ルーム紹介
基本隠居。
一般的な規則が守れればなんでもあり。

Main cast : North
 [×消]
おしらせ無言時間が25分を超えたため、Owenさんが自動退室しました。  (2023/12/24 00:16:24)

Owen…北にいた頃は寒さなんてそうでもなかったのに、こっちに来てから体が訛ったのか、なんてことない気温でも寒く感じるんだ。これって賢者様のせい?きっとそうだよね、責任をとってもらわなきゃ。きみのせいで僕は感じなくていい苦痛を感じるようになったよって。はは、どんな顔をしてくれるかな。( 随分冷えた指先の悴む感覚に眉を顰めながら、雑にソファに腰掛ける。冷たいとか寒いとか、そういう感覚はこんなものだったか。随分遠いように感じていたから、なかなか新鮮な気もする。まあべつに、今更こんな些細なことに感動するほど感情が有り余っているわけじゃないから。ぼそりと呟いた呪文で蝋燭の火を灯して、薄暗い室内にあたたかなあかりを写す。こういう雰囲気は悪くない。少なくとも、ひとりでいることを助長することはしないから。ぼんやり火を眺めながら片膝を抱えて首を傾ければ、おそろしいほどに静かな夜の帳を黙認した。)   (2023/12/23 23:13:39)

おしらせOwenさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/12/23 23:05:09)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Faustさんが自動退室しました。  (2023/12/3 00:09:43)

Faust…もう12月なんだと。シノに言われて驚いたよ、時間の感覚が鈍っていてまったく気がつかなかった。どうりで寒いわけだ。( 常々着込んでいる衣服を更に体に引き寄せれば、肌にまとわりつくようなその気温にふるりと肩をふるわせる。長く生きているともう今日の日付すら覚えてないようなことも珍しくはない。事実、多くの魔法使いはその日が何月何日かなんて気にしていないんじゃないだろうか。その点若い魔法使いたちはまだ日付を数える習慣が残っているようで、時々そこの認識の差に頭を悩ませられる。老いはあまり感じたくはないものだな、と再認識しながら、ベッドに腰掛けて冷えた息を吐いた。)   (2023/12/2 23:09:22)

おしらせFaustさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/12/2 23:03:48)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Snowさんが自動退室しました。  (2023/11/23 02:37:41)

Snowあ〜……ん〜…。どうしよう、いざ話そうとしたら頭が働かない!ってことで、我今日はあんまり頭の良さそうなことは言えないかもしれん。まあそんな日もあるよね〜って、ここはひとつおめめを瞑ってくれたら助かっちゃう。( なんだか少しだけ、頭がぼんやりしているような。物事を深く考えることに適さないコンディションなのをさっと確認してしまったから、茶化すようにそう口にして、いつものように窓の縁に腰掛けた。眠くはない、眠くはないはずなんだけれど。ここ最近の疲れか、精神的なものか。いずれにせよ、解決は時の流れしかないのだろうなと。)   (2023/11/23 02:12:39)

おしらせSnowさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/11/23 02:05:18)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Shylockさんが自動退室しました。  (2023/11/7 14:06:44)

Shylock夜更けも極まれり、といったところでしょうか。静かな暗闇を楽しもうかと思いましたが、生憎天龍が泣いているようで。一体何が彼を悲しくさせるのでしょうね。( 暗闇の中、一筋の明かりだけを頼りに煙管を嗜み、静寂を遊ぶことは叶わなかった。窓にばたばたと涙の跡を残す雫たちを一瞥して、煙管の吸口に唇を触れさせる。吸い込んだ煙をふっと吐き出せば、それらは湿気の重みに押し負けて、いつもより些かはやく消えてしまった。…随分儚いことで。なんて、未だに己の手を引いてはくれない微睡みに微笑みながら瞼を下ろした。)   (2023/11/7 03:08:44)

おしらせShylockさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/11/7 03:01:14)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Snowさんが自動退室しました。  (2023/10/25 04:16:15)

Snow我にもちゃんと旧い友人くらいはいるんじゃがのう。最近は忙しそうで、あんまり我とお話してはくれぬのじゃ。悲しいのう寂しいのう。こんなにキュートでプリティな我を放ってまで何をすると言うんじゃ、まったく。( こうまで言いながらも、己の唯一は生まれた時から決まっているというのがなんとも、たちの悪さが伺える。誰かが己を放るのは許さずとも、己は平気で誰かを放る。愛しき片割れの為ならばいつでも、どこでも。残酷で傲慢で、どこまでも自己中心的な魔法使い。嗚呼、許しておくれや。それが我らの理よ。)   (2023/10/25 00:51:58)

