020/5/29 08:19:44)

マックスクライド「あぁ、ありがとう…」   (2020/5/29 08:19:53)

マックスクライド(彼女…スプーキーはなぜ悲しそうな顔をしているんだ…?)   (2020/5/29 08:20:33)

マックススプーキー「Good-bye, human.(さようなら、人間さん)」   (2020/5/29 08:21:08)

マックス    (2020/5/29 08:21:13)

マックススプーキーが消え、俺は扉を開けた。そこは眩く太陽が輝く外であった。   (2020/5/29 08:21:58)

マックスその後、助手は脱水症状で倒れたそうだが、一命はとりとめたという。   (2020/5/29 08:22:24)

マックスなんとなくだが…もう一度あの屋敷へ足を踏み入れた時、二度と帰れなくなる気がする。   (2020/5/29 08:22:55)

マックス    (2020/5/29 08:23:09)

マックス_屋敷調査ファイル   (2020/5/29 08:23:20)

マックス    (2020/5/29 08:23:28)

マックスちょっとした過去話ですね   (2020/5/29 08:23:33)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/5/29 08:45:25)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/5/29 23:18:17)

雪月飛燕「………少し、話を聞いてくれますか。幽魔さん」幽魔「なんだ…ここは?そしてお前は一体……」「…今は語れません、ですがあの災厄を退け、あるがままの歴史を歩むのが貴方達の果たすべき使命です。」幽魔「使命………か…そういえば、どこかで見覚えがある気がするんだが、気のせいか?」「気のせいなどではないことが、後に分かるでしょう。貴方の失われた記憶に関わる者の以前の姿をかたどって、私は貴方に干渉しているのですから…」   (2020/5/29 23:24:55)

雪月飛燕「貴方のその枷を全て外れた時、貴方は全てを思い出すことになるでしょう。ですが、この先のことはご自分の目や全身で確かめることになる。リセットをする、リバースをするという行為は私達世界を管理する者に一時的に干渉し、その力を使うということになります。その力の代償はとても大きい。あなたは以前の自分の何もかもを捨てることで、この世界を0に戻した。ですが、私と対になる破壊の神がそれを許さず外部から刺客を呼び寄せ、この世界に行き着くようにした。   (2020/5/29 23:33:08)

雪月飛燕そこで、私はこの世界にリセット前で直前に大きく関わり、朽ち果てた者達をバグとしてこの世界に再び生を受けるように「何か」を失った状態で送り出したのです。」「…なら、なぜ俺は、バグではなく…妖怪としてまた生きることになったんだ…?」   (2020/5/29 23:39:21)

雪月飛燕「…貴方は既に何もかもを失っており、バグとして送ることが出来なかった。なので、魂そのものの性質から今の貴方のその肉体を作り出し、不完全な状態ですが貴方を妖として生きるように背中を押したのです。」「…そうだったのか………お前も大変だろう。世界という大きなモノを作って、時々そこに干渉して…」「…誰でも、モノには愛情を込める。私とて例外ではありません。貴方達もそうです。私は作ることは出来ても、それを動かすにはその世界にいる貴方達が必要なのです。ですから、どうか…この世界をよろしくお願いします。それではまた会いましょう…」幽魔「…あぁ…いつかまた、会おう。」   (2020/5/29 23:49:13)

雪月飛燕M「…幽魔!」幽魔「…はっ……」M「ようやく目を覚ましたか。あんたはあの時倒れて、全身に傷を負ってた。何日も寝てるからもう目を覚まさねぇんじゃないかと思ったぜ。」幽魔「そうだったのか………すまない。」M「お前が寝てる間にも色々あったけど、全て湊達がなんとかしてくれたぞ。」幽魔「…そうか。」M「じゃ、アイツらのとこに行くか。今頃体育祭が行われているだろうし、見ないとな。」幽魔「……そうだな。友達の頑張っている所は見ないとだな…ふふっ。」M「今お前…笑った?」幽魔「わ、笑ってなんか…いないぞっ」M「バレバレだっつーの。」   (2020/5/29 23:58:12)

雪月飛燕2人「あはははは……」   (2020/5/29 23:59:04)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/5/29 23:59:13)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/5/30 19:40:43)

マックスこんばんは~   (2020/5/30 19:41:26)

マックス名前からして最初は幽霊かと思ってました…(   (2020/5/30 19:41:49)

マックスバグって元々ウィルスだったりするんですかね…?   (2020/5/30 19:42:14)

マックスあ、ちゃうわ(   (2020/5/30 19:42:36)

マックス例外というか、パターンがありましたね   (2020/5/30 19:42:47)

マックスそうえばダックシーズン終わってない(   (2020/5/30 19:42:56)

マックス   (2020/5/30 19:42:58)

マックスヤンクイ「あらすじ!」   (2020/5/30 19:43:05)

マックスヤスナ「ディルとカーリアの元に、両親からゲームが贈られてきました。」   (2020/5/30 19:43:29)

マックスヤンクイ「しかしそのゲームにはとある秘密があり、子供が惨殺される殺人事件とも関係があるようで…!?」   (2020/5/30 19:44:13)

マックスヤスナ「双子はゲームから出てきたキャラクターを止めるべく、ゲーム機本体を壊すために誘き寄せたのでした。」   (2020/5/30 19:44:57)

マックスヤンクイ「ではダックシーズン!始まります!」   (2020/5/30 19:45:11)

マックスヤスナ「短編サブストなのに終わるのに時間掛かりすぎてません?」(   (2020/5/30 19:45:33)

マックスヤンクイ「そういうのは言わないお約束です」((   (2020/5/30 19:46:21)

マックス   (2020/5/30 19:46:23)

マックスディル「おいっ、これが見えないか!」ゲーム機本体を持っている   (2020/5/30 19:46:42)

マックスダックシーズン「…」   (2020/5/30 19:46:48)

マックスカーリア「フー!ディル、早く壊しちゃって!」   (2020/5/30 19:47:49)

マックスディル「でも…いや、そうした方がいいねっ。てりゃあ!!」バキッ   (2020/5/30 19:48:09)

マックス  (2020/5/30 19:48:13)

マックスダックシーズン「……アッハッハッハッ!!」   (2020/5/30 19:48:28)

マックスディル「え、ちょ、なんで!?」   (2020/5/30 19:48:34)

マックスカーリア「嘘!?ゲームから出てきたのに…!」   (2020/5/30 19:48:45)

マックスダックシーズン「残念だな!!終わりだ!!」チェンソーを持ち襲ってくる   (2020/5/30 19:49:08)

マックスディル・カーリア「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!?」   (2020/5/30 19:49:27)

マックスD=トップハット卿「させん!!」咄嗟にATフィールドを張る   (2020/5/30 19:50:05)

マックスディル・カーリア「おじいちゃん!?」   (2020/5/30 19:50:14)

マックスリトル・ハウヴェスト「!、」   (2020/5/30 19:50:24)

マックスカーリア「リトル!」   (2020/5/30 19:50:30)

マックスD=トップハット卿「やはり…貴様、バグでも妖怪でもないな?」   (2020/5/30 19:50:55)

マックスダックシーズン「なっ、誰だお前は!!」   (2020/5/30 19:51:04)

マックスD=トップハット卿「私が見えるのか?なるほど、“視える人間”らしいな。」   (2020/5/30 19:51:46)

マックスディル「に、人間!?ゲームのキャラクターじゃないのか!?」   (2020/5/30 19:52:05)

マックスD=トップハット卿「犬の着ぐるみを着て、正体を隠しているのだ。…どうやら、ゲームの中にいた原因は首に下げている飾りのおかげのようだな。」   (2020/5/30 19:53:07)

マックスカーリア「そうえば…!」   (2020/5/30 19:53:30)

マックスD=トップハット卿「一体誰に作って貰った?言え、さもなくば貴様をゲームに閉じ込めるぞ。」   (2020/5/30 19:54:01)

マックスダックシーズン「勘がいいな爺さん。そう易々と言えば、逆にこっちが始末されちまうぜ。」   (2020/5/30 19:54:34)

マックスD=トップハット卿「ほう…大体目星はついてるさ。決まりだな、貴様を永遠に閉じ込めてやろう。」   (2020/5/30 19:55:51)

マックスダックシーズン「!?、な、なんだこれは!?」体がどんどんゲームに吸い込まれていく   (2020/5/30 19:56:16)

マックスD=トップハット卿「何の目的でかは知らぬが、子供たちに手を出した罪は重い。」   (2020/5/30 19:57:06)

マックスD=トップハット卿「このハウヴェストの悪魔の名の元に次ぐ!断罪を下せ!」ドガァァン!   (2020/5/30 19:58:06)

マックスダックシーズン「き、貴様ら!!許さん!!必ず復讐してやるッ!!」   (2020/5/30 19:58:33)

マックスダックシーズン「ゲームのキャラクターである俺に手を出したことを償わせてやる!!」   (2020/5/30 19:58:53)

マックス姿が消える…   (2020/5/30 19:59:08)

マックスD=トップハット卿「…他愛もない。」   (2020/5/30 19:59:21)

マックスディル「ありがとうおじいちゃんっ」   (2020/5/30 19:59:41)

マックスD=トップハット卿「いや、無事で何よりだ。怪我はないか?」   (2020/5/30 19:59:55)

マックスカーリア「全然平気!」   (2020/5/30 20:00:06)

マックスリトル・ハウヴェスト「…」ゲーム機を持っている   (2020/5/30 20:00:19)