Snowいや〜ん、我ったら人気者?ほほ、我の可愛さなら仕方がないかもしれないのう!( 常のように窓を開けようとした瞬間漂ういくつかの気配に目敏く反応すれば、冗談が言いたかっただけなのかなんなのか、そのまま窓枠に腰を下ろして楽しそうに笑みを深めた。今、己が無性に寂しさを覚えていることを知ってのことか。ただの偶然か。人が居れば、あわよくば来てくれたらいいと思うけど。現実が上手くいかないのは、長寿のなかで知り得ている。いずれにせよいつも通り眠れるまで過ごすかのう、なんてぼんやりと宙を眺めた。)   (2023/10/25 00:45:00)

おしらせSnowさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/10/25 00:40:50)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Snowさんが自動退室しました。  (2023/10/22 02:00:51)

Snowよっとと。少しばかり日を空けたかのう?最近あちらだこちらだと次々に問題に駆り出されてしまって、うまくゆっくりできておらんかったし。今宵はほんの少しでも安寧とともに眠りにつけると良いんじゃけれども。( 久しぶりに現れようともやはり窓からの入室は外せないらしい。指を振って外から鍵を開ければ、いつかのように窓枠に腰掛け壁に頭を預けた。実のところ、働き詰めでもう既に眠かったり、眠くなかったり。たくさんのやることに、管理するものに、賢者が持ってくる依頼の解決に、北の子たちの世話、統率。我らがいくら2人で1人じゃからって、疲れも分散、というわけにはいかぬでのう。難しいものじゃ、難儀なものじゃ、と頭を悩ませながら。)   (2023/10/22 01:33:09)

おしらせSnowさん(iPhone docomo spモード)が入室しました♪  (2023/10/22 01:27:49)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Figaroさんが自動退室しました。  (2023/10/4 01:09:04)

Figaroこれ、俺がお邪魔しても良かったんだっけ?いや、ダメでも貸してほしいな。( どうせ責任者…責任はとらないだろうけど。気まぐれに作ったのは双子のどちらかだろうから。そうなったらまあ別に、大抵のことは見過ごしてもらえるし。いいんだ、ダメでも。ちがう、今はそうじゃなくて。なんだろうな、こんなのは今まで何度も直面してきたけれど。相手の心理状況が分からなくて参ってしまうんだ。あの子は俺になんて答えを望んでいるのか。俺はどう振る舞うべきなのか。なにひとつとして分かりはしない。この手の問題を、俺は大抵間違うから。仕方ないだろ、女心なんて知らないんだから。親しくしていた彼女はほら、女心とかそういうのじゃなかったから。強くて、凛々しくて、最後まで真っ直ぐで。立派だったんだ。だからどうしても、こういうことの正解は導き出せない。…困るなぁ、俺にこんなところがあるの。俺としては、"なんでも知ってる優しいフィガロ先生"で居たいんだけど。)   (2023/10/4 00:27:20)

おしらせFigaroさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/10/4 00:21:06)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Faustさんが自動退室しました。  (2023/10/1 21:41:15)

Faust…驚いたな。こんな人気もないような場所に来てくれるとは思わなかった。( 場所が場所なもので、この部屋の戸締りなんかはさして気を配っていなかったのだけれど。いつものようにドアノブに手をかけた時に一度、部屋へ入った時に一度。感じた違和感。しかしちらりと見えた机の上の袋と紙を確認すれば、それに少し安堵を覚えた。小さなメモと覗き込んだ袋の中身を見てしまえば、犯人…というのは失礼か。予想外の来訪者が誰だか予想が着いた。正直此方が一方的に、更に言えば単なるお節介でしていたことなので、こんな風にお返しのようなものを貰えるとは思っていなかった。自然と口元が弛んでしまうのは、仕方のないことだろう。" …あとでお茶でも淹れていただこうか " 。そんなふうに呟けば、機嫌良さげにメモを摘んで、傍の本の後ろのページに挟んだ。)   (2023/10/1 21:15:29)

おしらせFaustさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/10/1 20:50:57)

おしらせ諦念さん(Android docomo spモード)が退室しました。  (2023/9/30 23:50:25)

諦念あ ~ … えぇと、お邪魔シマス… 。( ピッキング…は流石にだと思うが、慣れた様子で魔法で鍵開けては、誰も居ない部屋に向かって挨拶を。『…何時も俺の所に来てくれる先生達とか…、人違いだったら悪ぃ。』なんて不安そうに呟く。そっと机の上に、袋に入ったクッキーを置いては、保存の聞く魔法を。『俺が作った。良かったら食べてくれ。』と、さらりとメモに書いては添えて。どうして部屋を見付けただとかは秘密、ただ、相手にとってこの行動が不快だったら申し訳ないとは思う。だけど、誰であれ同じ魔法使いが気にかけて貰えたのが嬉しかった 。だから誰かに同じ行動を返したかったのかもしれない…なんてのは、東の魔法使いである自分が言うことでもないのかもしれないが。『まぁ、また都合があったら、あんたと話ができると良いな。』呟いたのは小さな願望。多くは望まない。相手にとっても自分にとっても負担になるのだけは避けたいから。結び目を弄っては照れくさそうに微笑む。足早に部屋を出ては、そっと扉を閉めた。)   (2023/9/30 23:50:21)

おしらせ諦念さん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/30 23:49:32)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Owenさんが自動退室しました。  (2023/9/24 00:14:49)

Owen最悪…。ミスラのやつ、いい加減理性ってやつを覚えろよな。僕が瞬きする前まで機嫌普通だったくせに……。( オーエン、お茶しましょう。なんて言葉に振り返って、断ろうとして、やめた。断ったら面倒くさそうな気配を感じたからだ。最悪断った瞬間に殺しにかかってる可能性を危惧して、大人しく付き合ってやったのに。結局こうなるんだ、本当に癪で我儘で嫌なやつ。あいつほど『けだもの』って表現が似合うやつはいないよ。そんな煮立つような苛立ちを覚えながら、どかりとソファに乱雑に座る。嗚呼、服が酷く汚れてる。最悪な気分を際立たせた服の汚れは、地獄の底のような機嫌のまま、«クーレ・メミニ»と低く小さく呟いた呪文がすべてをまっさらに戻した。)   (2023/9/23 23:00:36)

おしらせOwenさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/23 22:53:05)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Faustさんが自動退室しました。  (2023/9/23 12:49:25)

Faust最近は酷く天気が不安定に揺れて嫌になるな。天候が要因の頭痛が耐えなくてコンディションに影響が出る。( 曇り空又は雨雲ばかりの空は、ここ最近で見飽きた気がする。魔法舎の周りだけ晴れさせるようなことも可能かもしれないが、そこに魔力を割いて必要な時に足りないなどとなってしまったら元も子もない。ならば、多少の頭痛や倦怠感くらい我慢した方がいいだろう。治癒という医療行為に関しては、真っ先にあの一見軽薄そうな顔が思い浮かんだけれど。頼るなんて選択肢は掻き消した。なんだか、癪というわけでもないけど。嫌なのだ。些細なことでも頼るのは。)   (2023/9/23 12:15:13)

おしらせFaustさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/23 12:11:01)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Faustさんが自動退室しました。  (2023/9/21 02:10:32)

Faust… 今日も早くに寝たいんだ。いつも願望止まりでうまいこといった試しはあまりないんだが … ミスラじゃないだけマシと思うべきか。まあ、用があればどうぞとだけ言っておこう。僕が眠ってしまうまでなら相手をするよ。( 若干の、それでいて確かではない眠気に惑わされながら、ふらりとソファに身を落とす。いつも通り視線や気配だけならば常。来訪があれば稀。それだけの話だ。)   (2023/9/20 23:46:13)

おしらせFaustさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/20 23:43:10)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Faustさんが自動退室しました。  (2023/9/20 01:48:12)

Faust…あまり目立たないように設立している筈なんだが。随分気配がうろうろするな。僕のような陰気者か、それとも物好きか?見ていられるだけというのは一方的であまり好きじゃないから、来るなら来たらいい。( 東の魔法使いは進んで交流をしたがらないというのは前提においておくが、それでもまあ、視線や気配だけをやられると、まるで見世物のようで。…物言いがよくなかっただろうか。いや、今更僕の物言いに異議を唱えるものなんていないだろう。第一、こうして口にしたところで視線の主が現れた試しはあまりない。軽く息を吐いて目を瞑れば、背もたれに体を預けながら脚を組み、気配から意識を逸らすことに専念するように。)   (2023/9/20 00:56:41)