マックスD=トップハット卿「おや、これの後始末はどうしようかな。」   (2020/5/30 20:00:38)

マックスディル「置いといても危険だよね…」   (2020/5/30 20:01:12)

マックスリトル・ハウヴェスト「…」ガブッッ!!   (2020/5/30 20:01:35)

マックス全員「!?」   (2020/5/30 20:01:41)

マックスリトル・ハウヴェスト「……」ムシャムシャムシャ ゴックン!   (2020/5/30 20:01:57)

マックスディル「あー…その、ありがとうリトル…」   (2020/5/30 20:02:14)

マックスリトル・ハウヴェスト「!、!」嬉しそう   (2020/5/30 20:02:24)

マックスカーリア「どっかのホラゲーの主人公みたいだったね…」   (2020/5/30 20:02:56)

マックスD=トップハット卿「黄色のコートも相まってそう見えるな」((   (2020/5/30 20:03:20)

マックスディル「おじいちゃん、さっき目星がついてるって言ってたけど、どういうこと?」   (2020/5/30 20:04:16)

マックスD=トップハット卿「あれを作り出せるのは、現在の人間の技術では不可能だ。であれば、未知のテクノロジーによって作られたものの可能性が高い。」   (2020/5/30 20:04:56)

マックスディル「未知のテクノロジー…もしかしてプレデターが…?」   (2020/5/30 20:05:23)

マックスD=トップハット卿「それだけじゃない。恐らく…ヘンダーソンとも繋がってるだろう。」   (2020/5/30 20:05:47)

マックスディル「ヘンダーソン…?」   (2020/5/30 20:05:55)

マックスD=トップハット卿「悪性バグだ。表向きは「人類の未来に貢献する研究団 ホニアラ・スカイ」という怪しげな研究をしているところの社長だ。」   (2020/5/30 20:07:31)

マックスD=トップハット卿「もし本当にホニアラ・スカイとあの宇宙人が繋がっているとしたら…大変なことが起こるぞ。」   (2020/5/30 20:08:20)

マックスディル「そんな会社聞いたことないよ…」   (2020/5/30 20:08:40)

マックスD=トップハット卿「名を出さないやつらだからな。その方が不自然なのだが。」   (2020/5/30 20:08:58)

マックスカーリア「でも、プレデターって生きてるの?」   (2020/5/30 20:09:09)

マックスディル「キング・ジョージっていう変な悪魔に連れてかれたじゃんか!」   (2020/5/30 20:09:38)

マックスカーリア「え、じゃあまさか…」   (2020/5/30 20:09:47)

マックスD=トップハット卿「もしかしたらの話だ。しかし…事実であれば厄介だな…」   (2020/5/30 20:10:07)

マックスリトル・ハウヴェスト「?、」   (2020/5/30 20:10:14)

マックスD=トップハット卿「そうだな…そろそろ戻ろうか、リトル。」   (2020/5/30 20:10:40)

マックスディル「安岐巴さんとクライド叔父さんが帰ってくる前に片付けないと」   (2020/5/30 20:11:08)

マックスカーリア「うわぁ…すっごい散らかってる…」   (2020/5/30 20:11:20)

マックス   (2020/5/30 20:11:34)

マックス他の短編サブストの伏線も貼ります   (2020/5/30 20:13:11)

マックス   (2020/5/30 20:13:14)

マックスとある医者「一体ドウシタモの」   (2020/5/30 20:13:32)

マックスミスった(   (2020/5/30 20:13:37)

マックスとある医者「はぁ…どうすればいいんだ…」   (2020/5/30 20:13:53)

マックスとある医者「このままでは、彼は壊れてしまう…!」   (2020/5/30 20:14:09)

マックスとある医者「だが…とても危険だ…最悪の場合死んでしまう…」   (2020/5/30 20:14:41)

マックスとある医者「…?、これは…」   (2020/5/30 20:14:55)

マックスとある医者「探偵団…?」   (2020/5/30 20:15:06)

マックスとある医者(にわかには信じがたいが…賭けてみるか…)   (2020/5/30 20:15:29)

マックスとある医者「私にはもう手が負えん…!」   (2020/5/30 20:16:15)

マックス   (2020/5/30 20:16:21)

マックス「なぁ、ずっと此処にいればいいだろ?そうすれば、誰にも咎められないさ。」   (2020/5/30 20:16:55)

マックス「お前がそうしたんだろう?なぁ、“トミー・ウィンター”?」   (2020/5/30 20:17:27)

マックス   (2020/5/30 20:17:29)

マックスネバーエンディングアルプトラオム   (2020/5/30 20:17:40)

マックス   (2020/5/30 20:17:44)

マックスちなみに今考えているウィンター家の事情ですが、だいぶ注意な内容になるかと思います   (2020/5/30 20:18:31)

マックス心理的描写を特に重視してあるので、そのぶん真っ黒な話になります((   (2020/5/30 20:19:00)

マックス元ネタがなぁ…   (2020/5/30 20:19:31)

マックス内容をまとめているので、落ちますね   (2020/5/30 20:20:20)

おしらせマックスさんが退室しました。  (2020/5/30 20:20:22)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/5/30 23:52:17)

雪月飛燕E「…なんだ、ここは…?何も無い空間だ…おい、誰かいないのか?」「………いるよ、俺がなァ。」E「誰だ、その姿…まさか俺を嵌めたのか?」「いいや、そうじゃないね。何故1度死んで、2度目の死を迎えたはずのお前らが何故生きているのかもさっぱりだ。きっとアイツの所業に違いないが…本来、お前達はバグになり得ない存在だったんだよ」E「…どういうことだ、お前は何を言っている 」   (2020/5/30 23:55:55)

雪月飛燕「…まぁ、その硬くなってしまった頭じゃ到底理解できないか。エラーさんよぉ」E「…何故、その名を知っている?」「さァてな。お前の精神に干渉した際に思い出した、と言ったところか。」   (2020/5/30 23:58:38)

雪月飛燕「俺は長く生きてるせいか、記憶も朧げでなァ。ふふふ…」E「…ふん、俺の精神に干渉してくるということはただ事では無いのだろう。言ってみろ」   (2020/5/31 00:00:51)

雪月飛燕「…そうだな。あのリィンカーネーションという女が、輪廻を押しのけてお前達の世界を壊そうとしてる。しかも、愚者であり、1度はこの世界の日本を焼け野原にした奴だ。俺の力を少し使っただけで簡単にアイツは壊れてしまった。歪んだままに、この世界までも消そうとしてんだよ。お前達にリベンジを果たすためになァ…」E「だとするなら、迎え撃つまでだ。あいつも何故かリィンカーネーションを止めるということに必死だ……その理由はわからない。だが…今俺に出来ることは1つだ。それを果たせば、終わるのだからな…」「お前の兄は強い男だよ。俺の力をもってしても御することなんざ出来やしなかった。バグになる際に俺の分身であるもう1人の自分を打ち倒したんだ。ならばお前も乗り越えて見せろ。大きな試練というモンをなァ…」E「…言われなくとも、そうするつもりだ。」   (2020/5/31 00:10:03)

雪月飛燕進「亜蓮っ!!」E「っ…?俺は、長い夢を見ていたのか…?」進「全然目を覚まさんで、楽さんも心配しとったよ。ここ数日、幽魔と一緒にねとっておったんでな。」E「あいつと、俺が……?」進「とにかく、目が覚めて良かった!この事を皆に知らせんとなっ!」ダダッ E「…全く、この世界の者は俺を退屈させない連中ばかりだな。」   (2020/5/31 00:17:31)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/5/31 00:18:44)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/5/31 15:32:02)

マックスこんばんは~   (2020/5/31 15:32:06)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/5/31 15:51:06)

雪月飛燕|ω' )   (2020/5/31 15:51:14)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/5/31 15:52:19)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/5/31 15:52:26)

マックスこんばんは~   (2020/5/31 15:52:31)

雪月飛燕こんちわっ   (2020/5/31 15:55:32)

マックスなにします?   (2020/5/31 15:57:28)

マックスたまにはルブルで成りとかしたいですね。無法地帯になるけど(   (2020/5/31 15:57:52)

雪月飛燕あぁ…(   (2020/5/31 15:58:16)

マックスんー、何しましょうかね~   (2020/5/31 15:58:58)

雪月飛燕ベル「ポリンキーとあきちゃんがはわ〜!!だとしたら慎太郎とカーリアは純愛なのかね((」鬼琉「多分…(」   (2020/5/31 15:59:40)

マックスディル「カーリアだって!?」((   (2020/5/31 16:00:02)

マックスC = トップハット卿「さすがシスコン早い」   (2020/5/31 16:00:17)

マックスF = トップハット卿「待ってどうやって来たの?」((   (2020/5/31 16:00:53)

マックスD = トップハット卿「実際のところどうなんだ?はわ~なのか?」   (2020/5/31 16:01:07)

雪月飛燕ベル「うわ((」鬼琉「ここ兄貴んちなのに…(」   (2020/5/31 16:01:20)

マックストップハット卿「なぜ言わなきゃならんのだ」((   (2020/5/31 16:01:21)

マックスディル「ごめん、カーリアのこと話してるのが気になって…」(   (2020/5/31 16:02:00)

マックスディル「というか、はわ~ってなに?」   (2020/5/31 16:02:35)

マックスF = トップハット卿「知らない方がいいよ~」   (2020/5/31 16:02:45)

マックスディル「あ、うん…聞かなかったことにするよ」((   (2020/5/31 16:03:04)