Faustはあ。やっと…静かな夜だ。( 心臓が軽い。息がしやすい。数多の人間が多く意識を残す昼は、どうにもざわざわと耳のあたりが落ち着かない気がする。だからこそ、物好きか魔法使いしか起きていないような夜中が安寧を呼ぶ。溜息のあとにソファに粗雑に身を投げれば、重力のままにそこへ沈んだ。眠くない。微睡みのかけらもないほど。嗚呼、でも、僕は明日も子供たちのために授業をしてやらなくちゃならないんだ。あまり夜更かしをしていては、それすらままならない。それだけは、避けたい。)   (2023/9/20 00:30:28)

おしらせFaustさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/20 00:26:30)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Snowさんが自動退室しました。  (2023/9/18 22:46:19)

Snow… もう少しばかり夜も深まれば、我がいちばん好む時間になるんじゃけどのう。夜は夜でも、数多の光が灯る夜じゃなくて … 片手で足りてしまうほどの灯りしかないような、そんな夜が好きなんじゃ。( 預ける頭をそのままに少しばかり目線を下にやれば、さらりと落ちた黒髪が視界に入る。世界が夜闇に堕ちれば幾分呼吸がしやすくなる。陽に照らされると息がしにくい。明るさの膝元で生きるべき者でないといわれているような、そんな気分になる。だから、白__ホワイト以外の色を呑み込む黒が、夜闇が、愛おしく感じるのだ。おぬしだけは、我を手放してくれるなよと。)   (2023/9/18 21:40:58)

Snow昨日はちょ〜っと寝苦しかったのう。あんまり暑いのは好きじゃないんじゃが、季節柄仕方のないことじゃな。魔法でほいほいっと部屋を冷やしても良かったんじゃけど、ほら、そのせいでホワイトが寒がったら元も子もなくなってしまうから。( 適切な温度でないと、睡眠は簡単に妨げられる。どこぞの赤髪の大男のように不眠というわけではないが、それでもあまり気分は宜しくない。自分たちは汗をかきにくい性質だけれど、寝汗はきっと気持ち悪いし、髪が額に張り付く感覚も好きにはなれないだろう。昨日と同じように窓辺の縁に腰をおろせば、これまた同じように脚をゆらめかせながら、ひと休みするように壁に頭を預けた。)   (2023/9/18 20:08:30)

おしらせSnowさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/18 20:02:50)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Shylockさんが自動退室しました。  (2023/9/18 02:20:44)

Shylock酷いお人。あんなに私を焦らして弄んだのに、香り水のように段々と姿を見せなくなってしまって。( 煙管の煙が宙を割く。それはやがて空気に混じって、跡形もなく姿を消してしまった。貴方もこの煙のようですけれど。私を置いていってしまう、移ろいの中に取り残された私だけを置いて。…なんて、吐き出された独り言は誰かの代弁か、それとも己の過去か。誰にも事実を確かめる術はないのだ 、夜更けの夢物語のようなものだと思われればいい。こんな時間に、誰が聞くわけでもないだろう。)   (2023/9/18 01:49:50)

おしらせShylockさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/18 01:37:09)

おしらせSnowさん(Android docomo spモード)が退室しました。  (2023/9/17 22:08:33)

Snow… 囲われた外に行くのは少々 、うぅん、新鮮な気持ちというのかのう。慣れぬことではあるが … 少しだけ行かせておくれ 。( 鼓膜を震わせた音。嗚呼、嗚呼。己にそれをどうにかする資格があるものかと思えど。他に誰がとも思ってしまって、巡る矛盾は鏡合わせのようで。とはいえ、思考ばかり募ってもどうにもならない。ふっと息を吹きかけて蝋燭を消してしまえば、ふわりと浮いて、細い窓枠を蹴った。)   (2023/9/17 22:08:23)

Snowう〜ん、本当になんにもない!から、お部屋ちょっと変えちゃお〜っと!我らがお部屋でいちばん偉いんだから、誰にも許可なんてとらないもんね。( 持て余す限りの静寂と虚無。誰かを招いたわけでもないから、当たり前なのだけれど。それに退屈が顔を覗かせれば、なんだか暇を再認識してしまって。何もないという現実から何かを引っ張り出そうとしたら、部屋の内装を弄るという結論に至ったわけだ。誰が聞いているわけでもないのに言い訳を口にすれば、ひょいひょいと指先で元の飾りや家具の配置を弄り、一通り終えれば満足そうにふんすと目元を緩め、" で〜きた!我ってばセンスいい〜!"なんて自画自賛を転がしながら、その場でぱたぱたと脚をゆらめかせた。そういえばこう、偉い人が勝手にものをやるの、なんだったかのう。こういうの、前の賢者が何か……嗚呼、職権乱用!ん?ちと意味が違うかもしれん。まあ気にしな〜い!楽しかったらいいもんね〜!)   (2023/9/17 21:41:12)

Snow夜更け前に来てしまっては、まるで我がやることもなく暇な者のように見えてしまうかのう。ほほ、今日ばかりはそれに当てはまるんじゃが。まあ我ら、基本好きなことしかやらないし?やりたいことがなかったら暇にもなるじゃろうて。( くふ。折角備え付けの扉があるというのに、それを無視して窓から姿を現せば、楽しそうに笑みを浮かべて窓枠にちょこんと腰をおろした。今宵は月もそう姿を見せぬようだから、あまり明るさのなかに居ることはできないけれど。それでもあまりの暗さに少し雰囲気が見出せなかったのか、«ノスコムニア»とひとつ呪文を唱えて近くの蝋燭に火を灯した。嗚呼、これで良い。少しは明るくなった。たまには、小さな火ひとつで迎える夜闇も悪くはなかろうて。)   (2023/9/17 21:27:14)

おしらせSnowさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/17 21:15:51)

おしらせShylockさん(Android docomo spモード)が退室しました。  (2023/9/17 00:59:49)

Shylock嗚呼。ふふ。気が付いたらいつの間にか私が一番お喋りになってしまいました。北の魔法使いたちの口数が極端に少ないせいもあるでしょうが、お喋りで頭がひとつ抜けるというのは不思議なものですね。ムルやクロエなら誰一人違和感なく納得できたでしょうに、まさか私がと首を傾げられそうです。( 誰がどれほど、何を喋ったかなんて、過去を覗く術は持たない為に細かく分かりはしないけれど。微かに残る魔力の痕で、多少は予想出来る範囲にはある。北の双子__最も長い時を生きる魔法使いたちからは、先客を伝えられていたから。あの二人ほどの魔法使いともなれば、魔力の痕も色濃く残るのだ。わざわざ自分の痕跡を消そうだなんてことはしないだろうから、尚の事。) …さて。ファウストから夜更けのあとに指名の呼び出しを受けていましたので。私はここで失礼しましょうか。( 元より、その為の時間潰しだった。指名だなんて口にしたが、実際はただの指南役としての相談だ。大したことでもない。ストールを揺らしながら席を立てば、部屋を出る直前に煙を一吐きする。それと同時に光の消えた室内に廊下から影を落とせば、微笑を残して姿を消した。)   (2023/9/17 00:59:33)

Shylock… 気を抜くとすぐに虚空を眺めて物思いに耽ってしまいますね。燦然とした厳かな夜に浸る思考は格別とも言えますが … 。えぇまあ、多少 。勿体無い気もしますね。( 魔法使いの時は長く、短い。一生を数えるうちのささやかなフィルムのひとつなど、消費するために幾許も要しないのだ。退屈とチェスが出来るか?否。きっと難しいだろうし、出来ても求めるような煌めきは降りてこないだろう。ならばそれを砕いてしまう為に、己は宙を漂う退屈に煙を吹きかけてやればいい。ほうら、あっちへお行き。と。)   (2023/9/17 00:27:46)

Shylockきっとどなたかが … ふふ、考えなくとも分かりますが。誰かさんが不特定多数から視認できるようにしてくれたのでしょうけど、生憎私も隠れるのが好きでして。嗚呼いえ、華やかな社交の場も味がありますが、私の場合は知る人ぞ知るような … そうですね、"あるようでない"ような。そんな曖昧さが好みでして。例えばこうしているところに誰かがやって来てくれたとしたら、その時は私とその方のみの蜜月の時となるでしょう?( 意味ばかり深まる言葉に " 冗談ですよ。 " と最後に添えて、また煙管に唇をつける。もし。誰かが来てくれたのなら、それは丁重にもてなして。いつも通り独りで在るのなら、極上の孤独となるように自分で味を作ってやればいい。どちらに転んでも楽しめるような人間であるというのは、こういう気楽なものだ。)   (2023/9/16 23:44:59)