雪月飛燕源鬼が住んでる所はアパートのなんだけど、部屋は談笑ができるスペースがある(一人暮らし用とも言える狭さだがここを兄弟2人で使っている)   (2020/5/31 16:03:49)

マックスはえ~   (2020/5/31 16:04:01)

雪月飛燕鬼琉「まーそろそろ帰る日も近いのに大丈夫なのか((」   (2020/5/31 16:05:24)

マックスディル「あんな感じだけど、案外疎いところがあるんだよね…」   (2020/5/31 16:05:24)

マックスディル「たぶん大丈夫」((   (2020/5/31 16:05:37)

雪月飛燕ベル「ここ狭くね?ポリンキーズは三角になってるからええけど…(」   (2020/5/31 16:06:35)

雪月飛燕鬼琉「一軒家じゃねぇんだから贅沢言うな((」   (2020/5/31 16:06:59)

マックスディル「確かに…ただ、一つ目で見られてるのがめっちゃ気になるな…」((   (2020/5/31 16:07:06)

マックストップハット卿「仕方がないだろ!」(   (2020/5/31 16:07:19)

マックスC = トップハット卿「逆にどうしろっていうんだよ!」(   (2020/5/31 16:07:53)

マックスディル「ごめん!贅沢言って悪かったって!」(   (2020/5/31 16:08:15)

雪月飛燕ベル「ところでお前の兄貴どこにいってんの?」鬼琉「あぁ、この日の兄貴はバイトだ。近くの和食屋で働いてる。」   (2020/5/31 16:08:54)

マックストップハット卿「最近深慾の貴君とクライドがよく行く店か」   (2020/5/31 16:09:21)

マックスF = トップハット卿「んんん?なんで知ってるの??」((   (2020/5/31 16:09:34)

マックストップハット卿「たまたまだ。」(   (2020/5/31 16:09:46)

マックスディル「え、でもこの前写真とか撮ってn」((   (2020/5/31 16:10:03)

マックストップハット卿「黙れ松の木!」((   (2020/5/31 16:10:14)

雪月飛燕鬼琉「マジか…(」   (2020/5/31 16:10:58)

マックスC = トップハット卿「むしろいつも通りで草」(   (2020/5/31 16:11:01)

マックスD = トップハット卿「あ、いつも視てるってそういう」()((   (2020/5/31 16:11:26)

雪月飛燕ベル「やりたい放題だな((」   (2020/5/31 16:11:54)

マックストップハット卿「You can fuck as much as you want.」((   (2020/5/31 16:12:37)

マックスC = トップハット卿「おい!子供の前で止めろや!」((   (2020/5/31 16:12:55)

マックスディル「」((   (2020/5/31 16:13:02)

マックスF = トップハット卿「違う、そうじゃない」((   (2020/5/31 16:13:20)

雪月飛燕鬼琉「兄貴がいなくて良かったな……(」   (2020/5/31 16:13:24)

マックスD = トップハット卿「ここまで恥じらいがないのもむしろ清々しいな…」((   (2020/5/31 16:13:43)

マックスディル「は、はわ~ってそういう…」察し((   (2020/5/31 16:14:10)

マックスC = トップハット卿「目を覚ませ松の木ぃぃ!!」   (2020/5/31 16:14:28)

雪月飛燕ベル「わりとどうでもいいけどな((」鬼琉「お前ならそう言うと思った…(」   (2020/5/31 16:15:35)

マックストップハット卿「悲しいやつだ…人間の三大欲求!それは!」((   (2020/5/31 16:17:10)

マックスC = トップハット卿「止めろ!!」(   (2020/5/31 16:17:19)

マックスF = トップハット卿「そもそも私たち人間じゃないんだけど…」(   (2020/5/31 16:17:34)

マックスD = トップハット卿「そろそろ沈めた方がいいみたいだな」ショットガン構え(   (2020/5/31 16:17:58)

マックストップハット卿「待てディクライン!?」(   (2020/5/31 16:18:11)

雪月飛燕鬼琉「冷蔵庫になんか無かったかなー…お茶ぐらいならありそうだな…」   (2020/5/31 16:18:12)

マックスディル「ポリンキーズがいるとほんと騒がしいな…」   (2020/5/31 16:18:24)

雪月飛燕ベル「多分ここで声が響くの人間くらいですしおすし((」   (2020/5/31 16:19:38)

マックストップハット卿「じゃあもっと言っても構わんのだな?」((   (2020/5/31 16:20:09)

マックス全員「止めろ!!」((   (2020/5/31 16:20:21)

マックスC = トップハット卿「はぁ…こんな変態野郎が同じ存在だなんて…」   (2020/5/31 16:20:54)

マックスD = トップハット卿「私もビックリしてる。」   (2020/5/31 16:21:05)

雪月飛燕鬼琉「あー………兄貴の好みで緑茶とせんべいしかねぇけど。」   (2020/5/31 16:21:29)

マックスD = トップハット卿「せんべいがあるなら頂こう!」((   (2020/5/31 16:21:50)

マックスC = トップハット卿「おいじじい!」((   (2020/5/31 16:22:00)

マックスD = トップハット卿「まぁ待てクロード、せっかくのサービスだ。受けなきゃ損じゃないか?」(   (2020/5/31 16:22:35)

マックスC = トップハット卿「はぁ…アンタ見た目よりもチョロいな…」(   (2020/5/31 16:22:55)

雪月飛燕鬼琉「ジュースはまた買ってこないと無いな…丁度切らしてるし、明日にでも買いに行くか…」   (2020/5/31 16:22:59)

マックスディル「僕も手伝うよ」   (2020/5/31 16:23:26)

雪月飛燕ベル「いつもってわけじゃないけど買い物一緒に行ってるんだな」鬼琉「ん、いいのか?」   (2020/5/31 16:23:56)

マックスディル「うん、タダで居座るわけにはいかないからね」   (2020/5/31 16:24:21)

マックストップハット卿「そうと決まれば誘拐だ!深慾の貴君待っていろ!」スサササー((   (2020/5/31 16:25:15)

マックスC = トップハット卿「何が!?って!行くなテメェー!!」((   (2020/5/31 16:25:41)

マックスF = トップハット卿「何故だろう、物凄く嫌な予感がする。」   (2020/5/31 16:25:56)

マックスD = トップハット卿「偶然だな、私もだ。」   (2020/5/31 16:26:09)

雪月飛燕鬼琉「…兄貴に後で伝えとくか……」ベル「あ〜あ…(」   (2020/5/31 16:26:38)

マックスディル「ほんと、やることだけは早いんだから…」(   (2020/5/31 16:27:02)

マックス場所は移り変わり…   (2020/5/31 16:27:37)

マックスカーリア「じゃーん!どう!?このセーター!」   (2020/5/31 16:27:50)

マックス安岐巴「きゃぁぁぁかわいい!!」セコム((   (2020/5/31 16:28:04)

マックスカーリア「えへへっ」   (2020/5/31 16:28:15)

マックスクライド「上手いじゃないか。自分で編んだのか?」   (2020/5/31 16:29:12)

マックスカーリア「そうだよっ、昔から得意なの!」   (2020/5/31 16:29:26)

マックストップハット卿「やァ人形共!久しいな!」   (2020/5/31 16:30:17)

マックスクライド「げっ、トップハット卿!」   (2020/5/31 16:30:25)

マックスカーリア「何しに来たの?」   (2020/5/31 16:30:31)

マックス安岐巴「カーリアに手出したら許さないわよ!!」   (2020/5/31 16:30:52)

マックストップハット卿「ノンノンノン」   (2020/5/31 16:30:59)

雪月飛燕R「屋根上での昼寝は気持ちいいな~…」   (2020/5/31 16:32:30)

マックストップハット卿「なァ深慾の貴君よ、たまには息抜きでもしてみないか?ン?ンー?」ナデナデ   (2020/5/31 16:32:46)

マックス安岐巴「うわっ、触んないで!?」   (2020/5/31 16:33:04)

マックスカーリア「ぎゃぁぁぁぁセクハラだぁぁぁぁ!!」((   (2020/5/31 16:33:18)

マックストップハット卿「違う!スキンシップと言え!」((   (2020/5/31 16:33:34)

マックスクライド「だって…完全に動きが変態だし…」((   (2020/5/31 16:34:32)

雪月飛燕R「ん?なんだ?」屋根上から窓辺を覗く   (2020/5/31 16:34:36)

マックスカーリア「さ、さわさわするのはセクハラって聞いたもん!」((   (2020/5/31 16:34:56)

マックス安岐巴「カーリア!?」(   (2020/5/31 16:35:08)

マックストップハット卿「この姿だと手が小さいんだから仕方がないだろ!」(   (2020/5/31 16:35:28)

雪月飛燕R「…ここ、あきちゃんの家だったか…知らなかった…(」   (2020/5/31 16:35:57)

マックス安岐巴「たーすーけーてー!!またあんな空間に行くのはやだぁぁ!!」((   (2020/5/31 16:36:20)

マックストップハット卿「いいや限界だ!連れていくね!!」((   (2020/5/31 16:36:37)

マックスクライド「まずい!連れてかれてしまった!…嬢ちゃん、ほんと災難だな…」((   (2020/5/31 16:36:59)

雪月飛燕R「また連れてかれたんだな…((」   (2020/5/31 16:37:17)

マックスカーリア「手フェチの危ない人のセリフだし!絶対危ないじゃん!」((   (2020/5/31 16:37:28)

マックスクライド「毎回毎回連れていくトップハット卿もどうかと思う」((   (2020/5/31 16:37:46)

雪月飛燕R「流石に俺でも思う、頭おかしい((   (2020/5/31 16:38:43)

マックスカーリア「好きな人を捕まえたくなるのは分かるけど、誘拐は犯罪だよ!」(   (2020/5/31 16:39:05)

雪月飛燕R「…昼寝の続きしようと思ったけどこれ、どうしよう…(」   (2020/5/31 16:40:52)

マックスクライド「今回は許せん!ポストに『I love you, I love you, I love you, I love you, I love you(以下同文)』と書かれた手紙を毎日入れてくるし、ご飯には危ない薬入れようとするわ着替えは覗くわ限界に欲しくないプレゼントばっか置くわストーカーするわ嬢ちゃんの部屋に勝手に入ったりするわ、もう許せん!!」((   (2020/5/31 16:41:48)

マックスカーリア「ヒェッ」((   (2020/5/31 16:42:00)

マックスクライド「そのせいでどれほど嬢ちゃんが苦労しているか…!」(   (2020/5/31 16:42:20)

マックス限界にじゃなく玄関に、です   (2020/5/31 16:42:39)

雪月飛燕R「紛れもなくストーカーじゃん…((」   (2020/5/31 16:43:16)

マックスカーリア「生粋のヤンデレで怖い…」   (2020/5/31 16:43:35)

マックスクライド「このままでは本格的に嬢ちゃんが危ない…!なんとかして場所をつきとめなければっ」   (2020/5/31 16:44:00)

雪月飛燕ガラッ R「それなら俺に任せろ!」   (2020/5/31 16:44:28)

マックスクライド・カーリア「!!」   (2020/5/31 16:44:43)

マックスクライド「たしか君は…!」   (2020/5/31 16:44:49)

雪月飛燕R「屋根上で昼寝してたんだけど…これもひとつの事件なら調べるぜっ!」   (2020/5/31 16:45:48)

マックスクライド「頼むよっ、世話になっている恩人が(色んな意味で)危ないんだ」(   (2020/5/31 16:46:33)

雪月飛燕R「わかった、任せろ((」   (2020/5/31 16:47:24)

マックス一方その頃   (2020/5/31 16:47:53)

マックス安岐巴「うっ…な、なんか、部屋が豪華なんだけど…」((   (2020/5/31 16:48:11)

マックストップハット卿「あぁ、教会だからな」   (2020/5/31 16:50:09)

雪月飛燕ミカ「ここはどこだ((」   (2020/5/31 16:51:16)

マックストップハット卿「どうやって来たんだ」((   (2020/5/31 16:51:54)

雪月飛燕ミカ「休暇で寝てたらここに…(」   (2020/5/31 16:52:21)

マックストップハット卿「…移動するか」((   (2020/5/31 16:52:52)

マックス安岐巴「え、ちょ」((   (2020/5/31 16:52:59)

マックスカーリア「むむむむ…!」   (2020/5/31 16:53:22)

マックスクライド「どうした?カーリア」   (2020/5/31 16:53:41)

マックスカーリア「今、トップハット卿の脳内が見えた気がする…!」((   (2020/5/31 16:56:31)

マックスクライド「あー…見ない方がいいかもしれんぞ」((   (2020/5/31 16:56:43)

雪月飛燕R「精神世界に干渉するって難しいことなんだぜ(」   (2020/5/31 16:58:51)

マックスカーリア「え、そうなの!?」   (2020/5/31 17:00:15)

マックスクライド「トップハット卿は精神生命体で、実体が無いからなんでもできるんだ。」   (2020/5/31 17:00:47)

マックスカーリア「実体がないって、でもアキ姉の頭撫でてたよ?」   (2020/5/31 17:01:13)

マックスクライド「そこらへんはよく分からんな…」   (2020/5/31 17:01:52)

雪月飛燕R「でも、天魔神機の中でも悪魔や天使などの部類は精神世界でも行けるみたいだけど…俺達がそれをやるにはそいつらの手を借りたりしないと出来ないんだぜ」   (2020/5/31 17:02:24)

マックストップハット卿「よし、邪魔者は居なくなった。」(( 中世ヨーロッパみたいな豪華な部屋   (2020/5/31 17:02:39)

マックスカーリア「なるほど…!」   (2020/5/31 17:03:01)

マックス安岐巴「もうワープしたくないんだけど…」((   (2020/5/31 17:03:15)

マックストップハット卿「すまないな、だがこれしか貴君を連れてこれなかったんだ。」((   (2020/5/31 17:06:38)

雪月飛燕R「んー…なるほど。これまでのルートを辿れば……ここにたどり着く可能性が高いな」   (2020/5/31 17:06:44)

マックス安岐巴「いやつか帰しなさいよ!」((   (2020/5/31 17:07:19)

マックスクライド「ここは…イギリス!?」   (2020/5/31 17:07:50)

マックスカーリア「しかも、お城の中!?」   (2020/5/31 17:08:14)

マックストップハット卿「まぁまぁ落ち着きたまえ」 扉の鍵をかける   (2020/5/31 17:08:50)

雪月飛燕R「随分と豪華な城だけど、昔の煌びやかな感じとはまた違うな。」   (2020/5/31 17:10:03)

マックス安岐巴「ちょ、なにしてんの!?」   (2020/5/31 17:11:33)

マックストップハット卿「なァ貴君、ちょっとした雑学を教えてやろう」人に擬人化し、ジリジリと安岐巴に近づいている   (2020/5/31 17:12:05)

マックスクライド「それにしても、この城どこかで…」   (2020/5/31 17:12:19)

マックスカーリア「はやく行こうよ!アキ姉が危ないかもしれないっ」   (2020/5/31 17:12:46)

マックス安岐巴「えーと、なんで近づくんですかね…」後ずさり   (2020/5/31 17:13:56)

マックストップハット卿「昔の貴族はパーティで気に入った女を部屋に入れて契りを交わしたそうだぞ?特に、キングサイズのベッドがある部屋はな。」   (2020/5/31 17:14:56)

マックス安岐巴「」察し((   (2020/5/31 17:15:03)

マックスカーリア「い、今寒気したんだけど!」((   (2020/5/31 17:15:19)

マックスクライド「奇遇だな、私もだよ…」(   (2020/5/31 17:15:29)

雪月飛燕ベルゼ「またポリンキーにさらわれたん?(」R「頼むこの場所へ連れてってくれ(土下座)」ベルゼ「りょーかいっ。」指を鳴らして   (2020/5/31 17:15:40)

マックスクライド「トップハット卿も懲りないよな…」   (2020/5/31 17:16:03)

マックスカーリア「でもそれほど好きなんじゃnギャァァァァァァ!!?」((   (2020/5/31 17:16:25)

マックス安岐巴「うわぁぁぁぁ!?!」((抵抗している   (2020/5/31 17:16:54)

マックストップハット卿「いい加減大人しくなったらどうだ!」(   (2020/5/31 17:17:05)

マックス安岐巴「無理無理無理無理無理!!」((   (2020/5/31 17:17:16)

マックスクライド「見ちゃいけません!」カーリアの目を塞ぐ(   (2020/5/31 17:17:27)

雪月飛燕ベルゼ「鍵かかってたから食ったぜ((」R「食っちゃったのか((」   (2020/5/31 17:17:29)

マックストップハット卿「なっ、お前たちは!」(   (2020/5/31 17:17:51)

マックスクライド「ほんと…その精神には敵わんな…」((   (2020/5/31 17:18:46)

雪月飛燕ベルゼ「いやぁ、ポリンキー大胆なことするんだなぁって……(」   (2020/5/31 17:18:47)

マックストップハット卿「どういう意味だクライド」((   (2020/5/31 17:18:59)

マックストップハット卿「おいちょっと待て何か勘違いしてるんじゃないか」((   (2020/5/31 17:19:21)

マックスクライド「完全にアウト寸前じゃないか!」((   (2020/5/31 17:20:02)

マックストップハット卿「まだしてないからセーフだ!」((   (2020/5/31 17:20:14)

雪月飛燕ベルゼ「どこが?((」   (2020/5/31 17:20:22)

マックスカーリア「まだってことはやるつもりだったの!?」((   (2020/5/31 17:20:24)

雪月飛燕R「あきちゃん助けに来たぜー!」   (2020/5/31 17:21:47)

マックス安岐巴「お願い助けて!このポリンキーヤバイって!!」((   (2020/5/31 17:22:17)

マックストップハット卿「チッ、また邪魔が入ったか!」(   (2020/5/31 17:24:20)

雪月飛燕ベルゼ「とんがりコーンだと思えばヨダレが出てきた((」   (2020/5/31 17:24:24)

マックスクライド「またもなにもお前が誘拐してるからだろ!」(   (2020/5/31 17:24:37)

マックスカーリア「トップハット卿っ!こんなことしてもアキ姉は喜ばないよ!」   (2020/5/31 17:25:16)

マックストップハット卿「なっ」   (2020/5/31 17:25:23)

雪月飛燕ベルゼ「どんなに豪華でもさ、いつかは飽きてくるじゃん?」   (2020/5/31 17:26:27)

雪月飛燕R「本人がどこ行きたいか聞かないと…(」   (2020/5/31 17:28:22)

マックストップハット卿「もっと普通にアピールしないと、アキ姉が怖がっちゃうよ…!」   (2020/5/31 17:28:39)

マックスクライド「いやそこかよ…」((   (2020/5/31 17:28:54)

マックスちょ(   (2020/5/31 17:31:08)