Shylock…おや。私がここへ現れるのは予想外でしたか?( くすりと口角を上げて目を細めながら、少々部屋を射抜く形のない視線に問いを投げる。"スノウ様とホワイト様にお許しをいただきましたので、折角なら一度と思いまして。"と目線を下げながら一言やれば、近くの椅子へ腰を下ろして煙管を吸い上げ、煙を吐き出した。あくまで"メイン"のキャストですから。私のようなイレギュラーも、たまには姿を現すこともあるでしょうね。なんて、愉快そうに呟きながら。)   (2023/9/16 23:30:22)

おしらせShylockさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/16 23:24:14)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Mithraさんが自動退室しました。  (2023/9/15 23:18:33)

Mithra… そういえばまだ隠してるんですね、この部屋。オーエンや双子はよく隠したがりますけど、俺は正直何故隠すのか理解できないんですよね。人がいたらそれはそれでいいでしょう。喋るか殺すかすればいい。( 驚く程短絡的な思考から導き出された答えのままに、«アルシム»と一言口にして部屋の存在を宙に放った。他の魔法使いと会話するのが嫌いではない癖に、やけにこそこそとしたがるのだ。自分以外の北の魔法使いは。ブラッドリーなんかはあまり姿を見ないけれど。しかしまあ、どれもこれも自分にはどうでもいいことなのであって。隠したければあとで来た魔法使いが隠せばいい。自分たちは配慮なんかしあう仲じゃないのだ、他の土地の魔法使いと違って。)   (2023/9/15 22:46:45)

Mithra… さっきようやく賢者様に寝かせてもらって …… 起きたばかりだから 、さっきじゃなくて随分前ですかね 。まあどうでもいいか 。兎に角少し寝はしたんですけど 、微妙な時間だったせいか眠気が尾を引いて残ってるんですよね 。あまり気分は良くないです。( 浮上した意識は少し重く、頭に残る感じがした。寝不足状態の時よりマシではあれど。満足に寝られないというのは不満でしかない。忌々しい傷だ、本当に。そう思考しながら欠伸をひとつ放れば、適当に椅子を引いて腰を下ろして脚を組み。)   (2023/9/15 22:41:08)

おしらせMithraさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/15 22:34:30)

おしらせ無言時間が25分を超えたため、Owenさんが自動退室しました。  (2023/9/14 02:31:31)

Owen…ああ。ぼーっとしてた。そんなに経ってないよね。( かちかちと時を刻むからくりに視線やれば、確認できるのは2時間ほどの経過。この前30分寝ると言った賢者様を放って起きるのを見ていたら、ちょうど2時間くらい経った時に目を覚まして、2時間も昼寝してたんですか、とかなんとかいって慌てて起きていたから、多分人間にとって2時間は大きな時間なんだろうけど。自分たち魔法使いにとっては、2時間も2日も、2年だって、20年だってさして変わらない。瞬きの間のような出来事なのだ。2時間ごときであんなに慌てるなんて、哀れな賢者様。僕らよりずっと短い時間で死んじゃうんだ。僕らが変わらないうちに、君は年老いて枯れ果ててしまう。…なんだろうな、あまり気分が高鳴らないけど。)   (2023/9/14 02:05:11)

Owen気に入らなかったから消しちゃった。ミスラが余計なことを喋るから悪いんだよ。あいつ、よく考えないで行動するし、思考が単純だからほんと犬みたい。( 呪文と共にすべてが新品のように綺麗に成った部屋に足踏み入れれば、開口一番文句を放つ。思い出されるのは燃えるような髪色の無駄に背の高い同郷の魔法使いだ。はあ、はあ、って返事ばかりしてものをしっかり考えてないし、話も聞かないし。挙句の果てにいつキレだすか分からないから何度も殺されるし。あいつ、そろそろどうにかならないわけ。なんてぶう垂れたとしても、あれをなんとかできる魔法使いなんてのは限られているわけだけど。嗚呼、ムカつく。イライラする。)   (2023/9/14 00:12:32)

おしらせOwenさん(Android docomo spモード)が入室しました♪  (2023/9/14 00:00:14)

おしらせ新規ルームを作成完了しました。(Android docomo spモード)  (2023/9/13 23:59:44)


更新時刻 04:58:55 | 過去ログ閲覧不可 | ルーム管理 | 文字サイズ変更 初期値 縮小- 拡大+
新着発言の通知音を
有効にするために
画面をクリックして下さい