雪月飛燕とんでもねぇ(【】   (2020/5/31 17:31:56)

マックス疲れすぎて(   (2020/5/31 17:32:07)

マックスすみません直します許して((   (2020/5/31 17:32:42)

マックスカーリア「もっと普通にアピールしないと、アキ姉が怖がっちゃうよ…!」   (2020/5/31 17:32:55)

雪月飛燕ええで(   (2020/5/31 17:33:15)

雪月飛燕R「うんうん(」   (2020/5/31 17:34:20)

雪月飛燕ベルゼ「女心はそう簡単に掴めるもんじゃないから…(」   (2020/5/31 17:38:18)

マックストップハット卿「普通にやってるじゃないか!」((   (2020/5/31 17:38:52)

マックスカーリア「ち、が、う!アキ姉は人間だよ!だから自分の判断だけでやっちゃダメ!」   (2020/5/31 17:39:30)

マックストップハット卿「!」   (2020/5/31 17:41:11)

雪月飛燕ベルゼ「強引だと嫌われる一方だぞ。」   (2020/5/31 17:43:04)

マックストップハット卿「嫌われる、だと…!?」   (2020/5/31 17:43:50)

雪月飛燕ベルゼ「事前の相談は大事(」   (2020/5/31 17:46:28)

雪月飛燕R「とりあえずあきちゃん帰ろうぜ…((」手を差し出して   (2020/5/31 17:49:26)

マックストップハット卿「だが、プレデターは強引に【自主規制】した方がいいと言っていたが」((   (2020/5/31 17:49:55)

マックス安岐巴「いつもすまん…」   (2020/5/31 17:50:10)

マックスクライド「あいつが元凶か!?」   (2020/5/31 17:50:38)

雪月飛燕ベルゼ「あのカオナシ変な知識はあるんだな((」   (2020/5/31 17:51:00)

雪月飛燕R「帰るから元の場所に送ってくれ(」ベルゼ「あいよー。城の飯は美味かった((」パチン、と   (2020/5/31 17:53:06)

マックストップハット卿「まぁ半分嘘だが」(   (2020/5/31 17:54:13)

マックスクライド「ちゃっかり食べてる」(   (2020/5/31 17:54:31)

雪月飛燕R「ふー………」ベルゼ「残したらまずいしな(」   (2020/5/31 17:55:37)

雪月飛燕ベルゼ「半分…?(」   (2020/5/31 17:57:40)

雪月飛燕R「よし、元の場所に戻れたな。」   (2020/5/31 18:01:46)

マックス安岐巴「はぁ…」(   (2020/5/31 18:01:58)

マックスカーリア「トップハット卿は人間じゃないから、普通のラインが違うんでしょ?なら、私が教えてあげる!アキ姉のこと好きなんでしょ?」コソコソ   (2020/5/31 18:02:47)

マックストップハット卿「そうだが、そんなことできるのか…」コソコソ   (2020/5/31 18:03:07)

マックスクライド「何してるんだ…?」(   (2020/5/31 18:05:40)

マックス安岐巴「さぁ…でも楽しそうね」   (2020/5/31 18:05:55)

雪月飛燕R「とりあえず解決、かな?」   (2020/5/31 18:08:30)

雪月飛燕ベルゼ「ふぁ、ほーひへはひぃふはひはどほひっはんはほ。」R「何食ってるんだ(」ベルゼ「ん、ポテチ。」   (2020/5/31 18:11:06)

マックスクライド「何かあったらちゃんと相談してくれ、皆心配している…」   (2020/5/31 18:13:23)

マックスクライド「解決、だな…」   (2020/5/31 18:13:36)

マックス安岐巴「大丈夫よ!クライドさんっ」   (2020/5/31 18:13:46)

雪月飛燕訳:あ…そういえば、ディル達はどこいったんだろな   (2020/5/31 18:14:31)

雪月飛燕ベルゼ「食う?」R「お、おう…」   (2020/5/31 18:16:00)

マックス安岐巴「たしかに、ディルいないね…?どこ行ったんだろ…」   (2020/5/31 18:16:41)

マックスめしほちです   (2020/5/31 18:16:44)

雪月飛燕りょ   (2020/5/31 18:17:12)

雪月飛燕自分もめしぬけ   (2020/5/31 18:27:56)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/5/31 18:27:58)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/5/31 18:36:55)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/5/31 18:45:53)

雪月飛燕よっと   (2020/5/31 18:45:57)

雪月飛燕テキトーに待つか   (2020/5/31 19:00:19)

雪月飛燕  (2020/5/31 19:20:17)

雪月飛燕後数十分で配信が始まる、抜けますん   (2020/5/31 19:20:47)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/5/31 19:20:50)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/5/31 20:06:57)

マックスりょかです   (2020/5/31 20:07:01)

マックスではそのあいだぼちなりしてますね~   (2020/5/31 20:07:18)

マックスカーリア「ポリンキーズっ!集まって!」   (2020/5/31 20:07:25)

マックスC = トップハット卿「はぁ…?今度はなんだ?」   (2020/5/31 20:07:41)

マックストップハット卿「なんでも『好きなあの子を落とすために何をするべきか!?ドキドキ☆カーリアちゃん講座ー!!』とやらを始めるそうだ。」   (2020/5/31 20:08:37)

マックスD = トップハット卿「それは面白そうだな」   (2020/5/31 20:08:51)

マックスF = トップハット卿「でも私たちに好きな子とかいたっけ?」   (2020/5/31 20:09:07)

マックストップハット卿「私はもちろんいる。」   (2020/5/31 20:09:19)

マックスC = トップハット卿「まぁいいんじゃね」   (2020/5/31 20:09:38)

マックスカーリア「じゃあ始めるよ!!」   (2020/5/31 20:09:47)

マックスカーリア「その1!重要なのはスキンシップ!」   (2020/5/31 20:10:03)

マックスカーリア「これを見てほしいのっ」隠しビデオで撮影したとある映像   (2020/5/31 20:10:28)

マックストップハット卿『深慾の貴君は本当にか細いなァ?』サワサワサワサワ((   (2020/5/31 20:11:20)

マックス安岐巴『ちょっ、あんたナチュラルに胸触らないでっ!?』   (2020/5/31 20:11:41)

マックスF = トップハット卿『ちっちゃいね~』ぎゅー   (2020/5/31 20:12:28)

マックス安岐巴『重い…仕事出来ないんだけど…』   (2020/5/31 20:12:40)

マックスC = トップハット卿「おまっやっぱセクハラしてんじゃねぇか!」   (2020/5/31 20:13:01)

マックストップハット卿「スキンシップだ何度言えばわかる!?」   (2020/5/31 20:13:15)

マックスカーリア「はいはいストップストップ!」   (2020/5/31 20:13:25)

マックスカーリア「いい?アキ姉の顔をよくみて!普通ハグされたりキスされたりすると人は喜ぶけど、アキ姉の表情はどう見える!?」   (2020/5/31 20:14:05)

マックスD = トップハット卿「嬉しそうではなさそうだな…」   (2020/5/31 20:14:17)

マックストップハット卿「あれはスキンシップだろうそうだろう!?」   (2020/5/31 20:14:39)

マックスカーリア「あれはやりすぎだよ!」   (2020/5/31 20:14:46)

マックストップハット卿「なに…!!?」   (2020/5/31 20:14:57)

マックスカーリア「いきなり触られたりしたらそりゃ誰だって嫌になるよっ!」   (2020/5/31 20:15:24)

マックスカーリア「重要なのは、ほどよいスキンシップ!つまり、急に胸を触ったり抱きついたりじゃなく、恋人繋ぎとかしたりやさしーく頭を撫でたりがいいんだよっ!」   (2020/5/31 20:16:10)

マックスカーリア「あとは状況だね!アキ姉は一人で仕事してるから、手伝ってあげたりするのもいいよ!」   (2020/5/31 20:17:06)

マックストップハット卿「なるほど…」   (2020/5/31 20:17:16)

マックスC = トップハット卿「確かに、過度なスキンシップが多いからな…」   (2020/5/31 20:17:33)

マックスカーリア「むしろ、よく今まであんなこと出来たね…」   (2020/5/31 20:18:25)

マックス人間の倫理観が無いからです。人間じゃないけど。((   (2020/5/31 20:18:47)

マックスカーリア「その2!ステップをきちんと踏むこと!」   (2020/5/31 20:19:07)

マックス全員「ステップ?」   (2020/5/31 20:19:15)

マックスカーリア「そう、ステップ!」   (2020/5/31 20:19:21)

マックスカーリア「まず、アキ姉はトップハット卿のこと恋人って思ってないと思う」   (2020/5/31 20:19:49)

マックストップハット卿「ウ”ッ”」(   (2020/5/31 20:20:04)

マックスC = トップハット卿「だろうな」   (2020/5/31 20:20:57)

マックスカーリア「あはは…(苦笑い)とにかくっ、いきなり【自主規制】しようとするんじゃなく、少しずつ相手の心を開いていくことが大切なのよ!」   (2020/5/31 20:21:51)

マックスF = トップハット卿「カーリアちゃん平気で言えるのね…【自主規制】の意味分かってる?」((   (2020/5/31 20:22:33)

マックスカーリア「うん知ってるよ!」(   (2020/5/31 20:22:40)

マックスカーリア「男性が女性に【バキューン】して【お見せできません】して子供作るんでしょ?」(((   (2020/5/31 20:23:13)

マックス全員(羞恥心ないのかこの子…)((   (2020/5/31 20:23:41)

マックスカーリア「大叔父さんに教えてもらったからね!」((   (2020/5/31 20:24:03)

マックストップハット卿「心を開いていくこと、か。」   (2020/5/31 20:24:39)

マックスカーリア「そう!」   (2020/5/31 20:24:44)

マックスカーリア「あとそうだね~、毎回気味が悪い手紙を贈ったりご飯に媚薬を盛るのは止めた方がいいかな。アキ姉余計に警戒してるから。」   (2020/5/31 20:25:31)

マックストップハット卿「喜ぶと思ったのだが…」   (2020/5/31 20:25:47)

マックスカーリア「悪気があってやったんじゃないだね」   (2020/5/31 20:26:07)

マックストップハット卿「当然だ。イタズラならもっと酷いことしてるさ。」   (2020/5/31 20:26:23)

マックスC = トップハット卿「こいつサイコパスだ…!」(   (2020/5/31 20:26:49)

マックスD = トップハット卿「そうは言うがクロード、存在は一緒だぞ?」   (2020/5/31 20:27:04)

マックスC = トップハット卿「俺でもあんなことしないぜ…」   (2020/5/31 20:27:29)

マックスカーリア「じゃあ今から問題出すから、ちゃんと考えて答えてね!」   (2020/5/31 20:27:44)

マックスカーリア「問題!好きな女性にプレゼントしたい!何をプレゼントする?」   (2020/5/31 20:28:15)

マックスカーリア「皆答えてね!」   (2020/5/31 20:28:24)

マックスF = トップハット卿「好きな女性か~。私なら宝石かな?」   (2020/5/31 20:29:05)

マックスD = トップハット卿「権力だろうか…」   (2020/5/31 20:29:28)

マックスC = トップハット卿「俺は一生叫び続ける男の首だな!」   (2020/5/31 20:30:09)

マックストップハット卿「媚薬の入ったケーキ」(   (2020/5/31 20:30:20)

マックスカーリア「ちょっとまって!?」   (2020/5/31 20:30:28)

マックスカーリア(これは…長い道のりになりそうね…)   (2020/5/31 20:30:40)

マックスカーリア「F = トップハット卿以外おかしいから!私でも貰って嬉しくないものばかりだよ!?」   (2020/5/31 20:31:19)

マックス三人「なんだと!?」   (2020/5/31 20:31:27)

マックスカーリア「あとなんで媚薬入れたがるの!?」   (2020/5/31 20:31:46)

マックスカーリア「ほらもっとこう、彼女が欲しいものとかあるでしょ!?」   (2020/5/31 20:32:03)

マックストップハット卿「中々難しいな…人間の基準は我々の基準と程遠いようだ…」   (2020/5/31 20:32:34)

マックスC = トップハット卿「貰ったら嬉しいはずなんだけど…」(   (2020/5/31 20:32:55)

マックスD = トップハット卿「権力ならいつでも出せるんだがなぁ…」(   (2020/5/31 20:33:24)

マックスカーリア「あー…」自分の額にパチンッ   (2020/5/31 20:33:51)

マックスカーリア「ファンタスティックはまだいいとして、三人はどこかズレてる感じだね…」   (2020/5/31 20:34:36)

マックスカーリア「例えばぁ…花束とか、服とか、ブランド物とかっ」   (2020/5/31 20:35:11)

マックスカーリア「実用できるような物とか、気持ちが入ったものとか!」   (2020/5/31 20:35:51)

マックストップハット卿「媚薬入りのケーキは気持ちを入れてるんだが」(   (2020/5/31 20:36:10)

マックスカーリア「例外に決まってるでしょ!」   (2020/5/31 20:36:18)

マックスそうしてこうして好きなあの子を落とすために何をするべきか!?ドキドキ☆カーリアちゃん講座ー!!は長く続き…   (2020/5/31 20:36:57)

マックスカーリア「ぜぇ、ぜぇ…!!」   (2020/5/31 20:37:06)

マックスカーリア「て、手強い相手だったわ…!」   (2020/5/31 20:37:14)

マックストップハット卿「よし!これなら深慾の貴君に嫌われずにすむぞ!!」   (2020/5/31 20:37:32)

マックスC = トップハット卿「全然答えと違ったけどマスターしたぜ!!」((   (2020/5/31 20:37:54)

マックスF = トップハット卿「やった~」(   (2020/5/31 20:38:09)

マックスD = トップハット卿「(不安だ…)」((   (2020/5/31 20:38:22)

マックスカーリア「皆本当に大丈夫…?」   (2020/5/31 20:38:39)

マックスC = トップハット卿「もちろんだ!ありがとな流れ星(カーリア)!」   (2020/5/31 20:39:00)

マックスカーリア「!、うんっ」   (2020/5/31 20:39:07)

マックス    (2020/5/31 20:39:28)

マックスディル「あ、カーリア!どこに行ってたんだよ?」   (2020/5/31 20:39:48)

マックスカーリア「疲れた…」   (2020/5/31 20:39:56)

マックスディル「あー…何かあったのか?」   (2020/5/31 20:40:06)

マックスカーリア「恋愛基礎について教えてたら時間が経っちゃってたの…」   (2020/5/31 20:40:35)

マックスディル「ちょっとまって誰に!?」   (2020/5/31 20:40:43)

マックス    (2020/5/31 20:40:46)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/5/31 21:01:14)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/5/31 21:01:35)

マックストップハット卿「深慾の貴君!」バッ   (2020/5/31 21:01:49)

マックス安岐巴「げっ、また触りに来たのか!?今仕事中なんだk!?!」   (2020/5/31 21:02:10)

マックストップハット卿「これなら問題無いだろう?」ニヤニヤしながら抱き締めている   (2020/5/31 21:02:43)

マックス安岐巴「な、なんか気持ち悪い!」(   (2020/5/31 21:02:51)

マックス安岐巴「はぁ…まぁ前よりかはマシだけど…」   (2020/5/31 21:03:14)

マックス安岐巴「あとその顔止めて直視出来ない!!」((   (2020/5/31 21:03:31)

マックストップハット卿「なぜだ!?」(   (2020/5/31 21:03:39)

マックスクライド(顔が良すぎるせいで逆に照れてしまっているパターンだ)((   (2020/5/31 21:04:21)

マックスカーリア「フッフッフッ、カーリアちゃんの恋愛テクは世界一ね!」(   (2020/5/31 21:05:07)

マックス    (2020/5/31 21:05:20)

マックスヴィート「うぅん…」   (2020/5/31 21:05:38)

マックスヴィート「はっ!」目が覚めた   (2020/5/31 21:06:14)

マックスヴィート「な、なんだ夢か…」   (2020/5/31 21:06:20)

マックスオードリー「ヴィートー!」   (2020/5/31 21:06:39)

マックスヴィート「あ、オードリー…?」   (2020/5/31 21:06:48)

マックスオードリー「最近顔を出さないから気になって来たのよ?」   (2020/5/31 21:07:06)

マックスヴィート「あれ、そんなに家にいたっけ…」   (2020/5/31 21:07:19)

マックスオードリー「ね!どうせだしかくれんぼしない?グゥトも先で待ってるから!」   (2020/5/31 21:08:00)

マックスヴィート「!、うんっ」   (2020/5/31 21:08:07)

マックス    (2020/5/31 21:08:38)

マックスヴィート「はぁ、疲れたぁ…て、あれ…?」   (2020/5/31 21:09:01)

マックスビーストカーリア「ディル、早く行きましょう」   (2020/5/31 21:09:13)

マックスビーストディル「分かってる、あともう少しだ」   (2020/5/31 21:09:23)

マックスヴィート「!!」   (2020/5/31 21:09:29)

マックスその瞬間、ヴィートの中に電流が走った。((   (2020/5/31 21:09:49)

マックス初めて彼女を、ビーストカーリアを見た瞬間確信した。これは一目惚れであると…   (2020/5/31 21:10:12)

マックスヴィート「あ、あばばばば…!?!」   (2020/5/31 21:10:21)

マックスビーストディル「て、お前はヴィートっ…!!なぜここにっ」   (2020/5/31 21:10:36)

マックスビーストカーリア「もしかして、貴方がヴィートかしら…」   (2020/5/31 21:10:49)

マックスヴィート「は、はいっ…!?」テンパってる(   (2020/5/31 21:11:07)

マックスヴィート「ああああの!!お、お名前を教えてく、くれませんか!?」   (2020/5/31 21:11:58)

マックスビーストカーリア「…そうえば、貴方とははじめましてだったわね。ビーストカーリアよ。」   (2020/5/31 21:12:41)

マックスヴィート「ぅ、ヴィート、ですっ…!」顔が赤くなっている   (2020/5/31 21:13:00)

マックスヴィート(ど、どうしよう!?ドキドキし過ぎてまともに喋れない…)   (2020/5/31 21:13:24)

マックスビーストディル「お前まさか…」じぃぃっ   (2020/5/31 21:13:41)

マックスヴィート「!」   (2020/5/31 21:13:46)

マックスビーストディル「ちっ…!早く行こうカーリアっ」無理矢理手をつかんで連れていく   (2020/5/31 21:14:11)

マックスビーストカーリア「いたっ…!ちょっと、どういうっ」   (2020/5/31 21:14:25)

マックスヴィート「ぁ、あぁ!ま、待って!」   (2020/5/31 21:14:35)

マックスヴィート「い、行っちゃった…」   (2020/5/31 21:14:47)

マックスヴィート(また会えるかな…)   (2020/5/31 21:15:08)

マックス    (2020/5/31 21:15:13)

マックスビーストカーリア「痛いってディルっ」   (2020/5/31 21:15:21)

マックスビーストディル「!、ごめんっ」   (2020/5/31 21:15:28)

マックスビーストディル「よく聞いてくれカーリア!あいつとは今後関わらない方がいいっ」   (2020/5/31 21:15:51)

マックスビーストカーリア「待って、一体どういうことなの?急に変よ」   (2020/5/31 21:16:11)

マックスビーストディル「それはっ…あ、あいつの正体が正体だからだ!知ってるだろう!?」   (2020/5/31 21:16:40)

マックスビーストカーリア「そうだけど…」   (2020/5/31 21:16:48)

マックスビーストディル「あぁもうっ、なんでいつもこんな目にッ…」   (2020/5/31 21:17:03)

マックスビーストカーリア「落ち着いてディル、どんな困難も二人で乗り越える。そうでしょう?」   (2020/5/31 21:17:31)

マックスビーストディル「カーリア…」   (2020/5/31 21:17:37)

マックスビーストディル「…そうだな…」   (2020/5/31 21:17:49)

マックスビーストディル(絶対に、あいつになんかカーリアは渡さない…!!)   (2020/5/31 21:18:03)

マックス    (2020/5/31 21:33:49)

マックスこれはぁ…フラグですなぁ((   (2020/5/31 21:34:00)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/5/31 21:54:57)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/5/31 22:56:18)

雪月飛燕あぁ…維伝以外の配信分が終わってしまった…寂しいな…   (2020/5/31 22:56:55)

雪月飛燕とりあえず、今後のことを話しますかね。酒呑童子をどうにかしないことには先には進めないので、時間に余裕がある時にまたお願いします。   (2020/5/31 22:58:37)

雪月飛燕Eとはキョウ、幽魔とはゼンとの会話がありました。その会話には『嫌でも思い出さなくてはならない』ことがあるのです。   (2020/5/31 23:02:35)

雪月飛燕それが本編にどのように影響していくかが今後のポイントですね。   (2020/5/31 23:04:45)

雪月飛燕他の人を蔑ろにしているような気がしますが、個人個人の都合もあり、どう関わっていくか問題も山積みですが…機会があれば、本編でも関わりあって一つの物語をまた作れるといいですね。   (2020/5/31 23:06:47)

雪月飛燕それではっ   (2020/5/31 23:07:14)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/5/31 23:07:16)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/6/1 15:03:28)

マックスこんにちは~   (2020/6/1 15:03:35)

マックス了解です。展開が気になりますね…(   (2020/6/1 15:03:55)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/6/1 15:25:05)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/6/1 15:28:49)

マックスおとと   (2020/6/1 15:28:52)

マックス気長にやっていきましょう~   (2020/6/1 15:29:02)

マックスナニシヨ…(   (2020/6/1 15:29:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/6/1 15:49:26)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/6/5 17:40:56)

雪月飛燕何気ない日常小ネタ   (2020/6/5 17:42:54)

雪月飛燕鬼琉はある場所に向かっていた。自分が通う夜の学校である。午後20時過ぎは誰もいないのだ。   (2020/6/5 17:44:28)

雪月飛燕鬼琉「いるかー?羽生先生。」啓輔「…あぁ…坂本か。ちょうどいい所に来た。夏の時期に生えた雑草が多くてな…抜くのを手伝ってくれないか?」鬼琉「…わかった。この間草むしりやったばっかなのにもう生えてくるなんてどんな生命力だよ……」   (2020/6/5 17:56:13)

雪月飛燕啓輔「坂本、あの時の鬼ごっこの時に少し角が出ていたぞ。」鬼琉「…へ?……気づかなかったぞ…」啓輔「もしかしなくても、鬼の血を引いているのか?」鬼琉「…」啓輔「黙り込んでいるということは、当たりなんだな?」   (2020/6/5 18:07:30)

雪月飛燕鬼琉「…先生の目では、なんでもお見通しか。」啓輔「そうでもないぞ。俺がバグになって失ったモンは記憶だけじゃねぇ。夜目はよく効くが、その代わり日の下では歩けなくなった。俗に言うゾンビというやつなんだろうな…体まで脆くなってしまった。ちょっとぶつかっただけなのに体の臓器が飛び出し、酷い時は全身が人形のようにバラバラになる。自分で見ても気色悪いもんだ」   (2020/6/5 18:14:41)

雪月飛燕鬼琉「…人間だったらとっくに死んでるもんな。」啓輔「…妖怪もバグも結局は形はどうあれ、消えない限りは化け物なんだ。化け物なのに心がまだあるのも矛盾してる気がするけどな」鬼琉「…じゃあ、元から化け物の血があってそれでも人として生きてるのって、悪いことかよ?」啓輔「…悪いことじゃねぇよ。お前はまだ若いから悩め。その答えが死ぬ時には分かるだろうな。」   (2020/6/5 18:21:42)

雪月飛燕鬼琉(…てか、これ草むしりやりながら話すことじゃなくね?)啓輔「…おっと、草むしりやってる途中だったな。誘ったのは俺なのに悪ぃな、こんな長話をやりながら聞いてくれて」鬼琉「…おう。」   (2020/6/5 18:41:10)

雪月飛燕七不思議も結局は噂で成り立っている部分や捏造された部分も多く曖昧だ。   (2020/6/5 18:48:39)

雪月飛燕『過去の学校の物語の1つが束になった』だけなのにこんなにも怖がるのか。   (2020/6/5 18:50:21)

雪月飛燕それもこれも人の所業だ。   (2020/6/5 18:51:09)

雪月飛燕   (2020/6/5 18:51:39)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/6/5 19:14:22)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/6/10 09:35:17)

雪月飛燕湊「……まさか同じ部屋になるなんて、思わなかったよ……」鬼琉「…はぁ…俺の方が酷い方なんだがな…応援団なのに応援の練習も出来ねぇし……」   (2020/6/10 09:37:38)

雪月飛燕湊「あまり、喋らない方がいいんじゃないかな…?茨城童子さんが傷の治りを早くしたけど、それでもまだ痛い所はあるし…」鬼琉(1歩間違えたらお前が死ぬかもしれなかったのに、あまり自分のことを労わってないんだな…)   (2020/6/10 09:47:13)

雪月飛燕鬼琉「…誰か来たな」 桜夜「大丈夫っすか!?2人とも…」莉乃「…坂本くん、天宮くんが旅行先で事故にあって大怪我をしたと聞いて、同じ班や委員会の人がお見舞いに行くことになって…」湊「そうなんだ……ありがとう…」   (2020/6/10 09:53:38)

雪月飛燕桜夜「もう、2人はいつも無茶するんですから…たまには休んで下さいっす!」湊「ご、ごめん……」   (2020/6/10 09:59:07)

雪月飛燕莉乃「あ、あの…坂本くん、怪我の方は大丈夫…?」鬼琉「…いつっ…まだ痛てぇ…」   (2020/6/10 10:16:38)

雪月飛燕莉乃「まだ起きない方がいいよ…あっ、飲み物は何がいい?」鬼琉「…お茶で十分だ。」莉乃「…緑茶でいいのかな?」鬼琉(頷く) 湊「あ、僕はスポーツドリンクで…」莉乃「……じゃあ、買ってくるね」   (2020/6/10 10:20:14)

雪月飛燕湊「………女の子と話す時ってなんだか緊張しない?((」桜夜「それなっす…」   (2020/6/10 10:23:44)

雪月飛燕桜夜「増して俺には姉ちゃんがいるからもう大変っすよ。機嫌が悪い日は人の愚痴が長いし…」   (2020/6/10 10:29:05)

雪月飛燕湊「そのお姉さんもストレスが溜まっているんだから誰かに言いたくなるのも頷けるなぁ…」桜夜「湊くんのお兄さんは悪口とか言わなかったんすか?」湊「兄さんはあまり愚痴を吐くようなことは無かったかな…」   (2020/6/10 10:39:38)

雪月飛燕桜夜「良いお兄さんっすね……」湊「誰かに弱い所を見せたくなかったのかなって…今でもどこか誰かのために頑張っているような、そんな気がするんだよ」桜夜「…でも、誰かのために頑張っているのは湊くんも同じっすよ。鬼琉くんもそうじゃないっすか?」鬼琉「…お前に言われると、何も言い返せねぇな…」   (2020/6/10 10:55:27)

雪月飛燕桜夜「バグ達も、何かを変えたい、助けたいって思ってる筈っすよ。余程信頼されてないとそんな重要なこと任されないっす。」湊「…そうか、そうだよね。頑張ってるのは僕達だけじゃない。Mや、幽魔も…それに、E   (2020/6/10 11:02:02)

雪月飛燕達も電脳世界で僕達に出来ないことを分担してやってくれてる。だから、僕達もここで休んで、元気になったらまた頑張らないと…」」   (2020/6/10 11:03:14)

雪月飛燕莉乃「飲み物買ってきたよっ」鬼琉「…ありがとな。」莉乃「どういたしましてっ。」   (2020/6/10 11:09:22)

雪月飛燕桜夜「あ、そろそろ帰らないとやばいっすよ莉乃さん!」莉乃「あっ、そろそろ塾の時間だ…またね、坂本くん、天宮くんっ」鬼琉「お、おう…」   (2020/6/10 11:20:46)

雪月飛燕湊(…面会にも時間の限りがあるからそう長くはいられないよね…仕方ないかぁ…)鬼琉「…見舞いに来てくれるだけマシか…引っ越す前の小学校の頃は全然来てくれなかったし、顔も合わせてくれなかったんだよな…」湊「…あえて避けていたのかもしれないね。関わりづらい感じがあるけど、人であることには変わらないし、自分が傷つけてしまうかもしれないって思うのは誰にでもあるよ。だからさ、普段あまり言えないんだけど…」鬼琉「…あんたは本当にお人好しだよな。でも、それがあんたの良いところだ。見捨てろなんて言われてもできるタイプじゃねぇってのは知ってるが、これからもあんたとは仲良くなりたいし、友達でいたいんだ。だから…」」   (2020/6/10 11:34:03)

雪月飛燕鬼琉「…俺を頼って欲しい。   (2020/6/10 11:35:14)

雪月飛燕湊「…うん。夜の分の病院食がきたから、食べようか。」鬼琉「…おう!」   (2020/6/10 11:36:46)

おしらせ雪月飛燕さんが退室しました。  (2020/6/10 11:37:10)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/6/10 21:59:40)

マックスこんばんは~   (2020/6/10 21:59:42)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/6/10 22:19:43)

おしらせ雪月飛燕さんが入室しました♪  (2020/6/18 18:58:03)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/6/18 19:05:41)

雪月飛燕ブルーアーク「…最近日本各地の海で艦のバグが暴れた後が大きいな…」「船というものが大陸を横断する乗り物ですが、彼らは戦い、血を流す為に作られたものであります。平和である限り、彼らの存在意義があるかさえもわかりませんからね」ブルーアーク「しっかし、物が意思を持つだなんて面白いことだよな。」「そうですか?私にとっては不快極まりないのですが…」   (2020/6/18 19:05:44)

マックスこんばんは~   (2020/6/18 19:05:44)

雪月飛燕ばんは   (2020/6/18 19:06:15)

雪月飛燕ブルーアーク「まぁ、お前さんとは前から思って居たんだが…気が合わんな。」「…ですね。では、私はこれで。」ヒュン ブルーアーク「体を完全に船と一体化させるなんておかしい嬢ちゃんだ。物は心を込めて使うもんだよ」   (2020/6/18 19:09:52)

雪月飛燕ブルーアーク「…どれ、ひとつ賭けをしてみようじゃないか。少年達は海を見て何を思い、何を謳うのか。」   (2020/6/18 19:12:22)

雪月飛燕   (2020/6/18 19:13:06)

雪月飛燕R「お、依頼が来てるな。なになに…えぇ!?」M「どうした?」R「こ、これ………」M「…マジかよ…」R「よし、湊達に連絡だ!」   (2020/6/18 19:16:03)

雪月飛燕湊「(メールが来たなぁ…何だろう?)……い、依頼だ!」慎太郎「えぇ、体育祭の後だってのに…休ませてくれよぉ……」   (2020/6/18 19:19:07)

雪月飛燕『件:依頼 探偵団に頼みがある。なに、忙しいのは重々承知しているさ。今のお前さん達にも今の海の状況を見て欲しいんだ。時間は9月20日の朝、集合場所は愛知の船着場だ、何卒宜しく頼む。』   (2020/6/18 19:24:17)

おしらせ無言時間が20分を超えたため、マックスさんが自動退室しました。  (2020/6/18 19:25:50)

雪月飛燕湊「…だってさ」慎太郎「海かぁ…鬼琉はあの時酔いが酷かったって話をEから聞いたんだが、大丈夫か?」鬼琉「…酔い止めは飲んどく。」湊「それ僕にも頂戴(」鬼琉「お前酔いやすいんだったな…(」   (2020/6/18 19:27:13)

おしらせマックスさんが入室しました♪  (2020/6/18 19:28:29)

マックスおとと   (2020/6/18 19:28:32)

雪月飛燕おけぇりです   (2020/6/18 19:30:02)

マックスブルーケープ「……」   (2020/6/18 19:33:17)

マックスレッドキャッスル「どうかしたの、ブルーケープ」   (2020/6/18 19:33:29)

マックスブルーケープ「…いや、なんでもない。」   (2020/6/18 19:33:37)

雪月飛燕慎太郎「それにしても朝か…きっついな…」湊「だいたい8時に行けばいい…よね?」慎太郎「そこまでキッチリした人じゃなさそうだから少しぐらい遅れてもいいと思うけどなぁ…」   (2020/6/18 19:33:48)

雪月飛燕20日 湊「ここが愛知の海…あまり涼しくないなぁ…」ブルーアーク「思ったよりも早かったな、探偵団の少年達」湊「あ、貴方が依頼主ですか?」ブルーアーク「まぁまぁ、そう固くならなくても良いさ。」慎太郎「まさか…海賊?」ブルーアーク「そうだな。今の時代はコスプレとかよく言われるが、俺は本物だ。」湊「す、凄い……」   (2020/6/18 19:42:59)

マックスブルーケープ「…レッドキャッスル、ロイヤルの話は知ってるか。」   (2020/6/18 19:43:41)

マックスレッドキャッスル「栄光なる輝き、それがロイヤル…だったかしら。」   (2020/6/18 19:44:41)

雪月飛燕ブルーアーク「勿論知ってるとも。途中でドンパチした輩がそう言ってたからね。」   (2020/6/18 19:45:12)

雪月飛燕M「艦達が最近の海の荒れ模様に関連してるってことなのか?」ブルーアーク「彼らに悪気は無いんだろうけどね…艦というものは他と違って勝手が違うからバグの中でも寿命が短いそうだが、どうなんだろうね」   (2020/6/18 19:47:13)

マックスブルーケープ「海に平和をもたらそうと、かつて戦った者がいた。彼らは、暁の水平線に“栄光なる輝き”を刻もうとし、それは深い海に消え去った。…そんな話があった。」   (2020/6/18 19:49:23)

マックスレッドキャッスル「…」   (2020/6/18 19:50:36)

マックスブルーケープ「記憶も、全て水面に流され、彼らは存在している。」   (2020/6/18 19:51:20)

雪月飛燕ブルーアーク「…生きているという証を刻みたいというのはよくある話だが、簡単なことじゃないんだ。戦場となる場所は悲しみと傷跡しか残ってない。その場所がたまたま海だっただけだなを」   (2020/6/18 19:53:16)

雪月飛燕早打ちぃ   (2020/6/18 19:53:40)

マックスブルーケープ「艦は陸では戦えない。海で戦うことしか、手段が無かっただけのことだ。」   (2020/6/18 19:54:02)

マックスあるあるェ   (2020/6/18 19:54:10)

マックスレッドキャッスル「傷跡、ね…」   (2020/6/18 19:55:16)

雪月飛燕ブルーアーク「長話をするのは生憎得意じゃなくてな。少年達は俺の船に乗ってくれないか?この船は改造を施されてしまってね。俺の意思でしか動かせないみたいなんだ」湊「そうなんですか…」慎太郎「空を飛べたりは…」ブルーアーク「できるぞ。」鬼琉「地上への移動とかは」ブルーアーク「できる。(」2人「すげぇ…(」   (2020/6/18 20:01:56)

マックスブルーケープ「(また、ロイヤルと戦うのか…?かつての彼らが守ろうとしたものを、違う彼らが傷つけようとしている…。)」   (2020/6/18 20:08:40)

マックスレッドキャッスル「ブルーケープ、考え込みすぎよ。…」   (2020/6/18 20:09:33)

マックスブルーケープ「…」   (2020/6/18 20:09:39)

雪月飛燕湊(アニメで見たような感じの海賊船だ…!)ブルーアーク「酔わないように気をつけてな。」慎太郎「行先はどこなんだ?」ブルーアーク「ぐるりと日本の海を1周するとしようかね。それなりに時間はかかるが大丈夫か?」鬼琉「闇幽魔がなんとかしてくれるから大丈夫だ((」慎太郎「鏡の怪異なのかあれ…((」   (2020/6/18 20:11:00)

雪月飛燕鏡の怪異が化けていてもあまりバレない。桜夜にはバレる。   (2020/6/18 20:13:10)

マックスレッドキャッスル「船も船だけど、乗ってる船客もおかしいわね…」   (2020/6/18 20:17:22)

雪月飛燕ブルーアーク「おっと、この先に僅かな妖力反応があるな。ここに彼らの痕跡が残っているかもしれないな」   (2020/6/18 20:18:47)

雪月飛燕湊「…前、鬼琉達が行ってた長崎に2船いたんだよね?」鬼琉「おう。スクラップクレーンとフライングクレーンだっけか…」   (2020/6/18 20:22:13)

マックスレッドキャッスル「スクラップクレーン…?壊れた鶴ってどういうこと?」   (2020/6/18 20:22:48)

マックスブルーケープ「…聞いたことあるような名前だな」   (2020/6/18 20:24:15)

雪月飛燕慎太郎「よく覚えてたな…(」鬼琉「スクラップクレーンは、物に無理やり詰め込んだような奴だったな…フライングクレーンはそいつにしか眼中になかった感じだけど」   (2020/6/18 20:26:13)

マックスレッドキャッスル「ふぅん…?あまり良さそうではないみたいね。」   (2020/6/18 20:27:03)

2020年05月29日 08時14分 ~ 2020年06月18日 20時27分 の過去ログ
Re:EGS 成りチャルム(サブ)
現在のルーム
過去ログ一覧
▲このページの先頭に戻る


[保護された通信(SSL https)を利用する]

(C)2009-2022 ミナコイチャット <info@3751chat.com>